適度な運動が冷えによいとわかっていてもなかなか行動できない

やっぱり適度な運動が冷えにくく温まりやすい体質にするなどでも説明したが、適度な運動は血流をよくし、冷えの原因となるうっ血を防ぎます。
さらに、適度な運動は自律神経の働きもよくするのだから冷え症体質の人がなぜ?やらないのか?と不思議に思えてしまう。かもしれません。

ところが、寒いから体を動かす気になれないのだ。そんなことを言っているから「冷え症が治らない」とどなられてしまいそうだが、自分も35年もの間、そうだったからとてもよく理解できます。

どうしたら体を動かす気になるのか?このあたりが冷え症の人の共通キーワードにも思える。温かいホットな環境から温度の低い環境の部屋に移動しただけで、ストレスでどうにかなりそうに思えてしまう。

お風呂に入るときなどは、前もって脱衣場や浴室を温めておかなければとてもでないが、「入浴する気」にもならない。
そこで、冷え症を改善するために2つのステップで改善する案を考えてみました。

冷え症を改善する方法は、しょうがなどの体を温める食材を利用する方法(内部要因)と運動どにより代謝をあげながら体を温める方法(外部要因)の2つのアプローチ方法があります。

重度の冷え症体質の人は、まずしょうがなどの内部的要因の部分に比重をおきます。
少し前にはやった生姜紅茶を自宅でつくるといいでしょう。→生姜紅茶の作り方はこちら。

2週間~4週間の間にこれを飲んで、代謝をアップさせます。できれば、食事でもしょうがをたっぷり使い料理するようにします。不思議なことにある時期から食事を食べただけでも汗ばんでくるほど代謝がアップします。
これがしょうがの効果です。

そうなると、なんとなく体調のよいことにびっくりするでしょう。そうなった時点で運動をしたりダンベル体操をすると冷え症解消へのステップになるでしょう。

重度の冷え症体質の人は「頭ではわかっていても」運動やストレッチなどをする気がおきないのです。最初に、しょうがなどを積極的に摂取することを薦めていますが、あまりストレスにならないように食事などは楽しくとることも大切です。
金時生姜はこちら。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です