冷え症+低血圧+貧血は悪のスパイラル

冷え症や貧血の人の多くは冷えに悩まされています。体に熱を運ぶ血液が不足していたり、パワーがないので、体が冷えてしまいます

動脈も静脈もパワーがない

血圧というのは、心臓から送り出される血液の血管内の圧力のことです。低血圧というのは、循環している血液にパワーがないことを意味します。一般的には、成人の最高血圧(収縮期血圧)が100ミリHg以下を低血圧といいます。
しかし、細かい数値は問題ではありません。血圧は計測時間や計測時の体調などによって20~30ミリHgは変動するからです。また、最高血圧が90ミリHg以下でも元気いっぱいの人もいれば、100ミリHgを越えていても元気のない人もいます。問題は、低血圧ゆえの倦怠感、めまい、肩凝り、冷えなどの症状がみられるかどうかです。

心臓から離れるにしたがって血圧も低くなる

血圧も体温と同様、体の部位によって異なります。血圧は、心臓から離れるにしたがって、また、動脈、毛細血管、静脈の順に低くなっていきます。
つまり、心臓から一番遠い足先の静脈の血圧は体の中では最も低いのです。血圧は低いほど、温かい動脈血が末梢へ流れにくいのは言うまでもありません。
さらに末梢から冷たい静脈血も心臓へ戻りにくく、うっ血も起こりやすくなるのです。低血圧であることは、冷え症の条件を満たしているのです。

貧血で酸欠は不完全燃焼

貧血というのは、血液中に赤血球および血色素(ヘモグロビン)が減少した状態のことをいいます。これら血液の役割は酸素を運搬することですから、貧血の人は、体の各器官に十分な酸素が届いていないということになります。
この足りない酸素を補うために、心臓は少しでも早く血液を送ろうとします。そのため呼吸も早くなります。貧血の人が動悸・息切れを訴えるのはこのためです。
一方、このような状態で各器官に運ばれた栄養は、ちょうど換気機能のないストーブで燃やされる石油のようなもので酸素不足のため不完全燃焼になりがちです。これではとても効率よく体を温めるといったことはできません。心臓への負担以外にも体の各部位も低酸素のため機能障害を起こすでしょう。その結果、さらに体は冷えるということになります。

女性は大半が潜在的な鉄欠乏性貧血

低血圧や貧血の典型的なタイプは、やせていて色白の、いかにも「虚弱」といった人です。これは、遺伝による影響も大きいのですが、遺伝とは別に無理なダイエットや不摂生などが原因で、低血圧や貧血を招く場合もあります。
貧血の多くは、鉄分やビタミンの不足ですが、毎月、月経で出血する女性は、約半数が潜在的な鉄欠乏性貧血であるといわれています。

低血圧・貧血の多くは栄養不足と痩せすぎ

最近の女性はかなりスリムなのに、まだ痩せようとダイエットをします。短期間に何キロも減量したり、特定の食品だけをとり続ける間違ったダイエットを夢中で行ったり…エネルギーになるカロリーはおろか、必要な栄養素まで足りていないのです。
ダイエットに夢中になる人たちには天敵のように思われる皮下脂肪には、元来、人間の体の断熱機能を果たしているのです。過度のダイエットは冷えはもちろん、ちょっとした気温の変化にも対応できなくなってしまうのです。
これはちょっとしたことでもすぐに体調を崩してしまう原因になります。
内臓が働くのに最適な温度は37度前後です。体が冷えてしまえば、体熱を生み出す力が低下し、血液の循環が悪くなってさらに冷えを招くといった冷えのスパイラルにはまりこんでしまうのです。

鉄欠乏性貧血の自己診断

自分が貧血であるかどうかは、血液検査をしてみなければ、正しい診断はできません。しかし、ちょっとしたチェックで確認ができるので、毎日見るくせをつけます。
洗顔時に、目や顔色を見るように、爪と舌もチェックします。
爪の色は多少の濃淡はあってもピンク系の色であれば問題ありません。これが白~青白いようなときは、貧血の疑いありです。形は横から見ると、凸型に丸みを帯びているのが健康な状態です。これが逆に凹型に反り返っている場合やスプーン指になっている場合は、貧血の疑いありです。舌も人によっては、濃淡は多少違いますが、唇の色と同じで赤みを帯びていたら問題ありません。しかし、赤みが少なく紫色に近くなれば、血液循環が悪くなり、体に冷えがたまってきている可能性があります。
女性に多い鉄不足の治療はこちら

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください