アイソメトリック運動 就寝前に行う

快眠 そして冷え改善のために アイソメトリック運動 を行います。アイソメトリック運動 はさまざまな効果がありますが 就寝前に体の緊張をほぐすために行う方法を紹介します。

就寝前の簡単な軽い運動は新陳代謝を促進。静かにゆっくり体を温める アイソメトリック運動 がおすすめ。

アイソメトリックト運動 は、別名 静的動作トレーニング とも呼ばれ、筋肉を伸縮させずに一定の姿勢をキープして負荷をかけるトレーニングです。 ポイントは力んでも呼吸を乱さず、3秒で吸って3秒で吐くリズムを守ること。 体がプルプル震えだしても「絶対動かない」に徹します。

関節を動かさず、筋肉の長さを変えずに、筋肉を収縮させる運動ですが、短時間で効果的に筋肉をゆるめ代謝を上げてくれます。

寝る前ですから、体を伸ばすくらいの軽いエクササイズと思って行います。血流がよくなり新陳代謝がアップします。寝る前は激しい運動はおすすめできません。ゆっくりと呼吸や伸びた筋肉を意識して行うことが効果アップのポイントです。

就寝前の軽い運動は 成長ホルモン の分泌をよくする アイソメトリック運動 でさらに効果 アップ

成長ホルモンは、睡眠中に最も活発に働いて、細胞の新陳代謝を促進します。寝るちょっと前に少しだけ体を動かして筋肉を温めると、この成長ホルモンの分泌がさかんになります。入眠後、3時間でピークに達します。こちら。この成長ホルモンの分泌をさらにスムーズにするための運動です。

成長ホルモンの分泌は徐波睡眠後30分で最大となり、時間帯では午後10時から午前2時に最大になるとされています。

成長ホルモンは子供では成長を促しますが、大人では日中の心身の疲れ、ストレスを解放、組織を修復、老化の進行を抑制します。 加齢は徐波睡眠を減少させ、成長ホルモンの分泌低下より生活習慣病、老化を促進します。とても大切な働きをするホルモンですからしっかり分泌させるよにすると目覚めもよくなります。女性は肌や髪の毛への効果も大です。
午後10時から午前2時 に分泌されるホルモンですから夜更かしをするとこのホルモンの量は減ってしまいます。

筋力トレーニングというと、ダンベルやチューブなどを使った運動がありますが、器具を使わないで簡単にできる運動がありますが、これを アイソメトリック運動 といい、筋肉をほとんど動かさずに少し負担をかけることで筋力をアップさせる運動です。

アイソメトリック運動 は楽に筋力をつける

筋肉に熱を産生し、貯蔵するタンクのような働きがあります。また、人の筋肉の7~8割は下半身に集中しているといいますから冷え症の人は下半身を中心として筋力トレーニングがいいでしょう。就寝前に足が冷えて寝られない、夜中に足が冷えて目が覚めてしまうなどの人には特に就寝前の軽い運動はおすすめです。時間もそれほどかけなくてもぽかぽかして温まります。

これから紹介するアイソメトリック運動は寝室で静かにでき、下半身の筋肉を活性化させることができます。運動を行う間隔は1日おき程度がいいでしょう。体が慣れてきたら毎日行うのが理想です。布団に入る前に半身浴をするとさらに効果的です。

費用ゼロで アイソメトリック運動 を 就寝前 に行う 誰でも簡単に下半身への血流を高める

下半身の筋肉が少ない女性はどうしても冷えやすい体質から抜け出ることができません。冷えを解消する食事に注意してもいまひとつ効果が得られずにいつのまにかそうした食習慣をやめてしまったりします。下半身の筋力アップや下半身への血流をよくすることが冷え改善のためには欠かせません。そんなことから 就寝前に アイソメトリック運動 を行います。誰でも今日から無料ではじめられるので是非チャレンジしてそして継続してほしいと思います。

下半身の筋肉が発達してくると、治りにくい腰痛が改善したり、吹き出物が出やすい人は吹き出物などができにくくなります。

下半身は身体の中でも大きな筋肉が多く、これらを鍛えることで基礎代謝が向上します。つまり痩せやすい体、太りにくい体になるということです。

着込んでも底冷えしてしまう、冷え性にお悩みの方は多いかもしれません。冷えが起きる最大の原因は、血行不良。筋肉量が少ない、あるいは運動量が少ないと、血行が悪くなってしまうのです。

ふくらはぎなど下半身にある大きな筋肉を鍛えれば、血流が改善されて冷えの軽減が期待できます。

ベッドや布団に入る前に片足つま先立ち

関節が動かないように意識します。つま先に意識を集中させます。呼吸止めないように注意します。

  1. 静かに呼吸しながら片足のつま先で立つ
  2. もう一方の片足でも繰り返す

最初はおっとっととなりますが続けるうちにバランスがとれるようになります。筋肉が引き締まってくると簡単にできるようになります。最初のうちにおっとっととなってしまう人は下半身の筋肉がかなり少ないのでしょう。少しずつ筋力アップしていきましょう。

太股引き締め運動

  1. まっすぐに立ってひざをぴったりつける
  2. そのまま股関節・ふともも・ひざに力を入れて両足を強く押しつけ合う

ベッドの中で

腹筋体操

  1. 軽くひざをまげ、おへそが見えるくらいまで上半身を起こす
  2. そのままの姿勢で10秒
  3. からだをのばして10秒
  4. 2~3回繰り返す

最初は少ししんどいのですが、慣れればなんてこないです。ぽっこりお腹も凹むでしょう。便秘の方にはとてもおすすめです。蠕動運動を起こしやすくなります。

※食後1~2時間は避けます。

すぐにはじめられる簡単エクササイズ

アイソメトリック運動 就寝前に行う」への1件のフィードバック

  1. ピンバック: ダンベル体操で冷えない下半身をつくる | 便秘は冷えが原因?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください