アトピー性皮膚炎 など アレルギー性疾患 に悩んでいる

冷え体質の方は、多くの方が アトピー性皮膚炎 など アレルギー性疾患 に悩んでいます。冷えは多くの症状を引き起こしますが、アトピー性皮膚炎をはじめとするアレルギー性疾患が多いのも特徴です。

アトピー性皮膚炎などの症状はステロイドなどの薬を使うといったんはよくなりますが、またすぐに再発するのが特徴です。冷えを改善して食習慣などを改善しないと根治は難しいのが現状です。アレルギー体質改善のための冷え体質を変えるのには時間がかかりますが、しかし、誰でも体質を変えることは可能です。根気よく続けることが必要です。

アトピー性皮膚炎 など アレルギー性疾患 があり、しかも 冷え性 という人は多いのです。アレルギー性疾患 の素因と考えられるものが、冷え性を誘引するものとかなり重なっているのです。

アトピー性皮膚炎などアレルギー性疾患

アトピー性皮膚炎などアレルギー性疾患

アトピー性皮膚炎などのアレルギー性疾患の原因を冷えから見た場合のさまざまな要因に視点を向けてみたいと思います。

アトピー性皮膚炎などのアレルギー性疾患で悩んでいる方は、すでにアトピーの原因になる食物を避けながら自分にできることを最大限やっているはずです。ところがななかなかよくならない人も多いのです。どうしてでしょうか?そこで冷えて体の機能が100%働いてないため起きていると考えます。

また、ステロイドで一端は影を潜めた症状もまた再びでてくることに悩んでいる方も多いはずです。

アトピー性皮膚炎などアレルギー性疾患 などの アレルギーは免疫機能の過剰反応

アレルギーとは、免疫反応(人体に外部から病原菌などの有害物質が侵入した際、それを排除しようとする反応が過敏に現れて起こる症状です。

つまり、もともとは体にはいった異物を排除しようとする体の正常なメカニズムなのです。このようなアレルギー性疾患の代表的なものに、 アトピー性皮膚炎 、 ぜんそく 、 じんましん 、 アレルギー性鼻炎 、 花粉症 などがあります。

いずれも原因は特定できていませんが、体質や調節機能の異常、ストレスなどがアレルギーを引き起こす素因になっているとされています。また、現代人は年々花粉症のアレルギー症状が増加しており、耳鼻科は季節になると混んでいます。

また、これまでアレルギーと無縁だった人も急にアトピー性皮膚炎に悩まされることも多数報告されています。そしてそんな人たちがまず皮膚科を受診し、ステロイドを処方されステロイドを使いますが、やっぱり一端よくなった後にすぐに再発します。

大人の場合、アレルギーの素因は過労ととストレスがよくない

アレルギーの素因には、様々なものが考えられますが、とくに大人になってからのアレルギー性疾患は、過労やストレスが大きく関与しています。冷えはストレスが原因であることも多いのです。

人間関係、仕事のプレッシャーなどの悩みや不安による精神的なストレス、過労、事故、怪我、さらには音、光、温度なども身体的なストレスとなって自律神経の乱れの主な原因になります。そのストレスが過剰になると、交感神経と副交感神経のバランス、つまり自律神経のバランスが乱れます。

過労やストレスにより自律神経や免疫機能が乱れたために、外からの毒性に耐えられないのです。また、過剰に反応してしまっているのです。しかし、アレルギー反応は、体にたまった毒素を体外へ排出しようとする体の防衛機能でもあるのです。

アレルギー と 冷え は同じ原因

アレルギーの素因となっているものは、冷えを起こす要因とかなり重なっていると考えられます。自律神経は血液循環、体温調節機能をコントロールしており、その乱れが冷えの大きな要因になっています。冷えの場合は、余分な水分や老廃物の滞りと関連することが多いのです。

水はたっぷり飲んだ方がいいという健康法が一時期流行しましたが、デスクワークの方があまりたくさんの水を飲むと水が滞って漢方でいう 水滞 という状態になります。体をうごかす仕事をしていたりジムに通っている方は、汗でしっかり水分が排泄されますからいいのですが、体を動かさない人が水を飲み過ぎるのはデメリットしかありません。

水滞(もしくは水毒)とは、本来であれば体外に排出されるべき水分が、何らかの原因によって体内にとどまっている状態のことです。これにより体の冷えがすすみます。体の冷えがすすむとアトピーなどのアレルギー性疾患の症状がでやすくなります。お水を飲み過ぎるだけでなくお酒も飲み過ぎると水滞の原因になるので注意しなければいけません。

アレルギー体質の人が冷え性にも悩んでいる理由はここにあります。
体を温める体質改善を行うと自然にアレルギー症状も軽減されたり、消失することも少なくありませんかなりひどうアトピー性皮膚炎に悩んでた方が半身浴を毎日1時間、そして毎日生姜を食べるようにしたら改善したという話もあります。

免疫細胞が正常に働ける体温は36.5℃。 そこから体温が1℃上がると最大5倍~6倍も免疫力が上がり、逆に1℃下がると免疫力が30%下がるといわれています。 病気になったときに発熱するのは、体が体温を上昇させることで免疫細胞を活性化させ、病気と戦う力を上げようとしているからです。

アトピー性皮膚炎が治らない体質の方は、少し体を温めることを意識し、実践すればいつの間にか治っているケースが多数報告されています。冷え体質を変えるためには、根気よく体を温める習慣を続けることで改善します。3日坊主では決してよくならないので年単位でやるつもりで頑張りましょう。体質が変わるまでは、ずっと悩みが続きます。

アレルギーについては、次の記事が専門的視点から参考になります

冷え性は病気か?体質?どっち!?

アトピー性皮膚炎 など アレルギー性疾患 に悩んでいる」への1件のフィードバック

  1. ピンバック: 交感神経、副交感神経のどちらが優位か? | 体温を上げる

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください