肩・腰・背中のあたりがスースーする(女性に多い冷えの症状)

女性が訴える冷えの症状で多いのが腰、首周辺の冷え。こうした冷えはめぐりめぐって肩や首の凝りにつながり、さらには頭痛に至ることが多い

腰に冷たいモノがはりついているよう

手足の冷えほどではありませんが、女性では腰や臀部・下腹部など、腰とその周辺部の冷えに悩んでいる人は少なくありません。肩・腰・首が冷える人の症状は次のようなものです。

  • 真夏の汗をかくほど暑い日でも腰だけは冷たく何か冷たいものが貼り付いていると感じる
  • 腰回りが常に冷たい感じでときどきお腹が痛くなる。普段は便秘傾向だがこのときはひどい下痢をする
  • 腰から背中にかけてスースーしだるい
  • 首に風があたるとぞくぞくしてその後、頭痛がする
  • ちょっと涼しいだけで首の後ろがひんやりして不快感がある

四季を問わず腰にカイロをあてたり首にスカーフなどを巻いて対処している。冷えをなだめている状態でこれを放っておくと風邪をひいたり、体調をこじらせたりします。

腰回りの冷えは婦人病・腰痛に

女性の腰の周辺は、子宮や卵巣など複雑で繊細な内臓が集中しています。腰が冷えることで周辺の内臓の機能も低下してそれが月経困難症をはじめとする様々な症状につながります。
腰の冷えは婦人科機能の低下だけでなく、もっとダイレクトに腰痛という形であらわれる場合もあります。
ひどい腰痛で整形外科を受診し、検査の結果、腰の骨や筋肉に異常がみられないケースは冷えを疑います。
冷えのために骨盤内がうっ血(静脈血の滞り)しているとその部分の筋肉がこり固まり、骨盤にゆがみが生じます。そうしたゆがみが、腰痛という症状であらわれるのです。腰は字にかいたとおり、体の要なのです。腰の骨がゆがむと、腰痛にとどまらず背骨全体に影響し、肩凝り、首の凝り、さらに頭痛を招きます。
腰の冷えを自覚している人の多くが同時に肩凝り、頭痛を訴えるのはこういった理由があるからです。

肩・腰・背中のあたりがスースーする(女性に多い冷えの症状)」への1件のフィードバック

  1. ピンバック: 夏の冷え対策は早急に行う | ぽかぽかの体でうつを治す

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください