ミカン かわや白いスジも食べる ( 柑橘類 )

ミカン かわや白いスジも食べる ( 柑橘類 ) のが腸のためにはおすすめです。オレンジやグレープフルーツ、レモンやミカンなど、柑橘類の仲間にはペクチンをはじめとする水溶性食物繊維が、豊富に含まれています。ペクチンは腸のなかでも水分を調節して、軟らかい、スルリとした便をつくります。

ミカン 水溶性食物繊維の ペクチン が排便を促す

ミカン かわや白いスジも食べる ( 柑橘類 )

ミカン かわや白いスジも食べる ( 柑橘類 )

オレンジやグレープフルーツ、レモンやミカンなど、柑橘類の仲間にはペクチンをはじめとする水溶性食物繊維が、豊富に含まれています。

ペクチンは腸のなかでも水分を調節して、軟らかい、スルリとした便をつくります。柑橘類には不溶性食物繊維もバランスよく含まれていますから、腸のぜん動運動を活発にして、便意を促します。便秘、下痢どちらに対しても穏やかな整腸作用を発揮します。

ただし、食物繊維は、ミカンの内側の白い部分やスジ、袋に多く含まれているので果肉だけを食べるのではなく、スジのついた袋ごと食べないと効果は期待できません。このほか柑橘類に含まれている酸味の元のクエン酸の刺激も便通を穏やかに促します。

温州ミカン スジが 効果は一番

柑橘類の房についている白いスジは腸によいだけではなく、近年さまざまな健康効果がわかってきました。毛細血管を丈夫にして血圧上昇を抑制し、血中中性脂肪の分解作用やアトピーなどのアレルギーに対して効果があるヘスペリジン、強い発ガン抑制効果が明らかになったβクリプトキサンチン、このほかにも実に多くの有効成分が確認されています。

これらの有効成分は、日本特産の温州みかんに圧倒的に多く含まれており、しかもそのほとんどが白いスジの部分にあります。嬉しいことに温州ミカンは房ごと食べやすいので、無駄なく有効成分が摂れます。

温州みかん は、日本の代表的な果物で、冬場こたつで家族で食べるなど一つの風物詩にもなっております。品種は多種多様で、店頭では品種名ではなく地域の名前をブランド名として販売されているのが一般的です

温暖な気候で栽培されるが、かんきつ類のなかでは比較的寒さに強く、主に関東より南の地域で栽培されています。

9月下旬に収穫できる極早生から12月中旬に収穫して貯蔵し、3月ころまで出荷される晩生まで多くの品種があります。

また、みかんは収穫量の多い年と少ない年が隔年でかわります(隔年結果)。通例では1年おきに表年と裏年が回ってきます。多い年を表年、少ない年を裏年と呼んだりもします。

善玉菌を増やす

ミカン を食べても 音沙汰がない場合は

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください