冷え性は病気か?体質?どっち!?」カテゴリーアーカイブ

手足 末梢 冷え しびれ そして痛みの原因

手足 末梢 冷え しびれ そして痛みの原因についてです。はじめは しびれ からはじまり 痛み へと変化していきます。「 手足の冷え 」 の原因はどこにあるのでしょうか?

手足 末梢 冷え しびれ そして 痛み 便秘体質の人の中には、他の部分はそうでもないのに手足だけが冷たく しびれ や 痛み を感じる人が多いのも特徴

手足 末梢 冷え

手足 末梢 冷え

冷え性とは、末梢の毛細血管が収縮し、血流が滞ることで温かい血液が手足の先まで届かずに冷えてしまう状態のことを指します。 冷え症の原因には以下のような生活習慣が大きく関わっています。 運動不足になると血流が減少するため、より末梢へ血液が届きにくくなります。

手足 抹消 冷え はもっとも多い

原因はともあれ、ほとんどのタイプの冷え性の人が感じている 「 手足の冷え 」 です。手足の先というのは、温かい血液の出発点である心臓から最も遠いため、冷えやすいのは当然といえば当然です。
手足だけが冷たくても日常生活に大きな支障がでないために放っているのがほとんどです。手の冷えがひどく手洗いを減らしてしまう人もいます。

栄養失調、内臓疾患が原因のケースも

「 手足の冷え 」 の冷えという現象は同じでもそれぞれの冷えの背景は異なります。原因としてあげられるのは、

  1. 貧血・低血圧や内臓疾患があり、体全体の循環が悪い
  2. 過度なダイエットなどによる栄養不良や栄養失調でエネルギー不足になって冷えている
  3. スタイルを優先してしまい、いつもヒールの高い靴を履くことで血液循環を悪化させている

手足は、そうした血液循環不全のしわ寄せが出やすい部分でもあるのです。きつすぎるダイエットなどを行っている場合は、ダイエットが原因になっているケースも多々あります。

 

主な 手足 抹消 冷え 10項目

手足 抹消 の冷えがつらい方の症状10項目をあげています。

  1. 比較的年中冷たい
  2. 職場でも家でもじっとしているとつま先が冷えてしまい感覚が鈍くなる
  3. 布団に入ると冷気が足先から感じいつまでも温まらない
  4. すぐに手足の先が冷えジンジンしてくる
  5. 手足の先がしびれ、さらに痛くなる
  6. 幼い頃から冬が近づくと手足の指が冷えて痛みが強くなり赤く腫れてしまう
  7. かかと、足首がいつも冷たくこたつがないと過ごせない
  8. 真夏でも足からひざにかけて冷たく、放っておくとズキズキと痛む
  9. 冬は、足が冷え、夏は、足がほてる
  10. 冷えると指先が真っ白になる

手足 冷え 代表的な対策

  • 冬の外出時にはズボン下や靴下の重ね履き
  • 真夏でも靴下を履く こちらがおすすめ
  • 就寝時も靴下を履く
  • 風呂上がりはまず靴下を履く
  • 職場やオフィスではひざかけを使う
  • 秋から冬にかけてはこたつや電気毛布、電気あんかなどの使用

今 できる 抹消 冷え対策 血流を改善し、体を内側から温める 金時しょうが

昔からの伝統的な冷え対策の食品である 食品 しょうがを食べるという方法ですが、今日食べたからといって 手足 抹消 冷え が改善するわけではありません。ある程度時間はかかりますが、確実に効果があがるのは しょうがを食べ続けることです。体温が1~2度上がる人もいるくらいの効果です。

春から秋にかけては、食物繊維を意識して摂る、ミネラルウォーターを飲む、しっかり睡眠をとる、などの方法で体調をしっかり管理していれば、快便とまではいかなくても便秘にはならずにすんでいた人も、真冬の時期になると急に便秘になってしまう人がいます。

これが、まさに冷えによる便秘です。血管がきゅっと縮まり血圧もあがります。

冷えを解消するには、体を外側から温めるだけでなく、内側からも温めれば、効果はさらに高まり、免疫力(病気から体を守る力)もいっそう強まります。

沖縄に住む人は、ガンや生活習慣病にかかる人が少ないといいますが、これは温暖な気候が影響していると考えられます。寒さで体が過剰な緊張状態に陥ることがないためでしょう。
体を内側から温める方法としておすすめなのは、しょうがをとることです。

冬の冷えには「金時しょうが」を使って便秘を解消 夏のエアコン冷えにも

冷え性は病気か?体質?どっち!?

冷え サイン 体からヘルプの警告

冷え サイン 体からヘルプの警告です。 冷えを感じる現代人は男女ともに急増していますが、どうしてこんなに体が冷えてしまうのでしょうか。

基本的には、気温が下がれば寒いと感じるのは、当然ですが冷え性の人はその感じ方が一般の冷え性でない人にくらべて過敏です。また、著しい不快感を自覚します。
それに冷えるとなかなか温かくならない、というのも特徴です。

冷え サイン 体からヘルプの警告ですが病院に行くほどではない。冷え性体質の人が皆感じている感覚です。こういった判断で冷えを我慢していませんか?冷えを侮ってはいけません。冷え性体質の人への警告でもあるのです。

冷え サイン

冷え サイン

なんでもそうですが、体からのサインを無視して長く放置していると非常に根治に時間がかかるものです。自分の体が発している 冷え の サイン を見逃さないようにしないといけません。

冷え性は女性だけの悩みではない

お風呂あがりに上半身はまだポカポカで湯気がでているのに、足先は異常な冷たさで、あわてて靴下を履く…これは、典型的な冷え性の実態です。

上半身は汗をかいているのに足先は氷のように冷たいのです。暑いのか寒いのかもよくわからないまま上半身はのぼせているのに下半身はどんどん冷えていきます。上半身は暑いのでビールなんかを飲めば体の冷えをどんどん助長します。

冷え症とは、手や足・腹部など、身体のどこかに冷えを感じ、不快や苦痛に思っている状態です。 室内を温めても身体の部位に冷えを感じたり、寒い気候や環境で他の人よりも強く冷えを自覚します。 原因のひとつとしては、睡眠や食生活、生活習慣の乱れによる血行不良が考えられます。

なんだかいつの間にかこんな行動や感じ方に慣れてしまっているのです。こういった女性は半数近くになるといいます。また、最近の特徴として低体温症の子供から壮年男性にまで、冷え性が見られるようになっているのです。当然、冷えを感じているのは足先だけではありません。内臓も冷えているのです。

すると、アトピー性皮膚炎 、 花粉症 、 便秘 などは年々増加傾向です。これまでアトピー性皮膚炎や花粉症になんてなったこともなく無縁だったのに今年、急になったなどの声もたびたび聞きます。これは体の免疫力が落ちている証拠です。そしてその免疫力を下げているのは冷えが原因だったりします。

冷え症の人は便秘と下痢を繰り返す

冷え性の定義は「 特定の部位だけが冷たく不快に感じる 」

冷え性 とは何か?というと特定の病名をさすわけではありません。冷え性とは「体の特定の部位だけが冷たく、不快に感じる状態のことをいいます。
通常、6ヶ月以上続く場合をいいます。最近は、冷房などの影響から真夏でも冷え性に悩まされる人が増えています。

基本的には、気温が下がれば寒いと感じるのは、当然ですが冷え性の人はその感じ方が一般の冷え性でない人にくらべて過敏です。また、著しい不快感を自覚します。
それに冷えるとなかなか温かくならない、というのも特徴です。

ここまで自覚しても「病気」でないと長年の冷えの不快症状と過ごしている人が多いのです。実際、現代医学で「冷え」を根治する薬などはありません。対処療法しかないのです。
体質をかえなければ完治はありません。

冷えが出す「ヘルプ」のサインにどう対処する?

冷え症 は婦人科機能や血液循環をはじめとする循環器系、および自律神経の機能と深いかかわりがあるとされています。
しかし、それらの疾患と冷え性の因果関係については、今のところはっきりしていません。
体が発するささやくようなサインを的確にとらえて対策をとることができれば、快適な生活を送ることができるのでしょう。
西洋医学では「冷え」を病気をとして扱いませんが東洋医学だと「冷え」を病気として扱います。 冷え症は何科 受診するのがいいのか?  でも紹介しているのですが、自分自身で冷えについてチェックする項目があるので紹介します。もし、自分の体が 冷え サイン をだしているようであればきちんと対処しなければいけません。

チェック項目

  1. どの部分がどういう冷え方をするのか
  2. 冷えた時に痛み、しびれなどの異常が起こる部位はどこか
  3. 冷えが起こったのはいつからか
  4. 仕事、私生活の変化など現在の生活状況はどんな状態か。大きなあるいは、継続的なストレスの要因はないか
  5. 自分の体質、病歴を含めた今までを振り返る。定期診断の記録がある場合はこれらを見直す

チェックの結果

  • 冷え症のほかに、体に何らかの不調が見つかればその病気に一番近い科を受診
  • 月経や更年期が思い当たれば→婦人科を受診
  • 腰痛や関節痛を併発しているようならば→整形外科を受診
  • 一身上の大きな転機や変化など、ストレスがあれば→診療内科を受診
  • 貧血、低血圧があれば→内科を受診

これらはまだまだ数少ない例ですが、冷えを病気ととらえる考え方に変えるきっかけにします。
※婦人科や泌尿器科などの既往歴があればこちらを受診するといいでしょう。

すぐできる 冷え 対策

冷えの原因がわかり対策する場合を除いて冷えを解消するのには時間がかかります。食事に注意したり、生活習慣を変える必要があります。
睡眠だけでで改善する場合もあれば、呼吸法 だけで改善してしまう人もいます。ハーブ 効果 で体の緊張がとれてしまう人もいます。誰でも効果が期待できるのは 半身浴 です。ぬるめのお湯にゆっくり浸かると、じわじわと汗がでてきて気持ちいい上に体も芯から温まります。この半身浴は快眠効果大なので寝る前に半身浴をするのがおすすめです。

冷え性は病気か?体質?どっち!?

アトピー性皮膚炎 など アレルギー性疾患 に悩んでいる

冷え体質の方は、多くの方が アトピー性皮膚炎 など アレルギー性疾患 に悩んでいます。冷えは多くの症状を引き起こしますが、アトピー性皮膚炎をはじめとするアレルギー性疾患が多いのも特徴です。

アトピー性皮膚炎などの症状はステロイドなどの薬を使うといったんはよくなりますが、またすぐに再発するのが特徴です。冷えを改善して食習慣などを改善しないと根治は難しいのが現状です。アレルギー体質改善のための冷え体質を変えるのには時間がかかりますが、しかし、誰でも体質を変えることは可能です。根気よく続けることが必要です。

アトピー性皮膚炎 など アレルギー性疾患 があり、しかも 冷え性 という人は多いのです。アレルギー性疾患 の素因と考えられるものが、冷え性を誘引するものとかなり重なっているのです。

アトピー性皮膚炎などアレルギー性疾患

アトピー性皮膚炎などアレルギー性疾患

アトピー性皮膚炎などのアレルギー性疾患の原因を冷えから見た場合のさまざまな要因に視点を向けてみたいと思います。

アトピー性皮膚炎などのアレルギー性疾患で悩んでいる方は、すでにアトピーの原因になる食物を避けながら自分にできることを最大限やっているはずです。ところがななかなかよくならない人も多いのです。どうしてでしょうか?そこで冷えて体の機能が100%働いてないため起きていると考えます。

また、ステロイドで一端は影を潜めた症状もまた再びでてくることに悩んでいる方も多いはずです。

アトピー性皮膚炎などアレルギー性疾患 などの アレルギーは免疫機能の過剰反応

アレルギーとは、免疫反応(人体に外部から病原菌などの有害物質が侵入した際、それを排除しようとする反応が過敏に現れて起こる症状です。

つまり、もともとは体にはいった異物を排除しようとする体の正常なメカニズムなのです。このようなアレルギー性疾患の代表的なものに、 アトピー性皮膚炎 、 ぜんそく 、 じんましん 、 アレルギー性鼻炎 、 花粉症 などがあります。

いずれも原因は特定できていませんが、体質や調節機能の異常、ストレスなどがアレルギーを引き起こす素因になっているとされています。また、現代人は年々花粉症のアレルギー症状が増加しており、耳鼻科は季節になると混んでいます。

また、これまでアレルギーと無縁だった人も急にアトピー性皮膚炎に悩まされることも多数報告されています。そしてそんな人たちがまず皮膚科を受診し、ステロイドを処方されステロイドを使いますが、やっぱり一端よくなった後にすぐに再発します。

大人の場合、アレルギーの素因は過労ととストレスがよくない

アレルギーの素因には、様々なものが考えられますが、とくに大人になってからのアレルギー性疾患は、過労やストレスが大きく関与しています。冷えはストレスが原因であることも多いのです。

人間関係、仕事のプレッシャーなどの悩みや不安による精神的なストレス、過労、事故、怪我、さらには音、光、温度なども身体的なストレスとなって自律神経の乱れの主な原因になります。そのストレスが過剰になると、交感神経と副交感神経のバランス、つまり自律神経のバランスが乱れます。

過労やストレスにより自律神経や免疫機能が乱れたために、外からの毒性に耐えられないのです。また、過剰に反応してしまっているのです。しかし、アレルギー反応は、体にたまった毒素を体外へ排出しようとする体の防衛機能でもあるのです。

アレルギー と 冷え は同じ原因

アレルギーの素因となっているものは、冷えを起こす要因とかなり重なっていると考えられます。自律神経は血液循環、体温調節機能をコントロールしており、その乱れが冷えの大きな要因になっています。冷えの場合は、余分な水分や老廃物の滞りと関連することが多いのです。

水はたっぷり飲んだ方がいいという健康法が一時期流行しましたが、デスクワークの方があまりたくさんの水を飲むと水が滞って漢方でいう 水滞 という状態になります。体をうごかす仕事をしていたりジムに通っている方は、汗でしっかり水分が排泄されますからいいのですが、体を動かさない人が水を飲み過ぎるのはデメリットしかありません。

水滞(もしくは水毒)とは、本来であれば体外に排出されるべき水分が、何らかの原因によって体内にとどまっている状態のことです。これにより体の冷えがすすみます。体の冷えがすすむとアトピーなどのアレルギー性疾患の症状がでやすくなります。お水を飲み過ぎるだけでなくお酒も飲み過ぎると水滞の原因になるので注意しなければいけません。

アレルギー体質の人が冷え性にも悩んでいる理由はここにあります。
体を温める体質改善を行うと自然にアレルギー症状も軽減されたり、消失することも少なくありませんかなりひどうアトピー性皮膚炎に悩んでた方が半身浴を毎日1時間、そして毎日生姜を食べるようにしたら改善したという話もあります。

免疫細胞が正常に働ける体温は36.5℃。 そこから体温が1℃上がると最大5倍~6倍も免疫力が上がり、逆に1℃下がると免疫力が30%下がるといわれています。 病気になったときに発熱するのは、体が体温を上昇させることで免疫細胞を活性化させ、病気と戦う力を上げようとしているからです。

アトピー性皮膚炎が治らない体質の方は、少し体を温めることを意識し、実践すればいつの間にか治っているケースが多数報告されています。冷え体質を変えるためには、根気よく体を温める習慣を続けることで改善します。3日坊主では決してよくならないので年単位でやるつもりで頑張りましょう。体質が変わるまでは、ずっと悩みが続きます。

アレルギーについては、次の記事が専門的視点から参考になります

冷え性は病気か?体質?どっち!?