月別アーカイブ: 2021年2月

睡眠の妨げ 頻尿で夜中もかなりトイレに起きる

睡眠の妨げ 頻尿で夜中もかなりトイレに起きる 場合は、特に泌尿器系や腎臓などの臓器に異常がないか調べます。特に病気がない場合の頻尿は、冷えを疑います。

睡眠の妨げ 頻尿で夜中もかなりトイレに起きる 冷え性の人に「トイレが近い」という人は意外にも多いのです。腎臓や膀胱に異常がないのに頻尿である場合は冷えが原因となります

睡眠の妨げ 頻尿で夜中もかなりトイレに起きる

睡眠の妨げ 頻尿で夜中もかなりトイレに起きる

頻尿の原因には様々な原因があるが…

一般の成人の1日の尿の回数は、通常4~6回です。頻尿とはこらが10回を越えてしまうような場合をいいます。もちろん、お茶やコーヒーをたくさん飲めば尿の回数が増えるのは当然です。

頻尿の多くは、膀胱、尿道などの泌尿器疾患によるものが原因ですが、「冷え」が原因のケースもあります。

特に、下半身の冷えによって膀胱の筋肉が収縮し、そのためにひんぱんに尿意を催してしまうケースがあります。寒いところや夏の冷房が効きすぎているような部屋にいるとトイレが近くなりますが、冷え性の人はこの状態が年中続いているようなものです。

体の中は冷たい風が吹いていたり、真冬の寒い状態である。といえます。体には、冷えが強い場合、体の余分な水分を排泄して体温をあげようとする機能が自動的に働きます。

夜中も頻繁にトイレに行くために熟睡できない

冷えによる頻尿は昼間に限ったことではありません。夜、眠っているときも尿意を催して頻繁に目覚めるといったことが起こります。

寝る前はしっかり温めて練るのに、足が冷えてトイレに起きるという人も多いのです。ひどい人のケースだと1~2時間おきに目がさめてトイレに起きるので熟睡できない。といいます。

こうした症状の人を検査してみると、腎臓や泌尿器系に異常がない場合は、冷えが原因であることが多いのです。

女性の場合は下半身の冷えに注意する!

実際、トイレが近いというのは、別の解釈をすると、体の正常化機能の働きでもあるのです。体内の水分をためすぎないように、また溜まりすぎてしまった水分を排泄する働きなのです。

冷えによる月経困難症などで苦しんでいる女性が、体を温める作用のある漢方薬などを服用すると、頻尿も改善されるようです。

女性の場合、婦人科疾患だけでなく、膀胱炎などが誘発されるため、下半身はできるだけ保温に努めなくてはいけません。

尿のキレがよくなり残尿感が解消、ニラの種「すっきり種」で頻尿も改善し熟睡できるようになった

冷えが強い場合月経前はいつも不調が習慣化している

冷えが強い場合月経前はいつも不調が習慣化している という場合が多いでしょう。冷え性体質の女性には婦人科疾患以外にも不妊などの悩みを抱えている方型数いらっしゃいます。

冷えが強い場合月経前はいつも不調が習慣化している 重い月経痛や月経過多、月経不純に悩む女性の多くが手足や腰の冷えに悩んでいます。冷えが月経困難症などの婦人科疾患を誘発しているケースも多く見られます

冷えが強い場合月経前はいつも不調が習慣化している

冷えが強い場合月経前はいつも不調が習慣化している

月経痛がひどく痛み止めなしでは過ごせない

冷え性体質の女性には、便秘以外にも月経で苦しんでいる人が多くいます。「生理中は痛み止めが離せない」という人も多いのです。

また1~2日は寝込んでしまう、という人も。こういった人は大半が手足、腰の冷えを訴えます。
また、月経の1週間ほど前になると、決まって体全体、とくに腰回りがだるい」「頭痛」「吐き気」「異常なイライラ感」などの「月経前緊張症」で悩まされます。

冷え性の人は月経不順で妊娠しくにくい

月経というのは、基本的に女性特有の健康のバロメーターですから、心や体に生じるバランスの乱れは月経にあらわれやすいのです。普段、便秘で悩んでいるのに生理中になると下痢になる体質の人もいます。

月経不順、月経困難症、月経前緊張症などの月経障害の背景には、内分泌系や自律神経といった心身の調整機能の障害があると考えられます。

月経障害では、激しい痛みを伴う子宮内膜症のように、自覚症状が明らかな場合があります。その一方で自覚症状に乏しい場合は、きちんとした検査を受けることもなく放置していることも少なくありません。

不妊症外来では、こうした月経障害の患者さんに出会います。その際、患者さんの体温の推移を観察すると、たいてい低体温期と高温期がきれいなカーブを描いていません。これは排卵機能の低下などが要因となり排卵が正常に行われていないためです。

下半身の冷えで流産や婦人科疾患の悪化も

流産する女性にも、冷え性の人が多くいます。もちろんこれらの婦人科疾患の原因との因果関係ははっきりしていませんが、症状を悪化させたり、誘発する一因となっているのは確かなようです。
女性ホルモンの分泌と体温調節機能は、自律神経と密接に関わっており、この面からも冷え性と婦人科疾患の関係は無視できません。

生理痛は、漢方薬との相性がよく血の巡りを改善します。さらに、冷え改善には半身浴夏の暑い日でもお風呂を沸かす習慣が大切です。そしてなんといっても毎日の食事も大切です。