月別アーカイブ: 2011年4月

冷え と 便秘 の両方に 効果 のある 呼吸法

冷え と 便秘 の両方に 効果 のある 呼吸法 について紹介します。

深呼吸は酸素が十分に体内に取り込まれ心身が安定します。体に十分な酸素を取り入れることは冷えの改善に役立ちます。

呼吸のことを意識する人は少ないのですが、とても重要です。過度に緊張したときは、おおきく深呼吸するだけでおさまったりもします。体に酸素を取り入れることはとても大切です。

呼吸は大切 冷え と 便秘 の両方に 効果 のある 呼吸法

冷え と 便秘 の両方に 効果 のある 呼吸法

冷え と 便秘 の両方に 効果 のある 呼吸法

人間が呼吸で空気中の酸素を取り込むのは、通常の呼吸では数パーセントにすぎません。だからこそその数パーセントの呼吸で得られる酸素を効率よく体内に送り込まなくてはなりません。

具体的には私たちは1回の呼吸で400〜500mリットルの空気を吸い、1日に約3万回も呼吸をしています。 また、運動をすると酸素を使う量が多くなるので、呼吸の回数はもっと多くなります。

効率よく、体内に酸素を取り込み、またその酸素を生かす呼吸のし方についてです。呼吸は無意識で行っているのであまり自覚がないかもしれませんが、効率のいい呼吸は冷えを改善したり、集中力を高めるためにとても重要です。ここ一番というときに適切な呼吸法で乗り切れることがたくさんありますので、覚えておいて損ははありません。

呼吸法には、ヨガの有名なクンパカ(調気法)をはじめ、気功や座禅に取り入れられている調息法まで、さざままな方法があります。

クンバカは、プラナヤマのヨガの練習で息を止めることです。それには、吸入後または呼気後を伴う2つのタイプと、伴わない究極の目的があります。その状態はケヴァラクンバカであり、施術者が望む限り完全に息を止めます。

いずれの呼吸法にも共通するのは、腹式呼吸であることで、1回の呼吸にゆっくりと時間をかけることです。

1回の呼吸に20秒

イライラしたり、感情が高ぶるとき、緊張しているときなどは、呼吸が浅くなります。逆に気持ちが落ち着いて冷静なときは、呼吸は深くなります。

それだけ呼吸というのは神経作用と深く深く関わっています。人の呼吸は通常1分に14~15分。つまり1回の呼吸にかける時間はおよそ4秒ほどです。

一方、取り込まれた酸素が体内を一巡するのに20秒かかります。呼吸法ではこの排出が十分に行われるように、普通の呼吸の5~6倍、1呼吸に20秒以上の時間をかけて行います。

呼吸法は寝る前に

普段、ほとんど無意識の中で行われている呼吸ですが、呼吸法を身につけて毎回の呼吸をより深くすれば内臓機能も同時に活性化し、冷えの改善にも役立ちます。呼吸法はベッドの中で行うと効果的ですが、普段、どこでも行えるのが特徴です。

眠る前に静かな気持ちで行うと、体も温まり自律神経も自然と就寝モードに切り替わりやすくなります。
食事前に行うと内臓機能が活性化し、脂肪の分解を高め、消化・吸収が促進されます。

呼吸法

  1. 背筋を伸ばして体の力を抜きリラックスする。
  2. お腹を引っ込めながら少しずつ息を吐く。10秒以上かけるのがポイント。
  3. 息を吐ききったら1~2秒息をとめる。
  4. お腹の力を抜きながらできるだけゆっくりと鼻から息を吸う。
  5. 吸いきったところで2~3秒息を止める。

冷え症を改善する暮らし方のポイント

現代人の体は非常に酸素不足の状態になっていると言われています。
最近では、酸素カプセル、酸素バー、酸素ウォーターなど… 様々な場所で酸素を目にする機会が増えています。 メタボや動脈硬化、原因不明の頭痛、女性特有の生理痛など、様々な症状に対する改善処置として酸素水が利用されています。
それぞれに特徴がありますが、まずは飲んでみて、体に対する印象はどうか?自分で確認して選ぶといいと思います。ただし「がぶがぶ」飲んでしまわずに口の中でゆっくり温めながら飲むことが大事だそうです。酸素は冷えた状態では吸収されないようです。ゆっくり飲みましょう。
酸素をさらに取り入れたい人は酸素水 (魚沼の水)

起床時 の ストレッチ を習慣化させる

起床時 の ストレッチ を習慣化させる ことで身体をゆっくり優しく起こすことができます。生活リズムを一定にすることで自律神経のバランスが整い、交感神経・副交感神経を適切な時間帯に活性化させることができます。起床時に行うことでリズムを作ることができます。今日は、ちょっと面倒だなぁと思う日でも続けることで効果を発揮します。手足をぐっと伸ばすだけですので、簡単にできます。

朝 目が覚めても身体は起きていません。手足の筋肉、体全体の筋肉をゆっくりと伸ばすス トレッチ で身体を優しく起こします。

目覚めたら ストレッチ を行うことで体を目覚めさせます。眠っている間の副交感神経優位状態を起きて動き始める交感神経優位に切り替える きっかけ にストレッチ を利用するということです。

寝起きのストレッチには眠気やだるさを軽減し、体内の活動スイッチを ON にする効果があります。

目覚まし時計

起床時 に行う ストレッチ

目覚めても筋肉はまだ起きていない 起床時 に行う ストレッチ で起こす

朝、目覚めても体はまだ起きていません。というのは、筋肉は睡眠中に長く同じ姿勢をとっているせいで固くなっているのです。そんな状態で急に体に無理な負担をかけると腰を痛めたりしてしまことも。腰痛もちの人は特に起床時が一番しんどいはずです。筋肉がかたまっているためです。

ほんの少し早めに起きる習慣をつけ、手足の ストレッチ を行うことで筋肉を優しくほぐします。 ストレッチ といっても簡単で目覚めたら、まず寝たまま手足をぐーっと伸ばすだけです。これを習慣化させてしまいましょう。手足をしっかり伸ばしてから起きるだけの簡単 ストレッチです。

手足を上下にして全身を伸ばすストレッチです。とても簡単ですが、無理なく全身に血液を行き渡らせるので、寝起きの最初の ストレッチ にぴったりです。知らず知らずのうちにやっている人も多いかもしれません。

やり方は、仰向けの状態で両手を上に、両足のつま先を下に向け、背伸びの状態で3~5秒間キープし、フッと力を抜きます。これを2~3回繰り返します。

ストレッチの効果というのは、筋肉や腱が伸びることで関節への負担を減らし、肩こりや腰痛を緩和、改善させることができます。

ストレッチで、柔軟性を高めると筋肉を動かすことにより、筋温が上昇します。 ウォームアップなどで行うと、運動によるケガや筋肉痛をある程度予防することができます。これは、起床時のストレッチ 効果とは異なり運動前のストレッチ効果です。運動を始める前の ストレッチ とはまた異なったストレッチの活用です。

朝、起きたら伸びるストレッチができるようになったら呼吸も意識するようにします。しっかり呼吸を繰り返すことでより効果が高まります。

自律神経のうち、交感神経が優位だと筋肉が収縮し、副交感神経が優位だと筋肉が緩みます。
呼吸において、吸う時は交感神経が、吐く時は副交感神経が優位になるためしっかり吐くときに筋肉を伸ばすと、より伸びやすいとされているからです。

また呼吸法のうち腹式呼吸は体内に取り込む酸素量が多いので、ストレッチ時に適しているとされています。
ただ胸式呼吸も心身をリフレッシュさせるなどのよい効果があるとされています。

目覚めに行う ストレッチ は感覚神経への刺激がストレス解消にも

筋力トレーニングで動かす部分に意識を集中させるように、 ストレッチ  も「手足の先がおもいっきり伸びる」イメージを描きながら行うと効果的です。伸ばす程度は、かすかな痛みを感じるところまでです。

無理をしてはいけません。ちなみに腰痛がひどい方は、このストレッチにプラスして就寝前にも行うとより効果的です。

それ以上の無理をすると筋肉を痛めたり、苦痛のほうが大きくなり三日坊主になってしまいます。ストレッチをすると、筋肉が感覚神経を刺激し、疲労回復やストレス解消にも効果があります。

目覚めの際の習慣にするといいでしょう。 ストレッチ が目覚めのスイッチになると自律神経も安定してくるでしょう。朝にストレッチで身体を動かすと、1日のスイッチがしっかり切り替わるのを感じられるようになります。緩やかなストレッチは筋肉を無理なくほぐします。
寝る姿勢によっては身体を圧迫し血流やリンパの流れが悪くなってしまい、身体が固まってしまうことがあります。

ゆっくり呼吸をしながら身体を伸ばすことで、筋肉に血液を送り、身体を温める効果があります。起床時の ストレッチ は、結果、冷え も解消し、自律神経も整って便秘も解消できる一石二鳥です。朝食もおいしく食べられるはずです。イサゴール などに頼らなくても快便に体質が変わってくれば大成功です。

すぐにはじめられる簡単エクササイズ

アイソメトリック運動 就寝前に行う

快眠 そして冷え改善のために アイソメトリック運動 を行います。アイソメトリック運動 はさまざまな効果がありますが 就寝前に体の緊張をほぐすために行う方法を紹介します。

就寝前の簡単な軽い運動は新陳代謝を促進。静かにゆっくり体を温める アイソメトリック運動 がおすすめ。

アイソメトリックト運動 は、別名 静的動作トレーニング とも呼ばれ、筋肉を伸縮させずに一定の姿勢をキープして負荷をかけるトレーニングです。 ポイントは力んでも呼吸を乱さず、3秒で吸って3秒で吐くリズムを守ること。 体がプルプル震えだしても「絶対動かない」に徹します。

関節を動かさず、筋肉の長さを変えずに、筋肉を収縮させる運動ですが、短時間で効果的に筋肉をゆるめ代謝を上げてくれます。

寝る前ですから、体を伸ばすくらいの軽いエクササイズと思って行います。血流がよくなり新陳代謝がアップします。寝る前は激しい運動はおすすめできません。ゆっくりと呼吸や伸びた筋肉を意識して行うことが効果アップのポイントです。

就寝前の軽い運動は 成長ホルモン の分泌をよくする アイソメトリック運動 でさらに効果 アップ

成長ホルモンは、睡眠中に最も活発に働いて、細胞の新陳代謝を促進します。寝るちょっと前に少しだけ体を動かして筋肉を温めると、この成長ホルモンの分泌がさかんになります。入眠後、3時間でピークに達します。こちら。この成長ホルモンの分泌をさらにスムーズにするための運動です。

成長ホルモンの分泌は徐波睡眠後30分で最大となり、時間帯では午後10時から午前2時に最大になるとされています。

成長ホルモンは子供では成長を促しますが、大人では日中の心身の疲れ、ストレスを解放、組織を修復、老化の進行を抑制します。 加齢は徐波睡眠を減少させ、成長ホルモンの分泌低下より生活習慣病、老化を促進します。とても大切な働きをするホルモンですからしっかり分泌させるよにすると目覚めもよくなります。女性は肌や髪の毛への効果も大です。
午後10時から午前2時 に分泌されるホルモンですから夜更かしをするとこのホルモンの量は減ってしまいます。

筋力トレーニングというと、ダンベルやチューブなどを使った運動がありますが、器具を使わないで簡単にできる運動がありますが、これを アイソメトリック運動 といい、筋肉をほとんど動かさずに少し負担をかけることで筋力をアップさせる運動です。

アイソメトリック運動 は楽に筋力をつける

筋肉に熱を産生し、貯蔵するタンクのような働きがあります。また、人の筋肉の7~8割は下半身に集中しているといいますから冷え症の人は下半身を中心として筋力トレーニングがいいでしょう。就寝前に足が冷えて寝られない、夜中に足が冷えて目が覚めてしまうなどの人には特に就寝前の軽い運動はおすすめです。時間もそれほどかけなくてもぽかぽかして温まります。

これから紹介するアイソメトリック運動は寝室で静かにでき、下半身の筋肉を活性化させることができます。運動を行う間隔は1日おき程度がいいでしょう。体が慣れてきたら毎日行うのが理想です。布団に入る前に半身浴をするとさらに効果的です。

費用ゼロで アイソメトリック運動 を 就寝前 に行う 誰でも簡単に下半身への血流を高める

下半身の筋肉が少ない女性はどうしても冷えやすい体質から抜け出ることができません。冷えを解消する食事に注意してもいまひとつ効果が得られずにいつのまにかそうした食習慣をやめてしまったりします。下半身の筋力アップや下半身への血流をよくすることが冷え改善のためには欠かせません。そんなことから 就寝前に アイソメトリック運動 を行います。誰でも今日から無料ではじめられるので是非チャレンジしてそして継続してほしいと思います。

下半身の筋肉が発達してくると、治りにくい腰痛が改善したり、吹き出物が出やすい人は吹き出物などができにくくなります。

下半身は身体の中でも大きな筋肉が多く、これらを鍛えることで基礎代謝が向上します。つまり痩せやすい体、太りにくい体になるということです。

着込んでも底冷えしてしまう、冷え性にお悩みの方は多いかもしれません。冷えが起きる最大の原因は、血行不良。筋肉量が少ない、あるいは運動量が少ないと、血行が悪くなってしまうのです。

ふくらはぎなど下半身にある大きな筋肉を鍛えれば、血流が改善されて冷えの軽減が期待できます。

ベッドや布団に入る前に片足つま先立ち

関節が動かないように意識します。つま先に意識を集中させます。呼吸止めないように注意します。

  1. 静かに呼吸しながら片足のつま先で立つ
  2. もう一方の片足でも繰り返す

最初はおっとっととなりますが続けるうちにバランスがとれるようになります。筋肉が引き締まってくると簡単にできるようになります。最初のうちにおっとっととなってしまう人は下半身の筋肉がかなり少ないのでしょう。少しずつ筋力アップしていきましょう。

太股引き締め運動

  1. まっすぐに立ってひざをぴったりつける
  2. そのまま股関節・ふともも・ひざに力を入れて両足を強く押しつけ合う

ベッドの中で

腹筋体操

  1. 軽くひざをまげ、おへそが見えるくらいまで上半身を起こす
  2. そのままの姿勢で10秒
  3. からだをのばして10秒
  4. 2~3回繰り返す

最初は少ししんどいのですが、慣れればなんてこないです。ぽっこりお腹も凹むでしょう。便秘の方にはとてもおすすめです。蠕動運動を起こしやすくなります。

※食後1~2時間は避けます。

すぐにはじめられる簡単エクササイズ

やっぱり 適度な運動 が冷えにくく温まりやすい体質にする

やっぱり適度な運動が冷えにくく温まりやすい体質にする ということで 適度な運動 が冷え解消にどのように効果があるのかを紹介します。冷え性の人は 適度な運動 は最終手段と考える人が多いのですが 適度な運動 は冷え改善のために避けることはできません。

具体的には、最大心拍数の 50 % を目安に運動を行います。冷え改善のためには適度な運動から逃げることはできないと思いましょう。

適度な運動 は血流をよくし、冷えの原因となるうっ血を防ぎます

冷えを解消しようと思ったら適度な運動を避けることはできません。

適度な運動

適度な運動

運動不足はやっぱり冷える? 適度な運動 は必須

ビタミンC は 1 日50 mg カルシウムであれば、600 mg など食べ物には栄養所要量の基準値が設けられており、日々の暮らしの中に浸透しています。

一方、運動にも「運動所要量」が定められていますが、栄養所要量ほど、生活に浸透していません。

運動不足そのものは、空腹や睡眠不足ほど著説な欲求として自覚しないため運動不足に対して関心が低いのが現状です。

現代人は、交通手段にしても食事の用意などに関しても家電に関しても暮らしの中で体を動かす機会が減少しているのも事実です。

こうした現代生活による運動不足が肥満や心疾患、糖尿病など、生活習慣病や病気の要因になっているのです。これは30 年以上も前に「運動不足病」として明らかにされています。

適度な運動 は自律神経の働きもよくする

運動をすると、血液循環、とくに毛細血管を循環する血液や体液の量が増えて、新陳代謝が高まります。また、汗をかくことでで体温調節に直接関わる汗腺の働きが活発化され毛穴もきれいになります。
また、冷え症の人にとって最も大きな効果は、筋肉からの刺激によって自律神経の機能が活性化することにあります。

運動は冷え症解消には必須なのです。運動を体の動かし方で分類するとエアロビクス(有酸素運動)、ストレッチ、筋肉トレーニングの3種類に分けられます。

適度な運動 とはどの程度の 運動量 が必要か?

運動の強度については、呼吸がやや早くなる、あるいは、筋肉などが心持ちきついと感じる程度。時間はうっすらと汗がでるくらいが特に体への負担が少なく行える運動量です。

具体的に数値化する場合は1分間の脈拍数である心拍数がよく使われます。適度な運動というのは、この心拍数が最大心拍数の 50 % くらいにおさまる強さのものをいいます。

運動は、がんばればがんばるだけ効率が上がるというものではありません。最大心拍数の 50 % 程度を目標に行うといいでしょう。あと、大切なことは継続です。

ダンベル体操などは家で行うことができるのでまずは、はじめてみるにはおすすめです。

すぐにはじめられる簡単エクササイズ

色・音をうまく活用してストレス解消

目覚めにはパステルカラー、眠るときには暖色系とやさしいトーンの音楽…色や音の環境が冷え症には最適です。

パステルカラー

パステルカラー

活動には明るい色、休息にはやわらかい色を

香りと同様、身の回りの色や音も視神経や視覚を通して体に大きく作用します。
このあたりは、目に関する専門サイトにも記載があり参考になります。
目のために室内の色調にも気を配るなどは疲れ目を防ぐための情報ですがとても参考になります。

まず、目覚めて活動を開始するときにふさわしい色は穏やかな気持ちをひきたたせるクリームやコバルトブルーがおすすめです。就寝時は穏やかなやさしいパステルカラーのピンクや淡いオレンジが安眠を誘います。

寝付きの悪い人などは、シーツや枕カバーなどに使うと効果が期待できます。仕事部屋や台所、長時間いる居間などは白やアイボリーを基調に、精神の均衡を保ち、リラックスさせる淡いブルー系を、食事をする場所はパステルカラーがおすすめです。

就寝時の音楽は人の声や管楽器の音がいい

音、音楽なども心理的、肉体的に重要です。音による効果を使利用した医院なども増えています。目覚めの音楽はリズム感のいい曲がいいですね。

鳥のさえずりなどの自然音のほかに、ピアノやマリンバのような打楽器を使った曲もいいでしょう。就寝時は、川のせせらぎの音のような環境音や子守歌に代表されるような穏やかな旋律やリズムなどが適します。
就寝時に聞く音楽などの紹介は専門サイトにかなりの曲数が紹介されているのでそちらを参考にしてください。

快眠のための音楽 (オルゴールCD)

足を温める 快眠 のコツは 湯たんぽ

足を温める 快眠 のコツ です。冬などは足が冷えて寝られなくなり靴下を履いて寝ている人も多いかもしれません。足を温める 快眠 のコツは 湯たんぽ です。足を温めると、末梢血管を拡張して熱を外へ逃がし、深部体温を低下させることで、睡眠への移行を促進します。就寝前に半身浴でしっかり下半身を温めて湯たんぽでさらに 足を温めるのが王道です。

足を温める 快眠 暖房の基本は「頭寒足熱」寝るときには、電気毛布より湯たんぽの方が冷え症さんには向いています。

足を温める 快眠

足を温める 快眠

足を温める 快眠  エアコンはいまいち

暖房も衣類と同じように上半身より下半身を温めるのがポイントです。足元を温めるこたつや床暖房などがおすすめです。

足を温めて、血管を拡張させることでリラックスが促されます。 特に、足は内くるぶしの上や膝の裏に大きな血管があるので、その部分を温めるとよいでしょう。

また、表面積が大きいふくらはぎを直接温めることも効果的です。リラックスは、快眠には欠かせませんので、足を温める イコール  快眠 です。

とくに足元から熱が室内全体に及び空気も汚さない床暖房は冷え症の人だけでなく子供や高齢者、体の弱い人にも理想的な暖房システムです。

エアコンの場合、暖かい空気は上に冷たい空気は下に流れるため、どうしても上半身に暖かさが偏ります。それが原因で下半身が冷えてしまうのです。体熱が上半身に偏るとますます下半身が冷えてしまいます。エアコンだと上半身は温かいのですが、下半身はどんどん冷えていくように感じます。

ファンヒーターやストーブを使う場合には、電気のものでなくガスか石油のものを選びます。電気は空気を乾燥させてしまいますが、ガスや石油は燃焼する際に水蒸気を出すため乾燥を防げるからです。冬の乾燥に追い打ちをかける乾燥ですが、少しでも和らぐように工夫するといいでしょう。

就寝時のベストは 湯たんぽ 足を温めてくれる

人の身体には、「サーカディアンリズム」という体内時計にコントロールされた1日のリズムが備わっていて、活動や睡眠、ホルモンの分泌、体温などがこのリズムによって動いています。 つまり、一時的に足を温める足浴は、末梢血管を拡張して熱を外へ逃がし、深部体温を低下させることで、睡眠への移行を促してくれます。半身浴でしっかり下半身を温めることは快眠に必須です。お風呂に入浴する時間がない場合は足浴だけでも行うとぐっすり眠れるでしょう。

就寝時には布団に入る前に体を十分暖めて足元が冷えないようにし、そのまま暖房器具なしで寝てしまうのがいいのですが、布団乾燥機などを使って事前に布団を暖めておくのもいいでしょう。暖房器具がなくて眠れないという人は電気毛布などよりも足元だけを暖める湯たんぽの方がいいでしょう。

湯たんぽだと程良く温度が下がっていき体に熱がこもりにくく理想的です。電気毛布だと汗もかいてしまうので汗で体が冷えてしまいます。

湯たんぽならそういった心配もありません。最近は、進化して蓄熱式の湯たんぽ かわいいカバー付きなどもあります。

本体の充電時間は20分くらい(室温が20℃の場合)で、夜はお布団の中に入れておいてソフトあんかとして、6時間ほど連続で使えます。冷たくて眠れないときの足をあたたかくしてくれます。昼間は抱っこしたり背中や腰にあてたりカイロとして使えます。この場合、あたたかさは3時間くらい持続します。
また、充電コードには、強・弱モードの切り替えスイッチが付いています。

足を温める 湯たんぽ が売れている

現代人がいかに冷えやすい体質になっているかがうかがえます。最近では、湯たんぽはホームセンターでもかなりの品揃えになっています。購入する人が多いということでもあります。また、安価なので購入しやすいでしょう。

足を温める 湯たんぽ でもよく眠れない

冷えの程度にもよりますが、湯たんぽだと熱くて眠れない人もいます。そうした人におすすめなのが靴下の重ね履きです。靴下の重ねばきや 半身浴 は、下半身の冷えを取り、新たな冷えを作らないようにすることで、心身の陰陽のバランスを整え、気を循環させる、冷え取り健康法の基本
これはおすすめです。さまざまな不快な症状が改善されています。靴下を履く場合は、できるだけ締め付けないようにワンサイズ上のサイズを履くのがポイントです。

締め付けてしまうと血流が悪くなるからです。特に女性は冷えによる症状が悪影響を及ぼすので 5 本指靴下がおすすめです。

冷え症を改善する暮らし方のポイント

オーラ岩盤浴ミニマット

オーラ岩盤浴ミニマット』には、中わたのポリエステルに天然鉱石のオーラストーンが含まれています。
岩盤浴にも使用する、天然鉱石のオーラストーン。サウナとは異なり、お風呂に入ったような優しいあたたかさが持続します。保温のほか、杭カビ、抗菌、消臭、除湿といった効果があります。

オーラストーンは、何億年も前の海底火山の噴火によって地球のマグマが噴出し、急冷却してできた火山性の深海石です。酸化マグネシウムやシリカ・アルミナ・酸化第二鉄・酸化カルシウムなどのミネラル物質を含んでいて、遠赤外線を大量に放出します。

 

 

安眠のためのベッドメイキング

枕はやや低め、足もとはやや高め、というのが安眠の鉄則です。冷え症であればその他の工夫も必要

枕

敷き布団は少しかため、枕は低めに

ベッドでも布団でも、下に敷く物は体が埋まらないおうにほどほどにかたいものがオススメです。また、枕はやや低めがいいでしょう。睡眠の質を左右するこれらの素材は、慎重に選びます。人間工学に基づいた商品もたくさん販売されています。

また、睡眠中は皮膚の新陳代謝がかなりさかんに行われるので、パジャマをはじめ、枕、シーツなどの材質は下着と同様に天然素材を用いるのがよいでしょう。

足用枕が疲労回復効果

枕を足元に置くのも効果滴です。このとき、やや高めにします。足は常に体の一番下にあるため水分や老廃物がたまりやすくなっています。

こうしたことを物理的に解消するのが足枕やフットピローと呼ばれる足用の枕です。足元が高くなった分、足に滞りがちな静脈血が心臓へ戻りやすくなり、血行がよくなって足の冷えの解消にもつながります。

お酒や酢もお風呂に入れて体を温める

ハーブだけでなく、お酒やお酢入りのお風呂も冷え症改善に効果があります。

お酒

お酒

お酒風呂、お酢風呂もいい

お酒やお酢もハーブと同様に入浴剤として使うことができます。お酒やお酢に含まれるアルコール分が皮膚呼吸を活発にします。

皮膚は常に発汗と皮膚呼吸を行うことで体の老廃物および二酸化炭素を排出しています。さらにお酒やお酢に含まれているアルコール分は毛穴の汚れを溶かし出す働きがあります。

お酒風呂は、スポーツや運動で汗をかいたときと同様に皮膚を活性化させてくれるのです。アルコールには殺菌作用もあります。お酒のかわりにお酢を入れるお酢風呂にもお酒風呂と同様の効果があります。

入浴後のお湯をよく見て!

お酒もお酢もそのまま口に入れても害はありません。お酒は少し酔ってしまうかもしれませんが…ですから量を多少たくさん入れてしまっても害になるようなことはないので安心して使うことができます。

一般家庭の浴槽では500ml、コップ3杯くらいが適当です。使うのは、お酒もお酢もできれば合成ででないものが効果的です。お酒・お酢風呂に入浴後、浴槽は普段より汚れていますが、それだけ体から汚れや老廃物などの余分なものが出て毛穴が掃除できたということです。
※お酢は人工大理石の浴槽では変色する場合があるので注意が必要です。

こんな方法で冷えを改善

ビニール袋などに両手、両足がつかるくらいの酢(薄めていない)を入れ、その中に手または足をつけて、お湯を入れたバケツに浸して温めます。においがきついのですが、この状態で20分ほどするととても温まります。

ハーブ リラックス 効果 簡単アロマ

ハーブ リラックス 効果 簡単アロマで得られる効果を紹介します。気分転換、神経疲労などに効果を発揮するハーブによるアロマの効果について。ストレスや過度な緊張は冷え誘発の原因となり、最終的には、不眠などの原因にもつながりますから体をどれだけリラックス状態にできるかがとても大切です。

いい香りは脳に穏やかな刺激を与え、その成分が肺を通して血液中にとけ込みます。生活シーンにアロマテラピーを取り入れ リラックス 効果 を高める方法を紹介します。

ハーブ リラックス

ハーブ リラックス

リラックスしたい…そんな時には、不安な気持ちを落ち着かせる働きがある、ラベンダーやカモミール、リンデン、レモンバームがオススメです。

ハーブティー が簡単

ハーブティー を入れたら、カップに鼻を近づけて深呼吸してみてください。 香りに含まれる有効成分をたっぷり取り込むことで、より気持ちを楽にしてくれます。

ハーブティーに溶け出す水溶性成分は、ビタミン、ミネラル、タンニン、フラボノイドなどの栄養を含み、それらの成分が体内に吸収されます。

ハーブティーは、心にも体にも働きかけてくれますが、使用するハーブによって効果が変わります。下の紹介をしっかり読んで、それぞれのハーブの効果を知って、自分に合ったハーブティーを見つけましょう。

 

ハーブ リラックス ハーブ 鉢植えでもOK

アロマテラピーに使われるハーブの代表的なものには、ラベンダー、ジャスミン、ミント、ローズマリーなどがあります。

 

使い方は鉢植えを飾ってもいいですし、乾燥させたものでも OK です。ハーブエキスだけを抽出したエッセンシャルオイル(精油)でもいいでしょう。精油の香りが苦手な場合は、乾燥させたものがいいかもしれません。非常に自然で優しい香りです。

注意することは、エッセンシャルオイルの場合は、値段が高価であることからもわかるようにほんの1 cc を抽出するために大量のハーブを使っています。つまり成分がギュッと凝縮されているのです。実際に使う時には、1 ~ 2 滴となります。作用も強いため口に入れたりはできません。大量に使うと体調不良になる方もいるので注意です。そんな意味では、ハーブティーからはじめるのが初心者向きといえるでしょう。

冷えの大敵であるストレスを解消するときや安眠にも効果

ラベンダー や カモミール にはイライラやストレスをやわらげる作用があります。また、ラベンダーには解毒作用もあるので入浴として使うと神経が休まるだけでなく、皮膚の消毒にもなります。香りをかいでリラックスするなぁ~と感じるものが合っている香りです。少しでも香りに違和感がある場合は合っていません。

ジャスミン もラベンダーと同じように神経を鎮める作用があるほか、胃や呼吸器系の疾患を改善するのに効果が期待できるため、虚弱タイプで常に食欲がないなどの冷え症の人には試す価値があります。

ジャスミン:リラックスさせる作用が強いので、集中力が必要なときは使用を避けましょう。妊娠中の使用も避けます。作用は、催淫作用、子宮強化作用、消毒作用、鎮静作用、通経作用、皮膚軟化作です。

ラベンダー:すがすがしく爽やかで甘い香りで親しみやすく、気分をリラックスして疲労を回復させるハーブです。お茶やお風呂、ピローなどで楽しむといいでしょう。浸出液( お茶) は脂性肌に向く化粧水に。防虫効果があるので手作りハンガーやスパッグ(虫よけ袋)にも活用できます。菓子類やジャム、ビネガーなどの香りづけにも使われます。

気分転換には ミント 神経疲労なら ローズマリー

情緒を安定させるとともに、爽やかで清々しい気分にしてくれるミントオレンジ は、仕事中などの気分転換に最適です。集中しているときにはあらゆることが邪魔になりますが、いい香りによってさらに集中できます。いいアイデアが生まれたり、ひらめいたりします。作家の先生の仕事部屋に ミント の香りが置かれているのはもはや定番です。

ローズマリーの香りは、脳細胞に働きかけて、記憶力を増進させる役目があります。眠気をさますような刺激的な香りなので、運転中に使うと効果的でドライバーの方にはおすすめです。

ミント、パセリには、食品の香りづけやアクセントにも使われているように、消化促進作用も備えています。鉢植えなどを置いて、常備したいハーブのひとつです。

ローズマリー は疲れた心を癒す効果があり、皮膚を引き締める作用もあるのでラベンダーとともに、化粧水やボディーローションなどにも使われます。癒やされる香りですから寝室に使う方が多い香りです。

アロマテラピーの効能・効果 には、精油の効能効果以外にも作用や特徴などが紹介されています。

冷え症を改善する暮らし方のポイント

自家製入浴剤 冷え 撃退

自家製入浴剤 冷え 撃退 する方法を紹介します。入浴は冷えを改善するために非常に有効です。入浴で芯からじっくり温める方法(半身浴) がおすすめですが、このとき気分転換できる 自家製入浴剤 が役に立ちます。香り効果による気分をリラックスさせたり、疲労回復効果なども期待できます。睡眠前に入浴すると快眠効果も高まるのでいいことなしです。やらない理由はありません。

入浴剤の基本的な効果は、入浴そのものによって得られる温浴効果(身体を温める、痛みを和らげる、等)と清浄効果(汚れを落とす、皮膚を清浄にする、 等)を高めることです。寒い冬は、お風呂で温まりしっかり体温を上げてから布団に入れば安眠効果も倍増です。

自家製入浴剤 みかんの皮や茶葉など、身近な素材を使って入浴剤をつくることができます。これなら口に入れても害がないという安心感があります。

自家製入浴剤 みかんの皮も入浴剤になる

自家製入浴剤 みかんの皮も入浴剤になる

入浴剤としては、明治中期、種々の生薬を配合し、布袋に入れ煎出して用いる商品が作られたのが初めてです。 戦前、風呂付の住宅を持っている家庭はまだ少なく、入浴剤は主に公衆浴場で使われていました。 1960年以降の高度成長期のおり、風呂付の公団住宅の建設が増え始め、自宅に風呂があることが一般化するようになってきました。

自家製入浴剤 として使うのなら食べても害のない素材が安心

12月22~23日頃の冬至にはゆず湯、5月5日の端午の節句にはしょうぶ湯、真夏の土用の丑の日には桃の茶葉など、日本では昔から季節に応じ自然を生かした「入浴剤」を楽しんできた歴史があります。

また現在では、「風呂好き」の日本人向けにたくさんの入浴剤があります。こうした販売されている入浴剤も手がかからずいいのですが、体に優しい、口に入れても無害な入浴剤を手作りしてみるのもいいものです。

自家製入浴剤 は、誰でも簡単につくることができます。さらにこうした素材を利用してつくる入浴剤は、保温効果を高めるほか、リラックス効果が高く皮膚によい刺激を与えます。冷え症改善にも効果があります。リラックス効果が高まれば副交感神経が優位になり、毛細血管にまで血液が行き届くようになり体も温まります。

柑橘類の皮以外に野草なども 自家製入浴剤に使える

最も身近な食材で使えるのが「みかん」「レモン」などの柑橘類の皮や大根の葉です。また柿やびわの葉、どくだみやヨモギといった野草も優れた入浴剤になります。

食べ終えたみかん、レモン 柿 の皮などを丁寧に洗って日向に干して乾燥したらお風呂に入れればいいでしょう。とてもいい香りが漂います。フレッシュな香りがとても心地いいと思います。

みかんの皮にはリモネンやテルピンなどが主成分の精油が含まれており、リラックス効果が見込めます。 また、ヘスペリジンというポリフェノールは、毛細血管の状態を整え、血流を良くしてくれます。 このほかみかんの皮には、美肌効果や肝機能の向上、胃腸を整える効果、むくみの予防・改善といった効果も期待できます。冷え改善だけでなく美容にもおすすめです。

みかんの皮を乾燥させた「陳皮」(ちんぴ)は、漢方薬の材料にも使われており、風邪薬として中国では古くから用いられてきました。香りだけでなくとても効果のあるものです。

陳皮をハサミで2cmほどにカットし、目の細かいネットに入れてお湯を入れた浴槽に浮かべましょう。入浴剤として使う場合には、完全に乾いた皮でなくても大丈夫です。

どくだみやヨモギなどはさまざまな効能 効果 も期待できます。どくだみ茶やヨモギ茶を飲んでその後の茶葉を乾燥させてそれをお風呂にいれて 自家製入浴剤 として使うのも方法です。

どくだみ は、ちょっと独特な香りがあるので子供さんなどは嫌うかもしれません。効果としては、名前のとおり毒消しと言われて、皮膚疾患に良いとされます。

ヨモギ は、血液の流れを良くして身体を温める作用と、保湿作用も期待されます。また血止め草とも言われて、止血効果もあります。

どんな薬草も作り方は同じですが、そのまま使ってもかまいませんが、干してカラカラになってから使うと効果的です。

香りも生より乾燥させたほうがいい香りがします。みかん、大根などの食材を使う場合には無農薬のものを選ぶとよりいいでしょう。みかんは腐りやすいので防腐対策にワックスが塗られている場合が多く、べとべとしていますので、自家製入浴剤としてみかんを使用するのであればワックスが塗られていないみかんを購入しましょう。

ワンポイント知識ですが、びわの葉は、皮膚の新陳代謝を高めたり、疲労回復の働きがあるだけでなく水をきれいにする作用もあります。お風呂の水が汚れやすい家庭では、びわの葉を入れるのもおすすめです。

冷え症を改善する暮らし方のポイント