未分類」カテゴリーアーカイブ

生命 の 命 の 基本 は 太陽 空気 水

生命 の 命 の 基本 は 太陽 空気 水 ですが、地球上の生物にとって、太陽と空気と水は生命を維持するための最低の基本条件です。食べ物は、この3つがあれば不随していますから基本条件からは外れますが、軽視できない不随条件のひとつです。

自然の恵み

生命 の 命 の 基本 は 太陽 空気 水

生命 の 命 の 基本 は 太陽 空気 水

地球上の生物にとって、太陽と空気と水は生命を維持するための最低の基本条件です。食べ物は、この3つがあれば不随していますから基本条件からは外れますが、軽視できない不随条件のひとつです。

人間は、この偉大な自然の恵みをほとんど意識せず、まして感謝の念なども意識せず、ひたすら恩恵に浴しています。

かえって古代人の方が、この自然の恵みを意識し、感謝していました。エジプト、ギリシャ、インド、メソポタミアなど古代文明の栄えた地域では、太陽は神として崇められていました。

エネルギー

地球上の全エネルギーの究極の発生源は太陽です。原始の生命の誕生にも、太陽エネルギーが大きく関係しています。また、生命は水の中から発生したといわれます。水は地球上の全生物の主な構成成分であり、生命活動に大切な役割を果たしています。
そして大気中には、体内で必要とする酸素や炭素があるほか、体調を整えるといわれるイオンなどが、含まれています。

陰陽論はサイクル論

地球上の生態系は、太陽エネルギーを中心に実に巧なサイクルをつくり、それぞれの生命を維持しています。

東洋思想の、有生無(有から無を生ず)無性有(無から有を生ず)の陰陽論は、現代的に考えればサイクルの理論、バランスの理論にあたります。

二つのサイクル

サイクルを具体的に見れば、まず植物は緑滴る葉っぱで太陽光線をうけて、炭酸ガスと水から光合成によって有機物(生きた組織=糖)をつくり、酸素を放出します。

動物は、植物を食べ、糖と酸素をエネルギー源にして炭酸ガスを食べ、糖と酸素をエネルギー源にして炭酸ガスを放出します。そして、動物・植物とも死滅すれば土壌となり植物の肥料として役立つことになります。

これは生命のサイクルで生態系ともいわれます。地上や海の水は、太陽エネルギーによって蒸発して雲となります。雲は飴となって再び地上に降り注ぎ、生命に必要な水を補給し再び蒸発してとサイクルを繰り返しています。ふたつのサイクルを支えているのが太陽エネルギーです。

サイクルの乱れる気配

計算によると、地球上の植物は、1年間で大気中の炭酸ガスを全て酸素に変えています。しかし森林を伐採して緑が減少し、工場や車から排気ガスを放出し、フロンガスによって大気圏に異常をもたらした結果、かつてない大気汚染が進行するようになりました。

マイナスイオン

イオンについていえば、マイナスイオンが多いほど気分は快適です。イオンは電気を帯びた1ミリの千分の一ほどの物質で、血液中にもとけ込んでいます。

大気が汚染されると体内や空気中にプラス・イオンが増え、頭痛、イライラ、不定愁訴の原因となります。雷雨の通過後は、気分がスーッとしますが雷の電気のせいで空気中にマイナスイオンが増加するためです。

腸は第二の脳 じつは脳よりも優れている

腸は第二の脳 という言葉は聞いた事がある人が多いはずです。それほど緻密な臓器ということをいいたいのですが、じつは脳よりも優れています。

腸は第二の脳

腸は第二の脳

こちらでは ミミズ の生体について紹介しました。 ミミズ 同様に優秀なのは サナダムシ です。
ミミズ と サナダムシ のいちばんの違いがどこにあるかをご存じでしょうか。

ミミズ には脳がないのに、 サナダムシ にはちっちやな脳があるのです。 サナダムシ は 腹側神経系動物 では、初めて脳を持った生き物です。

脳を持った腹側神経系動物は、その後、 イカ や タコ 、節足動物などに進化していきます。一方、背側神経系動物では  ナメクジウオ や ホヤ などの尾索類あたりから神経管が出現し、それが脊椎動物の管状神経系、すなわち脳へと発展していきます。

そして、脳を持った脊椎動物は、魚額、両生類、爬虫類、鳥類、哺乳類へと進化を遂げ、わたしたち人類は大脳皮質が発達した高性能の脳を持つに至ったわけです。

ここでは 腸 と 脳 の関係性について紹介したいと思います。進化をさかのぼればわかるように、 腸 は 脳 よりもずっと先にできています。

まずは 腸 ありき。生き物は気の遠くなるような長い年月をほとんど腸だけの姿で過ごしてきました。

先ほど ミミズ の例でも挙げたように、考えたり、判断したりといったことを腸がすべてやってくれるから、脳がなくてもそう困ることはなかったわけです。

では、なぜ脳が現れたのか。多くの研究者は、脳は「食べる」ために生まれたのだと指摘しています。腸はなるべく効率よくエサを得てエネルギーを取り込んでいかなくてはなリません。

それで、そのための「作戦室」を必要としたのです。つまり、それが脳。脳は、もともとは腸が自分の生存をより有利に運ぶために備えつけた器官であったわけです。

だから、本来、 脳 は 腸 の配下 にあった存在なのです。ところが、脳はどんどん発達して大きな顔するようになり、いまではすべての決定権が自分にあるかのような態度をとっています。

腸からすれば、もともと自分の下請け会社だった存在が急速に発展して、いまでは自分以上の大会社となって自分を差し置いて指揮を振るっているような感じなのかもしれません。

それに、よく「腸は第二の脳」といったいわれ方をされていますが、これ腸からすればかなり不本意なはずです。

腸 にとっては、 脳 ははるか遅れてやってきた新参者に過ぎません。その脳が「第一 で、大先輩の自分が「第二」というのは、納得いかない急があるのではないでしょうか。

もっとも、 腸 こそが人間の第一思考器官だと考えている専門科も多いです。まあ、いささか腸の方をひいきしているところはありますが、大まじめに「脳より脳の方がかしこい」と考えている、消化器の専門科はたくさんいます。その理由は次のとおりです。

腸は第二の脳 腸は、脳にはできない判断ができる

見た目は普通なのに、食中毒菌が混入した食べ物があったとします。脳は、それを口に入れろという判断を下すことでしょう。

でも、腸は、食中毒菌が入ると、「これは体内に入れてはいけない!」という判断を下して拒絶します。安全ではないものが入ってくると、嘔吐や下痢を起こして体外へ出そうとするのです。

つまり、脳は口に入れるものが安全かどうかを判断することができませんが、腸はそれが判断できるということになります。

腸は、脳の措図を受けなくても動く

体はだいたい脳の指令を受けて動いていますが、 腸 は違います。 脳 の指図を受けることなく、独自の判断で動いているのです。たとえ、脳死になったとしても、腸はひとりで機能し続けることができます。しかし、腸が完全に死んでしまうと、脳の働きも完全にストップしてしまうことになります。

腸には、脳に匹敵する神経細胞ネットワークがある

人間の腸内には、約1億個の神経細胞があり、網目状の神経ネットワークを築いています。神経細胞の数こそ脳に及びませんが、腸内の神経ネットワークにおいて思考や情動に影響をもたらす多くの情報がやり取りされているのです。

人間の心のベースは腸内で生み出されていると見ています。そして、その形成に大きな働きをしているのは、おそらく 腸内細菌 です。今後研究が進めば、 腸 と心の関わりがよりいっそう明らかになってくるのではないでしょうか。

腸は、幸せな感情を生み出している

腸は セロトニン や ドーパミン などの幸せ物質のもとを生産しています。こうした物質が腸内でたくさんつくられていれば、その人の心は明るくポジティブで、幸せ感に満ちたものになります。

逆に、腸内でその物質の生産が少ないと、その人の心は暗く ネガティブ になってしまいます。これにより、うつ病などの心の病気になってしまうことも少なくありません。すなわち、心の健康のカギは腸が握っているといっていいのです。

腸 は、ウソをつかない

脳は、見栄っ張りのうぬぼれやです。真実をねじ曲げて、偏見に満ちたものの見方をすることもあります。

腸はウソなどつきませんしつかり分類整理して、実直にまじめを貫き通します。 腸 は、少々堅物過ぎるくらいの正直者なのです。

腸 は、欲に溺れない

脳 は、意志薄弱で目先の欲望にとらわれがちです。ついついポテトチップスをひと袋空けてしまったり、満腹なのにお寿司をもうひと皿食べてしまったりするのがいい例です。

しかし、 腸 はそんなことはありません。食べ物も含めて日々を生きていけるだけのものがあれば、それで満足。常に謙虚であり、分を超えて欲琴ることがないのです。

腸 は、体のことを第-に考えている

脳は、お調子者の遊び人。時にはハメをはずすこともあります。食べ過ぎたり、飲み過ぎたり、たばこを吸ったり、生活を乱してしまったり…

体によくないことをするのもしょっちゆうです。でも、腸はいたって体思い。体によくないことが続くと、すぐに便秘や下痢などで不調を訴えます。心身が弱ってしまうことは、腸内細菌にとっても都合の悪いこと。だから、 腸 はいつも体のことを第-に考えて、もくもくと仕事に励んでいるのです。

「脳よりも腸のほうがかしこい」と思えてくるのではありませんか。とにかく、 腸 もいろいろ考えているのです。

もちろん、哲学的な問題を考えたり、難しい計算をしたり、言葉や文章で何かを表現したりする知能は 腸 にはありません。そういった学校で勉強するような能力では、到底脳に及ばないのはあきらかです。しかし、日々の生活に根差した「どう生きるか」「どちらを選ぶか」という部分では、脳よりも勝のはうがかしこい選択をすることが多いと思うのです。少なくとも「より健やかに生きていくための知恵」という点では、脳の判断よりも腸の判断に従うほうが利口なのではないでしょうか。

腸 は、 脳 よりも何億年も前に誕生しています。 ミミズ のような形態をしていたころから、必要な生存機能がしっかり埋め込まれています。だから、腸には「生きていくには、いま何をすべきか」「生き残るためにはどっちを選ぶべきか」という本能的な知恵がインプットされているのではないでしょうか。

そして、生きていくために腸が下す判断は、脳が下す判断よりもたぶん正しいのです。私は、人の人生には、脳の考えに従うよりも、腸の考えに従ったほうがいいという局面がたくさんあると思っています。腸の考えを生かしていくことができれば、きっとわたしたちは、より長く、より健やかに生きられるようになっていくのではないでしょうか。

腸内環境( 腸内フローラ )のベストバランスは 善玉菌 3、悪玉菌 1、日和見菌 6

便秘時に イサゴール がよく効く人と オリゴ糖 が効く人の違いについて

便秘時に イサゴール がよく効く人と オリゴ糖 が効く人の違いについて です。便秘になったときに、あなたは イサゴール を選びますか?それとも オリゴ糖 を選びますか?これも 腸内フローラ によってベストな選択は変わってきます。

腸内フローラはひとりひとり違う。そのバランスで太りやすさや性格傾向までもが決まってくる

ネットの便秘解消のレビュー記事などを読んで「イサゴール」を試してみよう!と思ってイサゴールを購入してもそこに書かれていた方々のように音沙汰がないときもありますし、人から「オリゴ糖」がとてもいいよ~と言われてオリゴ糖を飲んだのに全く音沙汰がないことがありますね。

そんなときは、残念な気持ちと共に「インチキだ!」と思ってしまうこともあります。あのネットの口コミサイトがサクラばかり集めているに違いない!と思ってしまいますね。

腸内フローラにどんな「花」が咲いているのかは、人により千差万別です。腸内フローラについてはこちらです。

どういう種類の腸内細菌がどれくらいの割合で棲んでいるかはひとりひとり異なっているのです。

これは、たとえ親子であろうとも、一卵性双生児であろうとも、腸内フローラは同じにはなりません。指紋がひとりひとり異なるように、腸内フローラもひとりひとり違います。

そして、そのおおまかな組成バランスは一生涯変わりません。善玉菌や悪玉菌の増減は頻繁に起こっています。ちょっとした食事のバランスが乱れてもすぐに悪玉菌優位の腸内環境になりますし、逆に善玉菌優位の腸内環境にするには、食事だけでなく運動や、ストレスをためない生活が大切です。

しかしながら、どの種類の菌がどれくらいの割合で棲んでいるかという全体的な組成バランスは、乳児期から死ぬまでほとんど変わらないのです。

この腸内フローラの組成バランスが、その人の「個性」や「体質」に大きく関係していることがわかってきました。。いったいどういうことなのでしょうかか、

善玉菌優位の食事

善玉菌優位の食事

これは、たとえば、世の中には太りやすい体質の人もいれば、太りにくい体質の人もいます.同じものを食べていても太ってしまう人、まったく影響のない人もいます。

その体質が腸内フローラの組成バランスによって決まっていることが明らかになってきたのです。具体的にいうと、太りやすいに人にはフィルミクテス門という腸内細菌が多い傾向があり、太りにくくやせている人にはバクテロイデス門という腸内細菌が多い。

この2つはテレビメディアなどでは、「デブ菌」「ヤセ菌」などと呼ばれて注目されはじめているようです。

太りやすいか太りにくいかは、その人がおなかのなかにどんな菌を棲みつかせているかがカギだったというわけです。

また、世の中には肌が老化しやすい人も、そうでない人もいますが、これにも腸内細菌がからんでいます。

大豆を分解する際に腸内細菌がつくりだす「エクオール」という物質には、肌の老化を防いだり更年期障害の症状を防いだりする働きがあることが報告されているのです。

ただ、このエクオール産生菌を持っている人は、日本人のふたりにひとり。だから、肌の衰えやすさも、この腸内細菌を持っている人と持っていない人とでは大きく違ってくることになります。

さらに、世の中にはいろいろな性格の人がいますよね。怒りつぽい人、落ち込みやすい人、内気な人、社交的な人、頑固な人、気むずかしい人、 まさに十人十色ですが、どうやらこれにも腸内細菌が影響しているようなのです。

マウスによる実験

マウスによる実験

これにはマウスの実験がで明かになっています。カナダ・マックマスター大学のステファン・コリンズ教授が「行動的なマウス」と「臆病なマウス」の腸内細菌を互いに入れ替える実験を行ったところ、なんと、両者の行動がすっかり逆転し、性格が入れ替わってしまったのです。

この実験は、好奇心旺盛か臆病か、不安や恐怖を感じやすいか感じにくいかといった性格傾向に腸内細菌が関係している可能性を示唆しています。あくまでマウスの実験なので、人間の場合も腸内細菌を入れ替えたら性格がすっかり入れ替わるのかどうかはわかりません。

ただし、腸内には約1億個もの神経細胞があり、腸内細菌がつくり出す物質には、そうした神経細胞を刺激して感情に影響を与えるものがたくさんあることがわかっています。

また、腸内はセロトニンやドーパミンなどの脳内伝達物質のもとをつくる工場でもあり、喜怒哀楽の感情形成に大きな役割を果たしています。

こうした状況から考えれば、「人の性格は腸内細菌によってつくられている」「人の性格傾向は腸内フローラの組成バランスによって決まってくる」という推論が出てくるのは当然だと言えるでしょう。

これまでは、こうした体質や性格傾向の問題は、親から受け継いだ遺伝子によって多くが決められているものと思われていました。しかし、遺伝がすべてではなく、腸内細菌も少なからず影響をもたらしていたわけです。

人間の体質や性格はひとりひとり違います。腸内フローラもひとりひとり違います。もしかしたら、おなかのなかにどんな腸内フローラを持ち、どんな菌を棲みつかせているかによって、ひとりひとりの豊かな「個性″」がつくり出されているのかもしれないのです。

もちろん、腸内フローラがわたしたちの個性にどの程度影響を与えているのかは、まだよくわかっていません。でも、今後研究が進めば、腸内フローラがいったいわたしたちの何をどこまで決めているのかが明らかになってくることでしょう。

ひょつとしたら、腸内フローラには、自分が自分であるためのカギのようなものが眠っているのかもしれません。「自分らしさ」や「自分らしい特徴」も、腸から生まれてきているものなのかもしれません。

だとしたら、自分たちのおなかのなかに棲んでいる腸内細菌は、「もうひとりの自分」のような存在なのかもしれません。

どうやったら頑固な便秘が改善するのか?それは、たとえば、多くの銘柄のヨーグルトを食べてみて自分に合うか合わないかを知る必要があるように、人が効いたからといって自分にも効くかどうかはやってみないと分からないということです。

もちろん多くの人が効くものが確率としては高いかもしれませんが、それが効かないからといってふさぎこむ必要はないし、逆に怒ることもないのです。

ちなみに「イサゴール」は、たっぷりの水を飲むことでより効果的に効きます。イサゴールが効かないという方の調査をすると水の量が少ない方が多数いらっしゃいました。