すぐにはじめられる簡単エクササイズ」カテゴリーアーカイブ

ダンベル 体操 で冷えない下半身をつくる

冷え改善のためには ダンベル 体操 で冷えない下半身をつくる ことが役立ちます。上半身はそれほど寒くないけれど、下半身が冷えると感じている女性はたくさんいます。真夏でもエアコンの冷えを上半身はそれほどでもないのに下半身で冷えを感じている方がほとんどです。これは、簡単な理由で女性は筋肉量が少ないからです。春先や秋に自分は非常に寒いのに半袖や薄着で歩いている女性がたまにいますが、筋肉があるからです。

どうしても冷やすい下半身を温めると全身が温まります

上半身はそれほど寒いわけではないのに、下半身が寒くて凍り付きそう!という女性は非常に多いです。レストランなどに入ってもすーすーと寒くて落ち着いて食事もできません。早く食べて出て行きたくなります。

これは、筋肉が少ないことが原因です。アスリートの女性は、筋肉があるので冷えをほとんど感じません。男性も比較的女性よりは筋肉があるおかげで冷えを感じにくいでしょう。

ダンベル体操

ダンベル体操

無理をしないで体重+αの負荷を

筋肉を強化するためにはアイソメトリック運動のほかに筋肉の収縮力を高める運動が効果的です。
ダンベルトレーニングは、気軽にでき体に体重+αのの負荷をかけることによりより筋肉トレーニングが効率よく行えます。

ダンベル のかわりに ペットボトル でもできる

ダンベルを使用したトレーニングのメリットは、重さを出してトレーニングができるので、効率がアップすることです。 さらに、行うことができるトレーニングに幅も広がります。 ダンベルは、特にマシンやバーベルでのトレーニングと比較しても、行うことができるトレーニングに種類が多いです。費用がかからない点も気軽にすぐにはじめられます。

ダンベルの重さは少しを力をいれる程度で持ち上がるくらいものがよく、女性の場合には、1kg程度、男性では1.5~2kg程度からはじめるのが適当です。

また、たいていの運動でも同じですが、できれだけ、はずみをつけずにゆっくり行うほうがより効果的です。

ダンベルのかわりにペットボトルを使うこともできます。水や砂の量で重さを調整することができます。
そして、少しずつ運動量を増やしていくことと、継続が大切です。張り切りすぎて筋肉痛になるのは無理しすぎです。
具体的には、軽く汗をかく程度がいいので1日10分~15分くらいからはじめるといいでしょう。

  • 親指を外側にしてしっかり握る。
  • キュッとお尻とお腹を締めてしっかり立つ。
  • 足は肩幅に開き、軽く汗をかく程度からはじめる。

1日おきでも十分効果があるので、無理をして筋肉痛で1週間休むよりも1日おきに定期的に行うほうが理想です。1日15分ぐらいが目標ですが最初は5分やればへとへとです。

冷えを改善するためのトレーニングはすぐに効果がでるものではなく筋肉がつくまでに時間がかかりますが、運動習慣がつくととても気持ちよくやらない日が気持ち悪くなるくらいです。ウォーキングやランニングのように人目につくこともなく自宅で自分のペースでできるのがダンベルのいいところです。自律神経のことを考えたら決まった時間に毎日トレーニングすると自律神経が整ってきて冷え改善により効果的です。
普段の仕事がデスクワークの人は汗ばむ程度の運動を始めると体調がとてもよくなるのでやりがいがあります。


ダンベルの重量:2kg サイズ:(約)幅17.96cm×奥行7.5cm×高さ7.08cm 材質:スチール/ネオプレンコーティング 入り数:2個セット

すぐにはじめられる簡単エクササイズ

マッサージ 効果で うっ血 を防止 冷えを解消

マッサージ 効果で うっ血 を防止 して冷え対策する方法です。マッサージはすでに古代ギリシャの時代から行われていたようです。

日本にも按摩があるように マッサージ 効果 は、世界で広く知られています。うっ血 というのは、血流の障害により静脈内に血液がたまった状態です。 このため局所は暗青赤色,すなわちチアノーゼを呈して冷たくなり,静脈や毛細血管はふくれてしまいます。 全身的なうっ血は心臓の疾患 (右心不全,心嚢炎など) ,局所的なうっ血は血管内の異物や血栓などが原因になります。

マッサージで脳にも快感刺激を与え、毛細血管の血流もスムーズに マッサージ 効果で うっ血 を防止 冷えを解消

マッサージ 効果 で調子が上向く人も多いのでやってみる価値はあります。、また うっ血 がひどい場合には、食生活も見直したほうがいいかもしれません。冷え症改善 の 栄養素 なども積極的に摂ったほうがいいでしょう。マッサージで一時的によくなっても冷えを含めてすぐに同じような症状が再発する場合は、他の原因も探ってみましょう。

マッサージは神経系をリラックス

冷え症を誘発する血液循環の悪化理由ではまず、1 つめは、血管そのものに問題がある場合。2つめは、静脈血が滞っている場合。3つめは、血液そのものに問題があり、末端にまで血液がまわらない場合です。うっ血 は末端にまで血液がまわらない原因のひとつです。

この3つめの原因となるうっ血をマッサージで解消します。マッサージをするとコリがとれたり、血流がよくなる効果を実感できます。腰痛や肩こりがある人は特にマッサージをしてもらうととても気持ちがいいことを知っていると思います。また、血流がよくなると眠くなってきますね。就寝前にやってもらえれば安眠のきっかけにもなります。

マッサージ 効果で うっ血 を防止

マッサージ 効果で うっ血 を防止

マッサージはすでに古代ギリシャの時代から行われていたようです。日本にも按摩があるようにマッサージの効用は、世界で広く知られています。

多くのマッサージは、体に与える刺激により新陳代謝の促進や筋肉の緊張をほぐすといった効果があります。

具体的には、肩こりや腰痛の緩和をはじめ、生理痛や不眠、冷え性やむくみなどに働きかけるほか、免疫力の向上や自律神経を整えるといった作用が期待できます。凝ったと感じると自分の手の届く範囲であればもみほぐすりのが一般的です。定期的に肩や背中をもみほぐさにと痛みやだるさで生活ができないという人も多いでしょう。また、上手にうっ血が解消できれば不快な症状は解消しますが、上手にうっ血が解消されなければ相変わらず凝りや痛みが続きます。うっ血防止のための対策です。

按摩は体の中心から末端へと遠心的に行われるのに対して、西洋のマッサージは体の末端から中心へと救心的に行われますが、日本の按摩は両方のメリットを生かして行われます。

按摩は、指圧による持続的な垂直圧が、身体に深く浸透することで、血液やリンパの流れの促進、自律神経の調整、内臓および内分泌機能の回復が促されます。 さらに、筋および筋膜の柔軟性を向上させることにより、運動機能を高める効果があります。

また、身体に備わる自然治癒力の働きを促進し、全身指圧をすることにより効果を高めることができます。
マッサージのその効用は、

  1. 皮膚への刺激で神経系をリラックスさせて体全体を活性化
  2. マッサージの触圧作用で末梢の循環をよくし、毛細血管にたまったうっ血の心臓への環流を促す
  3. 血流の改善により安眠できる

などがあります。アスリートが、競技のあとにマッサージを行っていますがこういった効用以外に疲労回復を高めるために行っています。筋肉をほすすことで疲労回復効果を早めています

足先と腰周辺を中心に

マッサージは、ストレッチと同様、入浴中 (半身浴 )あるいは、入浴後の体が温まっているときに行うとより効果的です。体が冷えてしまっているからでは血流がおちているので、温かいうちに行ったほうがいいでしょう。入浴後が最適です。

マッサージをしてもらえる人がいる場合には 半身浴 の後に眠る前にやってもらうと筋肉が程良く温まり、心地よい睡眠につながります。マッサージをしている最中に眠くなることも多々あります。

