「冷え」は体からの“ヘルプ”のサイン」

院に行くほどではない。冷え性体質の人が皆感じている感覚です。こういった判断で冷えを我慢していませんか?冷えを侮ってはいけません。冷え性体質の人への警告でもあるのです。

冷え性は女性だけの悩みではない

お風呂あがりに上半身はまだポカポカで湯気がでているのに、足先は異常な冷たさで、あわてて靴下を履く…これは、典型的な冷え性の実態です。
なんだかいつの間にかこんな行動や感じ方に慣れてしまっているのです。こういった女性は半数近くになるといいます。また、最近の特徴として低体温症の子供から壮年男性にまで、冷え性が見られるようになっているのです。
アトピー性皮膚炎、花粉症、便秘などは年々増加傾向にあるのです。

冷え性の定義は「特定の部位だけが冷たく不快に感じる」

冷え性とは何か?というと特定の病名をさすわけではありません。冷え性とは「体の特定の部位だけが冷たく、不快に感じる状態のことをいいます。
通常、6ヶ月以上続く場合をいいます。最近は、冷房などの影響から真夏でも冷え性に悩まされる人が増えています。
基本的には、気温が下がれば寒いと感じるのは、当然ですが冷え性の人はその感じ方が一般の冷え性でない人にくらべて過敏です。また、著しい不快感を自覚します。
それに冷えるとなかなか温かくならない、というのも特徴です。
ここまで自覚しても「病気」でないと長年の冷えの不快症状と過ごしている人が多いのです。実際、現代医学で「冷え」を根治する薬などはありません。対処療法しかないのです。
体質をかえなければ完治はありません。

冷えが出す「ヘルプ」のサインにどう対処する?

冷え性は婦人科機能や血液循環をはじめとする循環器系、および自律神経の機能と深いかかわりがあるとされています。
しかし、それらの疾患と冷え性の因果関係については、今のところはっきりしていません。
体が発するささやくようなサインを的確にとらえて対策をとることができれば、快適な生活を送ることができるのでしょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください