冷え サイン 体からヘルプの警告

冷え サイン 体からヘルプの警告です。 冷えを感じる現代人は男女ともに急増していますが、どうしてこんなに体が冷えてしまうのでしょうか。

基本的には、気温が下がれば寒いと感じるのは、当然ですが冷え性の人はその感じ方が一般の冷え性でない人にくらべて過敏です。また、著しい不快感を自覚します。
それに冷えるとなかなか温かくならない、というのも特徴です。

冷え サイン 体からヘルプの警告ですが病院に行くほどではない。冷え性体質の人が皆感じている感覚です。こういった判断で冷えを我慢していませんか?冷えを侮ってはいけません。冷え性体質の人への警告でもあるのです。

冷え サイン

冷え サイン

なんでもそうですが、体からのサインを無視して長く放置していると非常に根治に時間がかかるものです。自分の体が発している 冷え の サイン を見逃さないようにしないといけません。

冷え性は女性だけの悩みではない

お風呂あがりに上半身はまだポカポカで湯気がでているのに、足先は異常な冷たさで、あわてて靴下を履く…これは、典型的な冷え性の実態です。

上半身は汗をかいているのに足先は氷のように冷たいのです。暑いのか寒いのかもよくわからないまま上半身はのぼせているのに下半身はどんどん冷えていきます。上半身は暑いのでビールなんかを飲めば体の冷えをどんどん助長します。

冷え症とは、手や足・腹部など、身体のどこかに冷えを感じ、不快や苦痛に思っている状態です。 室内を温めても身体の部位に冷えを感じたり、寒い気候や環境で他の人よりも強く冷えを自覚します。 原因のひとつとしては、睡眠や食生活、生活習慣の乱れによる血行不良が考えられます。

なんだかいつの間にかこんな行動や感じ方に慣れてしまっているのです。こういった女性は半数近くになるといいます。また、最近の特徴として低体温症の子供から壮年男性にまで、冷え性が見られるようになっているのです。当然、冷えを感じているのは足先だけではありません。内臓も冷えているのです。

すると、アトピー性皮膚炎 、 花粉症 、 便秘 などは年々増加傾向です。これまでアトピー性皮膚炎や花粉症になんてなったこともなく無縁だったのに今年、急になったなどの声もたびたび聞きます。これは体の免疫力が落ちている証拠です。そしてその免疫力を下げているのは冷えが原因だったりします。

冷え症の人は便秘と下痢を繰り返す

冷え性の定義は「 特定の部位だけが冷たく不快に感じる 」

冷え性 とは何か?というと特定の病名をさすわけではありません。冷え性とは「体の特定の部位だけが冷たく、不快に感じる状態のことをいいます。
通常、6ヶ月以上続く場合をいいます。最近は、冷房などの影響から真夏でも冷え性に悩まされる人が増えています。

基本的には、気温が下がれば寒いと感じるのは、当然ですが冷え性の人はその感じ方が一般の冷え性でない人にくらべて過敏です。また、著しい不快感を自覚します。
それに冷えるとなかなか温かくならない、というのも特徴です。

ここまで自覚しても「病気」でないと長年の冷えの不快症状と過ごしている人が多いのです。実際、現代医学で「冷え」を根治する薬などはありません。対処療法しかないのです。
体質をかえなければ完治はありません。

冷えが出す「ヘルプ」のサインにどう対処する?

冷え症 は婦人科機能や血液循環をはじめとする循環器系、および自律神経の機能と深いかかわりがあるとされています。
しかし、それらの疾患と冷え性の因果関係については、今のところはっきりしていません。
体が発するささやくようなサインを的確にとらえて対策をとることができれば、快適な生活を送ることができるのでしょう。
西洋医学では「冷え」を病気をとして扱いませんが東洋医学だと「冷え」を病気として扱います。 冷え症は何科 受診するのがいいのか?  でも紹介しているのですが、自分自身で冷えについてチェックする項目があるので紹介します。もし、自分の体が 冷え サイン をだしているようであればきちんと対処しなければいけません。

チェック項目

  1. どの部分がどういう冷え方をするのか
  2. 冷えた時に痛み、しびれなどの異常が起こる部位はどこか
  3. 冷えが起こったのはいつからか
  4. 仕事、私生活の変化など現在の生活状況はどんな状態か。大きなあるいは、継続的なストレスの要因はないか
  5. 自分の体質、病歴を含めた今までを振り返る。定期診断の記録がある場合はこれらを見直す

チェックの結果

  • 冷え症のほかに、体に何らかの不調が見つかればその病気に一番近い科を受診
  • 月経や更年期が思い当たれば→婦人科を受診
  • 腰痛や関節痛を併発しているようならば→整形外科を受診
  • 一身上の大きな転機や変化など、ストレスがあれば→診療内科を受診
  • 貧血、低血圧があれば→内科を受診

これらはまだまだ数少ない例ですが、冷えを病気ととらえる考え方に変えるきっかけにします。
※婦人科や泌尿器科などの既往歴があればこちらを受診するといいでしょう。

すぐできる 冷え 対策

冷えの原因がわかり対策する場合を除いて冷えを解消するのには時間がかかります。食事に注意したり、生活習慣を変える必要があります。
睡眠だけでで改善する場合もあれば、呼吸法 だけで改善してしまう人もいます。ハーブ 効果 で体の緊張がとれてしまう人もいます。誰でも効果が期待できるのは 半身浴 です。ぬるめのお湯にゆっくり浸かると、じわじわと汗がでてきて気持ちいい上に体も芯から温まります。この半身浴は快眠効果大なので寝る前に半身浴をするのがおすすめです。

冷え性は病気か?体質?どっち!?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください