冷え症 何科 を受診するのがいいのか

冷え症 何科 を受診するのがいいのか そもそも冷え症は診てくれるのでしょうか?具体的に冷え症の治療を行っている病院もあれば 冷え性 の治療を行っていない病院もあるのが現状です。

冷え症は何科

冷え症は何科

冷え症 何科 を受診 まず合併症と心身の状態を自己診断した上で整形外科、婦人科、内科、診療内科などその最も近い科で受診します。

冷え性は、日本人にはなじみ深い病気ですが、西洋医学ではあまり認識されていません。女性に多い悩ましい症状の1つとされ、女性の 54.5 % に見られると報告されています。これは半数以上ですから相当数になります。
体を構成するさまざまなパーツの中で、筋肉は血流が多く熱を生み出すため、男性と比べて筋肉の少ない女性の方が冷えやすいと考えられています。

冷え性の治療を積極的に行っている病院とまだまだそこには視点が向いてない病院さまざまです。近畿大学病院などは冷えについて詳細に紹介されています。

今は、ネットを活用してあらかじめ検索して、受診する病院が冷えについてどのように取り組んでいるかを下調べしてから受診するといいかもしれません。

最近は、手足が冷える方が急増しているために 冷え症外来 を設置している病院もあります。また、圧倒的に女性に多いのですが、男性でも冷えが生じる方が増えています。

冷え性外来 が設置されている場合は、こちらを受診すれば冷えの原因と解消方法ですぐに対応してもらえるでしょう。全国的にもまだまだ 冷え性外来 などは少ないようですが、地方でも内科で診てくれる病院 精神科で診てくれるところなどさまざまです。

仕事などでオーバーワークが続くと冷えが強くあらわれるケースが多々あります。これは、自律神経が不安定になっているせいです。週 1~2 日はしっかり休息をとらないともっとひどくなります。

冷え症 原因 症状 から 受診 する 科を選ぶ

手足から腰、首まで冷えは全身にわたり、さまざまな病態につながりますが、たいていは、体の最も弱い部分や疲れた部分に出現します。
以下の表からチェック項目とチェックした結果と自分の冷えをの実態をチェックします。このように冷えと素直に向き合うことにより完治への突破口となります。

チェック項目

  1. どの部分がどういう冷え方をするのか
  2. 冷えた時に痛み、しびれなどの異常が起こる部位はどこか
  3. 冷えが起こったのはいつ頃か
  4. 仕事、私生活の変化など現在の生活状況はどんな状態か。大きなあるいは、継続的なストレスの要因はないか
  5. 自分の体質、病歴を含めた今までを振り返る。定期診断の記録がある場合はこれらを見直す

チェック結果

  • 冷え症のほかに、体に何らかの不調が見つかればその病気に一番近い科を受診
  • 月経や更年期が思い当たれば → 婦人科を受診
  • 腰痛や関節痛を併発しているようならば → 整形外科を受診
  • 一身上の大きな転機や変化など、ストレスがあれば → 診療内科を受診
  • 貧血、低血圧があれば → 内科を受診

これらはまだまだ数少ない例ですが、冷えを病気ととらえる考え方に変えるきっかけにします。
※婦人科や泌尿器科などの既往歴があればこちらを受診するといいでしょう。

自律神経失調症 冷えによる 痛み しびれ が生じる

自律神経失調症はよく聞く言葉ですが、どんな病気か知っている人は少ないでしょう。また、自律神経失調症の予防法というものも聞いたことがありません。
全国で60万人以上が自律神経失調症と診断されています。気がついていない人、予備軍まで合わせるとその10倍にもなります。これは他人事ではありません。

自律神経は生命を支える重要な指令機関です。その自律神経が不安定になっていたり、乱れていることに気づかずに過ごしていると突然のめまいや動悸、そして酸欠状態で倒れてしまうこともあります。
自律神経からの SOS を見逃していないでしょうか?

自律神経失調症 自己チェック

冷えから隠れた病気

冷えは、食事や適度な運動、ダイエット、ストレス発散などで解消するケースが多いのですが、深刻な病気が潜んでいるケースもあります。こうした病気のサインであることもあります。

低血圧や貧血、膠原病や甲状腺機能低下症などが考えられるほか、手足の動脈が詰まって血行障害を起こすASO(閉塞性動脈硬化症)は運動不足やたばこの吸いすぎの人に多くみられます。 また、レイノー病、バージャー病、全身性エリテマトーデス(SLE)なども、手足の冷え(冷え症)に似た症状があらわれます。冷え性を放置するとこれらの病気は深刻な状況に陥る場合もあります。

冷え性のタイプと根本原因にせまる

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください