冷え症改善で大切なバランスのとれた食事

食べ物は、体をつくり維持するための基本です。偏った食習慣をあらためることが大切です。

食後、体が熱くなるのは、食物が熱エネルギーに変わるから

食後に上着を脱いだりするのは、体内に取り込まれた食物の約10%がすぐに熱エネルギーとして発散されるからです。
このように、食べ物は、最も直接的に体温を上げる働きから、内臓を働かせるエネルギーになったり、体に必要な物質へ姿をかえたりして(代謝)、人の体を維持しています。飽食の時代、つい忘れがちですが、人の体が健康に保たれるための第一条件は、適切に食物を摂取することにあります。

現代人の冷えは体を冷やす食べ物が主因

エアコンは年中快適に過ごせるはずなのに、年齢、性別を問わず冷え症になる人が増えています。とくに「どこが悪い」ということではないので、あまり表面化してきませんが、冷えて不調であると、自覚している人が増加し続けています。インスタント食品やレトルト食品などを多用した現代的な食生活は冷え症を誘発します。食事は健康のためだけでなく本当に重要な部分を担っているので現代人はもっと関心をもたたないといけません。
ただし、「○○は体にいい」「○○は体に悪い」という一面的な情報を鵜呑みにして長期にわたって特定の栄養素や食品ばかりとる、または避ける、といったケースは改善していかなくてはなりません。食物繊維がいいから…といって大量に摂取していれば、消化の大きな負担にもなります。
そして過剰に摂取しすぎると、鉄分やカルシウムの吸収を妨げるといった害のほうが大きくなります。
ダイエットで脂肪分を避ける女性がいますが、一定量の脂肪は生命活動に必要不可欠です。

栄養素について

適切な食事とは何かというと、できるだけ多種類の食品を、多様な形で適量とれる食事のことです。多くの栄養素は、単独ではなく、他のさまざまな栄養素と結びつくことで、人体に有効に作用するのです。
ミネラル類について、ビタミン、カルシウム、鉄分には関心は持っている人が比較的多い一方、見逃しがちなのが「マグネシウム」です。しかし、マグネシウムの場合、ふつうに食事をしていればあまり問題はありません。ただし、栄養補助食品などでカルシウムをとるときは、いっしょにマグネシウムもとることが必要です。カルシウムとマグネシウムの比率は2:1くらいがよく、カルシウム量に対してマグネシウムの量があまり少ないと虚血性心疾患などを誘発することさえあるのです。

冷え症改善で大切なバランスのとれた食事」への1件のフィードバック

  1. ピンバック: 食べ方に注意!誘ガン食品 化学調味料、食品添加物、薬剤 | ガンの予防対策と増殖抑制作用を高める

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です