朝 トイレタイム 朝のこの時間を大切に

Pocket

朝 トイレタイム 朝のこの時間を大切にすべき時間帯でとても重要な時間帯です。冷えが原因で便りが滞りがちな人はお腹を温め筋肉をよく動かし規則正しいトイレタイムで便秘を解消しましょう

便は体からの大切な便りといいます。冷えが原因で便りが滞りがちな人はお腹を温め筋肉をよく動かし規則正し い朝 トイレタイム で便秘を解消しましょう

朝 トイレタイム

朝 トイレタイム

滞る人は腸の動きがにぶくて緩慢、ゆるい人は過敏で動きすぎるんです。どちらの場合も大切なのが、腸の緊張をほぐしてリラックスさせ、本来のリズムを取り戻してあげることがとても大切です。

若い女性によくあるのですが、ダイエットなどをして食事量が減ると腸が動きにくくなり、便秘になります。

便が出ないと、「食事を摂れば摂るほどお腹に溜まってしまって、お腹がポッコリ出てくるので食べたくない」「食べ過ぎると便が詰まって出なくならないか不安」と考える人もいます。食事による便秘悪化が心配なので、「食べない方が楽だ」という考え方です。

もし食事の量を増やしたくないのであれば、朝食だけはしっかり摂りましょう。1日3食の中で、朝食が一番大事です。朝食後に大腸の大蠕動が一番起こりやすいからです。

大蠕動は腸が大きく動き、便を肛門の方へ押し出していく動きです。大蠕動は1日に何回かしか起こらないのですが、朝食を食べた後が一番起こりやすいのです。大蠕動が起こると、奥にあった便が肛門近くまで下りてきます。これによって便意を感じるので、そのタイミングでトイレに入る習慣をつけることがとても大事です。

便秘で肩こり、頭痛、そして冷えまでも悪化させてしまう

冷え症の人は、下痢と便秘を繰り返す人が多いようです。それは体温調節機能と同様に大腸も自律神経のコントロールの影響を受けており、また冷えが直接便通にかかわる腸管などの機能を低下させていることが原因です。

一方、便秘をすると、うまく排泄されなかった老廃物が体の中にたまり、それが血液をはじめとした体液の循環不全を起こしやすい状態にしてしまいます。そしてそれがさらなる冷えを誘発するという悪循環に陥るのです。特に冷え症の人は、まずは、優先的に便秘解消を優先させます。便秘が冷えを誘発させているとも癒えますし、冷えが便秘をこじらせているといも言えるので、便秘を解消することで体の機能が好転するのを期待しましょう。

便秘解消のカギはゆとりある 朝 トイレタイム

便秘解消のための食事とエクササイズ以外のポイントは次のようなものです。

  1. ゆとりあるトイレタイムを毎日、朝の時間帯に習慣化させる。少なくても外出の1時間前には起きて朝食をすませ、ゆっくりとお茶を飲んだり新聞を読みながらトイレタイムを待つくらいの余裕を
  2. おなかを温める。下着はおへそが隠れる物を。2枚重ねたり、腹巻きをしたりするのも効果的です。寒い季節や冷房で冷えるときは、カイロなどを使ってお腹を温めます。特に冬期間は冷えを助長させてしまうので冷え対策も同時に行います。
  3. お腹に物理的刺激を与える。お腹をへこませたり、ふくらませたり、ねじったり軽く叩いたりし、お腹には物理的刺激を与えます。腹式呼吸なども効果があります。お腹に刺激を与えることで蠕動運動のきっかけになりやすくなります。

便秘解消4つのポイント(まとめ)

  • 食物繊維が豊富でバランスのとれた食事をする イサゴール なども使うのもいいいでしょう。
  • 朝食をしっかりとってゆとりあるトイレタイムを 朝食がきっかけになって蠕動運動を開始します
  • お腹を温める
  • お腹を揉んだり、たたいたり、押したりするなどの物理的刺激を与える

便はおよそ 1.5 m の大腸を時速 10 cm で通過

体内に入った食物は、もとの量の約 10 分の 1 の便になって排泄されますが、消化吸収の最終段階にあたるのは、小腸と肛門の間にある大腸です。

大腸は長さがおよそ 1.5m の小腸より太くて短い消化管で、盲腸、結腸、直腸、からなり、ほぼ消化吸収の終わった「便のもと」でS状結腸がいっぱいになると便意を催します。S状結腸は、直腸の手前にある、お通じをためておく部分。ここをやさしく刺激してぜん動運動をうながすことで、スムーズなお通じにつなげます。この部分を 「 の 」の字をかくようにマッサージします。

排便活動は、他の消化器官と違い、脳の支配下にあります。そのため、脳の自分勝手な都合で排便をおろそかにしてしまうと、自然な便意 → 排便というスムーズな流れが妨げられてしまい結果、便秘となってしまうのです。朝 トイレタイム をいつも決まった時間に行くようになると自律神経も整ってきて毎回排便できるようになります。朝 トイレタイム の時間をとれない人はぎりぎりまで寝ている人が多いです。ここで15分早く起床して朝 トイレタイム をつくれば快便習慣をつくれます。

乳酸菌サプリのおすすめ | 便秘を解消しよう!

冷え症を改善する暮らし方のポイント

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください