アトピー性皮膚炎などアレルギー性疾患に悩んでいる

アトピー性疾患があり、しかも冷え性という人は多いのです。アレルギー性疾患の素因と考えられるものが、冷え性を誘引するものとかなり重なっているのです。

アレルギーは免疫機能の過剰反応

アレルギーとは、免疫反応(人体に外部から病原菌などの有害物質が侵入した際、それを排除しようとする反応が過敏に現れて起こる症状です。
つまり、もともとは体にはいった異物を排除しようとする体の正常なメカニズムなのです。このようなアレルギー性疾患の代表的なものに、アトピー性皮膚炎、ぜんそく、じんましん、アレルギー性鼻炎、花粉症などがあります。
いずれも原因は特定できていませんが、体質や調節機能の異常、ストレスなどがアレルギーを引き起こす素因になっているとされています。

大人の場合、アレルギーの素因は過労ととストレス

アレルギーの素因には、様々なものが考えられますが、とくに大人になってからのアレルギー性疾患は、過労やストレスが大きく関与しています。
過労やストレスにより自律神経や免疫機能が乱れたために、外からの毒性に耐えられないのです。また、過剰に反応してしまっているのです。しかし、アレルギー反応は、体にたまった毒素を体外へ排出しようとする体の防衛機能でもあるのです。

アレルギーと冷えは同じ原因

アレルギーの素因となっているものは、冷えを起こす要因とかなり重なっていると考えられます。自律神経は血液循環、体温調節機能をコントロールしており、その乱れが冷えの大きな要因になっています。冷えの場合は、余分な水分や老廃物の滞りと関連することが多いのです。
アレルギー体質の人が冷え性にも悩んでいる理由はここにあります。
体を温める体質改善を行うと自然にアレルギー症状も軽減されたり、消失することも少なくありません

アレルギーについては、次の記事が専門的視点から参考になります

アトピー性皮膚炎などアレルギー性疾患に悩んでいる」への1件のフィードバック

  1. ピンバック: 交感神経、副交感神経のどちらが優位か? | 体温を上げる

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください