女性がより美人になるためのバスタイムはやっぱりポイントは冷えの解消

体を冷やさないことが大切であること、免疫力をあげることも、美容効果を高めることも冷えが大敵であることがわかりました。体を温めることで口にした水の効果を最大限に引き上がることができます。

バスタブにお湯をはる

お湯の量は腰まで浸かるくらい。温度はややぬるめの38~39度に設定します。

時間をかけてゆっくり入浴

バスタイムは、体の汚れを洗い流すだけではありません。湯舟につかることでメリットがたくさんあります。シャワーだけではもったいないのです。体が温まると血液の循環がよくなり、疲れや体の痛みを和らげてくれます。
また、内臓の働きを整える効果もあります。ただし、熱すぎるお湯の入浴はNGです。ぬるめのお湯でゆっくりが大切なポイントです。
入浴で芯からじっくり温める方法(半身浴)
ちなみに平熱は36.5度が理想です。血液がさらさらになって免疫力がアップします。

バスタブに入る前にお気に入りの入浴剤をプラス

水道のお湯をそのままお湯に使うと体に必要な脂分まで流れてしまいます。体への熱の伝わり方も強くなってしまうので、体力がない人は逆に疲れがでてしまいます。敏感肌の人も同様に肌が荒れてしまいます。
体を適度に温めてくれる保湿成分配合の入浴剤がおすすめです。
塩入り半身浴の口コミ、使用感、効能・効果一覧

腰から下にかけ湯をしてからバスタブへ

イライラした気分がゆっくりほぐれてきます。荒れ気味の肌も入浴効果でしっとりしてきます。ゆったりと過ごせる休日は、1日2回入浴するとより効果的です。人間の体は15時1日の中で老廃物がが一番出るので15時に入浴するのがおすすめです。半身浴の後は、スキンケアも行います。
肌への浸透力が抜群に高いビタミンC化粧水は肌細胞の再生も早くしわやしみに効果的

足湯のススメ

半身浴をしてもすぐに湯冷めしてしまうような場合には、足湯がおすすめです。深めの洗面器に40~42度のお湯をはって、5~25分を目安に足を温めます。途中、お湯がぬるくなる場合には、お湯を足しましょう。

半身浴と同じ効果

足には、血液を全身に送る働きがあり、温めることで全身の血行がよくなります。血液が体の細胞に滞りなく栄養、酸素を届けることで免疫力がアップします。自律神経の働きも整い、不調知らずの体になります。

足の血行を改善したいなら普段履いている靴下を見直すとグッド!です。とくにデスクワークの女性にはとてもおすすめです。冷え取り靴下の口コミ、使用感、効能・効果一覧
お風呂に入っても足先、手先が温まらない人は自律神経が不安定です。決まった時間に起床するようにしたり、よく噛んで食べると半月ぐらいで自律神経が安定してきます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です