冷え PMS 月経前症候群 はいつも不調が習慣化している

冷え PMS 月経前症候群 はいつも不調が習慣化している という場合が多いでしょう。冷え性体質の女性には婦人科疾患以外にも不妊などの悩みを抱えている方型数いらっしゃいます。

冷え PMS 冷えが強い場合月経前はいつも不調が習慣化している 重い月経痛や月経過多、月経不純に悩む女性の多くが手足や腰の冷えに悩んでいます。冷えが月経困難症などの婦人科疾患を誘発しているケースも多く見られます

冷えが強い場合月経前はいつも不調が習慣化している

冷えが強い場合月経前はいつも不調が習慣化している

月経痛がひどく痛み止めなしでは過ごせない

冷え性体質の女性には、便秘以外にも月経で苦しんでいる人が多くいます。「生理中は痛み止めが離せない」という人も多いのです。鎮痛剤なしでは月経期間を過ごすことができい人は多くいます。

また1~2日は寝込んでしまう、という人も。こういった人は大半が手足、腰の冷えを訴えます。
また、月経の 1 週間ほど前になると、決まって体全体、とくに腰回りがだるい」「頭痛」「吐き気」「異常なイライラ感」などの「月経前緊張症」で悩まされます。いわゆる PMS Premenstrual Syndrome です。PMS は、月経前=月経前の 3 ~ 10 日の間に続く精神的、身体的な症状で、月経が始まるとともに症状がおさまったり、なくなったりするものを指します。

冷え性の人は月経不順で妊娠しくにくい

月経というのは、基本的に女性特有の健康のバロメーターですから、心や体に生じるバランスの乱れは月経にあらわれやすいのです。普段、便秘で悩んでいるのに生理中になると下痢になる体質の人もいます。

月経不順、月経困難症、月経前緊張症などの月経障害の背景には、内分泌系や自律神経といった心身の調整機能の障害があると考えられます。

月経障害では、激しい痛みを伴う子宮内膜症のように、自覚症状が明らかな場合があります。その一方で自覚症状に乏しい場合は、きちんとした検査を受けることもなく放置していることも少なくありません。

不妊症外来では、こうした月経障害の患者さんに出会います。その際、患者さんの体温の推移を観察すると、たいてい低体温期と高温期がきれいなカーブを描いていません。これは排卵機能の低下などが要因となり排卵が正常に行われていないためです。

下半身の冷えで流産や婦人科疾患の悪化も

流産する女性にも、冷え性の人が多くいます。もちろんこれらの婦人科疾患の原因との因果関係ははっきりしていませんが、症状を悪化させたり、誘発する一因となっているのは確かなようです。
女性ホルモンの分泌と体温調節機能は、自律神経と密接に関わっており、この面からも冷え性と婦人科疾患の関係は無視できません。

生理痛は、漢方薬との相性がよく血の巡りを改善します。さらに、冷え改善には半身浴夏の暑い日でもお風呂を沸かす習慣が大切です。そしてなんといっても毎日の食事も大切です。

PMS 症状を少しでも軽減する 冷え 解消

冷えが強い → PMS 症状がキツイ ですからすぐにでも冷え体質を解消するための生活習慣や食習慣を実践しましょう。冷え体質が10~20年以上続いていても体質は変えられます。日常の中で冷えないための行動が大切です。

冷えを助長する 食・生活習慣

●冷たい飲み物や食べ物をよく摂っている
飲み物は、必ず常温以上のものを摂ることです。寝起きや食前に、白湯をコップ1杯飲むのもおすすめ。内臓が活性化することで体が芯から温まります。

●糖質たっぷりのお菓子やドリンクを口にする機会が多い
中年以降に起こる冷え性は血管が縮まり血行が悪くなっている状態。つまり動脈硬化の現れの可能性があります。糖質を摂り過ぎて、血中の血糖値や中性脂肪が増えると血管は詰まりやすくなるので、糖質コントロールをしながら、熱を産生するたんぱく質や質の良い脂質を摂ることです。

●階段を使わず、エスカレーターやエレベーターを使っている
体の熱を作るのは筋肉ですから、階段を利用するなど、できるだけ日常でも体を動かすようにしましょう。

食事は、朝食を抜かずに、3食決まった時間に食べることで自律神経のバランスも整います。
朝は食欲がないという人は、自分がおいしいと感じる温度の白湯をコップ1杯飲みましょう。内臓が温まって食欲が出てきます。口当たりのよいものからはじめてみると、少しずつ食べられるようになってきます。冷たいメニューはさけ、温かいスープや味噌汁などを。

夕食をたっぷり食べ過ぎたために、朝は食欲が出ない場合もあります。しかし、食事誘発性熱産生が一番高いのが朝ですから、夕食のボリュームや食べる時間帯を調整して、朝食がおいしく食べられる生活リズムを目指しましょう。

また、生姜や根菜類は体を温める食材です。積極的にメニューに取り入れましょう。

 

冷え性は病気か?体質?どっち!?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください