療術や遠赤外線」カテゴリーアーカイブ

ファッションが冷え症を助長している

ファッションが冷え症を助長している のは自分でもわかっている、または自覚している人も多いでしょう。
真冬でもおへそだした流行のファッションを身にまとっている若い人が多数いますね。しかし、冷えのおかげで 生理痛 や 生理不順 悩まされているケースも多々あります。冷えは多くの体の不調を招きます。

ファッションと冷え症 ファッションが冷え症を助長している

ファッションが冷え症を助長している

美味しい物を食べ、美しく着飾ることは食欲・性欲の両本能とはまた別の、強力な欲望で、日常生活での大きな行動目標となります。文化といわれるものは、この欲望がつくりだしたものでもあります。

最新のファッションで身をまとうのは女性であれば誰でも嬉しいものです。自分に似合うファッションを見つけたときもとても嬉しいものですし、また素敵な洋服で自分のサイズに合ったものを見つけたときは嬉しいものです。

服飾に関して言えば、現代日本では、その欲望に焦点を合わせて、アパレル業界が毎年デザインを変え、次々と流行をつくり、使い捨てを前提にした消費文化の拡大をはかっています。

流行というのは、メディアとファッション業界がつくりあげているというようなことも聞こえてきますが、そんな流行ファッションも冷えとは無関係です。

このファッションの変化にはワクワクするような楽しさがありますが、そのつけが女性の身体の「冷え」につながることを知ると、手放しで喜んではいられません。

かわいい洋服はとても気分のいいものですが、体調を崩すまでの冷えにつながるファッションについてはしっかり判断してそれを選ぶか?選ばないかを決めなければいけません。冷えるファッションの時には、1枚羽織るものを身につけるなどがとても大切です。

冷えとりファッションの基本は「頭寒足熱」です。お腹が冷えているなら足をしっかり保温するということです。上半身は寒くても下半身はほかほかするように考えます。

特に冷える冬の間は、膝から下、背中の下部も温保温します
頭、首、手首は一年中涼しく風通しをよくするようにすると、ほてりを防ぐことができます。

靴下は 靴下の重ね履き がおすすめです。最近はごわつかない靴下になっているので冷えるファッションのときはこうした靴下を履きましょう。

和服と日本の風土

日本人は、民族衣装ともいうべき和服に、永年にわたり親しんできました。和服には、日本の冷えやすい風土に対応した工夫が施されています。

木綿や絹の自然素材、紺系統を中心にした色合い、汗をよく吸うガーゼの肌着、体内毒素を放出しやすいように、肛門やお尻の周囲には下着をつけない習慣、足首まで覆う長い裾、夏足袋、気温の変化に応じた重ね着、和服は保温と排泄には、まことに合理的にデザインされ、日本の環境に適した服装です。

洋服は冷えやすい

洋服は、和服にくらべて活動的で、それは同時に封建的な抑圧から女性を解放させました。そうした意義を承知しながらも、健康という観点から、洋服については不満を抱いています。

なによりも、洋服の構造からいって、下半身とくに足元からの冷えが気になります。冷えは足元から体内に入るためです。

化学繊維は冷えをつくる

次に素材の問題です。人間は何千年も前から、毛布や木綿や羊毛、麻、絹といった天然の素材を衣服に利用してきました。最近になって、ナイロン、アクリル、ポリエステルなどの新素材が登場し、盛んに利用されています。

化学(合成)繊維を素材とした衣服を着用して、パチパチ音をたてて静電気が起きるのを経験した方も多いと思います。化学繊維は空気の正常なイオン現象を変化させるため、生体エネルギーを消耗させます。そのために、冷えをもたらし皮膚刺激の原因となります。

化学繊維は、また、発熱効果は持続しないどころか、汗を吸う際に、肌に必要な水分まで奪ってしまい、冷え性改善効果より、乾燥を招く危険の方が大きくなると言われています。

何より化学繊維は、身体からでる汗や毒素を吸収してくれないため、新陳代謝を妨げ、血行を悪くしてしまうので、冷え性の原因にもなります。おしゃれなファッションも素材をよく見て購入することが大切です。

赤はホルモン分泌を活発にする

白っぽい色やピンク系を好む人は、貧血タイプに多く、青や緑を好む人は働き者、茶系統も比較的健康です。

黒や地味な色を好む人は、胃が弱く腰の冷える人に多いものです。冷えのある人は、暖色系や明るい色を着るようにするといいでしょう。とくに赤はホルモンが活発に働いて燃える色で、ホルモン分泌を盛んにします。

こんなファッションは冷え症に最悪

食べ物 「 陰 」 「 陽 」

食べ物 「 陰 」 「 陽 」 というのを聞いたことがありますか? 冷え改善の食事療法を行うにはこの 陰 陽 のポイントがとても重要です。身体の冷えをとるには、陽性食品を多くとり、陰性食品を控えるのが大原則です。陽性食品 陰性食品についてはこちら。

大根おろし が胃によい作用をもたらすからと毎日食べていたら冷えタイプの人はさらに冷えが悪化するでしょう。自分の体質に合った 食べ物 「 陰 」 「 陽 」 を上手に食べ分けることが重要です。栄養やカロリーだけで決めては 冷え をさらに悪化させてしまうこともあります。

食事療法の基本

食べ物 「 陰 」 「 陽 」

食物には、分析してわかる栄養素や計算できるカロリー意外に微量の未知の成分や食物そのもののもつ ( 食性 ) があります。

漢方では、患者の症状、体質、病気にあわせた食事メニューを用意します。その食事で治療することがあり、これを食事療法といいます。食事療法の基本的な考え方は、食物の様々な要素を、総合して身体に働きかけようとする物です。

食べ物 「 陰 」 「 陽 」 天然醸造酢 は身体を冷やしてしまう 陰 食品

どんなにすぐれた食品でも、人によっては合わない場合もあります。調理の仕方や食べ方によっても、良かったり悪かったりします。

たとえば、冷たい 生水 や ビタミンC が多いといわれる 生野菜 、 大根おろし などは、身体を冷やす作用がありますから、 陽性タイプ の方には適しますが 陰性タイプ の方には向きません。むしろ逆効果になって体の不調を招くことさえあります。

流行の天然醸造酢にしても、これは身体を冷やす働きがありますから、やせ型の人がとりすぎると内臓下垂の原因となります。

体にいいと思って毎日摂っていたら逆効果ということもしっかり理解しなければいけません。自分の体質に合っている 合っていない ものがあるということです。また、冷えタイプの人でもお酢を毎日少量ずつ摂るのなら問題ありません。

お酢のランキング はこちら

レバー はスタミナ食で興奮作用があるので陰性の人には向きますが、神経質タイプの人は避けたほうがいいでしょう。

薬も食べ物も、口から入るものは、共に身体に対して薬理作用をもちますから、漢方では「医食同源」をとなえ、普段から食物に気をつけることが大切です。

食事療法が第一歩

食事療法は、漢方治療の第一歩です。好んで食べるべき食品、なるべく控えたい食品を、食性によって病名別、体質別に分類してあります。

「身体の冷え」をとるためには、この食事療法の原則を守らないと、とれるはずの「冷え」もとれないことになってしまいます。ますます冷えを悪化させてしまうこともあります。

それから大切なこととして食べ物は良いからといって一度にたくさん食べるのではなく毎日少量ずつ忘れずに食べることです。
1 食ごとのバランスを考えて食べないと、食事療法のホントの効果は発揮できません。

冷え性の人の食生活の特徴

「冷え」をとるための食事療法の基本は三大栄養素では、たんぱく質、ミネラルではカルシウムを多くとることです。たんぱく質は植物性を中心に動物性たんぱく質もバランスよく摂取します。

お腹に冷えがあると、お腹が張ったり、気分がさえなかったりと食欲も減退しがちです。また、朝食を抜いたり、昼食はお菓子やケーキですましてしまったり、食事の時も食べる量も不規則になったりします。胃腸は、一定の規則的リズムで動いているときが最も快調なのです。自律神経と非常に連動しています。決まった時間に起床して決まった時間に朝食をとる、こんな生活がとても重要です。

ですから、胃腸に多少の不快症状があっても3度の食事はきちんととることが大切です。若い女性がサラダなどしか食べないダイエットを行っている風景をみますが、身体を冷やす生野菜や果物を美容食と称してとるため冷えがさらにひどくなります。体が冷えれば痩せるどころか水分を排泄できずにむくんでしまいます。

よく噛むこと

よく噛む ことの重要性はこちらでも紹介しました。これとは別に加工されて歯ごたえのない噛まずに食べられる食品が多くなりました。食べ物をよく噛むということは、唾液の分泌をよくして消化を助けるだけでなく唾液に含まれるパロチンなどのホルモンが、身体に活力を与えてくれます。

パロチンは、耳下腺から分泌される唾液腺ホルモンの一種で,脂質を含むポリペプチドです。 緒方知三郎らによって発見され,骨と歯牙の石灰沈着および骨端軟骨の増殖を促す因子です。

また、よく噛むことで顔の筋肉が動き、しまりのあるキリットとした表情をつくってくれます。不安定な自律神経を安定化させるためにはよく噛むことで脳への血流が増すのでとても効果的です。

塩も炒る

身体の冷えをとるには、陽性食品を多くとり、陰性食品を控えるのが大原則です。冷えをとる食事の基本は、口から入れるものは、火を通したもので、体温より高い温度のものです。
塩は天然塩に火を通して、狐色になた炒り塩を料理に使うといいでしょう。炒り塩には、冷えの原因となる水毒をとる働きがあります。温食効果 はこちらです。

今、すぐに余分な水分を排出する8つの方法 5症例の紹介(水毒改善例)

関節を伸ばすことで血流改善

関節を伸ばすことで血流改善 3人に2人が 「肩こり 」。 女性30~50代は約 8 割の人が肩こりに悩まされています。

人間は二足歩行をするために、もともと首や腰に負担がかかりやすい体をしています。 首から肩にかけての筋肉が姿勢を保つために緊張し、血行が悪くなって、重く感じるのが肩こりです。 肩こりを引き起こす主な要因としては、筋肉疲労と血行不良、末梢神経の傷などが挙げられます。

日本人に多い肩こり

関節を伸ばすことで血流改善

日本人特有の不定愁訴の定番は 「 肩こり 」 です。肩こり は、首から肩にかけて何層にも重なった筋肉が収縮(凝り)することにより起こる症状です。

狭い国土に住み、盆栽を愛し、枯山水を楽しむ日本人の 「 縮指向 」 の現れが 肩こり だとも言えます。冷えと肩こりは、日頃から日本人が訴えることの多い症状です。

凝りが冷えを誘発

この傾向に拍車をかけているのが、姿勢の悪さ(猫背、足組み)や脊柱の曲がりといった体型のゆがみです。筋肉のこりと身体の冷えとの間には、因果関係があります。身体の冷えは血液やリンパ液の循環障害によって起きます。
この循環障害を阻害する原因の一つに筋肉の凝り、骨格および関節のゆがみ、横隔膜の可動不足などがあります。

こり には療術がいい

筋肉の 凝り をとり骨格の歪みを正す方法を習得するために、いわゆる民間療法として各地でブームになっている療術行為の実践研究があります。

そして、この分野に入ってみて、腰痛症、肩こり、座骨神経痛などの悩みをもった人の多いことに驚きました。と…同時に現代医学では、治りにくいといわれているこれらの症状が療術行為で容易に治ることおよびその原因が姿勢の悪さとストレスにあることを知りました。

二千年もの歴史をもつ療術

療術行為は、基本的に手技による疾病治療を目的に発生したものです。手で病気を治すことは、二千年も前から行われて、伝えられてきました。いわば、医学・医療発展の根といっても過言ではありません。
療術行為も、現在では手技行為として操体法、均整法、カイロプラクティクがあり、科学技術を応用した電気、光線、温熱の各刺激を応用した療法もあります。治療分野は広範囲ですが、民間療法ですので、医療法に基づく制度もなく、現段階では、玉石混交の感がなきしにもあらずです。

凝りは局所の冷え

身体の冷えをとるには、筋肉のこりと骨格の歪みをとらなければなりません。筋肉の凝っている所を押してみると、固くなっていて筋張ったりしています。

筋肉は非常に細い筋繊維の集合体ですから、1本1本の筋繊維がこわばってくると、互いに圧迫しあって固くなり、凝りの症状となります。すると、筋繊維の中を通っている血管や神経も圧迫されるので、血液の循環も悪くなり、痛みも出てきます。凝りはうっ血、つまり血液の流が悪くなった「局所的な冷え」の状態ということができます。

凝り・歪み・冷え

また、骨格は筋肉によって支えられていますから、筋肉の凝りによって骨格の歪みも生まれてきます。丸めた背中や姿勢の悪さは、縮み指向の第一歩であり、冷え」を誘発するものと自覚してください。
少なくとも1日1回は体の歪みをとり、四肢の関節を伸ばす体操や腹式呼吸などの習慣をつけるようにすれば筋肉の凝りはほぐれ、血液やリンパ液の流れはスムーズになって心と体の冷えを防ぐことができます。