コラム」カテゴリーアーカイブ

現代人が考える健康を見直すときがきている

近年、医学や化学的技術の進歩により、長寿や老化のしくみが少しずつ解明されています。その弊害なのでしょう。「何が体に良くて、何が悪いのか」の答えがどんどん変化し、混乱を招いています。

結局のところ、大事なのは腸内細菌を元気にする生き方です。生き方は、「食べ方」「食べもの」とも言い換えられます。人は、口からものを取り入れ、腸で消化吸収し、大腸で便をつくつて排泄することで、生命を維持しているからです。

腸内細菌を元気にする食べ方や食べものとは、1万年前の私たちの祖先が食べていたようなものです。免疫機能など、私たちの体のしくみは1万年前から何も変わっていな如いからです。1万年前といえば、裸同然の姿と裸足で駆け回り、狩猟をして命をつないでいた頃です。肉や魚介を取り、木の実や草や草の根っこを集めていた時代です。

日本ではまだ農耕が始まっていませんでしたから、炭水化物の摂取量は少なかったはずです。肉や魚介を大事な栄養源としていたでしょう。化学的につくつた食品添加物にまみれた無菌の食べものはなく、土壌菌のいっばいついた食べものをせっせと口に入れていました。

こう考えていると、「何が体に良くて、何が悪いのか」が見えてきます。文明社会の簡便さに慣らされた私たち日本人が、野生性を目覚めさせるような原始的な生活に戻るのは、簡単なことではありません。しかし、食事ならば今日からでも変えられます。

腸内細菌を元気にする食事こそが、明日からの人生をつくつていくことになるのです。

今、日本人の食は狂ってきています。野生性を目覚めさせるどころか、自分を家畜化させるような食事ばかりしています。まず、糖質の摂り過ぎです。チンをするだけ、お湯を注ぐだけ、封を切るだけの食べものを「おいしい」というようになりました。
野菜を食べるのは面倒と、サプリメントで代用させようとする人までいます。菌が1つも生きていない手軽で安価な食品を大量に頬張る姿は、まるで家畜のようです。

食は、私たちが人間らしく生きるための最後の砦です。腸内細菌を喜ばせる食は、人間の野生性を目覚めさせますが、腸内細菌にダメージを与える食は、人間を家畜に陥れます。日本人が野生性を忘れたところから、おかしなことが多々起こつてきています。

まず、病名はわかっても治らない病気が増えました。その1つがアレルギーや自己免疫疾患など免疫の誤作動により起こる病気です。免疫をつかさどる腸は、野生のような暮らしのなかでなければ自分の仕事を思うようにできないのに、脳は野生性を忘れて文明社会で家畜化した便利な生活を謳歌しょうと求めます。腸と脳の間で、免疫機能は混乱をきたし、自分自身の体を攻撃するようになってしまったのです。

うつ病もそうです。「うつ病は感染症から身を守るための免疫システムの進化の結果」と述べる研究者がいます。1万年前、私たちの祖先が抱えたストレスとは、獲物や敵と戦うプレッシャーや負傷だったことでしょう。死ぬか生きるかの瀬戸際による緊迫したストレス状態で、感染症にかかった人と接触すれば、医療のなかった時代、あっという陀まに死がやってきました。

うつ病になると、動きが鈍くなり、食欲も落ち、社会から遠納ざかろうとします。このうつ状態は、感染症の雁患者に自ら近づかないようにする免疫ステムの一部だと推測されるのです。

私たちの暮らす文明社会は、便利で快適だけれども、ストレスフルです。人間が本来持つ野生性を発経できない社会では、体内リズムにそって生活することも、自分らしく生きることも難しくなり、知らず知らずのうちにストレスを溜め込みます。1万年前かあつれきら変わらない免疫機能は、文明社会のもたらす精神的乳轢を、命を脅かす危機的状況と判断してしまい私たちの祖先と同じようにうつ状態をもたらし、身を守らせようとするのでしょう。

また、「ガン・心筋梗塞・脳卒中・糖尿病」という4大疾病も、やはり免疫力が低下して誤作動を起こすところから生じます。活性酸素という本来自分の体を守るためにあった物質に、体内の細胞や脂質が酸化されてしまうところから引き起こされるからです。

野生性の喪失は、免疫力を低下させ、人の命も生きる力も確実に縮めます。早急に手を打たなければいけません。それにはやはり、私たちのお腹に息づく野生性の象徴ともいえる腸内細菌を元気にしてあげることから始めなければならないのです。

ところが困ったことに、日本人の食の軸がゆれ動き過ぎて情報が反乱し、何が真実なのかわかりにくくなっています。その結果、多種多様な健康法が生まれては消えていっています。最近の健康法の主流といえば、「粗食」でしょう。「一汁一菜」「肉は食べない」「プチ断食」などのキャッチフレーズが「日本人は先祖代々「一汁一菜」にご飯という食事だったが、武士も農民もみなよく働き、現代人よりも丈夫だった」「農耕民族だった日本人の体には、動物性タンパク質は必要ない」という理屈と重なると、「食べないほうが元気になれる」という錯覚を起こさせます。

しかし、現実はどうでしょうか。日本の高齢者を見ると、低栄養が深刻な問題になってきています。

しっかり食べて栄養状態の良い高齢者が長生きしている」という結果が明かになっています。

肉や魚、卵など、動物性の食品も、体内で重要な役割を果たしてくれています。それを顧みず、「コレステロールが増える」「腸内で腐敗ガスが溜まる」などと、悪い方向にしか目をやらずに排除してしまうと、健康を支える大事な栄養素が入ってこなくなってしまうのです。

健康に大事なのは、食べものの内容や食べ方のバランスです。たしかに、肉は食べ過ぎれば腸内バランスを乱しますが、週に3 日程度ならば問題ありません。コレステロールが増えて怖いのは、活性酸素によって酸化し毒性を持ったときで、肉を食べるときにフィトケミカルを含む野菜を一緒に食べれば、何も恐れる必要はないのです。

健康とは、自然と対応して自らの力で獲得すべきものだと考えます。もしあなたが健康に不安があるのならば、食や健康や医学の専門家と呼ばれる人たちの主張に目を向ける前に、自分の中にある野生性、すなわち腸と腸内細菌とまず向き合うべきです。

「今日の腸の具合はどうか。腸は何を望んでいるのか」「腸内細菌を元気にするには、何を食べてあげればよいのか」その間いかけから、必ず、あなたの健康は心身ともに引き出されていきます。さあ、あなたは今日からどんな食事をしていきますか?

長寿食とは、「腸」寿食です。腸を慈しむ食事こそ、医者いらずの健康な心身を築き上げます。腸寿食を実践していれば、ピンピン元気で125歳まで生きることも夢ではありません。

乳酸菌生活はこちら。

恋する気持ちが腸を若返らせる

こんな言葉があります。
ときには20歳の青年よりも60歳の人に青春がある。
年を重ねただけで人は老いない。
理想を失うときはじめて人は老いる。

これは、サミュエル・ウルマンの「青春」という詩の一節です。「青春」は、マッカーサーの執務室に掲げられ、松下幸之助が座右の銘にしていたことでも知られています。この詩が好きだという人はたくさんいます。

青春とは人生のある時期にのみ存在するものではありません。感性を磨きながら夢を持ってチャレンジしていれば、いくつになっても青春の感動を味わうことはできます。また、ヘルマン・ヘッセはこういいます。
「人は成熟するにつれて若くなる」

体は老化していっても、感性を磨いている限り、心は年齢とともに若返っていくのです。感性は先祖から新生児に受け継がれ、3歳までの養育環境で目覚め、青年期で自己研錬をすることで磨かれ、高年期に完成されます。

その感性が、人の心を若くします。私は、人は90歳になっても100歳を過ぎても、生きている限りいきいきと輝けると思っています。

百寿者の方々から見れば、私などまだ若者ですが、70歳を過ぎても成長することに努め、「今も青春」と毎日を楽しんでいます。

人の感性を磨かせるもの、自己研鎖させるものには、多くの方法がありますが、最も大事なのは、人と人とのコミュニケーションです。その最たるものが恋愛でしょう。

「結婚したら恋はしない」「もう歳だからセックスはできない」というのが日本に根強く生きる常識的な考えですが、それは自己研鎖を怠けていることの言い訳にも聞こえます。

なぜなら、恋する気持ちを忘れた人には、年齢に関係なく若々しさが感じられないからです。感性を磨くことを怠ったときから、人は老いていくのです。反対に、年齢に関係なく、心にときめきを忘れない人は、何歳になっても心が青春を生きています。元気にいきいきと長寿人生を謳歌したいならば、年齢を言い訳にせず、

