冷え性のタイプと根本原因にせまる」カテゴリーアーカイブ

冷え性 ストレス 対策 を万全にすると冷え性にならない

冷え性 ストレス 対策 を万全にすると冷え性になりません。ストレスを解消するには、「緩める」と「温める」が大切です。 まず「緩める」のは、筋肉と脳です。

冷え性 ストレス 対策 自律神経や心臓、血管までもに影響を及ぼすストレス。ストレスに強ければ冷え症にならないのでしょうか?

冷え性 ストレス 対策

冷え性 ストレス 対策

ストレスを解消するには、「緩める」と「温める」が大切です。 まず「緩める」のは、筋肉と脳です。
筋肉は手足の筋肉を中心にお風呂上りや寝る前などに、ストレッチを行うことが大切です。 例えば、手首のストレッチでは手の曲げ伸ばしを1日5回程度行いましょう。

リンク:コリをほぐす

冷え性 ストレス 対策 で冷えを撃退 ストレスを受けると身体防衛機能が働く

ストレスという言葉をはじめて使ったカナダの生理学者ハンス・セリエはストレスを次のように定義しています。
『ストレスとは、有害な刺激携帯(ストレッサー)に対する身体的防衛である』
人体は怒り、悲しみ、苦痛などの精神的ストレスを受けると、体を防衛するために総力をあげて働きます。そうした体への負担が一時的なものであればむしろ能力発揮のためによい刺激となります。

過度なストレスと継続が体に負担をかける

ストレス社会と言われる現代、企業へのストレスチェック制度の導入を行うなど、国としても積極的にメンタルへルス対策を行っています。
ストレスが長期に及ぶとさまざまな症状が身体に現れますので、仕事や日常生活に悪影響が出てくる可能性があります。さらに、ストレスは大きな病気の誘引や発病にもつながります。

しかし、ストレスが過重でしかも継続し、体の無理が必要とされ期間が長いと、当然からだの各部位には大変な負担がかかってきます。

そうした無理が限度を越えてしまったときに体は様々な形でシグナルを送ります。冷えもそのシグナルの1つといっていいでしょう。

冷え症の大きな要因は、ストレスによって自律神経のバランスが乱れ、体温調節機能が正常に機能しなくなるからですが、それだけではありません。細胞内で心臓や血管をコントロールしているβ受容体という物質もまた、非常にストレスを影響を受けやすいのです。

ストレスは五臓六腑にダメージを与える

ストレスは自律神経を乱し、体温調節機能や血液循環にも悪い影響を与えるのです。これでは体が冷えるのも当然です。
東洋医学ではストレスは「五臓六腑にダメージを与える」とストレートに表現します。

ストレスに強ければ

逆にストレスに対して強い場合はどうでしょう?それだけ、体が冷えにくい条件を備えているといえます。同じストレスにあってもそれに対して全く動じない人もいます。
受け止め方によってストレスはよいものにも悪いものにもなるのです。

セルフコントロール

診療内科では、対処療法を行うと同時に、その症状の背景にある、様々なストレスに対するケアをします。
カウンセリング、認知療法、自律訓練法などがそれです。
しかし、その前にセルフコントロールが可能な場合もあります。そのときのポイントとしたいのがセルフチェック項目です。

ストレスはどのタイプ

■ 肉体的ストレス(物理的ストレス)

ストレスは、自律神経系、内分泌系(ホルモン)、免疫系などを介して、身体の反応として現れます。もし、ストレスが慢性的に、強く作用しつづけると、これらの反応が持続することとなり、身体の各部に器質的あるいは機能的な障害を引き起こします。このような状態を心身症と呼んでいます。心身症には、頭痛、高血圧、狭心症、消化性潰瘍、過敏性腸症候群、高血糖・糖尿病、気管支喘息、関節リウマチ、甲状腺機能亢進症(バセドウ氏病)、皮膚炎などがあります。

  • 病気・けが
  • 継続する寝不足
  • 体力以上のハードワーク

■ 精神的ストレス

  • 仕事や家族での人間関係
  • 自分の能力や性格と社会の折り合い
  • 自分の欲望(金銭欲、物欲)と表現性

■環境的ストレス

  • 暑さ、寒さ
  • 明暗
  • 騒音
  • 空気

冷えのタイプと根本原因

現代人のストレス

過剰なダイエットで内臓機能が停止してしまう

体の冷え対策のためには 過剰なダイエットで内臓機能が停止してしまう リスクをかんがえなければいけません。ダイエットのしすぎは NG です。特に低血圧体質の人はダイエットを行うとすぐに冷え症状があらわれます。

女性は過激なダイエットなどをすると、婦人科内科に顕著に現れます。体重が 50 kg の人が 5 kg 体重を減らすと、ホルモン分泌が異常となり月経不順になります。体重の 2 割にあたる10kg 減量すると、月経は完全に停止してしまうのです。

ダイエットが冷え症をはじめ、深刻な病気にまで発展することも。拒食症・過食症などの摂食障害について 過剰なダイエットで内臓機能が停止してしまう

過剰なダイエットで内臓機能が停止してしまう

過剰なダイエットで内臓機能が停止してしまう

過剰なダイエットで内臓機能が停止してしまう ダイエットと摂食障害

低血圧や貧血は冷え症、便秘の大きな要因になりますが、ダイエットなどによる慢性的な栄養失調によるものと考えられています。しかし、ダイエットは低血圧や貧血だけでなく、さらに深刻な病を引き起こすことがあります。

最近、ますます増えている過食症(神経性大食症)、拒食症(神経性食思不振症)などの摂食障害です。とくに、問題なのは、ダイエットがきっかけになっていることです。

  • 過食症 精神的なストレスを解消するためにひっきりなしに食べるのが過食症であり、男性よりも、女性に多くみられます。肥満でで紹介した神経症による過食もそのひとですが、強いやせ願望が原因となる神経性食欲不振症の反発が異常な大食となってあらわれるケースもあります。
  • 拒食症 思春期前後の女性に多く、拒食症ともいいます。精神的な原因で食欲を失ったり、肥満を異常に恐れて極端なダイエット(節食と断食)を繰り返します。

最初は、気軽に「もう少し痩せたい、キレイになりたい」だったのがどんどん過激になっていき、急激に減量して、食事を受け付けなくなってしまうというケースです。いつのまにか神経内科 や精神科 にかからないと治らないところまで行ってしまいます。過食症や拒食症が異常だと感じずにとにかく突き進んでしまう病気なので周囲で気づいてあげることが早い治療へのきっかけです。

冷え症にとどまらず内臓機能の障害も

ダイエットなどが原因で拒食症になってしまった若い人の中には、ゲームのような感覚でダイエットをはじめてしまったように見受けられます。

年齢は、15~20歳で体がまだまだ成長しなくてはならない大切な時期に多いのも特徴となっています。気軽にはじめたはずのダイエットも過激度を競うかのようにエスカレートして、ついに拒食症になってしまうのです。

こうなってしまうとダイエットも、危険と紙一重なのです。
食事をしない、ということは人体に必要な栄養補給がストップするということで、当然に心臓、肝臓、腎臓などの内臓機能に様々な障害が現れます。

5キロ体重が減少すると、月経不順、10キロで月経が止まる

女性は過激なダイエットなどをすると、婦人科内科に顕著に現れます。体重が 50 kg の人が 5 kg 体重を減らすと、ホルモン分泌が異常となり月経不順になります。体重の 2 割にあたる10kg 減量すると、月経は完全に停止してしまうのです。

こうした場合、壊れてしまったホルモン分泌機能の回復には時間がかかります。
過食症の場合でも、体重は正常範囲なのに、必要以上に体重のことが気になり、過食と故意に自分で吐くことの繰り返しから、極端な栄養障害を起こし、拒食症の場合と同様に内臓やホルモンの障害を引き起こすと考えられます。

摂食障害の患者さんは、20歳前後が多く、全体の20%にもなります。
また、発症年齢のピークは、15歳と18歳でちょうど進学あるいは就職という人生の転機を迎える時期で本人以上に家族もストレスを抱えてしまうのが実状です。

ダイエットの基本は長期計画

ダイエットを一種の医療行為であるという自覚をもち、専門家の指導のもとに行うか、または正しい知識をもって取り組みます。遊び半分で行うのは危険です。食事量を減らさずに筋トレなどで体重を減らしていくことが理想です。

減量は 1 ヶ月に 1 kg以下に抑えます。3 kg 減量したい場合には、計画的に 3 ヶ月かけて行うようにします。
適切な食事と適度な運動を主体に長期計画で行うのが基本です。

ダイエットは基礎代謝を低下させる

過激なダイエットのデメリットは摂食障害を引き起こすきっかけになるだけでなく、熱産生機能の低下と同時に基礎代謝量も減少するのです。

つまり、大切な内臓や筋肉が減っていく割には、体重は減らなくなります。
ダイエットの基本は無駄な脂肪を落とすことですが、これでは健康を害して当然なのです。
ダイエットをすればするほど脂質がたまる、ということも頭に入れておきましょう。

切り干し大根茶で頑固な便秘を解消し、ダイエットにも成功(1ヶ月で8kgも!)
切り干し大根茶 は、鹿児島県産ダイコンを使用した切干ダイコンを桜島溶岩プレートを使って焙煎しました。大根の苦味や辛味もなく、クセのないほんのり甘いお茶です

冷え性のタイプと根本原因にせまる

冷え症の人は便秘と下痢を繰り返す

冷え症の人は便秘と下痢を繰り返す とはどういうことでしょうか?冷えは、便秘になる方が半数、下痢になる方が半数、両方を繰り返してしまう人が残りの数という割合いです。

冷え症の人は便秘と下痢を繰り返す 消化機能は冷えのダメージをすぐに受けます。それが冷え症の人に多い慢性の便秘・下痢です。冷え症がしっかり改善されると便秘・下痢は改善されていきます

冷え症の人は便秘と下痢を繰り返す

冷え症の人は便秘と下痢を繰り返す

便秘も下痢も冷えによる消化器官の機能低下が原因

冷たい物の飲み過ぎ、食べ過ぎ、寝冷えなどは下痢になる原因です。胃腸の場合は、冷えによる機能低下がすぐに下痢や便秘といった形で現れやすいのです。
アイスクリームやかき氷などの冷たいものを食べて下痢になったことを経験したことがある人は多いはずです。

冷え症の人は、胃腸の機能低下を招く「冷え」が慢性化してしまっているために、たいてい便秘、下痢、あるいはその両方を交互に繰り返すことが多いようです。

便秘のときは便秘薬、下痢のときは下痢止めを使っていると治りも悪くなります。

冬に便秘が起こる原因は冬独特の過ごし方に原因があります。冬独特の、動かない生活が便秘になることが分かりました。しかし、この生活がなぜ便秘を引き起こすのでしょうか。冬に便秘が増えるのは次の3つが原因です。

・身体が冷える

冬は東京でも最高気温が10℃を下回る日も少なくありません。寒くて身体が冷えたままだと血管が収縮してしまいます。血の巡りが悪くなることで、腸のぜん動運動も鈍くなり、便秘に陥りやすいのです。

・水分が足りない

夏は暑く、すぐに水分補給をしますよね。それに対し、冬は汗をあまりかかないため、水分が失われる感覚は薄れ、水分補給も自然と遠のいてしまいます。加えて、寒さでトイレが近くなったり、空気が乾燥していて体内の水分が飛んでしまうことがあります。身体の中は知らず知らずにカラカラになっているのです。すると腸の水分も減ってしまい、便が固まってしまいます。

・腸が活動を始めてくれない

冬は寒くてなかなか布団から出られないですよね。朝ごはんを食べる時間を削る方もいるのではないでしょうか。しかし、朝ごはんを食べない生活をしていると便秘になる可能性が高まります。眠っている間に休んでいた胃腸は、朝食を食べることで動き出します。朝食を抜いてしまうと、腸が動かないまま時間が過ぎ、便意を感じにくくなってしまうのです。

一方、胃腸での消化吸収が悪くなると、栄養が全身に行き渡らず、自律神経の働きも鈍くなります。そして胃腸は、他の内臓と同様に自律神経のコントロール下にあるので、さらに機能低下するという悪循環に陥るのです。
このように、冷え症と便秘・下痢症は非常に深い関係にあるのです。

冷えが改善されると便秘・下痢も改善される

冷え症が改善されると、慢性の下痢や便秘の症状は改善されていきます。便秘の改善には、食物繊維を多くとる、十分な睡眠、規則正しい生活、適度な運動、適度な水分摂取などがが指摘されています。

ただしここで、冷え症体質なのに、冷たいミネラルウォーター をガブ飲みしたり、冷たいヨーグルトを一生懸命食べても、冷えを助長させるだけで効果がでない、もしくは便秘や下痢をさらに悪化させてしまうことになるのです。

このように冷えによる便秘の場合、腸の温度をあげることが一番ですから、運動などが効果を発揮します。また、お風呂にしっかり入り温める、などもいいでしょう。体を温める効果のある食事もいいでしょう。

冷えを取り除くために、足腰を動かすなどが効果をすぐに実感できます。
内臓と同じように、筋肉も大量の熱を生み出す組織です。ことに下半身には、全身の筋肉の7~8割近くが集中していますから、この下半身の筋肉を鍛え、機能を高めることで、体の熱生産性は非常に高まるほか、血液循環も改善されます。

もちろん、下半身が冷えないように温かい下着や靴下をつけることも結果、便秘や下痢の防止策になります。

ひとくちメモ

排便の70%は水分
成人の1日の排便量は、約100~300g。約7割の水分と、吸収されなかった食物のかす、腸内細菌、消化液、消化管の粘膜がはがれたものなどが含まれています。

便秘をするとうさぎの糞のようなコロコロうんちになりますが、これは排泄されなかった便から大腸の水分、その他を再吸収するためです。

女性に便秘が多い理由
口から食べた食物は、口→胃→腸と体内をおよそ1日~1日半かけて9mもの長さを通って、最後にS状結腸→直腸に達して便となり、排泄されます。女性の体はこのS状結腸→直腸のあたりに子宮や卵巣があるため、腸が圧迫されてしまうのです。
また、どうしても冷え性の人が多く腸への血流が悪いことも影響します。

体温が低いとガン細胞が活発化してしまう