適度な 運動 が 冷え に よい とわかっていてもなかなか行動できない

Pocket

多くの人は 適度な 運動 が 冷え に よい とわかっていてもなかなか行動できない のが普通です。やっぱり適度な運動が冷えにくく温まりやすい体質にするなどでも説明しましたが、適度な運動は
血流をよくし、冷えの原因となるうっ血を防ぎます。

さらに、適度な運動は自律神経の働きもよくするのだから冷え症体質の人がなぜ?やらないのか?と不思議に思えてしまう。かもしれません。頭ではわかっていても行動できません。

 

運動がよいとわかっていてもできない

運動がよいとわかっていてもできない

ところが、寒いから体を動かす気になれないのです。そんなことを言っているから「冷え症が治らない」とどなられてしまいそうですが、自分も 35 年もの間、そうだったからとてもよく理解できます。努力なしで体質が変わるとは思っていませんが、あまりに努力が必要ならめんどくさくなってしまいます。寒いときには体を動かす気になれません。
さらに甘いものや炭水化物が無性に食べたくなって甘いものをたっぷり食べる…これは冷えをさらに助長させてしまう負のスパイラルです。

寒いときに体を動かすためには 適度な 運動 をするために

寒い時にどうしたら体を動かす気になるのでしょうか?このあたりが冷え症の人の共通キーワードです。温かいホットな環境から温度の低い環境の部屋に移動しただけで、ストレスでどうにかなりそうに思えてしまうのに、外に出る気にはなれません。

お風呂に入るときなどは、前もって脱衣場や浴室を温めておかなければとてもでないが、「入浴する気」にもなりません。寒くて体がうごきませんね。

まず、冷え改善のための 適度な 運動 をはじめるところでつまづいてしまっているのです。
適度な運動運するやる気スイッチを入れなくてはいけないのです。

そこで、冷え性さんのための冷え症を改善するために 2 つのステップで改善する案を考えてみました。

冷え症を改善する方法は、しょうがなどの体を温める食材を利用する方法(内部要因)と運動どにより代謝をあげながら体を温める方法(外部要因)の2つのアプローチ方法があります。

重度の冷え症体質の人は、まずは、しょうがなどの内部的要因の部分に比重をおきます。
少し前にはやった生姜紅茶を自宅でつくるといいでしょう。→ 生姜紅茶の作り方 はこちら。

ステップ1は、体を温めるものを食べて内部要因から攻めます。体がぽぽかしてきたところでステップ2の運動にすすめるという方法です。

生姜紅茶の評判は冷え性の方に評価が高く、多くの方に効果があったと言われます。飲むだけという手軽さと低コストで続けやすく、何より飲んですぐに効果を実感できるのが魅力的です。体がぽかぽかしてくると体をうごかしやすくなりますし、気持ちも上向くのが嬉しいところです。
体がぽかぽかしてくると、便通がよくなったり、繰り返す肌荒れが治ったりいいことばかりです。コーヒー好きの人はコーヒーを生姜紅茶に変えるだけです。

2週間~4週間の間にこれを飲んで、代謝をアップさせます。できれば、食事でもしょうがをたっぷり使い料理するようにします。不思議なことにある時期から食事を食べただけでも汗ばんでくるほど代謝がアップします。
これが しょうが の効果です。しょうがは漢方薬のほとんどの薬に入っています。

そうなると、なんとなく体調のよいことにびっくりするでしょう。そうなった時点で運動をしたりダンベル体操をすると冷え症解消へのステップになるでしょう。

重度の冷え症体質の人は「頭ではわかっていても」運動やストレッチなどをする気がおきないのです。最初に、しょうがなどを積極的に摂取することを薦めていますが、あまりストレスにならないように食事などは楽しくとることも大切です。まず、食事で体を温め、冷え体質を撃退して運動にもっていきましょう。

冷え症を改善する暮らし方のポイント

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください