マッサージ効果でうっ血を防止

マッサージで脳にも快感刺激を与え、毛細血管の血流もスムーズに

マッサージは神経系をリラックス

マッサージはすでに古代ギリシャの時代から行われていたようです。日本にも按摩があるようにマッサージの効用は、世界で広く知られています。
按摩は体の中心から末端へと遠心的に行われるのに対して、西洋のマッサージは体の末端から中心へと救心的に行われますが、日本の按摩は両方のメリットを生かして行われます。
マッサージのその効用は、

  1. 皮膚への刺激で神経系をリラックスさせて体全体を活性化
  2. マッサージの触圧作用で末梢の循環をよくし、毛細血管にたまったうっ血の心臓への環流を促す

などがあります。アスリートが、競技のあとにマッサージを行っていますがこういった効用以外に疲労回復を高めるために行っています。

足先と腰周辺を中心に

マッサージは、ストレッチと同様、入浴中あるいは、入浴後の体が温まっているときに行うと効果的です。マッサージをしてもらえる人が入る場合には、眠る前にやってもらうと筋肉が程良く温まり、心地よい睡眠につながります。冷え症の場合には、足先、腰中心、つまり下半身をマッサージするといいでしょう。
マッサージは押したりもんだりが中心ですが、マッサージの効用は手による優しい摩擦刺激にもなります。マッサージオイルなどを使えばさらに効果的です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください