冷え症を改善する暮らし方のポイント」カテゴリーアーカイブ

冷え症を改善する効果的な睡眠法 やなかなか実行できない運動をどうしたら実行できるようになるかなど暮らし方のポイントを紹介。

冷え症を改善する効果的な睡眠法

長くても短くても快眠を得る重大なポイントは就寝、起床の眠りのリズムをしっかり保つことです。

冷えを防ぐ睡眠

冷えを防ぐ睡眠

夜型であれば夜型なりのリズムをつくる

健康的な生活を考える上で食事ど同じく大切なのが睡眠です。充実した眠りは、心身共に最高の栄養です。

気持ちよく目覚めた朝などがなんとなく幸福感に包まれる気分になるのはそんな影響からでしょう。よい目覚めというのは、よい睡眠があってこそのものです。ではどうすれば快い睡眠を得られるのでしょうか。大事なポイントは2点です。

  • できるだけお腹を空っぽに
  • 自分の睡眠・起床のリズムにしたがう

冷え症の人は、夜間の頻尿のために熟睡できない、という人が圧倒的に多いのです。それを防ぐためにも胃の中をできるだけ空っぽにしておくことが大切です。

加齢により頻尿が避けれない人は、ニラの種「すっきり種」
夜間頻尿と残尿感がニラの種「すっきり種」で大幅改善、尿量も増えた

次に自然な目覚めを促すためには、朝型であれ、夜型であれ、自分の眠りのリズムをできるだけつくる、ということになります。
通常、睡眠は深い眠り(ノンレム睡眠)と浅い眠り(レム睡眠)がセットになって交互に繰り返されますが、目覚めは、この眠りの波のちょうど区切りでくるようになっています。ところが目覚まし時計などで無理に起きると、このリズムは乱れてしまうのです。

眠りのゴールデンタイムは夜のPM10:00~AM3:00

人の体は昼間、自律神経のうちの交感神経主導で活発に働き、夜間は副交感神経主導で「おやすみ」モードにというように夜と昼とで自動的に切り替えが行われます。夜更かしは、おやすみモードに設定されているモードを強引に起きているモードで動かすようなものなので自律神経にどうしても狂いが生じます。

さらに皮膚をはじめとした体の新陳代謝は午後10時~午後3時頃にさかんに行われ、そのピークは午前1時頃と言われます。寝ている間も汗をかくのは、皮膚の細胞が活発に新陳代謝を行っているからです。したがって冷え症の人は自律神経の働きからいっても体温調節に大切な皮膚の新陳代謝の面からいってもこのPM10:00~AM3:00の眠りのゴールデンタイムに、できるだけ多くの睡眠を確保する必要があります。

夜更かしのあとは、朝寝坊よりも昼寝で調節するといい

仕事や家庭の事情などで、いろんな都合により自分の時間割を予定どおりに行えない場合があります。そういったとき、寝不足を解消しようと朝寝坊するよりも、翌朝はいつもと同じ時間が起床し、昼寝で寝不足分を解消すると眠りのリズムを崩さずにすみます。ただし、昼寝は30分くらいが適当です。
眠りの専門サイトでも昼寝の効能については取り上げています。
昼寝、仮眠でリフレッシュする
長くても1時間以内にします。何時間も眠ると、夜眠れなくなったりして、朝寝坊と同じくらいリズムを乱してしまいます。

6時間以上が基本

睡眠時間の長さも人それぞれです。1日4時間で十分という人もいれば、10時間眠る人もいます。一般的には6時間~10時間が適当であるといいます。

睡眠時間の時間数を気にしてストレスにしてしまっては意味がありません。ちなみに有名なアインシュタインは毎日10時間寝る睡眠リズムだったそうです。

寝付けないときは、ゆっくりと静かに呼吸する

寝る直前までTVを見ていたり、インターネットをしていたり、PCで仕事をしているような生活習慣は、布団に入っても頭が急に切り替わることができずになかなかな眠れません。そういうときは、無理に寝ようとしないでまずは深呼吸をします。

とくにゆっくり静かに「息を吐く」ようにします。息を吸うときは交感神経が主導になっているので、こうすると交感神経主導の活動モードに切り替わりやすいということなのです。また、軽い運動をして筋肉を温めるとより深い睡眠が得られます。

どうしても眠れないときは、音楽によるリラックス効果も試してみるといいでしょう。
快眠のためのオルゴールCDでは美しく優しい響きで、大人の心とからだも癒してくれます。自然とリラックスできるのはオルゴールの音色のおかげです。

