色・音をうまく活用してストレス解消

目覚めにはパステルカラー、眠るときには暖色系とやさしいトーンの音楽…色や音の環境が冷え症には最適です。

活動には明るい色、休息にはやわらかい色を

香りと同様、身の回りの色や音も視神経や視覚を通して体に大きく作用します。
このあたりは、目に関する専門サイトにも記載があり参考になります。
目のために室内の色調にも気を配るなどは疲れ目を防ぐための情報ですがとても参考になります。

まず、目覚めて活動を開始するときにふさわしい色は穏やかな気持ちをひきたたせるクリームやコバルトブルーがおすすめです。就寝時は穏やかなやさしいパステルカラーのピンクや淡いオレンジが安眠を誘います。寝付きの悪い人などは、シーツや枕カバーなどに使うと効果が期待できます。仕事部屋や台所、長時間いる居間などは白やアイボリーを基調に、精神の均衡を保ち、リラックスさせる淡いブルー系を、食事をする場所はパステルカラーがおすすめです。

就寝時の音楽は人の声や管楽器の音がいい

音、音楽なども心理的、肉体的に重要です。音による効果を使利用した医院なども増えています。目覚めの音楽はリズム感のいい曲がいいですね。鳥のさえずりなどの自然音のほかに、ピアノやマリンバのような打楽器を使った曲もいいでしょう。就寝時は、川のせせらぎの音のような環境音や子守歌に代表されるような穏やかな旋律やリズムなどが適します。
就寝時に聞く音楽などの紹介は専門サイトにかなりの曲数が紹介されているのでそちらを参考にしてください。
心地よい音楽で快眠を

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください