腸内腐敗」カテゴリーアーカイブ

腸内腐敗を起こすためにやってはいけないことやるべきことを紹介。栄養や成分の紹介も。

にがり 1 日に70 mg マグネシウム 便秘解消効果

にがり 1 日に70 mg マグネシウム 便秘解消効果 という情報です。にがりの代表的な健康効果といえば、一時期ブームにもなった便秘解消効果です。にがり はお豆腐を固めるときに使われます。
2004 年 5 月 30 日に放映された『発掘!あるある大事典II』で「 にがりダイエット 」が放映されてから、にがりのダイエット効果が注目されるようになりました。

にがり 主成分 マグネシウム 便秘解消効果

マグネシウム 便秘解消効果

マグネシウム 便秘解消効果

にがり の代表的な健康効果といえば、一時期ブームにもなった便秘解消効果です。主成分である マグネシウム が、腸の動きを活発にし、便に水分を補いさらに軟らかくして排泄しやすくします。その結果はマグネシウムが便秘薬として使われていることからも明らかです。

にがりは、海水から塩をつくる過程で得られる副産物で、凝縮した海水から塩を取り出した後に残る苦い液体です。塩化マグネシウムのほか、海水に含まれる塩化ナトリウム、亜鉛、鉄、リン、塩化カルシウムなど、多くのミネラルが含まれています。

日本人の食事摂取基準では、1日のマグネシウムの推奨量を18~29歳男性では340㎎、30~64歳男性では370㎎、65~74歳男性では350㎎、75歳以上の男性では320㎎で、18~29歳女性では270㎎、30~64歳女性では290㎎、65~74歳女性では280㎎、75歳以上の女性では260㎎と設定しています。

令和元年国民健康・栄養調査におけるマグネシウムの1日の摂取量の平均は247.1㎎で、推奨量と比較すると、不足気味です。食品群別の摂取量を見ると、穀類からの摂取量が最も多く、次いで豆類、野菜類、調味料・香辛料、魚介類の順に多く摂取されています。

様々なタイプがある市販のにがり

天海のにがり 日本人に不足しているマグネシウムを補う赤穂化成のにがり水

ダイエット食品として一時期ブームになったせいか、あちこちのスーパーでも見られるようになりました。購入する際は、マグネシウムやナトリウムなどの含有量の表示があるものがよいでしょう。豆腐を作ったり、煮物など料理に使う場合には、目安量が表示されているものが利用しやすいからです。

甘い煮物に使うと、爽やかなスッキリした味になります。にがり独特の苦みが苦手な人は、みそ汁やスープ、トマトジュース、昆布茶など塩気のあるものに加えると気になりません。
また、飲用には一滴ずつ落ちてくるタイプが分量の調節が簡単です。ミニサイズのものなら、外食するときにも携帯できます。ご飯と一緒に炊くとつやつやになっておいしくなります。

マグネシウム 不足

マグネシウムが不足した場合には、不整脈が生じやすくなり、慢性的に不足すると虚血性心疾患、動脈硬化症などのリスクが高まります。また、吐き気、精神障害などの症状が現れたり、テタニー(筋肉の痙攣)を起こしやすくなったりします。さらに、近年、長期的なマグネシウムの不足が、骨粗鬆症、心疾患、糖尿病、高血圧などの生活習慣病のリスクを高める可能性が示唆されており、今後さらに研究が進められることが期待されます。

マグネシウム 過剰摂取 量を摂りすぎると下痢になる

マグネシウムを摂り過ぎた場合は、過剰分は尿中に排泄されるので通常の食事では過剰症になることはありません。

しかし、腎機能が低下している場合には高マグネシウム血症が生じやすくなり、血圧低下、吐き気、心電図異常などの症状が現れます。また、ダイエットや便秘などに効果があるといって摂取されている「にがり」(主成分は塩化マグネシウム)やサプリメントなど、通常の食事以外でマグネシウムを過剰に摂取すると、下痢を起こすことがあります。

たくさん摂りすぎると下痢を起こすことがあるため、マグネシウム量で 1 日に 70 mg 程度を目安にします。
小さじ 1 杯弱程度でマグネシウムの 1 日の所要量を満たしてしまう商品もあるため、妊娠中の人などは摂取量には注意が必要です。これは、個人個人の体質などによるところが大きいため、下痢をしてしまったら減量、便秘が改善んしないのであれば増量します。2~3日、マグネシウムを飲んで評価するのがいいでしょう。

善玉菌を増やす

にがり水の作り方・飲み方はこちら。

にがり水なら 赤穂化成のにがり水 天海のにがり

下剤を使ったダイエットはやらない ( 間違いだらけのダイエット その 2 )

下剤を使ったダイエットはやらない 世の中には間違ったダイエット方法がたくさん溢れています。下剤を使ったダイエットの危険性はどこにあるのでしょうか?下剤の長期服用は腸管を薬に依存さえ、腸本来の機能を低下させてしまいます。

腸壁を刺激する便秘薬の常用はぜん動運動を低下させてしまう 下剤を使ったダイエットはやらない

下剤を使ったダイエットはやらない

下剤を使ったダイエットはやらない

ダイエットをする人のなかには、少しでも体重を減らそうとして、下剤を利用してしまう人がいます。
確かに体重は減るのですが、このやり方では様々な問題を抱えているので是非行わないでほしいと思います。

市販の便秘薬の多くは、腸管を直接刺激して収縮させることで便を排泄させます。便秘・下痢改善の整腸剤(一覧)などを見ていただくとわかるとおり、下剤、整腸剤というのはかなりの種類と数が出回っています。

こうした便秘薬にばかり頼っているとそのうち腸管が刺激に慣れてしまい、薬を飲んでも便意を感じないようになってしまいます。もちろん、何日も便がでないようなケースでは、便秘のほうが問題ですから限定的に使用することもあります。

便秘薬が効かなくなってくると、便秘薬を飲む回数が増え、毎日服用するようになってしまいます。便秘薬による排便が習慣化してしまうと、腸が本来持っている機能を低下させぜん動運動も弱まり、自力で排便できなくなってしまうのです。

原因としては、血液中のカリウム不足もあげられます。便秘薬を常用していうrと、カリウムなど必要な栄養素まで排泄されてしまいます。血液中のカリウムが低下すると、筋力が低下し、腸のぜん動運動や腹圧が弱くなってしまうのです。

いずれにしても便秘薬の長期使用は、大腸の下剤依存度を引き起こし、薬の使用前よりも腸の機能が低下する腸弛緩症候群をもたらす可能性があるので注意します。浣腸も同様です。

漢方の下剤の常用は腸壁が真っ黒になることも

センナや大黄など、漢方が主体の下剤やハーブは副作用もほとんどなく安全だというイメージがありますが、腸壁を直接刺激して収縮させ、排便を促すしくみなので一般的な便秘薬とほぼ同じです。
痙攣性便秘の原因をつくってしまうケースもあります。腸の粘膜に黒い色素沈着を生じさせる大腸メラノーシスの原因になります。現在は害がないわれていますが、腸粘膜の変性は、気持ち悪いものです。

食べる量を減らすダイエットは腸がさがって下がってしまう ( 間違いだらけのダイエット その1 )

どうしても便秘が解消できないのなら 食物繊維 トクホ イサゴール

ダイエット 食べない デメリット ( 間違いだらけのダイエット その1 )

ダイエット 食べない デメリット は、腸がさがって下がってしまうため NG です。食べないダイエットが腸に及ぼす影響を解説しています。食べないことによるデメリットそれ以外にも、結果便秘を招くので失敗に終わる 間違いだらけのダイエット の代表です。ダイエット中に便秘がすすんでしまうとダイエットは失敗してしまいます。

無理なダイエットは NG 便秘をさらに促進させる 食べる量を減らす のは腸がさがって下がってしまう ダイエット 食べない デメリット

ダイエット 食べない デメリット

ダイエット 食べない デメリット

引き締まったスリムなナイスボディーになりたいという女性はたくさんいます。ところが、ただ細くなればいいと、無理なダイエットや間違ったダイエットを行った結果、自分自身の健康を損ねてしまうことも少なくありません。

過剰なダイエットで内臓機能が停止しまう などが参考になります。健康的なダイエットはどんどんすべきですが、内臓機能が停止してしまうダイエットを行ってしまうと貧血がすすみ、最終的には生理も止まってしまうので非常に危険です。こうなるとダイエットは失敗に終わるだけでなく後の代償が大きすぎます。

このようなダイエットにならないようにしなければいけません。

ダイエットによって引き起こされる便秘もそのひとつになります。 1 日 3 食をきちんと食べずにさらに1回の食事量を減らしてしまうと当然、便の量も減ります。食べなければ、便も出ません。便秘が続くうちに、腸には悪玉菌が急激に優性となり有害物質が発生し体中に運ばれていくと肌荒れ、頭痛、肩こりなど不快症状があらわれます。

ダイエットを開始して一番多い悩みは「肌荒れ」次に「便秘」となっています。かりにダイエットは成功してもこのような症状に悩まされてしまいます。

食べない ダイエット デメリット

食べない ダイエット デメリットは代表的なものが以下のとおりです。ダイエットどころではなくなってしまいます。また、とりあえずやせることができてもかなりひどいリバウンドに悩まされる人が多くおすすめできません。

  • 便秘
  • リバウンドしやすい
  • 肌荒れ
  • 逆に脂肪を溜め込みやすくなってしまう
  • 疲れが取れにくくなる
  • ストレス増大
  • 栄養不足や健康被害を及ぼす可能性大
  • 代謝が下がる

ダイエット 食べない  健康への影響 下がった胃が腸にも影響する

女性は、もともと男性よりも皮下脂肪が多く、内臓脂肪が少ないため過激なダイエットをすると、さらに内臓脂肪が減り、腹部の臓器の位置を保持できなくなります。そのうえ、内臓を支えているお腹の筋肉、腹直筋が衰えると、胃が下がり胃下垂になります。下がった胃は腸にも悪い影響を及ぼします。ダイエット中に便秘が深刻化する人が多いのですが、便秘がすすむ場合は、ダイエットがうまくいっていない証拠です。

胃に押されて、横行結腸が垂れ下がるようになり、S状結腸も下がり、胃下垂が起きるのです。これによって、腸内のカーブが増え、便が通過しにくくなってしまうのです。だらりとなった腸を便を送り出すのに時間がかかり、腸内で水分を吸収されすぎた便は、ますます硬くなって排便を困難にするので、便秘になってしまうのです。ダイエットは、食べる量を減らせばよいというものではありません。

日本人に合った ダイエット

日本人の体質は 6 割の人が水太りだと言われています。「悪い水」と脂肪を排泄するためのダイエット法がありますのでこちらも参考になります。

筋力が弱い方や疲れやすい方は、水分代謝が悪く、余分な水分が重力などで下に溜まりやすくなるため、特に夕方以降下半身にむくみが起きやすくなります。これにより、脚などが太くみえてしまいます。また、むくみを放っておくと、下半身に余分な脂肪がつく原因のひとつとなると言われています。

ただし、水分も排泄できる下剤を使ったダイエットも危険がいっぱいです。食事を3食とって自然排泄させる イサゴール などを使うのが王道です。楽をして簡単にやせるダイエットは後にくるしっぺ返しが大きく最初から運動を取り入れたダイエットをやった方が結果、早くに結果を出すことができるのです。

食べる量を減らす ダイエット  はよほどでない限り失敗します。バランスのいい食事、十分な睡眠、ストレスをため込まない、そして適度な運動で 美しくやせることが ダイエットの本質です。ダイエット 成功の鍵はバランスのいい食事をしっかり食べることが第一です。また、夕食は軽めに、21時以降は食べないことも大切です。ゆっくりよく噛んで食べること、そして食べる順番もとても重要です。白米より玄米などの GI値が低い食品を選ぶことも大切です。

手っ取り早くやせるために 食べない ダイエット を行ってしまうと デメリット に体がかなり追い込まれてしまうことは間違いありません。ダイエット中におすすめの 「 オーマイパン 」 が作る九州産小麦ふすまの 低糖質パン

腸内腐敗