年別アーカイブ: 2021年

顔や手足がむくんだり、ほてる

顔や手足がむくんだり、ほてる 更年期に伴うほてりやむくみは婦人科を受診しますが、水分のとりすぎの場合は、運動を組み合わせることで水分代謝を促進させ冷えから体を守ります。

顔や手足がむくんだり、ほてる むくみは、余分な水分が皮下組織にたまるためにおきます。顔や手足がむくみやい人に冷え性が多いのは、過剰な水分と体の冷えによるものが原因となっています。

顔や手足がむくんだり、ほてる

顔や手足がむくんだり、ほてる

からだの余分な水分がむくみを引き起こし同時に冷えを招く

人体の約6割~7割が水分からできています。一時的にこのバランスが崩れても水を飲んだり、逆に汗や尿で水分を排泄することによってバランスを保ったり調節します。

ところが排泄が正常に機能しない場合、余分な水分が血管や内臓にたまってしまうことがあります。これが皮下組織にたまると「むくみ」となって症状にでます。

冷え性の人で「顔がむくみやすい」「手足がむくむ」といった症状は、日常的である場合が多く、これは水分の代謝が正常に行われていないためです。体にたまった余分な水分がむくみと同時に冷えを招いているのです。

更年期 による冷えとほてりの症状がひどい場合には、婦人科の受診を

冷えとほてりは、まるで正反対の症状のように思いますが、併発することもあります。
血液の滞りやすい下半身は冷え、逆に上半身は異常なほどほてるのです。

このほてりと冷えは、更年期障害にみられる特徴的な症状ですが、極端な人の場合、上半身は汗が噴き出ている状態なのに、下半身は凍り付くほど冷えているのです。

こういったケースだと、冷えだけを取り除けばいい。というわけにはいきません。こういった症状がある場合は、婦人科を受診します。最近は、ホルモン補充療法や漢方薬により適切な治療が行われます。

水分の摂りすぎに気をつけ、体を保温し水分の代謝をよくする

余分な水分をスムーズに体外へ出すためには、水分の代謝をよくすること、すなわち体を温めて内臓機能、とくに腎臓の機能を高めて排泄を正常化することです。

体に水分が多いタイプの冷え性は、主に水分の摂りすと運動不足が原因となっています。
まずは、運動によって水分の代謝を高めます。骨格筋を動かすといいでしょう。

筋肉の中でも骨格筋は大きな熱エネルギーを生み出すので、体が温まり、さらに、運動は血液循環量を通常の何倍にも増加させるので、血液による水分代謝もさかんになり、余分な水分が排泄されやすくなります。

むくんできたときに、体に余分な水分をためこんでいる感じを自覚できるようになると、体調のコントロールが適切に行えます。
朝、起きたときなどに目が腫れぼったいなぁ~なんて思ったときには、体に余分な水分が溜まっていることが原因です。

冷えは簡単に解消しません。根気よく体質改善させることが冷え根治にはとても大事です。その間、便秘を上手に解消するには トクホ の イサゴール がおすすめです。腸内の血流を改善して冷えを少しずつ解消します。強い便秘薬などをつかってしまうと 自律神経も不安定 になります。

性交痛がありおりものも多い

性交痛がありおりものも多い のは、骨盤内のうっ血による「冷え」でおりものの量が増えてしまったり、性交痛を引き起こすケースがあります。

性交痛がありおりものも多い 腰回りの冷えの大きな要因は、骨盤のうっ血と言われる静脈血の滞りです。こらが腰痛や月経に加え、おりものの量を増やしたり、性交痛を引き起こす要因となります

性交痛がありおりものも多い

性交痛がありおりものも多い

排卵期でもないのに おりもの の量が多い

おりもので下着がべたべたしたりする症状で不安になったりしたことはありませんか?何か病気では?と思う女性もいます。

女性にとって月経とおりものは最も直接的に体のコンディションの影響を受けます。婦人科の診察でもおりものの量と内容は診断の際に重要な役目を担います。月経前や排卵期、妊娠時などにおりものの量が多少増えるのは心配ありません。

しかし、そうした時期でないのにおりものの量が増えたり、いつもと色や粘りが異なるのは注意が必要です。

おりもの の量が増えるのは「冷え」が原因になることも

冷え性で婦人科機能が低下していると、細菌性の膣炎にかかりやすくなり、膣炎を起こすと、おりものの量が増えます。

また、腰回りの冷えの大きな要因である骨盤内のうっ血でおりものの量が増えることもあります。いずれにしても、冷え性の女性は、おりものの量が増える傾向にあります。

細菌などによる膣炎以外は、骨盤内のうっ血がおさまれば膣は健康な状態に戻ります。骨盤内のうっ血も日頃の食生活や運動である程度は防ぐことができるのです。冷え性体質の人は特に日常生活の改善が必要です。

更年期に多い性交痛も冷えが原因のケースも

通常、45歳を過ぎて更年期へ移行するころから性交時に十分膣が潤わず、性交痛がある、また性交が苦である、と感じる女性が増えます。

これは更年期で女性ホルモンの分泌量が減少するに伴い、膣の粘膜が萎縮、また分泌される膣液が減少してしまうためです。

しかし、更年期に至らなくても、冷え性の女性にこの症状の自覚があり性交痛を引き起こしているケースもあるのです。

これは、骨盤内うっ血による女性ホルモンの分泌が正常に行われず、そのためやはり膣の湿潤が不十分になってしまうケースです。性生活というのは、パートナーとの問題をはじめ、こうした冷えによる骨盤内のうっ血も深く関連しているのです。

女性に多い冷えの症状 肩 腰 背中 のあたりがスースーする

女性に多い冷えの症状 肩 腰 背中 のあたりがスースーする と訴える方は多く、女性に多い腰、首周辺の冷えは肩凝りも同様に併発することが多くなっています。

女性に多い冷えの症状 肩 腰 背中 のあたりがスースーする 女性が訴える冷えの症状で多いのが腰、首周辺の冷え。こうした冷えはめぐりめぐって肩や首の凝りにつながり、さらには頭痛に至ることが多い

女性に多い冷えの症状 肩 腰 背中 のあたりがスースーする

女性に多い冷えの症状 肩 腰 背中 のあたりがスースーする

腰に冷たいモノがはりついているよう

手足の冷えほどではありませんが、女性では腰や臀部・下腹部など、腰とその周辺部の冷えに悩んでいる人は少なくありません。肩・腰・首が冷える人の症状は次のようなものです。

  • 真夏の汗をかくほど暑い日でも腰だけは冷たく何か冷たいものが貼り付いていると感じる
  • 腰回りが常に冷たい感じでときどきお腹が痛くなる。普段は便秘傾向だがこのときはひどい下痢をする
  • 腰から背中にかけてスースーしだるい
  • 首に風があたるとぞくぞくしてその後、頭痛がする
  • ちょっと涼しいだけで首の後ろがひんやりして不快感がある

四季を問わず腰にカイロをあてたり首にスカーフなどを巻いて対処している。冷えをなだめている状態でこれを放っておくと風邪をひいたり、体調をこじらせたりします。

腰回りの冷えは婦人病・腰痛に

女性の腰の周辺は、子宮や卵巣など複雑で繊細な内臓が集中しています。腰が冷えることで周辺の内臓の機能も低下してそれが月経困難症をはじめとする様々な症状につながります。

腰の冷えは婦人科機能の低下だけでなく、もっとダイレクトに腰痛という形であらわれる場合もあります。

ひどい腰痛で整形外科を受診し、検査の結果、腰の骨や筋肉に異常がみられないケースは冷えを疑います。

冷えのために骨盤内がうっ血(静脈血の滞り)しているとその部分の筋肉がこり固まり、骨盤にゆがみが生じます。そうしたゆがみが、腰痛という症状であらわれるのです。腰は字にかいたとおり、体の要なのです。腰の骨がゆがむと、腰痛にとどまらず背骨全体に影響し、肩凝り、首の凝り、さらに頭痛を招きます。
腰の冷えを自覚している人の多くが同時に肩凝り、頭痛を訴えるのはこういった理由があるからです。

今日からできる冷え対策は 半身浴 です。

手や足などの末梢の冷えとしびれそして痛み 原因

手や足などの末梢の冷えとしびれそして痛み についてです。はじめは しびれ からはじまり 痛み へと変化していきます。「 手足の冷え 」 の原因はどこにあるのでしょうか?

手や足などの末梢の冷えとしびれそして痛み 便秘体質の人の中には、他の部分はそうでもないのに手足だけが冷たく しびれ や 痛み を感じる人が多い

手や足などの末梢の冷えとしびれそして痛み

手や足などの末梢の冷えとしびれそして痛み

手足の冷えはもっとも多い

原因はともあれ、ほとんどのタイプの冷え性の人が感じている 「 手足の冷え 」 です。手足の先というのは、温かい血液の出発点である心臓から最も遠いため、冷えやすいのは当然といえば当然です。
手足だけが冷たくても日常生活に大きな支障がでないために放っているのがほとんどです。

栄養失調、内臓疾患が原因のケースも

「 手足の冷え 」 の冷えという現象は同じでもそれぞれの冷えの背景は異なります。原因としてあげられるのは、

  1. 貧血・低血圧や内臓疾患があり、体全体の循環が悪い
  2. 過度なダイエットなどによる栄養不良や栄養失調でエネルギー不足になって冷えている
  3. スタイルを優先してしまい、いつもヒールの高い靴を履くことで血液循環を悪化させている

手足は、そうした血液循環不全のしわ寄せが出やすい部分でもあるのです。

主な 手足の冷え 対策症例 10項目

  1. 比較的年中冷たい
  2. 職場でも家でもじっとしているとつま先が冷えてしまい感覚が鈍くなる
  3. 布団に入ると冷気が足先から感じいつまでも温まらない
  4. すぐに手足の先が冷えジンジンしてくる
  5. 手足の先がしびれ、さらに痛くなる
  6. 幼い頃から冬が近づくと手足の指が冷えて痛みが強くなり赤く腫れてしまう
  7. かかと、足首がいつも冷たくこたつがないと過ごせない
  8. 真夏でも足からひざにかけて冷たく、放っておくとズキズキと痛む
  9. 冬は、足が冷え、夏は、足がほてる
  10. 冷えると指先が真っ白になる

手足の冷えの代表的な対策

  • 冬の外出時にはズボン下や靴下の重ね履き
  • 真夏でも靴下を履く こちらがおすすめ
  • 就寝時も靴下を履く
  • 風呂上がりはまず靴下を履く
  • 職場やオフィスではひざかけを使う
  • 秋から冬にかけてはこたつや電気毛布、電気あんかなどの使用

「 冷え 」 は体からの ヘルプ のサイン

「 冷え 」 は体からの ヘルプ のサイン 冷えを感じる現代人は男女ともに急増していますが、どうしてこんなに体が冷えてしまうのでしょうか?

「 冷え 」 は体からの ヘルプ のサイン 病院に行くほどではない。冷え性体質の人が皆感じている感覚です。こういった判断で冷えを我慢していませんか?冷えを侮ってはいけません。冷え性体質の人への警告でもあるのです。

「 冷え 」 は体からの ヘルプ のサイン

「 冷え 」 は体からの ヘルプ のサイン

冷え性は女性だけの悩みではない

お風呂あがりに上半身はまだポカポカで湯気がでているのに、足先は異常な冷たさで、あわてて靴下を履く…これは、典型的な冷え性の実態です。上半身は汗をかいているのに足先は氷のように冷たいのです。

なんだかいつの間にかこんな行動や感じ方に慣れてしまっているのです。こういった女性は半数近くになるといいます。また、最近の特徴として低体温症の子供から壮年男性にまで、冷え性が見られるようになっているのです。
アトピー性皮膚炎 、 花粉症 、 便秘 などは年々増加傾向にあるのです。

冷え性の定義は「特定の部位だけが冷たく不快に感じる」

冷え性 とは何か?というと特定の病名をさすわけではありません。冷え性とは「体の特定の部位だけが冷たく、不快に感じる状態のことをいいます。
通常、6ヶ月以上続く場合をいいます。最近は、冷房などの影響から真夏でも冷え性に悩まされる人が増えています。

基本的には、気温が下がれば寒いと感じるのは、当然ですが冷え性の人はその感じ方が一般の冷え性でない人にくらべて過敏です。また、著しい不快感を自覚します。
それに冷えるとなかなか温かくならない、というのも特徴です。

ここまで自覚しても「病気」でないと長年の冷えの不快症状と過ごしている人が多いのです。実際、現代医学で「冷え」を根治する薬などはありません。対処療法しかないのです。
体質をかえなければ完治はありません。

冷えが出す「ヘルプ」のサインにどう対処する?

冷え症 は婦人科機能や血液循環をはじめとする循環器系、および自律神経の機能と深いかかわりがあるとされています。
しかし、それらの疾患と冷え性の因果関係については、今のところはっきりしていません。
体が発するささやくようなサインを的確にとらえて対策をとることができれば、快適な生活を送ることができるのでしょう。

頑固な冷えは対症療法だけでは治らない

頑固な冷えは対症療法だけでは治らない 。冷え症というのは、慢性・再発性の冷えによる症状ですから根治には、対症療法と体質改善が必要です。

頑固な冷えは対症療法だけでは治らない 冷え症を改善する薬はありますが、それを服用しても根治しないのが慢性の冷え症です。

頑固な冷えは対症療法だけでは治らない 漢方薬

頑固な冷えは対症療法だけでは治らない 漢方薬

冷え症の治療薬は ホルモン剤 ? それとも 漢方 ?

冷え症という症状だけで病院を受診する人はほとんどいません。大半は、婦人科疾患、内臓疾患、足腰の痛みで整形外科を受診します。

実際の症状を問診してしみて冷えが原因であることがわかります。冷え症そのものがすぐに重大な症状に至らないことと、厚着や暖房などである程度は改善されえしまうからです。

これは、改善されているわけではなく症状が少しだけ軽減されている状態です。通常、西洋医学では冷え症は病気としてとらえていません。医学事典には、かろうじて記述がありますが、翻訳ものでは冷え症の項目は見つかりません。

冷え症に対する対処法としては、更年期障害に伴う冷えにはホルモン補充療法、ひどい月経痛には漢方薬の 当帰芍薬散(とうきしゃくやくさん)  などによる治療を行います。

低血圧症状の場合には、塩酸ミドドリンや硫黄アメジニウムなどの比較的副作用の少ない治療薬を処方します。

冷え症の根治は対症療法と体質改善を同時に

冷え症の特徴は慢性・再発性であることです。当面の苦痛を取り除く対症療法や漢方治療で改善されたように見えても一時的なものにすぎません。

冷え症を根治するための最善の方法は、対症療法に加えて「冷え症」体質を改善するための日常生活の改善です。

お風呂にゆっくり長くつかるなどの 半身浴 は、毎日続けなければ効果がでてきません。食事についても1日3食ある食事で体を本する、または 温める効果のある食材 を少しでも多くとるようにしますが、これらは、ずっと続けることで効果が少しずつでてきます。

冷えの天敵、ストレスをセルフチェック

冷えの天敵、ストレスをセルフチェック 冷えの原因がわからずにいたらストレスの解消で冷えも解消してしまう人がたくさんいらっしゃいます。

冷えの天敵、ストレスをセルフチェック

冷えの天敵、ストレスをセルフチェック

自分の思考や考え方のくせを別の点からチェックすると自分はどんなことにストレスを感じているかが見えてきます。

自分のことを自分が一番わかっているつもりでわかっていない場合もあります。

セルフチェックのための3つのポイント

次の3つの局面があります。

  1. ストレスに関する事実をどうとらえているか
  2. 自分がそれらの事実に実際にどう対応しているか
  3. 現実的にどうすれば、これまでの対処法を乗り越えて行動できるか

というものです。こうしたチェックポイントを具体的に見ていきます。

1.ストレスになっている事柄をあげてみる

不安になるとき、落ち込むとき、また何か不快な感情が生じたとき、その状況やそのときの感情をできるだけ具体的な言葉で書き留める。どうような要因が、そのときの気持ちを引き起こしているのか、事実関係をできるだけ客観的に記す。

2.そのストレスにどのように対処しているかあげてみる

その要因に対して、どのような対応をしているか、その状況が今後どのように展開していくと考えられるか、思うままに記す。
多くの場合、その思うままの自然な予測は、その人のストレスへの受け止め方、対処のしかたを表している。
この場合、不適切な対処方法のパターンは次のようなものです。

根拠なき結論
根拠があいまいなのに、あわてて結論づけてしまう
二分割思考
白か黒か極端に結論づけてしまう
拡大・縮小
ささいなことを過大に受け止め、それにとらわれすぎてよい材料を見落としてしまう
すべてを自分の責任のようにとらえてしまう
ささいな事実がすべてであると決めつけてしまう
過度の一般化
ささいな事実がすべてであると決めつけてしまう
個人化
すべてを自分の責任のようにとらえてしまう
情緒的意味づけ
感情のままに結論づけてしまう

これらは、物事のとらえ方の誤りであり、こうした不適切な思考は、多くの人の物事の受け止め方の中にあり、ストレスとして感じていることが少なくないのが実状です。

3.より適切な対処ができないかを考え、次に行動を起こす

過去にこだわらず、これから先のことを考えてみる
そのとき、極端に悲観的にとらえるならどうなるのか?逆に極端に楽観的にとらえるならどうなるのか・そしてその中間として現実的にどのような予測が妥当なのかを考えながら、自分の対処方法に偏りがないか考える。

対処方法が行動にどう反映し、日常生活や人間関係の中で何か繰り返される偏った行動パターンがないか、検討してみる。
検討した結果の妥当な現実的対処方法に基づいて勇気を出して行動してみる。
実際、ストレスに強い人というのは、こららのことをナチュラルに考え、行動し実践している人なのです。

ちなみに単なるカルシウムが不足しているだけの場合も多々あります。こちらでチェック

更年期の冷え 自覚症状15項目

更年期の冷え に関する情報です。更年期というとホットフラッシュに代表される 急な異常の熱さなどがイメージにあるかもしれませんが、女性ホルモンが減少してくると 冷え 対策が重要です。

更年期の冷え と のぼせ は、更年期障害にもよくみられる症状です。こうした症状の改善はホルモン補充療法法や漢方治療などが効果的です。

冷え症は、更年期障害とも関わってくる

更年期の冷え

更年期の冷え

更年期とは、女性ホルモンの分泌がしだいに減少し卵巣機能が衰えはじめる時期から月経停止を迎えて、さらに数年後までの女性の体の転換時期をさします。

更年期障害とは、この体の転換期に起こる様々な症状のことです。通常45~55歳くらいまでに更年期を迎える人が多いようです。

これまでに述べてきたように、女性ホルモンは自律神経と密接に関連しています。したがって女性ホルモンの分泌状況が変化するとともに自律神経系にコントロールされている様々な身体機能に変調をきたします。

更年期障害に特有の症状である、頭痛、耳鳴り、めまい、不眠、イライラ、腰痛、冷え症などはその結果です。

ホルモン補充療法とは?

体の冷えとのぼせは裏表の関係といえばいいでしょうか。これらの症状が現れる、あるいは、それまでの症状がひどくなった時期が更年期障害に重なっているときは、婦人科を受診するのが冷え症改善の近道です。

現在、更年期障害の治療には、イライラ、うつ症状など精神的な不調を示す人には、カウンセリングや抗不安剤や抗うつ薬の処方を、死体的な変化が大きい人については、漢方薬も含め、それぞれの症状に応じた薬を処方しています。

最近では、ホルモン療法の効果に注目が詰まっております。この療法は不足する女性ホルモンを補充することで、更年期の症状を改善しようというものです。

ホルモン補充療法がアメリカではじめられた当時、女性ホルモンは卵巣から分泌される卵胞ホルモンだけを補充していました。そのため、子宮内膜ガンや乳がんが発生しやすいというものでした。

しかし、その後の研究などでエストロゲン黄体ホルモンであるプロゲスタンを併用することにより、子宮内膜がんの発生は抑えられることがわかりました。

乳がんについては、現在も研究が継続されていますが、5年以上のHRTで若干リスクが高くなるのではないかという見解が一般的です。一方、HRTが様々な更年期障害の症状の改善に、成果をあげているのも事実です。また、骨粗鬆症や高脂血症など生活習慣病(成人病)の予防につながるデータを示されています。

更年期の15項目の自覚症状チェック

  1. 顔がほてる
  2. 汗をかきやすい
  3. 腰や手足が冷える
  4. 息切れ・動悸
  5. くよくよしたり憂鬱になる
  6. 怒りっぽくイライラする
  7. 寝付きが悪い、または眠りが浅い
  8. 頭痛、めまい、吐き気
  9. 疲れやすい
  10. 食後に胃がもたれる
  11. 便秘がちである
  12. 吹き出物ができやすい
  13. 手足がしびれる、感覚が鈍い
  14. 肩凝り、腰痛、手足の痛み
  15. 尿が近い、尿漏れ

ストレスに強くなると冷え症にならない?

ストレスに強くなると冷え症にならない? ストレスと冷えの関係性について。

自律神経や心臓、血管までもに影響を及ぼすストレス。ストレスに強ければ冷え症にならないのでしょうか?

ストレスに強くなると冷え症にならない?

ストレスに強くなると冷え症にならない?

ストレスに強くなると冷え症にならない? ストレスを受けると身体防衛機能が働く

ストレスという言葉をはじめて使ったカナダの生理学者ハンス・セリエはストレスを次のように定義しています。
『ストレスとは、有害な刺激携帯(ストレッサー)に対する身体的防衛である』
人体は怒り、悲しみ、苦痛などの精神的ストレスを受けると、体を防衛するために総力をあげて働きます。そうした体への負担が一時的なものであればむしろ能力発揮のためによい刺激となります。

過度なストレスと継続が体に負担をかける

しかし、ストレスが過重でしかも継続し、体の無理が必要とされ期間が長いと、当然からだの各部位には大変な負担がかかってきます。

そうした無理が限度を越えてしまったときに体は様々な形でシグナルを送ります。冷えもそのシグナルの1つといっていいでしょう。

冷え症の大きな要因は、ストレスによって自律神経のバランスが乱れ、体温調節機能が正常に機能しなくなるからですが、それだけではありません。細胞内で心臓や血管をコントロールしているβ受容体という物質もまた、非常にストレスを影響を受けやすいのです。

ストレスは五臓六腑にダメージを与える

ストレスは自律神経を乱し、体温調節機能や血液循環にも悪い影響を与えるのです。これでは体が冷えるのも当然です。
東洋医学ではストレスは「五臓六腑にダメージを与える」とストレートに表現します。

ストレスに強ければ…

逆にストレスに対して強い場合はどうでしょう?それだけ、体が冷えにくい条件を備えているといえます。同じストレスにあってもそれに対して全く動じない人もいます。
受け止め方によってストレスはよいものにも悪いものにもなるのです。

セルフコントロール

診療内科では、対処療法を行うと同時に、その症状の背景にある、様々なストレスに対するケアをします。
カウンセリング、認知療法、自律訓練法などがそれです。
しかし、その前にセルフコントロールが可能な場合もあります。そのときのポイントとしたいのがセルフチェック項目です。

ストレスはどのタイプ

■肉体的ストレス(物理的ストレス)

  • 病気・けが
  • 継続する寝不足
  • 体力以上のハードワーク

■精神的ストレス

  • 仕事や家族での人間関係
  • 自分の能力や性格と社会の折り合い
  • 自分の欲望(金銭欲、物欲)と表現性

■環境的ストレス

  • 暑さ、寒さ
  • 明暗
  • 騒音
  • 空気

現代人のストレス

過剰なダイエットで内臓機能が停止してしまう

過剰なダイエットで内臓機能が停止してしまう リスクをかんがえなければいけません。ダイエットのしすぎはNGです。

ダイエットが冷え症をはじめ、深刻な病気にまで発展することも。拒食症・過食症などの摂食障害について

過剰なダイエットで内臓機能が停止してしまう

過剰なダイエットで内臓機能が停止してしまう

過剰なダイエットで内臓機能が停止してしまう ダイエットと摂食障害

低血圧や貧血は冷え症、便秘の大きな要因になりますが、ダイエットなどによる慢性的な栄養失調によるものと考えられています。しかし、ダイエットは低血圧や貧血だけでなく、さらに深刻な病を引き起こすことがあります。

最近、ますます増えている過食症(神経性大食症)、拒食症(神経性食思不振症)などの摂食障害です。とくに、問題なのは、ダイエットがきっかけになっていることです。

最初は、気軽に「もう少し痩せたい、キレイになりたい」だったのがどんどん過激になっていき、急激に減量して、食事を受け付けなくなってしまうというケースです。

冷え症にとどまらず内臓機能の障害も

ダイエットなどが原因で拒食症になってしまった若い人の中には、ゲームのような感覚でダイエットをはじめてしまったように見受けられます。

年齢は、15~20歳で体がまだまだ成長しなくてはならない大切な時期に多いのも特徴となっています。気軽にはじめたはずのダイエットも過激度を競うかのようにエスカレートして、ついに拒食症になってしまうのです。

こうなってしまうとダイエットも、危険と紙一重なのです。
食事をしない、ということは人体に必要な栄養補給がストップするということで、当然に心臓、肝臓、腎臓などの内臓機能に様々な障害が現れます。

5キロ体重が減少すると、月経不順、10キロで月経が止まる

女性は過激なダイエットなどをすると、婦人科内科に顕著に現れます。
体重が50kgの人が5キロ体重を減らすと、ホルモン分泌が異常となり月経不順になります。体重の2割にあたる10キロ減量すると、月経は完全に停止してしまうのです。

こうした場合、壊れてしまったホルモン分泌機能の回復には時間がかかります。
過食症の場合でも、体重は正常範囲なのに、必要以上に体重のことが気になり、過食と故意に自分で吐くことの繰り返しから、極端な栄養障害を起こし、拒食症の場合と同様に内臓やホルモンの障害を引き起こすと考えられます。

摂食障害の患者さんは、20歳前後が多く、全体の20%にもなります。
また、発症年齢のピークは、15歳と18歳でちょうど進学あるいは就職という人生の転機を迎える時期で本人以上に家族もストレスを抱えてしまうのが実状です。

ダイエットの基本は長期計画

ダイエットを一種の医療行為であるという自覚をもち、専門家の指導のもとに行うか、または正しい知識をもって取り組みます。遊び半分で行うのは危険です。

減量は1ヶ月に1キロ以下に抑えます。3キロ減量したい場合には、計画的に3ヶ月かけて行うようにします。
適切な食事と適度な運動を主体に長期計画で行うのが基本です。

ダイエットは基礎代謝を低下させる

過激なダイエットのデメリットは摂食障害を引き起こすきっかけになるだけでなく、熱産生機能の低下と同時に基礎代謝量も減少するのです。

つまり、大切な内臓や筋肉が減っていく割には、体重は減らなくなります。
ダイエットの基本は無駄な脂肪を落とすことですが、これでは健康を害して当然なのです。
ダイエットをすればするほど脂質がたまる、ということも頭に入れておきましょう。