善玉菌が免疫力をアップ

未消化のたんぱく質が腸内の免疫バランスをくずす

免疫系でもっとも優位に位置する細胞のヘルパーT細胞には2つの種類があります。ウィルスやガンに侵された細胞などの免疫(細胞性免疫)を担当するTh1とたんぱく質などの免疫(液性免疫)を担当するTh2です。このふたつはどちらか一方が活性化すると、もう一方は、抑制されるシーソーのような関係になっています。この免疫細胞が大腸の粘膜にも点在しているのです。
肉類を過食して栄養バランスが崩れると、悪玉菌は連携して大腸粘膜を傷つけ侵入しようとします。すると、防衛のために働くのがTh2。しかし、腸内のTh2ががんばりすぎると、やがて全身の粘膜のTh2も活性化して、たんぱく質が粘膜に触れるとアレルギー反応を起こすようになるのです。
花粉症は、花粉というたんぱく質が目や鼻の粘膜に触れて症状をおこすものです。一方、Th2活性があがると、Th1活性は下がるので、ウィルスに侵された細胞やガン細胞を処理できなくなり、風邪などのウィルス感染症やガンにかかりやすくなるのです。

乳酸菌が免疫細胞のバランスを修復

乳酸菌の細胞壁に含まれるリポ多糖体という物質はTh1活性を高めるのでウィルスやガンに対しての免疫力を回復します。
Th1活性があがるとTh2活性は下がるのでアレルギー疾患にかかりやすくなります。このリポ多糖体の働きは摂取した乳酸菌が生きたまま腸に到達できなくても効果があるようです。

Th1とTh2の関係

●Th2が優位の場合
異種たんぱく質と悪玉菌はTh2活性を上げる→アレルギー疾患になりやすい。ウィルス、ガンなどと戦えない
●Th1が優位の場合
乳酸菌Th1活性を上げる→ウィルス感染症、ガンなどになりにくい。アレルギー疾患にもかかりにくい

善玉菌が免疫力をアップ」への1件のフィードバック

  1. ピンバック: アトピー性皮膚炎などアレルギー性疾患に悩んでいる | 便秘は冷えが原因

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください