病気の原因となる冷え・宿便」カテゴリーアーカイブ

病気の原因となる冷え・宿便

吹き出物 よりもツライお肌のトラブルは シミ

吹き出物 よりもツライお肌のトラブルは シミ 体質だから必ずシミ・そばかすが出るかというとそうではなくて出るための諸要因が整わないようにすれば、避けることが出来ます。

吹き出物 よりもツライお肌のトラブルは シミ

吹き出物 よりもツライお肌のトラブルは シミ

シミ や そばかす 色白タイプの美人に多い

吹き出物 より、もっと治りにくい お肌のトラブル に、 シミ や そばかす があります。
昔からそばかす美人といいますが、皮肉なことに、 シミ や そばかす で悩む女性は、実際の年齢より若くみえ、しかも顔立ちのかわいらしい色白美人タイプにできやすいので、悩みは深刻です。

そばかす は遺伝的要因が強く、10歳頃より目立ちはじめ、年頃になると消える場合もありますが、完治は難しいというのが一般的です。
また、 そばかす の出来やすい体質の人は、30歳前後から シミ にも悩まされやすいものです。

アレルギー疾患にもかかりやすい

このようなタイプの多くは、体質的には、副腎機能不全体質といって体が冷えやすく、自律神経やホルモン系統 ( 主に 卵巣 副腎系 )及び 胃腸 の働きが弱いようです。当然、スタミナ不足で疲れやすく、低血圧で平熱は低いのが特徴です。アレルギー疾患にもかかりやすい体質です。

内部要因と外部要因

体質だから必ず シミ そばかす が出るかというとそうではなくて出るための諸要因が整わないようにすれば、避けることが出来ます。

シミ そばかす が現れる要因は、 皮膚の老化 、 心の悩み 、 精神的ショック 、 過労 、 妊娠 、 出産 、 妊娠中絶 、 流産 、 卵巣切除 が内部要因としてあげられます。

外部要因としては、直射日光に長期間当たる、使用している化粧品が合わない、といったものの他に、生活上の問題として、食生活の乱れや睡眠不足などがあげられます。

吹き出物 よりもツライお肌のトラブルは シミ は治りにくい

シミ に悩む方は、日頃から 肩こり 頭痛 のぼせ 生理不順 冷え性 疲労感 といった症状に悩まされていることが多いようです。

シミ はホルモンが関係していますので、更年期を過ぎて老齢化すれば、自然に解消するものの、30代~40代の シミ は先に上げた要因を改善しないと治らないのです。

シミ の種類

シミ は、表皮にメラニン色素が異常に沈着した状態で、医学的には、色素沈着症と言われています。顔面に現れる物としては、 シミ 、 そばかす と呼ぶものの他に女子顔面黒皮症、老人性色素状色素沈着症と呼ばれています。

メラニン色素

色素沈着症 は、生死に直接関係しないため医学的にはさほど重視されていませんが、できている当人にとってはツライ症状です。

メラニン色素は褐色~黒色の色素で、表皮基底層にあるメラニン産生細胞でつくられていて、皮膚の色は、ものメラニンの量で左右されます。人種的には、白色人種は少なく、黄色人種から黒色人種へと多くなっていきます。性別、年齢、体質、健康状態によってもメラニン色素の量は変動します。

シミ の位置が内臓の障害を知らせてくれる

シミ は、このメラニン色素が局所的に異常沈着した症状です。 シミ は肝斑とも呼ばれ内臓疾患と深く関係しています。

吹き出物 よりもツライお肌のトラブルは シミ まずは冷えをとる

やっかいな シミ は、 胃腸 、 副腎 、 卵巣 、 子宮 の働きの弱い女性に多いので、過労とストレスを避けて下腹部の冷えをとる工夫をしなければなりません。

患部は皮膚温が低くなっていますから、炎症がないならなばマッサージを行います。身体や皮膚の新陳代謝を活発にするために、 良質のたんぱく質 や カルシウム 、 ビタミンB2 、  C、 E の補給も大切ですが、新陳代謝が弱くてそられらを吸収・活用できなかったのが根本原因なのですからまずは冷えをとって身体が温まるようにします。

にきびと吹き出物

にきびと吹き出物 というと非常に悩まされている方も多いと思います。20歳過ぎの女性が、脂の浮いた顔にぶつぶつ(吹き出物)をつくっているのを、見かけることがあります。