快眠に効くVENEXのリカバリーウェアの効果

冷え 運動 効果 は十分わかっているが運動ができない

多くの人は 冷え 運動 効果 に よい とわかっていてもなかなか行動できない のが普通です。やっぱり適度な運動が冷えにくく温まりやすい体質にするなどでも説明しましたが、適度な運動は
血流をよくし、冷えの原因となるうっ血を防ぎます。また、少し体を動かすだけで脳がスッキリしてストレス発散にもなります。運動 効果 は冷え だけでなくさまざまな効果があります。

さらに、適度な運動は自律神経の働きもよくするのだから冷え症体質の人がなぜ?やらないのか?と不思議に思えてしまう。かもしれません。頭ではわかっていても行動できません。

 

冷え 運動 効果

冷え 運動 効果

ところが、寒いから体を動かす気になれないのです。そんなことを言っているから「冷え症が治らない」とどなられてしまいそうですが、自分も 35 年もの間、そうだったからとてもよく理解できます。努力なしで体質が変わるとは思っていませんが、あまりに努力が必要ならめんどくさくなってしまいます。寒いときには体を動かす気になれません。
さらに甘いものや炭水化物が無性に食べたくなって甘いものをたっぷり食べる…これは冷えをさらに助長させてしまう負のスパイラルです。

冷え 運動 効果 寒いときに体を動かす

運動をすることに億劫になっている人は、寒い時にどうしたら体を動かす気になるのでしょうか このあたりが冷え症の人の共通キーワードです。

温かいホットな環境から温度の低い環境の部屋に移動しただけで、ストレスでどうにかなりそうに思えてしまうのに、外に出る気にはなれません。

お風呂に入るときなどは、前もって脱衣場や浴室を温めておかなければとてもでないが、「入浴する気」にもなりません。寒くて体がうごきませんね。冷えや寒さは 体を動かすことを止めてしまうのです。

まず、冷え改善のための 適度な 運動 をはじめるところでつまづいてしまっているのです。
適度な運動運するやる気スイッチを入れなくてはいけないのです。

そこで、冷え性さんのための冷え症を改善するために 2 つのステップで改善する案を考えてみました。

冷え症を改善する方法は、しょうがなどの体を温める食材を利用する方法(内部要因)と運動どにより代謝をあげながら体を温める方法(外部要因)の2つのアプローチ方法があります。

重度の冷え症体質の人は、まずは、しょうがなどの内部的要因の部分に比重をおきます。
少し前にはやった生姜紅茶を自宅でつくるといいでしょう。→ 生姜紅茶の作り方 はこちら。

ステップ1は、体を温めるものを食べて内部要因から攻めます。体がぽぽかしてきたところでステップ2の運動にすすめるという方法です。

生姜紅茶の評判は冷え性の方に評価が高く、多くの方に効果があったと言われます。飲むだけという手軽さと低コストで続けやすく、何より飲んですぐに効果を実感できるのが魅力的です。体がぽかぽかしてくると体をうごかしやすくなりますし、気持ちも上向くのが嬉しいところです。
体がぽかぽかしてくると、便通がよくなったり、繰り返す肌荒れが治ったりいいことばかりです。コーヒー好きの人はコーヒーを生姜紅茶に変えるだけです。

2週間~4週間の間にこれを飲んで、代謝をアップさせます。できれば、食事でもしょうがをたっぷり使い料理するようにします。不思議なことにある時期から食事を食べただけでも汗ばんでくるほど代謝がアップします。
これが しょうが の効果です。しょうがは漢方薬のほとんどの薬に入っています。

そうなると、なんとなく体調のよいことにびっくりするでしょう。そうなった時点で運動をしたりダンベル体操をすると冷え症解消へのステップになるでしょう。

重度の冷え症体質の人は「頭ではわかっていても」運動やストレッチなどをする気がおきないのです。最初に、しょうがなどを積極的に摂取することを薦めていますが、あまりストレスにならないように食事などは楽しくとることも大切です。まず、食事で体を温め、冷え体質を撃退して運動にもっていきましょう。

体の冷えが招くさまざまな不調

  • 慢性的なだるさや疲労感
  • 頭痛
  • 不眠
  • 便秘・下痢
  • 食欲不振
  • 肩こり
  • 腰痛
  • むくみ

特に女性の場合は、体が冷えることによって生理痛が重くなったり、手足がむくみやすくなったりします。冷えによる不調は、いずれも生活や仕事に大きな影響を与えてしまうため、日頃から予防策をとることが大切といえます。

体の冷えによる精神面の不調としては、イライラを感じやすくなってしまうことが挙げられます。冷えによってだるさや頭痛、腹痛といったさまざまな体の不調が続き、その状態が慢性化してしまうと、うつ状態になる可能性もあります。

