隠れストレスが胃腸を蝕む

隠れストレスが胃腸を蝕む のは現代人には急増しています。会社で厳しいノルマがあるような場合、人間関係が難しくなっている場合、家庭内でのもめごとが起きている場合など、また心配事がある場合、食生活は全く変わらないのに便の状態が急変する場合があります。

原因不明の便秘やストレスは日常のストレスを考えてみる 隠れストレスが胃腸を蝕む

隠れストレスが胃腸を蝕む

隠れストレスが胃腸を蝕む

会社で厳しいノルマがあるような場合、人間関係が難しくなっている場合、家庭内でのもめごとが起きている場合など、また心配事がある場合、食生活は全く変わらないのに便の状態が急変する場合があります。

ストレスが原因でその影響がストレートに胃腸にあらわれている場合です。胃腸はストレスに左右されやすい臓器です。

特別に大きな出来事などがある場合、こういったことが原因であることをすぐに自覚しますが、日常的なとるに足らないようなストレスには、鈍感になっている場合がほとんどです。

ストレスを受けているのかどうかさえも自分で気づかない場合があります。しかし、こういった繊細なストレスが蓄積されたときには、本来であれば適度な運動をしたり、食物繊維を多くとることで改善できる場合がほとんどです。繰り返す下痢や便秘には、何かストレスが影響していないかどうか振り返ってみることが大切です。

日常生活で適度にガス抜きをする

腸内環境をストレスによって悪化させないためには、気分転換を取り入れてストレス発散を行うことが大切です。
当然、ストレスゼロの生活は無理ですが、一時的に便秘や下痢になることがあったとしても異常ではありません。ただ、大切なのは、それを長引かせないことです。長引けば長引くほど、悪玉菌が増えてしまい、免疫力の低下につながります。こうなると、身体だけでなく心にもガスがたまってしまった状態といえます。適度にストレス発散が大事です。

ストレス発散のポイントは自分自身が心地いいかどうかです

笑う 「笑い「には免疫力を高めたり、ストレスホルモンの分泌を減少させる効果があります。
入浴 心と体の緊張がほぐれる入浴のコツは、39度以下のぬるめのお湯につかること。
楽しいお酒 適量のアルコールは心の緊張をほぐし、リラックス効果も高い。
非日常を楽しむ 旅行や観劇、ハイキングや音楽会など日常を離れた時空を楽しむ。
有酸素運動 ウォーキング、ジョキング、水泳など体内に酸素を取り入れながら運動する。
森林浴 植物が発散する成分フィトンチッドに心身をリフレッシュさせる効果が。マイナスイオンもよい。
利害関係のない友達 損得勘定の必要がない友好関係が信頼を深める。

ストレスに弱いタイプの人は日頃から カルシウム の摂取も習慣化しておくといいでしょう。

週末断食 マニュアル その 1

週末断食 マニュアル その 1 いよいよ断食のスタートです。週末 断食 は 3 回で構成されています。週末に行いますのでプチ断食ともいえるかもしれません。気楽に行ってみましょう。

週末断食 マニュアル その 1 金曜日に軽めの夕食から断食をスタートさせる

週末断食 マニュアル その 1

断食は疲れ切ってしまった胃腸が元気を取り戻すだけでなく、毒素を排出して体をリフレッシュさせる効用があります。

体によい断食であればすぐにもで試したいと思っている人にオススメなのが、週末を利用して行う「週末断食」です。長期の休暇は必要なくまた、自宅で気軽に行うことができます。

週末断食の場合、断食をする日の前後 1 日を含めた 3 日間で行うので、土曜日に断食を行うのであれば、スタート日は金曜日の夕食からになります。国内には、断食専門の施設などもあり、何日間断食するかなど、いくつかのプログラムが用意されていて、健康状態や体力似合わせて選択できるようになっています。

週末の断食は手軽ですが、高齢者や体力のない人、慢性疾患をかかえている人には向いていません。治療として断食を行う場合にも専門家がついているものを選ばなくてはなりません。

夕食を控える

はじめて断食を行うときは、少し緊張します。しかし前日に注意が必要なのは、夕食だけですので、金曜日は普段通りに仕事をしてその他の入浴なども制限がありませんが、夕食のみをいつもより量を減らします。
どの程度減らすのかは、ふだんの半分から 7 ~ 8 分程度に抑えます。翌日は、何も食べないからとまとめて食べることだけは避けなくてはなりません。食べ過ぎは体調を崩す原因になりますので注意します。

腸の疲労をとり毒を排泄 活力を回復 ( 断食 )

腸の疲労をとり毒を排泄 活力を回復 ( 断食 ) についての情報です。断食というと宗教的なイメージをもってしまいますが、現在では心と体の健康のための治療法として定着してきました。

本サイトでも 週末断食 の方法を紹介しています。

腸の疲労をとり毒を排泄 活力を回復 ( 断食 )

内蔵も疲労をとることが大切 腸の疲労をとり毒を排泄 活力を回復 ( 断食 )

断食というと宗教的なイメージをもってしまいますが、現在では心と体の健康のための治療法として定着してきました。

具体的に断食で一定期間食事を摂らないことがどのようにいいのでしょうか。いくつかの効用がありますが、まずあげられるのが日頃の飽食で働き続けている胃腸を休ませることができることにあります。

胃腸は、毎食ごとに送られてくる食事を消化して栄養を吸収しますが、しばらくするとたま次の食事になってしまいます。肉類や脂肪の多い食事が増えている昨今、現代人の場合は、消化に時間がかかる傾向が見られます。食物繊維などで消化に時間がかかるのはいいのですが、こうした肉や脂類で時間がかかるのは胃腸に負担がかかります。

さらに、間食が多い人の場合だと、胃腸はもっと過密スケジュールをこなします。
断食の場合、このように働きどおしの胃腸を休ませ一定期間の休息を与えることで胃腸は再び活力を取り戻します。

断食によって腸の負担が軽くなり、腸内にたまっている食べ物のカスや便などの老廃物の排泄が活発になり調子がよくなります。多い人では、数日の断食で 2L もの便や老廃物がでるといいます。断食で悪玉菌の減少が見られることもあるようです。現代人は食べ過ぎ傾向ですから断食などで毒素排泄を促進すると体調がよくなるばかりか肌がキレイになったりと女性には嬉しい効果があります。断食で思ったように便が排泄できない場合は、 イサゴール などを使うって毒素排泄を促進すれば失敗がありませあん。

週末断食

酵母発酵の色の黒いパンを食べる

酵母発酵の色の黒いパンを食べる 普通のパンは、短時間で安定した発酵力をもつイースト菌を使っています。これに対して天然酵母パンは自然発酵させた酵母と乳酸菌を豊富に含む天然種を使います。

乳酸菌たっぷりのパンが善玉菌を増やす 酵母発酵の色の黒いパンを食べる

酵母発酵の色の黒いパンを食べる

普通のパンは、短時間で安定した発酵力をもつイースト菌を使っています。これに対して天然酵母パンは自然発酵させた酵母と乳酸菌を豊富に含む天然種を使います。

サワー種、酒種、果実酒などの種類や作り手の技術、環境に育まれながら、2 ~ 3 日かけてじっくり発酵します。実はこの発酵時間がカギとなるのです。発酵が進む間に、大量の乳酸菌が増え、焼く直前まで増え続けます。

その量は普通のパンの 1 万倍にも及ぶものもあり、ヨーグルトに匹敵する量です。サワーブレッド、パネトーネなどが天然酵母パンの代表です。
特有の酸味は乳酸菌のせいで、この働きで保存料がなくても日持ちするのです。

サーブレッドは 1 切れ ( 56 g )

  • カロリー:162 kcal
  • 炭水化物:32 g
  • 食物繊維:2 ~4 g
  • タンパク質:6 g
  • 脂肪:2 g

が含まれます。

善玉菌を増やす

2 週間続けて乳酸菌を摂取で善玉菌を回復させる ( 抗生物質服用後の対策 )

2 週間続けて乳酸菌を摂取で善玉菌を回復させる ( 抗生物質服用後の対策 ) 方法を紹介します。抗生物質を服用すると腸内の菌は全滅してしまいますから対策が必要です。

抗生物質 を服用すると菌交代現象が! 抗生物質服用後の対策

抗生物質服用後の対策

 

抗生物質は、病原菌を殺す薬で強い効果がありますが、長期服用していると、腸内細菌を根絶させてしまう可能性があります。

風邪をひいてしまったときなどに処方される抗生物質は数回服用しただけで下痢をしてしまう人がいます。これはまさに腸内の菌交代現象により悪玉菌が増え、悪玉菌優位になった状態といえます。

抗生物質の種類によっては 1 回の服用で腸内細菌の分布がかわり一気に悪玉菌だらけの状態になってしまこともあります。

また、多種大量の抗生物質を使用することは、その抗生物質に耐性をもつ細菌をつくりだすことにもなり、新しい抗生物質を使用するたびにイタチごっこのような結果になってしまうのです。しかし、こうした副作用を恐れるあまり、的確な抗生物質の使用までは拒絶するのは本末転倒です。メリットがあるなら使うべきでしょう。

抗生物質の服用後

医師によっては、抗生物質にも死滅しない乳酸菌製剤(多剤耐性乳酸菌製剤)をあらかじめ処方してくれるケースもあるのでたずねてみるといいでしょう。また、大切なのは、抗生物質の服用後、少なくとも 2 週間、ヨーグルトやオリゴ糖をとり続けることです。悪玉菌優位の腸内環境を善玉菌優位に戻しましょう。

ヨーグルトの 5 倍以上の乳酸菌が含まれる『乳酸菌革命SUPER』なども効果的です。
よく肌荒れなどを起こしやすい体質の人の多くは腸内が悪玉菌だらけになっています。毎日、乳酸菌を摂るような食習慣にかえれば体質改善できます。乳酸菌を多く含む和食がおすすめです。

ストレスに弱い腸に欠かせない小魚 ( 和食 その 4 )

ストレスに弱い腸に欠かせない小魚 についての情報です。小魚には、血液をさらさらにし、血栓を作りにくくする機能を持つ不飽和脂肪酸、EPA ( エイコサペンタエン酸 )や DGA ( ドコサヘキサエン酸 )も豊富に含んでいます。 EPA や DHAは、生活習慣病の予防や、脳の活性化、肌のアンチエイジングなどへの効果も注目されていますがストレスに弱い腸のためにもとっても効果的です。

カルシウムが精神を安定させイライラを鎮める

ストレスに弱い腸に欠かせない小魚 ( 和食 その 4 )

過敏性腸症候群のように、ストレスが原因で起こる便秘や下痢に悩む人は少なくありません。カルシウムには、神経のいらだちを抑えて精神を安定させる働きがあるのでストレスを自覚している人やストレスが多い人は、カルシウムを多く含む食品を積極的に摂ります。

和食でカルシウムを摂る場合によく使われる食材は、小魚、じゃこ、干しエビなどの海産物をはじめ、切り干し大根、ひじきなどの乾物、小松菜などの野菜です。いずれも脂肪を含まずに副菜として調理しやすい食材ばかりですので積極的に摂取したいところです。

低脂肪で食物繊維が豊富な和定食 (和食 その 2 )

低脂肪で食物繊維が豊富な和定食 が腸のためにはおすすめです。 雑穀などを使った色つきご飯の和定食を思い浮かべて献立を考えると腸が喜ぶ献立になります。

低脂肪で食物繊維が豊富な和定食 主菜、副菜の組み合わせで腸はさらに喜ぶ

低脂肪で食物繊維が豊富な和定食 (和食 その 2 )

和食の特徴は、腸の健康に役立つ緑黄色野菜や豆類、海草など食物繊維を豊富に含んだ食品が非常に多いことです。

和食は全体のバランスも考えやすく腸の健康によい献立づくりができます。
和食に欠かせない主菜の魚は、網で焼いて油を落としたり、だし汁などで煮たりと洋食に比べると圧倒的に脂肪を抑えることができます。

副菜には、お浸し、煮浸し、酢の物、煮豆、和え物などがありますがいずれの食材も野菜、豆腐、豆類、海藻、乾物など、腸内に善玉菌を増やすために活躍するものばかりです。これが和食ならではの特徴です。

主食となるご飯は、玄米や七分つき、麦、アワ、ひえなどの雑穀を混ぜ色つきご飯にすれば白米に比べ食物繊維がアップします。

和食の味付けで欠かせない、みそ、醤油、それに納豆、ぬか漬けなどはそれ自体が発酵食品ですから、大腸の善玉菌を増やすにはうってつけです。

醤油は減塩タイプ、みそ汁の味噌はなるべく塩分を控えるように量に気をつけるといいでしょう。みそ汁の場合、しっかりだしをとると少ない量の味噌でもおいしいみそ汁がつくれます。
創健社の和風だしは、香りがよく優しい味に仕上がるのでおすすめです。

伝統的和食は腸が喜ぶ ( 和食 その 1 )

伝統的和食は腸が喜ぶ のでおすすめです。低塩、低脂肪、食物繊維が豊富。和食の長所を生かした食事で腸も喜びます。

伝統的和食は腸が喜ぶ 大腸ガン、乳がん増加は高脂肪食が原因に

伝統的和食は腸が喜ぶ

ここ最近、和食が人気でハリウッドスターなども和食に切り替えています。1960 年代からの高度経済成長と共に手軽にお腹を満たしてくれるファーストフードや高カロリーの洋食が増え食生活の欧米化が急速にすすみました。

こうして食生活が豊かになった一方でそれまでは少なかった大腸ガンや乳がんが増加しはじめ、現在もまだ増加し続けています。こうした背景をきっかけに見直されてきたのが和食。大腸の働きを活発にする食物繊維を豊富に含み、脂肪が少ない和食の利点を再認識されてきています。

これは、日本国内だけでなく、健康志向の強い欧米人の間でも減るシーフードとしてブームを呼んでいます。

脱・塩分と低たんぱくのおかず

昔ながらの和食は、食物繊維が多く低脂肪である反面、高塩分、低たんぱくというデメリットがありました。それが胃ガンや高血圧の原因になることがわかり、一時期和食離れがありました。

しかし、このまま欧米化した食生活を継続していけば高脂肪食が関係している様々な病気にかかる人が増え、腸内の悪玉菌も増加の一途をたどっていきます。和食の欠点を改善し、善玉菌が増える新しい和食の提案が必要です。和食も塩分を適度に調整し、栄養バランスを考えれば、健康食であることは間違いありません。生活習慣病予防にも役立つでしょう。

食間は食後 5 ~ 6 時間がベスト

食間は食後 5 ~ 6 時間がベスト 食事と食事の間は5 ~ 6 時間 あけるのが体のためにはベストです。

次の食事は胃がからになってから 食間は食後 5 ~ 6 時間がベスト

食間は食後 5 ~ 6 時間がベスト

食べた物が胃の中で消化される時間は、平均 5 ~ 6 時間です。一般に消化時間が最も短いのはご飯やパンなどの炭水化物で 2 ~ 3 時間程度。

逆にもっとも長いのは、脂肪で 7 ~ 8 時間、その中間がたんぱく質で 4 ~  5時間とされています。

消化がまだすんでいないときに次の食事をしてしまうと消化不良の原因になったり、胃腸に負担をかけてしまいます。ただし、消化時間は個人差があり、またその日の体調によっても左右されるため脂肪の多い食事をとった後は、意識的に長めに胃腸を休めるなど調節が必要です。

空腹時 の お菓子類 はできるだけ控える

大腸の起動を促す朝食はしっかり食べる ( 朝食 )

大腸の起動を促す朝食はしっかり食べる ( 朝食 ) がとても重要です。

大腸を動かすための朝食はしっかり食べる 大腸の起動を促す朝食はしっかり食べる ( 朝食 )

大腸の起動を促す朝食はしっかり食べる ( 朝食 )

胃に食べた物が入ると、大腸の横行結腸からのS状結腸にかけて急激なぜん動運動が起こります。これが胃・結腸反応と呼ばれるものです。

そのぜん動運動によって、小腸にあった流動性の消化物は結腸に押し出され、大腸へ移動します。そこでさらに水分が吸収され、直腸に送り込まれると自律神経の働きによって便意を感じることができるのです。それは 3 ~ 4 回断続的に起こり、1 日のうちに 1 ~ 2 回起こるとされています。この胃・結腸反射が最も起こりやすいのは、朝食後です。

なぜなら、逆に食べた食事から最も長く時間が経過しており、胃がからっぽになっているためです。便秘傾向の人は、ともかく朝食をしっかりた食べて排泄を促します。ダイエットなどといって朝食をぬいていたら便秘になってしまいダイエットにもなりません。

また朝食の後に大切なのは、便意に素直に従い、トイレに行くことです。便意は結腸にためられていた便の元が直腸へと移動したときに、直腸壁のセンサーが大脳に送られることによって「便意」を感じることができます。その便意を我慢してしまうと、大腸内のセンサーが麻痺し、そうのうち便意そのものを感じなくなってしまうのです。

規則正しい食事の中でも蠕動運動に欠かせないのが朝食ということになります。