にきびと吹き出物

にきびと吹き出物

にきびと吹き出物 同じものだと思う人が多い

本人は、それをにきびと思いこみ、原因をホルモンのせいだと認識している人が多いのですが、にきびと吹き出物は、症状としては、よく似ていますが、原因は異なります。

にきびはホルモンが関係しています。思春期になると、それまで働いていた成長ホルモンに転換されます。
この時期に、一時的にホルモンのバランスが乱れ、関連として皮脂の分泌異常が生じてにきびが現れることがあります。しかし、やがてホルモン分泌が正常になってにきびは20歳ころまでに消えていきます。

皮膚の構造

皮膚は、膚(はだ)とも書き身体をすっぽり覆っている風呂敷のようなものです。拡げると、1.5 平方mくらいの広さがあり、2~3 mm の厚みで全身を包み、自然の開口部で粘膜に移行しています。

皮膚の構造は、表皮、その裏打ちをしている真皮、真皮の下にある皮下組織の3つの層から構成させれています。
付属器官には、角質器(爪と毛)、皮膚線があり、皮膚線は汗腺と皮脂腺とがあります。

皮脂の正常な分泌で美肌つくりを

顔の表面では、汗腺のだす汗(水分)と皮脂腺からでる皮脂とが、乳腺状に混ざり合って皮脂膜をはります。

これによって、肌は保護され、艶と潤いのある生き生きとした感触が保たれます。つまり、皮脂の正常な分泌が美肌つくりの基本となるわけです。
美肌を考えたときには、高価な化粧品を選ぶより、中から美しくなる方法を選ぶほうが効果的です。

手当のポイント

皮脂腺でつくられた皮脂は、毛穴を通って皮膚の表面に分泌されます。このとき、なんらかの事情で分泌異常が続くと、やがて面胞ができ、他方で毛穴の代謝が悪くなります。

そこへ細菌が入ると化膿します。これがにきび、吹き出物、と言われる物です。

ニキビは額を底辺にした逆三角形の範囲にできやすく、吹き出物は口の周囲を中心にぶつぶつがみられます。手当のポイントは、いずれの場合でも肌を清潔にし、面胞の時点で早めに治すように、心がけることです。

化膿してしまった場合は、患部をいじめないことです。にきびは、額にでやすいため、よく額を頭髪で隠しているのを見かけますが、これは逆効果です。
にきびの原因は、遺伝的要素に加えて、年齢 食べ物 季節 職業 胃腸機能 が深く関わっています。

お腹の鳴る吹き出物

吹き出物は、下腹部の冷えによる胃腸の機能低下が主な原因です。吹き出物が気になる方は、漢方医学書にある「陰証なお強く腹中雷鳴あるは…」とあるようにへそより下でグーグー鳴ることがよくあります。

また、腹満といって、常にお腹が張った感じの場合もあります。いずれの場合も、お腹に冷えがあるために消化不良となって、ガスが生じて鳴る物です。

皮膚の役割

皮膚は、体を守るためにいろいろな役割をもっていますが、とくに大切なのが、毛細血管や皮膚表面の収縮と拡張によって体温を調節すること。それに発汗によって体内水分や老廃物を体外へ排出することです。
また、皮膚はわずかですが、炭酸ガスを出して酸素を取り入れる呼吸作用も行います。
はじめてメイキャップしたときに、息が詰まったように感じるのは、皮膚呼吸が妨げられるからです。

皮膚とお腹は表裏一体

外部環境から体を守のは、体表では皮膚、体内では口からはじまる消化管粘膜です。
生物の進化の初期には、皮膚が腸の役割をかねていて、やがて腸の機能が独立し内臓なっていきました。
その進化が現代人の生理にもはっきり残っていて、お肌とお腹は表裏一体といえるほどの深い関係なのです。

美肌への第一歩

にきび 吹き出物 を治し、美しい肌を保つには、まずはお腹をきれいにすることです。
食事はよく噛んで腹八分目を心がけ、体を冷やしたり食べ過ぎたりしないことが大切です。
冷えと食べ過ぎがあると、腸内毒素の発生が多くなり、吹き出物を悪化させます。
美肌への第一歩は便秘、宿便の解消といえるでしょう。

にきびができていたら困る…1週間後には大事なデート…なんて場合には 特保の 「 イサゴール 」などでおなかの中をキレイにすると肌もぴちぴちになります。効き過ぎて下痢をしてしまうとこれも肌荒れの原因になるので、最初は量を少なめにして試すといいでしょう。もちろん、食物繊維や水分も十分に摂ります。

スキンケアによるニキビの解消方法は、こちら

下半身からくる冷え に注意とその体に及ぼす悪影響

現代人がまず一番きをつけなければいけないのは 下半身からくる冷え に注意しなければいけないということです。昔の人に比べ体温が低下していますが、これはどういったことに注意して生活すればいいのでしょうか?

