体がだるいと思ったらまずは体を温めることで対策する 生姜がおすすめ

タイ人がガンになりにくいのは

多くの医師や専門家が指摘しているように、免疫力を高めるには体温を上げてリンパ球を活性化するのも1つの方法です。

もともと人間の体温は、簡単に上がったり下がったりしないようにできていますから、1日中体温を上げているということはできません。しかし、短時間でも刺激して、体を温めるようにすることは効果的です。半身浴は体を温め、さらに副交感神経優位にすることで推奨されていますが、体を温めることはとても体にいいのです。

「冷えは万病の元」と言うように、冷えると全身の血行が悪くなり、老廃物や病原菌などの有害物質が体内に残ります。風邪をひくと発熱しますが、これは体が自らの温度を上げてリンパ球を活性化し、ウィルスの増殖を押さえ込んでいるからです。

解熱剤を飲んで熱を無理に下げることは、このリンパ球の働きを邪魔することにほかなりません。普通の風邪が原因の発熱なら、むしろ温かい飲み物や食べ物をとり、体を温めてよく眠ることが一番です。

ある実験では、今までシャワーを浴びていた人に、ゆっくりお風呂に浸かるように指示したら約1週間で疲労の程度を測る数値が改善しました。就寝時に湯たんぽを利用したり、シーツの下に毛布を敷いたりすることでも同様の結果が出ています。

このほか、体温を上げることについてよく言われるのは、生姜を用いることでしょう。たしかに生姜を食べると体が温まるようですが、医学的にはっきりしたデータがあるわけではありません。

冬の冷えには「金時しょうが」を使って便秘を解消 冬の間は、積極的に生姜を摂る食習慣が冷えを解消するには必要です。また、最近は、夏でもエアコンが効きすぎる傾向にありますから冷えを感じる場合には、夏も生姜を食べるといいでしょう。

生姜は2~3ヶ月続けると、平均体温が1~3度も上がる検証実験がありました。生姜の効能、効果を考えるよりもまずは取り組むべきでしょう。

タイ人の発がん率が非常に低いのは、タイショウガをよく食べるからではないかという説があります。タイショウガとは、タイの代表的な料理・トムヤムクンなどには欠かせない食材です。病気を遠ざけるには、まず入浴や食べ物などから「冷え」を退治していきましょう。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください