病気の原因となる冷え・宿便」カテゴリーアーカイブ

下半身からくる冷えに注意

体のエネルギー

人間が生活していくためには、必須のエネルギーですが、この エネルギーは、細胞に取り入れられた栄養素の代謝により生成され、熱に交換して体温を保ったり、各細胞組織が独自の働きを営むための熱源となります。
人間の体内で行われる代謝(生命活動)とは連続的な化学反応であることがわかります。

酵素の活躍

酵素というのは、高分子のたんぱく質です。細胞の中には、膨大な酵素があり、ひとつの酵素は決められたひとつの仕事しかしないので、判明しているだけでも数千種類の酵素があります。
こられの酵素は、環境と温度には非常に敏感です。人間の体温が一定に保たれているのは酵素のおかげです。酵素は体温調節機能が働いているおかげで円滑に仕事をしてくれます。体内で作られるエネルギーの60~70%は体温維持のための体熱生産に使われます。

現代人の体温は低下傾向

日本人の平均体温は、腋の下で、成人が36.8~36.9度、幼少時は成人より0.5度前後高く、高齢者は低くなっている。これが従来の統計でした。ところが、最近は成人や児童の平均体温が低下する傾向にあります。
子供はアイスクリームや清涼飲料水で身体を冷やし、成人の男性はビールで体を冷やし、成人の女性はサラダや季節を無視した食材により体を冷やしています。これにより体温は低下する一方です。

冷房と運動不足

これに加えてさらに冷暖房完備の室内で長期間過ごし、運動不足の日常を送っていれば、体温低下にますます拍車をかけることになります。
エネルギーの発生が低下すれば、基礎代謝が低下します。身体の熱変換も同時に弱くなります。体温が低くなるのは、当然です。
エネルギーは体熱つくりに優位的に消費されますからエネルギー不足は体力不足を招いてしまうのです。
TVを長時間見る小学生の調査を行ったところ、平均の体温36度以下であったことも報告されています。

冷えの症状(頭~足先)

  • 頭痛
  • うつ症状
  • 肩こり
  • 血圧の異常(最低血圧が高い)
  • アレルギー性鼻炎
  • 抵抗力が弱い(風邪をひきやすい)
  • せき
  • ぜんそく
  • 気管支炎
  • 慢性皮膚病
  • アトピー性皮膚炎
  • 冷房病
  • しもやけ
  • 全身的・局所的寒冷

  • 腹部うっ血
  • 冷え性・婦人病・不妊症
  • 肥満
  • 腎臓病
  • 尿道炎
  • 勢力減退
  • 不感症
  • 神経痛
  • リウマチ
  • アレルギー性体質
  • 夜尿省

  • にきび・シミ・吹き出物
  • アレルギー肌・肌あれ
  • 口内炎・胃腸障害・内臓下垂
  • 便秘・宿便・下痢・軟便
  • 腹鳴
  • 腹部膨満
  • 痔・蕁麻疹・慢性皮膚病
  • 腰痛
  • 慢性疲労

「冷え」は足元から次第にお腹→生殖器→肺へとあがってきます。

体温分布は一様でない

人の体温は、身体の部位によって温度差がみられます。腋下で36.5度前後とすれば、脳、肝臓、腎臓、消化器では38度前後を示しています。
身体の中で一番体温が低いのが足先で冬季には31度になります。
足先に届く血液は、帰り道に腹部大動脈の延長上にたり、帰り道の静脈は、腹部大動脈の延長上にあり、帰り道の静脈は、腹部大静脈を通って、心臓に届く仕組みになっています。そのために、足先で冷えた血液は、帰り道にお腹を冷やしてしまうのです。
さらに、足から心臓へと上に向かう腹部大静脈は重力に影響されて流れにくく足先で冷えた血液が腹部でうっ血するこになります。

頭寒足熱

漢方が医療の中心であったころは、口から冷たいものを入れる機会が少なかったために、足先からくる冷えを問題にしました。
そこで足を温め、頭を冷やす方法がうまれたのです。これが頭寒足熱です。これは健康のシンボルでもあります。
冷えは足元からやってくることを証明しているわけです。
冷えは足元からやってくるkとを先人達は体験をふまえて警告してきたのです。

頭寒足熱は健康のベーシック、筋肉があれば体の体温がアップする

肥満を深刻化させる便秘と冷え

減量ポイント

女性には本能的にやせ指向があります。しかし、健康を犠牲にした「ダイエット」には美しさはありません。適度の筋肉と脂肪がバランスよく配分されていることが「美しさ」の秘訣です。真の健康美はこうした体型をいいます。
ところが、女性のもつやせ指向の中には、こういった理屈を越えて心をかりたててしまいます。そこで、この機会に減量・肥満解消のための原理、原則を示したいと思います。
まずは、“肥満とは何か?”を正確に認識することが大前提です。次に自分の生活習慣を正しく把握することです。
そうでないと、食事療法や運動療法を実施しても実のないものになるおそれがあります。

肥満とは何か

肥満とは、身体を構成する成分のうち、体脂肪が過剰に蓄積した状態をいいます。体重が多くても、肥満であるとは限りません。成人の身体を構成する成分は、普通体重の7割弱が水分、残りは脂肪とたんぱく質で、この他に少量の糖質とミネラルがあります。
よく水太り、かた太り、脂肪太りといいますが、西洋以外では体脂肪が異常に増えた場合のみをを肥満といい、かた太りは、筋肉質、水太りはむくみと呼び、肥満とは区別しています。若いころからの大食の食習慣から抜けられない人、出産・育児の激務から開放された人、デスクワークばかりの仕事をしている人、中年太りの多くは、運動不足に起因しています。

運動が大切

人間の体はいったん太ってしまうとそれを維持しようとしてしまうので食事量を減らしただけではなかなか体重が減りません。
運動を脂肪を蓄えやすい代謝状態を除々に治す効果がありますのでダイエットには運動療法を欠かせないのです。

ダイエットの秘訣

多くのダイエット法が流布しており、情報も溢れんばかりですが、基本は「入れる、出す」のバランスです。こうしたダイエットを行うと美しい体型にする本来の本質的なダイエットをすることができます。
肥満に見られる高血圧、動脈硬化、脳血管障害、糖尿病、高脂血症、脂肪肝、胆石症、痛風、腎疾患症、月経異常、不妊症など、すべての病気が栄養過剰摂取、身体の冷え、便秘による体内の代謝障害が原因です。
肥満解消には、食事療法や運動療法と同時に、身体の冷えをとり、便秘を治し、腸内環境を整えることが、ダイエット効果を高めるのです。

内臓の冷えは脂肪をとりこんでしまう

肥満は食べ過ぎで太ってしまったのですから、食べる量を減らすことは基本です。しかし、女性の場合、肥満に先立って、多くの人に生理不順や冷え性が見られます。
「身体の冷え」があるということは、臓器がまず冷えているということで、その冷えた臓器を温めるために、脂肪が蓄積されることになるのです。
お腹や腰回りが太るのは、その証拠です。したがって肥満、つまり脂肪をためこまないためには、「身体の冷え」をとることが大切になります。

排泄

代謝障害はなんといっても排泄機能の衰えによるものです。お腹の中には、老廃物がたまると、身体の毒素が栄養障害や肝臓障害を引き起こし、それにより身体の代謝障害を引き起こし、肥満をはじめ様々な病気を生むことになります。

運動

運動は静かに呼吸を充分に行うものを選びます。筋肉には赤筋と白筋の二種類があり、減量効果のあるのは赤筋です。赤筋は体を左右に曲げたり様々な姿勢を維持するなど、ゆっくり静かに体を動かす運動をするときに使われます。
空腹時に階段のぼりをすることもいいですし、乾布摩擦なども効果的です。

生活習慣

減量の自覚をもつためには、身近なところに体重計をおいたり、周囲の人に「ダイエット」をしていることを伝えるのがいいでしょう。最後、一番効果的なのは便秘解消です。

吹き出物よりもツライお肌のトラブルは「シミ」

色白タイプの美人に多い

吹き出物より、もっと治りにくいお肌のトラブルに、シミやそばかすがあります。
昔からそばかす美人といいますが、皮肉なことに、シミやそばかすで悩む女性は、実際の年齢より若くみえ、しかも顔立ちのかわいらしい色白美人タイプにできやすいので、悩みは深刻です。そばかすは遺伝的要因が強く、10歳頃より目立ちはじめ、年頃になると消える場合もありますが、完治は難しいというのが一般的です。
また、そばかすの出来やすい体質の人は、30歳前後からシミにも悩まされやすいものです。

アレルギー疾患にもかかりやすい

このようなタイプの多くは、体質的には、副腎機能不全体質といって体が冷えやすく、自律神経やホルモン系統(主に卵巣、副腎系)及び胃腸の働きが弱いようです。当然、スタミナ不足で疲れやすく、低血圧で平熱は低いのが特徴です。アレルギー疾患にもかかりやすい体質です。

内部要因と外部要因

体質だから必ずシミ・そばかすが出るかというとそうではなくて出るための諸要因が整わないようにすれば、避けることが出来ます。
シミ・そばかすが現れる要因は、皮膚の老化、心の悩み、精神的ショック、過労、妊娠、出産、妊娠中絶、流産、卵巣切除が内部要因としてあげられます。
外衣部要因としては、直射日光に長期間当たる、使用している化粧品が合わない、といったものの他に、生活上の問題として、食生活の乱れや睡眠不足などがあげられます。

シミは治りにくい

シミに悩む方は、日頃から肩こり、頭痛、のぼせ、生理不順、冷え性、疲労感といった症状に悩まされていることが多いようです。
シミはホルモンが関係していますので、更年期を過ぎて老齢化すれば、自然に解消するものの、30代~40代のシミは先に上げた要因を改善しないと治らないのです。

シミの種類

シミは、表皮にメラニン色素が異常に沈着した状態で、医学的には、色素沈着症と言われています。顔面に現れる物としては、シミ、そばかすと呼ぶものの他に女子顔面黒皮症、老人性色素状色素沈着症と呼ばれています。

メラニン色素

色素沈着症は、生死に直接関係しないため医学的にはさほど重視されていませんが、できている当人にとってはツライ症状です。
メラニン色素は褐色~黒色の色素で、表皮基底層にあるメラニン産生細胞でつくられていて、皮膚の色は、ものメラニンの量で左右されます。人種的には、白色人種は少なく、黄色人種から黒色人種へと多くなっていきます。性別、年齢、体質、健康状態によってもメラニン色素の量は変動します。

シミの位置が内臓の障害を知らせてくれる

シミは、このメラニン色素が局所的に異常沈着した症状です。シミは肝斑とも呼ばれ内臓疾患と深く関係しています。

まずは冷えをとる

やっかいなシミは、胃腸、副腎、卵巣、子宮の働きの弱い女性に多いので、過労とストレスを避けて下腹部の冷えをとる工夫をしなければなりません。患部は皮膚温が低くなっていますから、炎症がないならなばマッサージを行います。身体や皮膚の新陳代謝を活発にするために、良質のたんぱく質やカルシウム、ビタミンB2、C、Eの補給も大切ですが、新陳代謝が弱くてそられらを吸収・活用できなかったのが根本原因なのですからまずは冷えをとって身体が温まるようにします。

にきびと吹き出物

20歳過ぎの女性が、脂の浮いた顔にぶつぶつ(吹き出物)をつくっているのを、見かけることがあります。本人は、それをにきびと思いこみ、原因をホルモンのせいだと認識している人が多いのですが、にきびと吹き出物は、症状としては、よく似ていますが、原因は異なります。
にきびはホルモンが関係しています。思春期になると、それまで働いていた成長ホルモンに転換されます。
この時期に、一時的にホルモンのバランスが乱れ、関連として皮脂の分泌異常が生じてにきびが現れることがあります。しかし、やがてホルモン分泌が正常になってにきびは20歳ころまでに消えていきます。

皮膚の構造

皮膚は、膚(はだ)とも書き身体をすっぽり覆っている風呂敷のようなものです。拡げると、1.5平方mくらいの広さがあり、2~3mmの厚みで全身を包み、自然の開口部で粘膜に移行しています。
皮膚の構造は、表皮、その裏打ちをしている真皮、真皮の下にある皮下組織の3つの層から構成させれています。
付属器官には、角質器(爪と毛)、皮膚線があり、皮膚線は汗腺と皮脂腺とがあります。

皮脂の正常な分泌で美肌つくりを

顔の表面では、汗腺のだす汗(水分)と皮脂腺からでる皮脂とが、乳腺状に混ざり合って皮脂膜をはります。
これによって、肌は保護され、艶と潤いのある生き生きとした感触が保たれます。つまり、皮脂の正常な分泌が美肌つくりの基本となるわけです。
美肌を考えたときには、高価な化粧品を選ぶより、中から美しくなる方法を選ぶほうが効果的です。

手当のポイント

皮脂腺でつくられた皮脂は、毛穴を通って皮膚の表面に分泌されます。このとき、なんらかの事情で分泌異常が続くと、やがて面胞ができ、他方で毛穴の代謝が悪くなります。そこへ細菌が入ると化膿します。これがにきび、吹き出物、と言われる物です。ニキビは額を底辺にした逆三角形の範囲にできやすく、吹き出物は口の周囲を中心にぶつぶつがみられます。手当のポイントは、いずれの場合でも肌を清潔にし、面胞の時点で早めに治すように、心がけることです。
化膿してしまった場合は、患部をいじめないことです。にきびは、額にでやすいため、よく額を頭髪で隠しているのを見かけますが、これは逆効果です。
にきびの原因は、遺伝的要素に加えて、年齢、食べ物、季節、職業、胃腸機能が深く関わっています。

お腹の鳴る吹き出物

吹き出物は、下腹部の冷えによる胃腸の機能低下が主な原因です。吹き出物が気になる方は、漢方医学書にある「陰証なお強く腹中雷鳴あるは…」とあるようにへそより下でグーグー鳴ることがよくあります。
また、腹満といって、常にお腹が張った感じの場合もあります。いずれの場合も、お腹に冷えがあるために消化不良となって、ガスが生じて鳴る物です。

皮膚の役割

皮膚は、体を守るためにいろいろな役割をもっていますが、とくに大切なのが、毛細血管や皮膚表面の収縮と拡張によって体温を調節すること。それに発汗によって体内水分や老廃物を体外へ排出することです。また、皮膚はわずかですが、炭酸ガスを出して酸素を取り入れる呼吸作用も行います。
はじめてメイキャップしたときに、息が詰まったように感じるのは、皮膚呼吸が妨げられるからです。

皮膚とお腹は表裏一体

外部環境から体を守のは、体表では皮膚、体内では口からはじまる消化管粘膜です。
生物の進化の初期には、皮膚が腸の役割をかねていて、やがて腸の機能が独立し内臓なっていきました。その進化が現代人の生理にもはっきり残っていて、お肌とお腹は表裏一体といえるほどの深い関係なのです。

美肌への第一歩

にきびや吹き出物を治し、美しい肌を保つには、まずはお腹をきれいにすることです。
食事はよく噛んで腹八分目を心がけ、体を冷やしたり食べ過ぎたりしないことが大切です。冷えと食べ過ぎがあると、腸内毒素の発生が多くなり、吹き出物を悪化させます。
美肌への第一歩は便秘、宿便の解消といえるでしょう。

にきびができていたら困る…1週間後には大事なデート…なんて場合には特保の「イサゴール」などでおなかの中をキレイにすると肌もぴちぴちになります。効き過ぎて下痢をしてしまうとこれも肌荒れの原因になるので、最初は量を少なめにして試すといいでしょう。もちろん、食物繊維や水分も十分に摂ります。

スキンケアによるニキビの解消方法は、こちら

身体の冷えは顔色にすぐでる

四診

漢方の診断法は、前述したとおり治療法を決定するためのものです。漢方が集大成された時代は、検査器具や診断設備のない時代でしたから、診断は現代医学と異なって、すべて五官の感覚のみに頼って行われています。診断にあたっては、四診を使います。要診(視覚)、問診(聴覚)、問診(問答)、切診察(触覚)の四つです。
具体的には、漢方医は患者の身体の表面にあらわれた症状や当人の訴えによって診断します。

顔面望診

なかでも重要視されているのが、望診です。「上工ハ望診ニヨリテ病ヲシル」といわれ、病人を見ただけで、正確な判断をできるのが名医の条件とされています。望真は、現代医学の視診に相当するもので、漢方医では、全体像、顔面部、舌、眼の望診をとくに重視しています。
顔面望診の基本は、顔は身体の萎縮図であるという考え方を基本に体内の全般的異常を顔面の望診によって診断するものです。
普段と違った顔色が見られるのは、必ず体内のどこかの異常と対応しているからです。顔面のどの部分に、どんな色が現れたら体内のどの部分がどんな状態になっているかを望診によって知ることとが出来ます。

冷えを望診すると…

身体の冷えという症状についてもどの臓器に冷えがあるかを、顔面の部位の色によって判断できます。
まず、冷えの色は、蒙色といって鉛筆の芯の色、墨の黒さとは明らかに違う、ちょっと陰影と見誤りやすいくらいの、湿灰色です。蒙色の現れる顔面の部位と、内臓の関係を箇条書きにしたので参考にしてください。
蒙色望診法は「小腸の宿便」を提唱した二代目・目黒玄竜子先生が30年の歳月と2万人に及ぶ観相体験によって開発された、きわめて信頼の高い病相学です。

冷えの自己診断(目安)

  1. 疲れやすく、根気や気力がない。
  2. 冷え性、冷えのぼせ、冷房に弱い。
  3. 慢性便秘、尿が近い、汗が少ない。
  4. 胃下垂、腹鳴、腹が張る、食欲不振。
  5. 生理不順、不妊症、精通がある。
  6. 肩こり、腰痛、神経痛がある。
  7. 低血圧症、平熱が低い、アレルギー体質。
  8. にきび、しみ、肌荒れ

顔色の発現と内臓の関係

  1. 冷え性で婦人科が弱く、宿便もたまりやすい
  2. 性線ホルモン、副腎皮質ホルモンの分泌異常
  3. 下腹部の冷えによる生理不順
  4. 冷えによる自律神経のアンバランス
  5. 貧血、疲れやすく気力不足
  6. 理紋あるいは、胆嚢の冷えによる胆汁分泌不足
  7. 小腸の宿便、小腸も弱くスタミナ不足
  8. 大腸が弱く、便秘、古便のある人
  9. 肝機能弱く、腰痛、便秘、ぢになりやすい
  10. 子宮の冷え、冷え性で宿便もたまりやすい
  11. 胃腸の冷えによる吹き出物
  12. 腎臓の冷え、排尿異常、アレルギー
  13. 下腹部の冷え、胃腸障害、冷え性
  14. 首に出るいぼ、冷えによる体内の水分代謝不足が原因

婦人病は便秘と密接な関係にある

便秘は病気という考え方をもつ

女性が3人いれば2人は便秘症であると言われるほど女性の便秘体質は多くなっています。
そのためか女性は便秘を病気と考えてはいないようです。便秘が肌荒れの大敵であることは経験上十分に知っていますが、便秘が婦人病までに影響することを知っている人は少ないのです。
便秘症の女性は、様々な全身症状を訴えています。頭痛、頭重、のぼせ、めまい、むかつき、不眠、腹痛、腹満などのほかにも全身の疲労、精神疲労、精神不安、イライラ、心悸高進、頻脈、不整脈など、症状的には立派な婦人病の病態です。
こういった症状にプラスされてにきび、しみ、そばかすなどができ肌は荒れてしまいます。

女性になぜ多いのか?

大抵の男性は、毎朝快便の習慣をもっています。便秘は少ないのが一般的です。女性になぜ多いのでしょうか。

  1. 女性は情緒が繊細で、その変化がすぐに大腸に影響する
  2. 運動不足
  3. 排便の習慣が妨げられる条件下に置かれている朝食の支度、排便時の育児など
  4. 特に経産婦における腹壁圧の減退
  5. 内臓下垂症と広骨盤腔による腸管の転位

などが理由としてあげられます。

腸は生殖器から進化した

人間はアメーバにはじまって魚類を経て進化してきました。この進化の過程をたどっていくと、腎(泌尿器・内生殖器)は、腸が変化したものであることがわかっています。
内生殖器を進化度の低い魚類のメスについて見てみると、尿・大便・生殖腺をつくる所は3つに分化していますが、出口はひとつしかありません。したがって両便も生殖物もひとつの穴から排泄されます。これを単孔類と呼びます。鳥類、亀、蛇類の両棲類からカモノハシに至るまですべて単孔類に属します。

さると人間

進化がすすむと下等なほ乳類になります。下等なほ乳類は、腎臓の下に膀胱ができ、尿道と肛門とが分かれています。
しかし、まだ生殖排泄物の通路は、肛門を使っています。これがもう一段変化したのがサルや人間です。生殖排泄孔が独立し、尿道と肛門の間に膣ができ開口部となっています。このように内外の生殖器は腸から分離、独立してきました。つまり、元を正せば腸と生殖器は本家と分家の関係にあり、しかも身体の表と売れの隣に位置していますので、相互に密接な関係が生まれます。

便秘は生殖器の病気を誘発

たとえば、直腸の下部に蓄積した大便や宿便がありますと、直腸が鬱熱を発します。この鬱熱が直腸の前面にある子宮や膣に熱を感じさせ、古血を発生させます。そうなると子宮や膣は充血状態となり、不正子宮出血、子宮筋腫または膣炎などを起こして帯下の増量をまねき、外因炎を誘発することさえあります。

直腸ガンと誤診されるほどの宿便もある

婦人科で有名な東洋医は「漢方では、体温で固くなった宿便を燥屎といっていろいろな病気の原因になるとしている。
この腸壁にこびりついた宿便は、現代医学では便とは別のものと見誤ることもあるそうです。。このように便秘は肌荒れだけなく婦人病の引き金になるものばかりです。

宿便は日本の風土が影響している

体内にあってはならないものとして「宿便」という考え方があります。しかし、この言葉は東洋医学にも西洋医学にも存在しない言葉なのです。
では、どこから宿便という言葉は登場したのでしょうか。日本は四方を海に囲まれて湿度が高く、四季の気温差も激しい…というまさに身体は冷えやすい自然環境です。
さらに飢えや寒さかから身体を守るために、塩分の摂取が異常に多いことなども重なって腸の動きや伸縮性を著しく低下させてしまいまいました。このことが「食べる」「出す」という健康維持に最も大切な生理現象を妨げてしまったのです。また、これが原因で健康障害の原因となっていることを体験から学んだのです。
この腸管に停滞する古便のことを宿便と呼び万病の元凶として警告したのです。

宿便は日本の風土が原因

日本人女性の多くが、便秘や冷え性の悩みを抱えているのは、日本特有の自然環境にゆおるものであって冷え性と宿便は、日本の風土が生んだ民族の病であり風土病といってもいいでしょう。
日々、快適に過ごすために「冷えと宿便」という先人の警告を真摯に受け止めて自然環境に対応した生活習慣を守ることが大切です。

便の中身を詳しく知る

大便の中身[1]

菌食を十分に摂取し、善玉菌優位のお腹にした場合の次に考えることは「出す」です。まずは大便の中身を調べます。
大便の中身には、まず口から入った食物でお腹の中で消化吸収されなかった食物繊維やそのカスを見つけることができます。
これらは腸を素通りしたものです。食べ物はかみ砕かれ、唾液とまざって食堂を通り、胃の中に入ります。胃では胃液が出て、糖類やたんぱく質を消化し、ゆっくりと十二指腸に流れていきます。

十二指腸から小腸

十二指腸は25~30cmの大きさです。ちょうど指12本を横に並べたくらいの長さがあります。食物が十二指腸を通るときに、胆嚢から胆汁が、すい臓から消化酵素をたっぷり含む膵液が一緒になって出てきます。
胆汁には、脂肪を溶けやすくしたり、腸管の流れをよくしたりする働きがあります。
食物は、十二指腸から小腸末端までを時速2~4mの速さで流れていきます。
その間に、膵液中の消化酵素や小腸から分泌される腸液で、食物はさらに細かい部分にまで分解されて栄養素となり、小腸壁から吸収されていきます。
小腸で吸収された栄養素は、小腸壁の毛細血管から門脈という血管に入り、すべて肝臓に運搬されます。

大腸から排便

吸収されなかったものは、水分の多いお粥のような状態で大腸に入ります。大腸は1.5~2.0mあります。お粥はそこを時速数cmのゆっくりとした速度で流れながら次第に水分を吸収していき、便の形を形成していきます。大腸の最終段階は、S字状結腸→直腸→肛門→排便となります。この長い過程を健康体であれば、12~15時間で完了します。その後、一昼夜から3日以内に大便として排出されます。

大便の中身[2]

大便の中には、口から肛門までの消化器系をつくっている細胞の死骸も含まれます。
ちょうど皮膚表面の角質細胞がアカとなってはげ落ちるように消化器でも細胞が盛んに新陳代謝を行っています。
たとえば、小腸の内側の細胞は2日に1回、胃や大腸の壁も5~6日で生まれ変わっていて食物による刺激や腸内細胞菌の生育によっても剥がされています。

大便の中身[3]

大便の中身には、体内老廃物も混ざっています。これは、肝臓で分解処理され、胆汁と共に腸管に捨てられたものです。

大便の中身[4]

大便の中身の最後は腸内細菌の死骸および腸内悪玉菌のつくった腸内毒素です。大便には、腸内細菌の死骸が大量に含まれていて全体の30%を占めています。善玉菌は、食物のたんぱく質を分解して、各種の毒素に作りかえており、その代表的な毒素が発ガン物質として有名なアミン類です。

便秘をすると身体に毒素が逆流する

体内老廃物の腸内毒素を吸着して身体の外に捨てることが、大便の大切な役割です。便秘をすると肩がこったり、蕁麻疹がでたり、子供の場合は、高熱を出したりします。大腸がせっかく吸着した老廃物・毒素が排出されるためだとされています。

便秘のときはトクホイサゴールが効きます。

宿便はお腹の中の煤(すす)である

便秘と宿便は異なる

宿便に悩む人達は、圧倒的に便秘症の方々です。「ひどい便秘症なので宿便がある」と自覚している人は大変に多いのです。
ところが、便秘している大便である古便と宿便は基本的に異質のものです。
腸を煙突にたとえるととてもわかりやすく理解が深まります。煙突の内壁にこびりついた煤(すす)が宿便とたとえるのが適切です。便秘している大便・古便は煙突に詰まっているものとなり宿便とは基本的に異なることがわかります。
煙突から煙りが出ていても煤はたまるものです。つまり、毎日快便でスッキリしていても宿便が溜まってしまうことは、あり得ることなのです。
反対に便秘症だから宿便がたまっているとは限りません。

タール便、黒色便

宿便は小腸にたまる宿便と大便にたまる宿便とがあります。小腸にたまる宿便でポピュラーなのは、新生児が出生後に排出する飴便(カニババ)です。これは、コールタールを流したような粘りけのあるドロドロとした便です。
大腸にたまる宿便の代表は、死の直前にだす粘りけの少ないすすけた黒色の便です。健康人の場合は、普通便にススのように混ざって排出されます。これを黒色便と呼びます。

小腸は藻の生えた川底によく似ている

小腸は直径4cmほどの、長い円筒形の管です。内側の粘膜には、たくさんの壁(ひだ)があり、この壁の上に絨毛と呼ばれる突起物がびっしりと生えています。絨毛の表面にはさらに長さ1ミクロンの微絨毛(びじゅうもう)があります。この二重三重の凹凸のおかげで、小腸の表面積は円筒の600倍、テニスコート1枚分の広さになります。
その様子をたとえるならば藻の生えた川底の状態でその上を分解された食べ物がゆっくり流れていきながら栄養素が吸収されていく様です。

宿便体質になりやすい人

宿便を防ぐためには、宿便を持ちやすい体質を知ることが重要です。

  • 大食漢
  • 肉食が好き
  • 野菜不足
  • 塩分をとりすぎる
  • 胆汁不足

などの人などです。ほとんどが生活習慣、それも食習慣に関わる部分が大きく関与します。
さらに冷え性や虚弱体質が加わると、排便が毎日あって快便でも宿便がたまってしまいます。
また、胃腸が冷えて働きが低下していると、消化吸収が十分に行われず腸の絨毛の間に消化されない老廃物がたまり宿便となってしまいます。l

小腸の宿便について

宿便の成分は、老廃たんぱく質、脂肪、ステロイド類です。ステロイド類というのは、燃焼されなかったホルモンのことです。肝臓で分泌されて胆汁と一緒に腸管で廃棄された体内老廃物です。
脂肪は、本来ならば、胆汁に含まれている胆汁酸によって分解・乳化され、吸収され吸収されるはずですが、胆汁不足のために十分に分解されないまま残り、やがてたんぱく質と一緒に腸の絨毛にまとわりつきます。この時、腸の動きがにぶくて自浄作用が正常に行われないと宿便となって滞留することになります。

大腸での宿便

大腸では消化は行われていないため絨毛がありません。ということは宿便ができないのか?というとそうではありません。大腸の筋層に欠陥があったり、神経の緊張状態が続いたりすると大腸の収縮によって出来たヒダ、あるいは、結腸の移行部などに便が滞留しやがて大腸の宿便となります。

便秘、宿便は肝臓に悪影響

3つの血液循環

血液が人間の生命を維持していることや大切な役割を担っていることなどは周知の通りです。
心臓から押し出された血液は、一瞬の休みもなく、全身のすみずみにまで張り巡らされた血管を流れ、身体に必要な栄養素・酸素を細胞へ届けています。細胞からは、炭酸ガスや老廃物を受け取って心臓へ戻っていきます。
心臓から送り出される血液を動脈血、心臓へ戻る血液を静脈血といいます。血液循環には、全身を流れる体循環、静脈血中の炭酸ガスを肺で交換する肺循環、もう一つ門脈循環の合計3つの循環があります。

門脈循環について

門脈は、胃、小腸、大腸、すい臓、脾臓などで吸収されたものを肝臓へ運ぶ特殊な血管です。
口から入ったものは、食物でも薬でも腸粘膜から門脈を通って肝臓に入ります。肝臓の中で化学反応が起こり、いろいろな栄養の出し入れや合成・解毒が行われ体内に流してよいだけのものが肝静脈と一緒になって心臓に戻ります。

肝臓には十分なゆとりがる

肝臓は身体の右側の肋骨の中におさまっていて体内では最大の臓器です。
重さ1.4~1.8Kg。日頃は全体の30%~40%くらいの細胞で活動していてかなりゆとりのある臓器です。肝臓の主な役割は、栄養素の加工と貯蔵、解毒、胆汁分泌、ホルモンの調整、造血、血液の貯蔵、血液の循環、水分代謝の調整、体温保持など生命活動に欠かせません。
それだけに肝臓はとても丈夫にできており、能力にもゆとりがあります。そのため、少々の障害では症状があらわれず、重症に至るまで気づかないケースがほとんどです。
沈黙の臓器とも呼ばれています。物質も全て肝臓で解毒されます。
最近、肝臓障害による死亡g死亡率の上位を占めるようになっています。肝臓障害の終着駅は肝硬変で、肝細胞の再生が不能となって肝臓が機能しなくなってしまいます。
肝臓障害による死亡率が高くなったのは、肝硬変の原因となるウィルス性肝炎やアルコール性肝炎が激増したほかストレスの増大などです。

体内毒素が肝臓に負担を与える

こうして疲れ果てた肝臓にさらに追い打ちをかけているのは

  • 便秘のため腸内発酵で生じる毒素が体外は排出されない
  • 宿便により宿便による毒素が腸粘膜より吸収されてしまう
  • 下腹部に冷えがあり腸内細菌叢が悪玉菌優位となり悪玉菌の出す毒素が大量に門脈から肝臓に入る

このような毒素は肝臓がフル操業しても処理できないのです。解毒できなければ、肝臓の働きが低下するだけでなく毒素が静脈血に入り、全身の細胞代謝に障害を及ぼすようになります。
便秘、宿便を貯めることはこれほどに健康障害を引き起こすのです。

便秘にはイサゴールです。