今日から元気を出して運動を行いましょう。あんなに冷えていた手先足先の抹消が温かくなりますよ。

冷え症を改善する暮らし方のポイント

冷え と 便秘 の両方に 効果 のある 呼吸法

冷え と 便秘 の両方に 効果 のある 呼吸法 について紹介します。

深呼吸は酸素が十分に体内に取り込まれ心身が安定します。体に十分な酸素を取り入れることは冷えの改善に役立ちます。

呼吸のことを意識する人は少ないのですが、とても重要です。過度に緊張したときは、おおきく深呼吸するだけでおさまったりもします。体に酸素を取り入れることはとても大切です。

呼吸は大切 冷え と 便秘 の両方に 効果 のある 呼吸法

冷え と 便秘 の両方に 効果 のある 呼吸法

冷え と 便秘 の両方に 効果 のある 呼吸法

人間が呼吸で空気中の酸素を取り込むのは、通常の呼吸では数パーセントにすぎません。だからこそその数パーセントの呼吸で得られる酸素を効率よく体内に送り込まなくてはなりません。

具体的には私たちは1回の呼吸で400〜500mリットルの空気を吸い、1日に約3万回も呼吸をしています。 また、運動をすると酸素を使う量が多くなるので、呼吸の回数はもっと多くなります。

効率よく、体内に酸素を取り込み、またその酸素を生かす呼吸のし方についてです。呼吸は無意識で行っているのであまり自覚がないかもしれませんが、効率のいい呼吸は冷えを改善したり、集中力を高めるためにとても重要です。ここ一番というときに適切な呼吸法で乗り切れることがたくさんありますので、覚えておいて損ははありません。

呼吸法には、ヨガの有名なクンパカ(調気法)をはじめ、気功や座禅に取り入れられている調息法まで、さざままな方法があります。

クンバカは、プラナヤマのヨガの練習で息を止めることです。それには、吸入後または呼気後を伴う2つのタイプと、伴わない究極の目的があります。その状態はケヴァラクンバカであり、施術者が望む限り完全に息を止めます。

いずれの呼吸法にも共通するのは、腹式呼吸であることで、1回の呼吸にゆっくりと時間をかけることです。

1回の呼吸に20秒

イライラしたり、感情が高ぶるとき、緊張しているときなどは、呼吸が浅くなります。逆に気持ちが落ち着いて冷静なときは、呼吸は深くなります。

それだけ呼吸というのは神経作用と深く深く関わっています。人の呼吸は通常1分に14~15分。つまり1回の呼吸にかける時間はおよそ4秒ほどです。

一方、取り込まれた酸素が体内を一巡するのに20秒かかります。呼吸法ではこの排出が十分に行われるように、普通の呼吸の5~6倍、1呼吸に20秒以上の時間をかけて行います。

呼吸法は寝る前に

普段、ほとんど無意識の中で行われている呼吸ですが、呼吸法を身につけて毎回の呼吸をより深くすれば内臓機能も同時に活性化し、冷えの改善にも役立ちます。呼吸法はベッドの中で行うと効果的ですが、普段、どこでも行えるのが特徴です。

眠る前に静かな気持ちで行うと、体も温まり自律神経も自然と就寝モードに切り替わりやすくなります。
食事前に行うと内臓機能が活性化し、脂肪の分解を高め、消化・吸収が促進されます。

呼吸法

  1. 背筋を伸ばして体の力を抜きリラックスする。
  2. お腹を引っ込めながら少しずつ息を吐く。10秒以上かけるのがポイント。
  3. 息を吐ききったら1~2秒息をとめる。
  4. お腹の力を抜きながらできるだけゆっくりと鼻から息を吸う。
  5. 吸いきったところで2~3秒息を止める。

冷え症を改善する暮らし方のポイント

現代人の体は非常に酸素不足の状態になっていると言われています。
最近では、酸素カプセル、酸素バー、酸素ウォーターなど… 様々な場所で酸素を目にする機会が増えています。 メタボや動脈硬化、原因不明の頭痛、女性特有の生理痛など、様々な症状に対する改善処置として酸素水が利用されています。
それぞれに特徴がありますが、まずは飲んでみて、体に対する印象はどうか?自分で確認して選ぶといいと思います。ただし「がぶがぶ」飲んでしまわずに口の中でゆっくり温めながら飲むことが大事だそうです。酸素は冷えた状態では吸収されないようです。ゆっくり飲みましょう。
酸素をさらに取り入れたい人は酸素水 (魚沼の水)