冷え症の場合には、足先、腰中心、つまり下半身をマッサージするといいでしょう。
マッサージは押したりもんだりが中心ですが、マッサージの効用は手による優しい摩擦刺激にもなります。マッサージオイルなどを使えばさらに効果的です。

マッサージオイルは、身体のむくみをとったり、肌の保湿に効果的なアイテムです。 マッサージミルクとの違いは油分と水分の量です。 マッサージオイルは油分が多く肌の表面に幕を貼ることでうるおいを逃しにくくします。 一方でマッサージミルクは水分量が多く、スキンケアの乳液に近い役割です。うっ血を予防するためのアイテムのひとつして使ってもいいでしょう。

足のマッサージは、余分な水分の排出が促され、むくみの解消が期待できます。また、血行もよくなるので抹消血管まで血液が行き渡って、冷えの解消にもつながります。足のむくみがひどい場合には、冷えも同時にあるはずです。丁寧にマッサージしてあげるといいでしょう。

マッサージでむくみが改善しないなら余分な水分が溜まっているかもしれません。強力な水分排泄作用のある はとむぎ茶 がおすすめです。

すぐにはじめられる簡単エクササイズ

入浴時に行うストレッチングは抜群の疲労回復、ストレス解消効果がある

ストレッチングは、入浴時や入浴後が最も効果的。ぬるま湯にゆっくり浸かりながら下半身と腰を中心に行います。

ストレッチは入浴とセットで。入浴は半身浴がおすすめです。

湯に浸かると筋肉がほぐれる

ストレッチ

ストレッチ

入浴すると、筋肉が温まり、柔らかくなります。普段よりも無理なく筋肉を伸ばすことができます。

入浴時のストレッチングはこうした利点を生かして、起床時に行うストレッチを習慣化させるなどのストレッチングとは違った、少しハードなストレッチングとして行うようにします。

水の中では、浮力の関係上、体重は10分の1くらいになるため、いつもとは違う動きも可能です。この利点を生かして陸上では難しいエクササイズが比較的、楽に行えます。入浴時は、気分もいいので一石二鳥です。

ストレッチは筋肉のビタミン

ふだん、体を動かすことの多い人でも使う筋肉はある程度決まってしまっています。あまり動かさない部分は常に動かさない状態が続いてしまいます。入浴時には意識してこうした筋肉を動かすと効果的です。
ストレッチングは筋肉にとってのビタミンのようなものです。筋肉が増えるわけではありませんが、ストレッチで筋肉が柔らかくなると、動きがよくなり、さらに代謝アップにつながります。また、運動などをした後には、筋肉の疲労回復が早まります。

起床時 の ストレッチ を習慣化させる

起床時 の ストレッチ を習慣化させる ことで身体をゆっくり優しく起こすことができます。生活リズムを一定にすることで自律神経のバランスが整い、交感神経・副交感神経を適切な時間帯に活性化させることができます。起床時に行うことでリズムを作ることができます。今日は、ちょっと面倒だなぁと思う日でも続けることで効果を発揮します。手足をぐっと伸ばすだけですので、簡単にできます。

朝 目が覚めても身体は起きていません。手足の筋肉、体全体の筋肉をゆっくりと伸ばすス トレッチ で身体を優しく起こします。

目覚めたら ストレッチ を行うことで体を目覚めさせます。眠っている間の副交感神経優位状態を起きて動き始める交感神経優位に切り替える きっかけ にストレッチ を利用するということです。

寝起きのストレッチには眠気やだるさを軽減し、体内の活動スイッチを ON にする効果があります。

目覚まし時計

起床時 に行う ストレッチ

目覚めても筋肉はまだ起きていない 起床時 に行う ストレッチ で起こす

朝、目覚めても体はまだ起きていません。というのは、筋肉は睡眠中に長く同じ姿勢をとっているせいで固くなっているのです。そんな状態で急に体に無理な負担をかけると腰を痛めたりしてしまことも。腰痛もちの人は特に起床時が一番しんどいはずです。筋肉がかたまっているためです。