下半身からくる冷え

下半身からくる冷え による影響

下半身からくる冷え 対策

体のエネルギー

人間が生活していくためには、必須のエネルギーですが、この エネルギーは、細胞に取り入れられた栄養素の代謝により生成され、熱に交換して体温を保ったり、各細胞組織が独自の働きを営むための熱源となります。
人間の体内で行われる代謝(生命活動)とは連続的な化学反応であることがわかります。

酵素の活躍

酵素 というのは、高分子のたんぱく質です。細胞の中には、膨大な酵素があり、ひとつの酵素は決められたひとつの仕事しかしないので、判明しているだけでも数千種類の酵素があります。

こられの酵素は、環境と温度には非常に敏感です。人間の体温が一定に保たれているのは酵素のおかげです。酵素 は体温調節機能が働いているおかげで円滑に仕事をしてくれます。体内で作られるエネルギーの60~70%は体温維持のための体熱生産に使われます。

野草酵素 使用感 口コミ ( 抗ガン効果 )
https://108-blog.com/yasou/

現代人の体温は低下傾向

日本人の平均体温は、腋の下で、成人が 36.8 ~ 36.9 度、幼少時は成人より 0.5 度前後高く、高齢者は低くなっている。これが従来の統計でした。ところが、最近は成人や児童の平均体温が低下する傾向にあります。

子供はアイスクリームや清涼飲料水で身体を冷やし、成人の男性はビールで体を冷やし、成人の女性はサラダや季節を無視した食材により体を冷やしています。これにより体温は低下する一方です。

冷房と運動不足

これに加えてさらに冷暖房完備の室内で長期間過ごし、運動不足の日常を送っていれば、体温低下にますます拍車をかけることになります。

エネルギーの発生が低下すれば、基礎代謝が低下します。身体の熱変換も同時に弱くなります。体温が低くなるのは、当然です。
エネルギーは体熱つくりに優位的に消費されますからエネルギー不足は体力不足を招いてしまうのです。
TVを長時間見る小学生の調査を行ったところ、平均の体温36度以下であったことも報告されています。

冷えの症状(頭~足先)

  • 頭痛
  • うつ症状
  • 肩こり
  • 血圧の異常(最低血圧が高い)
  • アレルギー性鼻炎
  • 抵抗力が弱い(風邪をひきやすい)
  • せき
  • ぜんそく
  • 気管支炎
  • 慢性皮膚病
  • アトピー性皮膚炎
  • 冷房病
  • しもやけ
  • 全身的・局所的寒冷
  • 腹部うっ血
  • 冷え性・婦人病・不妊症
  • 肥満
  • 腎臓病
  • 尿道炎
  • 勢力減退
  • 不感症
  • 神経痛
  • リウマチ
  • アレルギー性体質
  • 夜尿省
  • にきび・シミ・吹き出物
  • アレルギー肌・肌あれ
  • 口内炎・胃腸障害・内臓下垂
  • 便秘・宿便・下痢・軟便
  • 腹鳴
  • 腹部膨満
  • 痔・蕁麻疹・慢性皮膚病
  • 腰痛
  • 慢性疲労

「 冷え 」 は足元から次第にお腹 → 生殖器 → 肺へとあがってきます。

体温分布は一様でない

人の体温は、身体の部位によって温度差がみられます。腋下で36.5度前後とすれば、脳、肝臓、腎臓、消化器では38度前後を示しています。

身体の中で一番体温が低いのが足先で冬季には 31 度になります。
足先に届く血液は、帰り道に腹部大動脈の延長上にたり、帰り道の静脈は、腹部大動脈の延長上にあり、帰り道の静脈は、腹部大静脈を通って、心臓に届く仕組みになっています。

そのために、足先で冷えた血液は、帰り道にお腹を冷やしてしまうのです。
さらに、足から心臓へと上に向かう腹部大静脈は重力に影響されて流れにくく足先で冷えた血液が腹部でうっ血するこになります。

頭寒足熱

漢方が医療の中心であったころは、口から冷たいものを入れる機会が少なかったために、足先からくる冷えを問題にしました。
そこで足を温め、頭を冷やす方法がうまれたのです。これが頭寒足熱です。これは健康のシンボルでもあります。
冷え は 足元 からやってくることを証明しているわけです。
冷えは足元からやってくることとを先人達は体験をふまえて警告してきたのです。

頭寒足熱は健康のベーシック、筋肉があれば体の体温がアップする