コラム」カテゴリーアーカイブ

体を温める食品を意識的に食べる ( 陰陽食品 )

体を温める食品を意識的に食べる ( 陰陽食品 ) ということで腸は冷えると機能しなくなるので注意しなければいけません。体を冷やす陰性食品、逆に温まる陽性食品を理解した上で食べるといいでしょう。また陰性食品も調理方法などで陽性食品に変えることができます。たとえば 大根は陰性食品ですがきりぼし大根は陽性食品です。

医食同源の東洋医学の考え方も参考に 体を温める食品を意識的に食べる ( 陰陽食品 )

体を温める食品を意識的に食べる ( 陰陽食品 )

体を温める食品を意識的に食べる ( 陰陽食品 )

ふだん、何気なく食べている食品の中には、体を冷やす物、温める物があります。体と食の関係を重視する東洋医学には、陰と陽の考えがあり、体を冷やす食べ物が陰で、温める食べ物が陽と分類しています。

どちらがいい、悪いという問題ではなく「体が冷えている人は温かい陽の食品を、体が冷やしたほうがい場合は、陰の食品を摂りましょう」という考え方なのです。

今は、真冬でも当たり前のように冷たい飲食物を口にできる時代。でも、これが冷え症体質の人を増やす原因となってしまっています。

冷えの影響は体のあちこちに現れますから、胃腸も例外ではありません。ぜん動運動や消化能力の低下によって便秘や逆に下痢体質をつくりだしてしまうのです。

冷え症の人は、積極的に体を温めるものを口にする必要があります。では、陰と陽の食べ物の見分け方はどのようにすればいいでしょう?
野菜では、かたくてゆっくり育ち、地下で下に伸びるものが陽性の食品です。陰性の野菜は暖かい土地や気候で育つもの、地上にまっすぐ伸びる物、水分の多いものです。1年中出回る きゅり や レタス は体を冷やす食品なのでいくら食物繊維を摂りたいといっても冷え症の人は寒い季節には避け、根菜類を食べるようにするといいでしょう。

野菜サラダはダイエットには向かないなどを読むと冷え症には生野菜が向かないことがわかります。

温める作用のある食品と冷やす作用のある食品

温める作用のある食品 冷やす作用のある食品
  • 天然塩
  • 植物油
  • たくあん
  • ナッツ類
  • 塩辛
  • ネギ
  • 根菜類
  • 味噌
  • 醤油
  • ニンニク
  • チーズ
  • しょうが
  • 肉類
  • 日本酒
  • 魚介類
  • 牛乳
  • 豆腐
  • 豆乳
  • なす
  • トマト
  • 植物油
  • もやし
  • マヨネーズ
  • 清涼飲料水
  • コショウ
  • ビール
  • カレー
  • ウィスキー
  • コーヒー

隠れ ストレス 胃腸を蝕む

隠れ ストレス 胃腸を蝕む のは現代人には急増しています。会社で厳しいノルマがあるような場合、人間関係が難しくなっている場合、家庭内でのもめごとが起きている場合など、また心配事がある場合、食生活は全く変わらないのに便の状態が急変する場合があります。

原因不明の便秘やストレスは日常のストレスを考えてみる 隠 れストレス  胃腸を蝕む

ストレスによる刺激は、もう一方では脳から「交感神経」にも伝わり、胃の血管を収縮させ、血流を減らし、胃の粘液の分泌を減少させます。

つまり、ストレスを受けた胃は、血液循環や粘液分泌が減少して胃粘膜の抵抗力が弱まり、逆に、胃を攻撃する胃液(胃酸)の分泌が増えた状態になります。ストレスにより胃腸に症状がでるのはこうした理由からです。

隠れ ストレス

隠れ ストレス

会社で厳しいノルマがあるような場合、人間関係が難しくなっている場合、家庭内でのもめごとが起きている場合など、また心配事がある場合、食生活は全く変わらないのに便の状態が急変する場合があります。

ストレスが原因でその影響がストレートに胃腸にあらわれている場合です。胃腸はストレスに左右されやすい臓器です。

特別に大きな出来事などがある場合、こういったことが原因であることをすぐに自覚しますが、日常的なとるに足らないようなストレスには、鈍感になっている場合がほとんどです。

ストレスを受けているのかどうかさえも自分で気づかない場合があります。しかし、こういった繊細なストレスが蓄積されたときには、本来であれば適度な運動をしたり、食物繊維を多くとることで改善できる場合がほとんどです。繰り返す下痢や便秘には、何かストレスが影響していないかどうか振り返ってみることが大切です。

隠れ ストレス 対策 日常生活で適度にガス抜きをする

腸内環境をストレスによって悪化させないためには、気分転換を取り入れてストレス発散を行うことが大切です。
当然、ストレスゼロの生活は無理ですが、一時的に便秘や下痢になることがあったとしても異常ではありません。ただ、大切なのは、それを長引かせないことです。長引けば長引くほど、悪玉菌が増えてしまい、免疫力の低下につながります。こうなると、身体だけでなく心にもガスがたまってしまった状態といえます。適度にストレス発散が大事です。

ストレス 発散ポイント は自分自身が心地いいかどうかです

ストレスが溜まっていると、つい「お酒」や「煙草」に頼ってしまうという方も多いでしょう。しかし、お酒や煙草は健康を損ねてしまうリスクがあります。ストレス発散の方法を間違えてしまうとさらに大きな身体ストレスを抱えることになるので、以下のような方法がおすすめです。

  • 笑う
  • 入浴
  • 楽しいお酒
  • 非日常を楽しむ
  • 有酸素運動
  • 森林浴
笑う 「笑い「には免疫力を高めたり、ストレスホルモンの分泌を減少させる効果があります。
入浴 心と体の緊張がほぐれる入浴のコツは、39度以下のぬるめのお湯につかること。
楽しいお酒 適量のアルコールは心の緊張をほぐし、リラックス効果も高い。
非日常を楽しむ 旅行や観劇、ハイキングや音楽会など日常を離れた時空を楽しむ。
有酸素運動 ウォーキング、ジョキング、水泳など体内に酸素を取り入れながら運動する。
森林浴 植物が発散する成分フィトンチッドに心身をリフレッシュさせる効果が。マイナスイオンもよい。
利害関係のない友達 損得勘定の必要がない友好関係が信頼を深める。

ストレスに弱いタイプの人は日頃から カルシウム の摂取も習慣化しておくといいでしょう。

カルシウム

カルシウムは、骨や歯の材料である。そう思ってはいませんか?実はそれだけではありません。カルシウムはすべての生命活動の中心的役割を果たしているミネラルなのです。

体内で重要な働きをするカルシウムは、骨にしっかり貯蔵されています。そして例えカルシウムを長い間食べなかったとしても、骨を溶かしてまでも濃度を保とうとするシステムが出来上がっています。

胃炎 食事

胃炎を起こしているときの食事の注意点です。胃炎は、急激に胃に炎症が起きた状態で、胃の病気としてはよくみられるものです。原因はいろいろ考えられますが、飲み過ぎ、食べ過ぎ、消化不良のほか、精神的ストレスも影響します。また、風邪薬や鎮痛剤を服用した後に起こることもあります。

一般にはどうも不当に軽視されているのが、胃袋の役割です。「胃は、もともと腸管の一部が特別に大きくふくれて、倉庫の役目をはたすようになったにすぎないもので、全部とりのぞいてしまって食道と小腸を直接つないでも、命に別状はありません。

消化管は原始的な器官ですから、数年のうちには、腸のある部分が胃の代行をするようになる」…と考えます。消化管というものが原始的な器官であって、きわめて融通性の高いものであることに間違いありません。しかし、それなりに進化してきているのも事実です。とくに胃は、進化にともなってあらわれてきた器官で、高等動物の最高位に位置する人間にとってはきわめて重要な器官です。

具合が悪いときはまずは絶食する

吐き気や嘔吐が激しいときには絶食して、胃の粘膜を保護します。およそ一日か二日して、食事ができるようになり最初の食事を摂るときはジュースや重湯など流動食から始めます。その後、おかゆ食からご飯へ移行していきます。ただ、普段の食事に戻ったとしても何でも自由に食べるのではなく、消化の良い食品や調理にして、栄養のバランスを取るようにしましょう。

いつまでもおかゆを続けない

胃の調子が悪いと、ついついおかゆに梅干しのパターンになりがちではありませんか?これだと、いつまでたってもおかゆ食から抜け出せないこともあります。おかゆは、確かに消化は良いですが、水分が多いし、エネルギー、タンパク質はそれほどありません。できるだけ早い時期に普通のご飯に戻し、よく噛んで食べるようにしましょう。

規則正しい食生活を

体が消化の準備を整えるためには、毎日決まった時間に食べることです。規則正しい食生活をおくることが大切なのです。そして、消化を良くするためには、ゆっくりよく噛んで食べることが必要です。早食いでよく噛まずに食べる人は、胃炎を起こしやすいのです。

できるだけ刺激物を避ける

胃の壁の負担を減らすために、ある程度、刺激物は制限します。ここでいう刺激物とは、熱すぎるものや硬すぎるもの、アルコールやカフェイン飲料などです。それに、お腹いっぱいになるまで食べると胃が拡張して、胃の負担が大きくなります。炎症を抑えるには、腹八分目にしておきましょう。

胃腸薬

胃薬を症状のタイプに分けて原因を特定してから薬を選ぶ

胃痛、胸やけ、胃もたれ、むかつきといった胃の様々な不調を改善するのは胃腸薬です。その多くは、複数の症状に効くようにつくられていますが、薬を選ぷ際は、最も気になる症状と、その原因を考慮することがポイントです。

例えば胃痛が起床時や昼食前など空腹時にあるなら、胃酸の出すぎを抑えるファモチジンやラニチジンなどのH2ブロッカーや、胃酸を中和する制酸薬が主成分の製品を選ぶようにします。
制酸薬は胃もたれやげっぷ、胸やけにも効果があります。食べすぎや飲みすぎで胃がもたれるのなら、消化酵素を配合した胃腸薬がおすすめです。

コラム

現代人の排便量は少ない 食物繊維で 便量を増やしたいなら イサゴール

現代人の排便量は少ない 食物繊維で 便量を増やしたいなら イサゴール 日本人の 1 日の排便量は 1 人平均 200 g 。しかし、半世紀前の日本人は平均 350 gでしたから、日本人の便の量は減少しています。便の減少は便秘の女性だとさらに顕著で、 1 日約 80 g程度しかありません、

しかも水分が少なくコチコチ状態の人もいます。けいれん性便秘の人の便は、うさぎのようにコロコロした便で、量も少ないのが特徴です。いつもコロコロ便だと、トイレに行ってもなんだかまだ残っているような不快な気分で「出た!」という爽快感がありません。これは、腸の蠕動運動が行われても食物繊維が少なくて快便にならないということです。

現代人の排便量は少ない 食物繊維で 便量を増やしたいなら イサゴール 食物繊維たっぷりの豆類

現代人の排便量は少ない 食物繊維で 便量を増やしたいなら イサゴール 食物繊維たっぷりの豆類

昔は、日本の食卓には

    • 穀物
    • 芋類
    • 豆類
    • キノコ類
        • 食物繊維たっぷりのおかずが並びました。今のようにお肉や魚はわずかでした。肉 魚 などが毎日食卓に見るのはまずありえませんでした。

排便量が減少したのは 食物繊維 の摂取量が減ってきたからです。肉を好んで食べる現代人と、草や木の実ばかりを食べていた 1 万年前の人類。しかし、両者の体の仕組みは、ほとんど同じ。

人間の体のつくりは、食物繊維の少ない肉中心の食生活に対応できるよう変化したわけではないのです。つまり、肉よりも食物繊維を多く食べるほうが人間の体には合致し、その結果「快便」になるといえます。

食物繊維をとるメリットは快便だけではありません。米国国立ガン研究所は、「穀類や豆類を多くとれば免疫力が上がってアレルギーを抑えるほか、ガン予防にもつながる」と発表しました。

食物繊維はアレルギーやガンも防ぐ

食物繊維はアレルギーやガンも防ぐ

快便につながる食事をすることで、

  • 目のかゆみ
  • 充血

などのアレルギー症状なども緩和し、ガンにも負けない体づくりもできるというのです。いわゆる食物繊維で腸が元気になれば免疫力が高まるということです。食物繊維の摂取を増やしたら花粉症の症状が止まったという人も最近はよく耳にします。

現代人に花粉症が急増しているのも食物繊維の不足による排便量の減少が影響していると思われます。

さて、腸には100兆個もの細菌がいて、それぞれに活動をしています。ビフィズス菌や乳酸菌のように体によい働きをする善玉菌がいる一方、体に悪影響を与える悪玉菌もいます。
だからといって、腸内には善玉菌だけがいればいいというわけではありません。善玉菌と悪玉菌がバランスよく存在することで腸内環境は最適に保たれ、それは全身の状態にまで波及します。

腸内細菌が分泌するある種の刺激物質は、腸壁から吸収されて全身へと送られ、体じゅぅの免疫細胞を刺激することが解明されました。この刺激物質は、善玉菌が多いときよりも、善玉菌と悪玉菌がバランスよく共存しているときに最も多く分泌されます。

ところが、排便を促す食物繊維の摂取が少ないと、いつまでも腸内に食べ物のカスが残って腐敗菌が増殖し、善玉菌と悪玉菌とのバランスがくずれてしまうのです。

その結果、免疫力の低下、アレルギー発症などの症状が引き起こされてしまいます。日本で花粉症やアトピー性皮膚炎などのアレルギー症がふえたのは、人々の暮らしが豊かになり、野菜よりも肉中心の食事をとるようになった1960年代以降のこと。この時期は日本人の排便量が減少しはじめたころと重なります。快便力を高めて腸内環境が準えば、免疫力もアップしてアレルギーなど種々の症状が改善するのです。

トクホのイサゴール

トクホのイサゴール

食物繊維を効率よく摂取したい人は、こちらの イサゴール がおすすめです。体に悪いものを使用せずに、また、非常に便秘解消効果の高いと評判です。
食物繊維の塊ですから普段から外食が多い人にもおすすめです。

食物繊維には不溶性、水溶性の2種類があり、水溶性と不溶性の比率は2:1がベストですが、 イサゴール は2:1になっています。まさに便秘解消におすすめということです。もし効き過ぎて下痢をしてしまったら減量するだけですぐに対応できます。