ほんの少し早めに起きる習慣をつけ、手足の ストレッチ を行うことで筋肉を優しくほぐします。 ストレッチ といっても簡単で目覚めたら、まず寝たまま手足をぐーっと伸ばすだけです。これを習慣化させてしまいましょう。手足をしっかり伸ばしてから起きるだけの簡単 ストレッチです。

手足を上下にして全身を伸ばすストレッチです。とても簡単ですが、無理なく全身に血液を行き渡らせるので、寝起きの最初の ストレッチ にぴったりです。知らず知らずのうちにやっている人も多いかもしれません。

やり方は、仰向けの状態で両手を上に、両足のつま先を下に向け、背伸びの状態で3~5秒間キープし、フッと力を抜きます。これを2~3回繰り返します。

ストレッチの効果というのは、筋肉や腱が伸びることで関節への負担を減らし、肩こりや腰痛を緩和、改善させることができます。

ストレッチで、柔軟性を高めると筋肉を動かすことにより、筋温が上昇します。 ウォームアップなどで行うと、運動によるケガや筋肉痛をある程度予防することができます。これは、起床時のストレッチ 効果とは異なり運動前のストレッチ効果です。運動を始める前の ストレッチ とはまた異なったストレッチの活用です。

朝、起きたら伸びるストレッチができるようになったら呼吸も意識するようにします。しっかり呼吸を繰り返すことでより効果が高まります。

自律神経のうち、交感神経が優位だと筋肉が収縮し、副交感神経が優位だと筋肉が緩みます。
呼吸において、吸う時は交感神経が、吐く時は副交感神経が優位になるためしっかり吐くときに筋肉を伸ばすと、より伸びやすいとされているからです。

また呼吸法のうち腹式呼吸は体内に取り込む酸素量が多いので、ストレッチ時に適しているとされています。
ただ胸式呼吸も心身をリフレッシュさせるなどのよい効果があるとされています。

目覚めに行う ストレッチ は感覚神経への刺激がストレス解消にも

筋力トレーニングで動かす部分に意識を集中させるように、 ストレッチ  も「手足の先がおもいっきり伸びる」イメージを描きながら行うと効果的です。伸ばす程度は、かすかな痛みを感じるところまでです。

無理をしてはいけません。ちなみに腰痛がひどい方は、このストレッチにプラスして就寝前にも行うとより効果的です。

それ以上の無理をすると筋肉を痛めたり、苦痛のほうが大きくなり三日坊主になってしまいます。ストレッチをすると、筋肉が感覚神経を刺激し、疲労回復やストレス解消にも効果があります。

目覚めの際の習慣にするといいでしょう。 ストレッチ が目覚めのスイッチになると自律神経も安定してくるでしょう。朝にストレッチで身体を動かすと、1日のスイッチがしっかり切り替わるのを感じられるようになります。緩やかなストレッチは筋肉を無理なくほぐします。
寝る姿勢によっては身体を圧迫し血流やリンパの流れが悪くなってしまい、身体が固まってしまうことがあります。

ゆっくり呼吸をしながら身体を伸ばすことで、筋肉に血液を送り、身体を温める効果があります。起床時の ストレッチ は、結果、冷え も解消し、自律神経も整って便秘も解消できる一石二鳥です。朝食もおいしく食べられるはずです。イサゴール などに頼らなくても快便に体質が変わってくれば大成功です。

すぐにはじめられる簡単エクササイズ

就寝前のアイソメトリック運動

就寝前の簡単な軽い運動は新陳代謝を促進。静かにゆっくり体を温めるアイソメトリック運動がおすすめ。

体を伸ばすくらいの軽いエクササイズを行います。血流がよkなり新陳代謝がアップします。寝る前は激しい運動はおすすめできません。

就寝前の軽い運動は成長ホルモンの分泌をよくする

成長ホルモンは、睡眠中に最も活発に働いて、細胞の新陳代謝を促進します。寝るちょっと前に少しだけ体を動かして筋肉を温めると、この成長ホルモンの分泌がさかんになります。入眠後、3時間でピークに達します。こちら

筋力トレーニングというと、ダンベルやチューブなどを使った運動がありますが、器具を使わないで簡単にできる運動があります。これをアイソメトリック運動といい、筋肉をほとんど動かさずに少し負担をかけることで筋力をアップさせる運動です。

アイソメトリック運動は楽に筋力をつける

筋肉に熱を産生し、貯蔵するタンクのような働きがあります。また、人の筋肉の7~8割は下半身に集中しているといいますから冷え症の人は下半身を中心として筋力トレーニングがいいでしょ。

これから紹介するアイソメトリック運動は寝室で静かにでき、下半身の筋肉を活性化させることができます。運動を行う間隔は1日おき程度がいいでしょう。体が慣れてきたら毎日行うのが理想です。

ベッドや布団に入る前に</h4片足つま先立ち

  1. 静かに呼吸しながら片足のつま先で立つ
  2. もう一方の片足でも繰り返す

太股引き締め運動

  1. まっすぐに絶ってひざをぴったりつける
  2. そのまま股関節・ふともも・ひざに津からヲ入れて両足を強く押しつけ合う

ベッドの中で

腹筋体操

  1. 軽くひざをまげ、おへそが見えるくらいまで上半身を起こす
  2. そのままの姿勢で10秒
  3. からだをのばして10秒
  4. 2~3回繰り返す

※食後1~2時間は避けます。

やっぱり 適度な運動 が冷えにくく温まりやすい体質にする

やっぱり適度な運動が冷えにくく温まりやすい体質にする ということで 適度な運動 が冷え解消にどのように効果があるのかを紹介します。冷え性の人は 適度な運動 は最終手段と考える人が多いのですが 適度な運動 は冷え改善のために避けることはできません。

具体的には、最大心拍数の 50 % を目安に運動を行います。冷え改善のためには適度な運動から逃げることはできないと思いましょう。

適度な運動 は血流をよくし、冷えの原因となるうっ血を防ぎます

冷えを解消しようと思ったら適度な運動を避けることはできません。

適度な運動

適度な運動

運動不足はやっぱり冷える? 適度な運動 は必須

ビタミンC は 1 日50 mg カルシウムであれば、600 mg など食べ物には栄養所要量の基準値が設けられており、日々の暮らしの中に浸透しています。

一方、運動にも「運動所要量」が定められていますが、栄養所要量ほど、生活に浸透していません。

運動不足そのものは、空腹や睡眠不足ほど著説な欲求として自覚しないため運動不足に対して関心が低いのが現状です。

現代人は、交通手段にしても食事の用意などに関しても家電に関しても暮らしの中で体を動かす機会が減少しているのも事実です。

こうした現代生活による運動不足が肥満や心疾患、糖尿病など、生活習慣病や病気の要因になっているのです。これは30 年以上も前に「運動不足病」として明らかにされています。

適度な運動 は自律神経の働きもよくする

運動をすると、血液循環、とくに毛細血管を循環する血液や体液の量が増えて、新陳代謝が高まります。また、汗をかくことでで体温調節に直接関わる汗腺の働きが活発化され毛穴もきれいになります。
また、冷え症の人にとって最も大きな効果は、筋肉からの刺激によって自律神経の機能が活性化することにあります。

運動は冷え症解消には必須なのです。運動を体の動かし方で分類するとエアロビクス(有酸素運動)、ストレッチ、筋肉トレーニングの3種類に分けられます。

適度な運動 とはどの程度の 運動量 が必要か?

運動の強度については、呼吸がやや早くなる、あるいは、筋肉などが心持ちきついと感じる程度。時間はうっすらと汗がでるくらいが特に体への負担が少なく行える運動量です。

具体的に数値化する場合は1分間の脈拍数である心拍数がよく使われます。適度な運動というのは、この心拍数が最大心拍数の 50 % くらいにおさまる強さのものをいいます。

運動は、がんばればがんばるだけ効率が上がるというものではありません。最大心拍数の 50 % 程度を目標に行うといいでしょう。あと、大切なことは継続です。

ダンベル体操などは家で行うことができるのでまずは、はじめてみるにはおすすめです。

すぐにはじめられる簡単エクササイズ