恋する心を持ち続けることも大事だと思うのです。

恋愛とセックスは、長生きするための百薬の長です。中国の古典には「一葉一日、一撫十日、一吸百日」とあるそうです。

薬では1日分の効果しかないが、パートナーとスキンシップをすれば10日長生きし、お互いの愛液や唾液を口にすれば100日長生きするという意味だそうです。

つまり、薬を服用するよりも、セックスによるエネルギー交換のほうが、生命力の増強につながるというのです。まさに「性は生なり」です。

恋する気持ちは腸内細菌がつくつている

では、恋愛やセックスを楽しむ心を忘れてしまった人はどうすればよいのでしょうか。実は、ここでも腸内細菌が活躍してくれます。2000年のノーベル医学生理学賞受賞者は、ドーパミンの研究をしたアルピド・カールソン博士でした。カールソン博士は、神経伝達物常であるドーパミンは「幸せを記憶する物 」であることを明らかにしています。

ドーパミンは、人間の脳にやる気や性欲や興奮のメッセージを与える働きを持っています。人が何かを好きになってやめられなくなることを記憶する物質でもあります。

人が人をどうしようもなく好きになるのもドーパミンの働きです。このドーパミンの前駆物質を合成し、脳へ送っているのが腸内細菌であることがわかってきました。

腸内細菌が多く、働きも活発な人は、脳内でドーパミンをたくさん分泌できますが、腸内細菌が貧弱な人はドーパミンの分泌量も減ると考えられます。ですから、恋愛やセックスを楽しむ心を取り戻すには、ドーパミンを満足に分泌できるよう、腸内細菌を増やすことから始めるとよいでしょう。

その方法は、もうおわかりだと思います。最近、歳の差が親子ほど離れた異性に憧れ、恋愛状態に陥る人たちが多いという話を聞きます。

ドーパミンが脳を覚醒させ、興奮状態にしているときには、「恋は盲目になります。恋愛の真っ最中は、将来の幸福の追求よりも、短絡的な目先の快楽を重視するようになるのもドーパミンの仕業です。ドーパミンが大量に分泌されている間は、年齢差や将来性などは関係なくなるのです。ただし、lつの恋愛でドーパミンが大きく分泌される期間は、2~3 年です。

これを過ぎると、β ・エンドルフィンという物質が出てきます。これには、脳を落ち着かせる癒やしの効果があります。恋愛関係にとって大事なのは、ドーパミンからβ ・エンドルフィンに切り替わるこの時期です。この時期に、β ・エンドルフィンがたくさん出るようパートナーを大切にし、十分な愛情表現をすることが、恋愛を長続きさせる秘訣です。

反対に、それができないと、「なんでこんな人を好きだったんだろう」「どこが良かったのだろう」ということになっててしまうのです。これは、夫婦関係においても同じことです。ドーパミンとβ ・エンドルフィンの力を上手に使えば、夫婦が恋愛関係を持続させたり、再燃させたりすることが可能です。

とくに、男性は40歳を過ぎたら離婚してはいけません。寿命が10年縮まると思ってください。事実、40歳を過ぎて離婚した男性は、ガンになりやすいという統計があります。

ご自身の長寿のためには、努めてでも奥さんに感謝の気持ちを伝え、愛情表現をし、夫婦で恋愛とセックスを楽しむ気持ちを持ち続けることです。

一方、女性は熟年離婚しようと、夫に先立たれようと、寿命に変化は起こりません。女性は隣に男性がいなくても、免疫力に差が出ないからです。

しかし、男性は憐に女性がいないと、免疫力が落ちるタイプが多いのです。ですから、男ががんばるしかありません。また、人間関係を広く持つために、社会に出ていくことも大事です。社会へ出るといっても、毎日会社へ行くことではありません。利害関係のない男女が集まるハイキングやダンス、町会、クラス会、カルチャーセンターへ出かけることです。そうして、自分はどうすれば異性にモテるかを研究し、自覚することです。「性格を変えてみる」「態度を変えてみる」「服装や髪形を変えてみる」など、他者に好印象を持たれる方法を、ぜひ研究してみてください。

そうすると、「人と触れ合う生活」や「おしゃれをする生活」になります。それが恋に華やぐ生活へとつながっていくのです。

1分で作れるレンジでチンもやしは便秘解消に効く!

強いクセがなく、なんと言っても安い

以前は、緑黄色野菜などに代表される、有色野菜をたっぷり食べましょう!、としきりに提唱されたものです。ですが最近、少し風向ぎが変わってきました。実は、有色野菜を食べているだけでは、栄養素が偏ると考えられるようになっているのです。

そこで、色の白い野菜もバランスよく食べることが勧められています。現在では、色の白い野菜と、有色野菜の比率は、2対1がいいといわれています。色の白い野菜といえば、ダイコンやハクサイなどが頭に浮かぶと思いますが、今回は、その代表格として、もやしをお勧めします。

とるべき野菜の比率からいえば、もやしを200g食べたなら、あとは有色野菜を100g食べればいいことになります。これで、1日の必要な量の野菜を摂取できるのです。
でも、もやしって、ひょろっとしていて、栄養なんてあるの?とても栄養があるようには見えない・・・と思っている人もいるのではないでしょうか。

ところが、もやしは、栄養学の面から見ると、非常に優れた食品なのです。もやしは、ビタミンB1やビタミンB2、ビタミンC、カリウムなどのビタミン、ミネラル類をたくさん含み、また、たんぱく質、食物繊維なども豊富です。

例えば、ビタミンB1は、炭水化物をブドウ糖に変え、エネルギーに転換するのに不可欠な栄養素です。
ビタミンB2は、たんぱく質をアミノ酸に変えたり、脂肪を脂肪酸に変えたりする際に重要な役割を果たします。
食物繊維は、便秘を解消するというように、もやしには、さまざまな健康効果が期待できることは間違いありません。

しかも、もやしという食品は、それ自体に強いクセがないので、多くの食材にマッチするのです。もやし料理だけでも、非常に多彩なメニューが作り出せます。

例えば、「もやしのしんじょ」では、もやしとアンズが組み合わされています。アンズのような意外な取り合わせでも、もやしなら、無理なくおいしく仕上がるのです。ちなみに、もやしは、緑豆もやし、ダイズもやし、ブラックマッペと、3種類に分けられます。

さらに、ダイズもやしには大小があり、このうち、頭にマメがついたままの、いわゆるマメもやし(小タイズ)もありまず。マメもやしは、存在感がありより歯ごたえしめるものです。肉まんに入れてもいいし、ゴマ和えやみそ汁に入れてもおいしくいただけます。

ナムルなどの韓国料理などを作るときも、ぜひマメもやしを利用してみるといいでしょう。チゲ(鍋料理)にも、マメもやしは適しています。こうした特徴を生かし、マメもやしも、上手に使いたいものです。

なお、マメもやしは、調理の際、普通のもやしのおよそ倍の時間がかかると考えてください。普通のもやしなら、1分ゆでるところを、マメもやしなら2分かけることになります。

簡単電子レンジでプロ級の味に

さて、ここでは、もやしを使った、最も簡単な料理を紹介しましょう。それは、もやしを電子レンジでチンするだけ、という非常にシンプルな料理、名づけて「レンジもやし」です。電子レンジの600Wなら、100gにつき1分間加熱します。

袋のまま、封を切らずに加熱してかまいません。チンすると、多少、水が出ますので、袋の端を切って、その水を捨てます。あとは、小さじ1杯ほどのゴマ油を垂らし、塩、コショウを適量加えて昧を調えるだけです。こうすると、もやしをゴマ油で上手に炒めたものと、全く同じ仕上がりになります。

しかも、レンジでチンするほうが、加熱で壊れやすいビタミンCが、残存率にして30% も高いのです。

「レンジでもやし」を食べると皆さん、口をそろえて「おいしい、おいしい」と大好評。普通のもやし炒めよりも、レンジもやしのほうがずっとおいしいとおっしゃいます。もやしは、炒めるにしてもゆでるにしても、均等に火が通らなかったり、加熱しすぎたりして、なかなか上手に料理することができないものです。

でも、このレンジもやしなら失敗がありません。レンジは、もやしの中の水の分子に均等に熱を加えるので、文字どおり、均等に火が通ります。これによって、まるでプロのコックさんが妙めたかのような、シャキシャキ感が生まれるのです。

レンジもやしをラーメンに加えれば、とてもおいしいもやしラーメンができます。どうしてもインスタントラーメンで食欲を満たしたいときなどに、ササッと作れるレンジもやしを加えれば、栄養のバランスを取ることも簡単です。シンプル極まりないこの料理は、どなたにでも簡単に、しかも、あっという間にできますから、ぜひ試してみてください。
大切な健康維持のため、もやしを毎日の食生活の中に積極的に取り入れ、おおいに活用してみましょう。

便秘が改善されない場合は、200gぐらい食べると翌日はスッキリです。もやしには血圧を下げる効果もあります。

現代人の排便量は少ない

日本人の1日の排便量は1人平均200gしかし、半世紀前の日本人は平均350gでしたから、日本人の便の量は減ってきているといえます。便の減少は便秘の女性だとさらに顕著で、1日約80g程度しかありません、
しかも水分が少なくコチコチ状態の人もいます。けいれん性便秘の人の便は、うさぎのようにコロコロした便で、量も少ないのが特徴です。

排便量が減少したのは食物繊維の摂取量が減ってきたからです。肉を好んで食べる現代人と、草や木の実ばかりを食べていた1万年前の人類。しかし、両者の体の仕組みは、ほとんど同じ。人間の体のつくりは、食物繊維の少ない肉中心の食生活に対応できるよう変化したわけではないのです。つまり、肉よりも食物繊維を多く食べるほうが人間の体には合致し、その結果「快便」になるといえます。

食物繊維をとるメリットは快便だけではありません。米国国立ガン研究所は、「穀類や豆類を多くとれば免疫力が上がってアレルギーを抑えるほか、ガン予防にもつながる」と発表しました。快便につながる食事をすることで、目のかゆみ、充血などのアレルギー症状なども緩和し、ガンにも負けない体づくりもできるというのです。
現代人に花粉症が急増しているのも食物繊維の不足による排便量の減少が影響していると思われます。

さて、腸には100兆個もの細菌がいて、それぞれに活動をしています。ビフィズス菌や乳酸菌のように体によい働きをする善玉菌がいる一方、体に悪影響を与える悪玉菌もいます。だからといって、腸内には善玉菌だけがいればいいというわけではありません。善玉菌と悪玉菌がバランスよく存在することで腸内環境は最適に保たれ、それは全身の状態にまで波及します。

腸内細菌が分泌するある種の刺激物質は、腸壁から吸収されて全身へと送られ、体じゅぅの免疫細胞を刺激することが解明されました。この刺激物質は、善玉菌が多いときよりも、善玉菌と悪玉菌がバランスよく共存しているときに最も多く分泌されます。ところが、排便を促す食物繊維の摂取が少ないと、いつまでも腸内に食べ物のカスが残って腐敗菌が増殖し、善玉菌と悪玉菌とのバランスがくずれてしまうのです。その結果、免疫力の低下、アレルギー発症などの症状が引き起こされてしまいます。日本で花粉症やアトピー性皮膚炎などのアレルギー症がふえたのは、人々の暮らしが豊かになり、野菜よりも肉中心の食事をとるようになつた1960年代以降のこと。この時期は日本人の排便量が減少しはじめたころと重なります。快便力を高めて腸内環境が準えば、免疫力もアップしてアレルギーなど種々の症状が改善するのです。

食物繊維を効率よく摂取したい人は、こちらのイサゴールがおすすめです。体に悪いものを使用せずに、また、非常に便秘解消効果の高いと評判です。食物繊維の塊ですから普段から外食が多い人にもおすすめです。