肌荒れ」タグアーカイブ

肌 乾燥 くすんでいる 上に荒れている 毛細血管の循環が悪い

肌 乾燥 くすんでいる 上にあれている 場合は冷えの定番症状です。肌荒れ、乾燥、くすみなどは 毛細血管の循環 がよくない状態です。肌の状態が悪いだけで気分が沈んでしまう人も多いでしょう。また気分が下がるだけでなくストレスにもなります。毛細血管の循環が悪いとはどういった状態でしょう。そして肌への影響はどのように出るのでしょか。

乾燥 くすんでいる 顔色と肌は、毛細血管の循環が直接影響します。冷えによる血流や末端の異常は、肌荒れ、赤み、くすみ、かさつきなどであらわれる

肌は乾燥気味で荒れてくすんでいる

乾燥 くすんでいる

毛細血管は、心臓から全身に血液を送る動脈と全身から心臓に血液を戻す静脈との間をつないでいる、極めて薄い壁でできた非常に細い血管です。 この毛細血管の薄い壁を通して、血液中の酸素と栄養分が組織内に移動し、組織内の老廃物が血液中に移動します。

肌 コンディション = 毛細血管 コンディション

肌荒れの多くは、血液循環が悪く、排泄機能が低下したために生じます。老廃物が適切に排泄されないために体内に溜まり、うるおいを保つための分泌物が毛細血管に十分に供給されない状態が皮膚の乾燥です。

こういった状態が肌のかさつき、荒れ、くすみになって現れます。
たとえば…自律神経が体内機能に光を注ぐ太陽だとしたら、皮膚はそれを映し出す鏡といえるでしょう。

このように皮膚が最も直接的に内臓をはじめとした体調を反映するからこそ、顔色や肌の状態などが重視されるわけです。

高い化粧品を揃えるよりも体の中を健康にすることに重点をおいたほうが女性はキレイにそして美しくなれるのです。

せっかく高価な基礎化粧品を使っても思ったような効果を得られないのが一般的です。
このことに早く気づくか、気づかないかは将来大きな違いとなってあらわれます。ある程度の年齢になって肌が若々しい人と老けて見える人の違いとなってあらわれるでしょう。

では、肌の調子に直接関与しているものは何か?というと…それは毛細血管です。静脈や動脈が通じているのは、皮下組織までで、ここから先は、血液は全身に張り巡らされていてる毛細血管を通じて表皮へと流れていきます。

心臓から出た動脈血は、皮下組織で毛細血管に引き継がれ、栄養やエネルギー源を表皮へと届けます。
その後、老廃物などの不要物をのせて静脈血に合流します。

冷えによる肌荒れの原因は毛細血管の血流の悪さ

毛細血管の流が悪いと、冷えの原因になると同時に、肌への影響も大きくなります。
つまり、栄養が皮膚表面にまで行き渡らないために、不要物が皮膚にとどまってしまい、かさつきや赤み、ひび、くすみなどの肌荒れの症状となって現れてしまうのです。

こういった症状とは反対に、毛細血管の流れが順調な場合は、肌は透明感と、はりのあるモチモチ肌になります。

女性の場合、月経前に乳房がはれたり、顔や手足がむくんだりすることがあります。これは、皮下出血やうっ血が起こりやすく、肌もくすみがちになることが多いのです。目の下のクマがいつもより黒ずんだ感じに見えるのもこの時期です。

「皮下出血」とは皮膚の下で起こる出血のことです。 病理学的には、皮膚の真皮や皮下組織にある毛細管や静脈の周囲におこる出血で、出血の面からいえば点状出血の形が多数です。

目の下のクマについては、鏡を見るたびに気になっている人も多いかもしれません。目の下のクマは“老け顔”や“お疲れ顔”に見える原因になります。マッサージやアイクリームなど色々試してみたけれど、なかなか改善しないとお悩みの方も多いかもしれません。

資生堂は、毛細血管が肌の弾力を生み出すメカニズムを解明し、加齢や紫外線などのダメージで細く衰える毛細血管を太く丈夫な状態に保つためにニーム葉抽出液やドクダミ抽出液が有効であることを発見しました。
毛細血管をケアすることでシワやたるみなど肌の弾力低下によって生じる肌悩みを防ぎ、ハリのある肌へ導くスキンケア製品の開発を進めていくとのことです。冷えを改善した上でニーム葉抽出液やドクダミ抽出液を使えばより効果があらわれると思われます。


■どくだみ生葉から有効成分を独自の製法により時間をかけて抽出した、無添加無香料のどくだみ化粧水です。
■保湿成分であるグリセリン配合の割合を調整し、よりお肌にしっとりとするタイプに仕上げました。
■乾燥肌の方、冬などの乾燥した季節、どくだみ化粧水ノーマルをお使いになり、もう少ししっとりさせたい方に最適です。
【成分】水、エタノール、グリセリン(植物性)、どくだみエキス


ニームは、インドでは5000年以上も前から愛用されている植物で、樹液や樹皮、葉や種子にいたるまであますとこなく、
活用されています。より、健康を確実なものにするため、家庭の庭や街路樹としてもよく見かけます。
「ミラクルニーム」【村の薬局」とも呼ばれ、万能樹として重宝されてきました。 ニームの葉を『美肌』のためにお風呂に入れたり、
『虫よけハーブ』として農業に使われたり、『穀物や衣類などの保存』のために使用されたりと、用途はいろいろなのです。

樹に含まれているアザジラクチンは、とても苦い物質ですが、人間の健康によいとされて、インド社会ではハーブの一種として
庶民の生活に今も広く用いられています。

そんなニームの葉を微粉末にしたパウダーです。

冷え性は病気か?体質?どっち!?