血液循環が悪くなる原因

体が冷たくなったり、冷えたりするのは、血液循環に大きく影響します。自律神経に関わること以外に血液そのもの、あるいは血管に由来するものがあります。

内臓と足先の体温の温度差はおよそ7度

人間の体温は36.5度~37度が一般的です。この体温とは、内臓およびその周辺の温度のことです。
実際の体温は、部位によって異なり、心臓から離れるに従って低くなるのが普通です。心臓から最も離れた足先は、約30度で7度もの温度差があります。
当然、動脈と静脈にも温度差があります。心臓から様々な栄養や酸素、ホルモンを満載して37度前後の温かい血液が動脈を通って末梢へ流れていきます。逆に末梢からは、老廃物をのせた約30度の冷たい血液が静脈を通って心臓に戻ってきます。
このように冷たい静脈血と温かい動脈血が体内を循環することで、体の各部の体温はそれ以上高くなったり引くなったりすることなくほぼ一定に保たれています。

血管自体に異常がある場合

冷え症の人がいつも、特定の部分の冷えを訴えるのは、そこに温かい動脈血がうまく流れていないからです。では、なぜ血液はその部分に流れていないのでしょうか。
その原因は主に3つあります。1つめは、血管そのものに問題がある場合です。手足の動脈硬化、あるいは血栓ができて血管がふさがっている塞栓症などが原因で起こるケースです。いずれも症状としては、冷えている部分が白や紫色などに変色しているのが特徴でこのような症状があるときは、医師の診察を受ける必要があります。

静脈血が邪魔をする

2つめは、静脈血が滞っている場合です。温かい動脈血が入り口まで流れても、出口側が静脈血でいっぱいなため、動脈血はその部位に入ることができないという状態です。簡単に表現すると、血液の渋滞です。こうした静脈血の滞りをうっ血やうっ滞といいます。東洋医学などは、瘀血(おけつ)といいます。
静脈血のうっ血は、手足以外に下腹部にも見られます。とくに、骨盤内うっ血は女性の腰まわりの冷え症に多く見られます。女性の下腹部には子宮や卵巣などたくさんの臓器があり、つねに大量の血液が循環しています。
これらの臓器は女性ホルモンによってコントロールされていますが、非常にバランスを崩しやすく繊細です。
そしてひとたびバランスを崩すと大量に流れている血液がたちまち混乱して渋滞を起こすのです。
これがまさにうっ血です。このうっ血が腰まわりに冷えを生み、冷えがさらに子宮や卵巣の機能低下を招くのです。

血液の流れにパワーがない

3つめは、血管には問題がない、うっ血もない、それなのに冷える、というケースです。血液そのものに問題があり、末端にまで血液がまわらないタイプです。この要因には2つあります。
1つ目は血液量そのものが少ないこと、つまり貧血です。もうひとつは、血液に勢いがない、低圧症です。このタイプの冷えはとくに手足などの末端の冷えに悩まされます。低血圧で朝は苦手な女性に多いタイプの冷えです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください