冷え性 ストレス 対策 を万全にすると冷え性にならない

冷え性 ストレス 対策 を万全にすると冷え性になりません。ストレスを解消するには、「緩める」と「温める」が大切です。 まず「緩める」のは、筋肉と脳です。

冷え性 ストレス 対策 自律神経や心臓、血管までもに影響を及ぼすストレス。ストレスに強ければ冷え症にならないのでしょうか?

冷え性 ストレス 対策

冷え性 ストレス 対策

ストレスを解消するには、「緩める」と「温める」が大切です。 まず「緩める」のは、筋肉と脳です。
筋肉は手足の筋肉を中心にお風呂上りや寝る前などに、ストレッチを行うことが大切です。 例えば、手首のストレッチでは手の曲げ伸ばしを1日5回程度行いましょう。

リンク:コリをほぐす

冷え性 ストレス 対策 で冷えを撃退 ストレスを受けると身体防衛機能が働く

ストレスという言葉をはじめて使ったカナダの生理学者ハンス・セリエはストレスを次のように定義しています。
『ストレスとは、有害な刺激携帯(ストレッサー)に対する身体的防衛である』
人体は怒り、悲しみ、苦痛などの精神的ストレスを受けると、体を防衛するために総力をあげて働きます。そうした体への負担が一時的なものであればむしろ能力発揮のためによい刺激となります。

過度なストレスと継続が体に負担をかける

ストレス社会と言われる現代、企業へのストレスチェック制度の導入を行うなど、国としても積極的にメンタルへルス対策を行っています。
ストレスが長期に及ぶとさまざまな症状が身体に現れますので、仕事や日常生活に悪影響が出てくる可能性があります。さらに、ストレスは大きな病気の誘引や発病にもつながります。

しかし、ストレスが過重でしかも継続し、体の無理が必要とされ期間が長いと、当然からだの各部位には大変な負担がかかってきます。

そうした無理が限度を越えてしまったときに体は様々な形でシグナルを送ります。冷えもそのシグナルの1つといっていいでしょう。

冷え症の大きな要因は、ストレスによって自律神経のバランスが乱れ、体温調節機能が正常に機能しなくなるからですが、それだけではありません。細胞内で心臓や血管をコントロールしているβ受容体という物質もまた、非常にストレスを影響を受けやすいのです。

ストレスは五臓六腑にダメージを与える

ストレスは自律神経を乱し、体温調節機能や血液循環にも悪い影響を与えるのです。これでは体が冷えるのも当然です。
東洋医学ではストレスは「五臓六腑にダメージを与える」とストレートに表現します。

ストレスに強ければ

逆にストレスに対して強い場合はどうでしょう?それだけ、体が冷えにくい条件を備えているといえます。同じストレスにあってもそれに対して全く動じない人もいます。
受け止め方によってストレスはよいものにも悪いものにもなるのです。

セルフコントロール

診療内科では、対処療法を行うと同時に、その症状の背景にある、様々なストレスに対するケアをします。
カウンセリング、認知療法、自律訓練法などがそれです。
しかし、その前にセルフコントロールが可能な場合もあります。そのときのポイントとしたいのがセルフチェック項目です。

ストレスはどのタイプ

■ 肉体的ストレス(物理的ストレス)

ストレスは、自律神経系、内分泌系(ホルモン)、免疫系などを介して、身体の反応として現れます。もし、ストレスが慢性的に、強く作用しつづけると、これらの反応が持続することとなり、身体の各部に器質的あるいは機能的な障害を引き起こします。このような状態を心身症と呼んでいます。心身症には、頭痛、高血圧、狭心症、消化性潰瘍、過敏性腸症候群、高血糖・糖尿病、気管支喘息、関節リウマチ、甲状腺機能亢進症(バセドウ氏病)、皮膚炎などがあります。

  • 病気・けが
  • 継続する寝不足
  • 体力以上のハードワーク

■ 精神的ストレス

  • 仕事や家族での人間関係
  • 自分の能力や性格と社会の折り合い
  • 自分の欲望(金銭欲、物欲)と表現性

■環境的ストレス

  • 暑さ、寒さ
  • 明暗
  • 騒音
  • 空気

冷えのタイプと根本原因

現代人のストレス

冷え性 ストレス 対策 を万全にすると冷え性にならない」への1件のフィードバック

  1. ピンバック: 冷え症の人は太りやすい[本当] | lie&true(本当、嘘)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください