月別アーカイブ: 2021年6月

食間は食後 5 ~ 6 時間がベスト

食間は食後 5 ~ 6 時間がベスト 食事と食事の間は5 ~ 6 時間 あけるのが体のためにはベストです。

次の食事は胃がからになってから 食間は食後 5 ~ 6 時間がベスト

食間は食後 5 ~ 6 時間がベスト

食間は食後 5 ~ 6 時間がベスト

食べた物が胃の中で消化される時間は、平均 5 ~ 6 時間です。一般に消化時間が最も短いのはご飯やパンなどの炭水化物で 2 ~ 3 時間程度。

逆にもっとも長いのは、脂肪で 7 ~ 8 時間、その中間がたんぱく質で 4 ~  5時間とされています。

消化がまだすんでいないときに次の食事をしてしまうと消化不良の原因になったり、胃腸に負担をかけてしまいます。ただし、消化時間は個人差があり、またその日の体調によっても左右されるため脂肪の多い食事をとった後は、意識的に長めに胃腸を休めるなど調節が必要です。

空腹時 の お菓子類 はできるだけ控える

大腸の起動を促す朝食はしっかり食べる ( 朝食 )

大腸の起動を促す朝食はしっかり食べる ( 朝食 ) がとても重要です。

大腸を動かすための朝食はしっかり食べる 大腸の起動を促す朝食はしっかり食べる ( 朝食 )

大腸の起動を促す朝食はしっかり食べる ( 朝食 )

胃に食べた物が入ると、大腸の横行結腸からのS状結腸にかけて急激なぜん動運動が起こります。これが胃・結腸反応と呼ばれるものです。

そのぜん動運動によって、小腸にあった流動性の消化物は結腸に押し出され、大腸へ移動します。そこでさらに水分が吸収され、直腸に送り込まれると自律神経の働きによって便意を感じることができるのです。それは 3 ~ 4 回断続的に起こり、1 日のうちに 1 ~ 2 回起こるとされています。この胃・結腸反射が最も起こりやすいのは、朝食後です。

なぜなら、逆に食べた食事から最も長く時間が経過しており、胃がからっぽになっているためです。便秘傾向の人は、ともかく朝食をしっかりた食べて排泄を促します。ダイエットなどといって朝食をぬいていたら便秘になってしまいダイエットにもなりません。

また朝食の後に大切なのは、便意に素直に従い、トイレに行くことです。便意は結腸にためられていた便の元が直腸へと移動したときに、直腸壁のセンサーが大脳に送られることによって「便意」を感じることができます。その便意を我慢してしまうと、大腸内のセンサーが麻痺し、そうのうち便意そのものを感じなくなってしまうのです。

規則正しい食事の中でも蠕動運動に欠かせないのが朝食ということになります。

悪玉菌を増殖させてしまうやけ酒

悪玉菌を増殖させてしまうやけ酒 はストレス発散には効果的かもしれませんが腸は泣いています。仕事のあとのビールが欠かせないと言う人は多いと思います。自分へのご褒美もかねてグビグビと飲めば、何とも言えない多幸感に包まれ、気持ちが落ち着くものです。

やけ酒はストレスを増大

悪玉菌を増殖させてしまうやけ酒

適量のアルコールは、血流もよくなりリラックス効果があります。また楽しい時間は気分転換にもなります。

お酒は「百薬の長」か?[本当]

しかし、飲み方を一歩間違えてしまうと胃腸に負担をかけるだけでなく、大腸の悪玉菌も増殖させてしまいます。こうなると逆にストレスを増大させてしまうことになります。

やけ酒や人の悪口をつまみに飲むとストレスが発散されるように感じますが、実はストレスが高まり、腸内環境のバランスを崩してしまいます。
アルコールの代謝能力は個人差があり、その日の体調によってもかなり左右されます。ほどよく楽しむ量としては、ビールであれば大瓶 2 本、日本酒は 2 合、ウィスキーはダブル 2 杯までとされています。こうした適量をしっかり守ることも腸にとっては大切です。

悪玉菌増加 サイン と誘因

 

おつまみ にはこだわる ビールやお酒を飲む時は

大腸がんを防ぐためには ビール を飲むときの おつまみ にはこだわる ようにしましょう。様々なアルコールの中でも習慣的にビールの多飲は大腸ガンのリスクファクターになります。酒は百薬の長 と言われる一方で毎日ビールを飲む人には大腸がんリスクが高まっているという情報もあります。

お酒を飲み過ぎないことと同じくらい大事なのは お酒と一緒に口にする おつまみ です。おつまみは、基本的に冷蔵庫にあるものや食べたいものを選んでしまいがちですが、ちょっと気を使うだけでリスクを低減できます。

大腸ガンを防ぐためにも食物繊維を積極的にとる おつまみ にも気を使う

おつまみにはこだわる ビール

様々なアルコールの中でも習慣的にビールの多飲は大腸ガンのリスクファクターになります。発酵飲料であることやビール酵母の健康効果を考えるとビールは腸内細胞のためには好ましい飲み物と思いますが、それは間違いです。ビール酵母が便秘に効果を発揮することからビールは女性にも人気のアルコールとなっています。

ビールの何がどのように発ガンに関わっているのか、詳しいメカニズムは現在のところ、はっきりとわかっていません。しかも不明な点はあるにせよ、飲み過ぎは要注意です。お酒のデメリットとして気分がよくなると飲み過ぎてしまう点にあります。もう少し、もう少しと量が増えてしまうのは注意しなければいけまえせん。

そして、ビールを飲むときに気をつけたいのは、おつまみ です。ビールのおつまみには肉類が合いますが、真っ先に焼き肉との組み合わせを連想してしまった人は要注意です。焼き肉とビールの組み合わせは要注意です。

お酒の おつまみ に脂肪の多い肉類は、腸内に善玉菌を増やし、腸内環境を腐敗へとすすめ大腸ガンのハイリスクであることは明らかになっています。肉類の消費量が世界最多のニュージーランドでは大腸ガンの発症率が高い調査報告もあります。

また、『飲酒によって、日本人の大腸がんリスクがおそらく確実に高くなる』という内容が以下のリンクです。

飲酒と大腸がんリスク | 現在までの成果 | 科学的根拠に基づくがんリスク評価とがん予防ガイドライン提言に関する研究 | 国立がん研究センター 社会と健康研究センター

飲酒が大腸がんを引き起こすメカニズムについてははっきりしていませんが、アルコールの代謝産物であるアセトアルデヒドには発がん性があることが実験的に示されています。

しかし、飲酒によって大腸がんのリスクが高まるのは、アセトアルデヒドによる大腸粘膜への直接的な作用としてよりも、アルコール、またはアセトアルデヒドが葉酸の働きを阻害することにより、大腸がん発がんの初期段階である遺伝子の低メチル化が引き起こされるためという考えが有力です。

ビールが大腸ガンのリスクファクターだとすると脂肪分の多い肉との組み合わせはさらにそのリスクをアップさせます。

ビールを飲む時の おつまみ は、キノコ、海草類などの食物繊維を含むものを一緒に食べるようにしたいものです。ビールに合うおつまみのランキング1位は えだまめ ですがえだまめなら問題ありません。また、最近は、糖質を抑えたビールもさまざま販売されていますが、ビールは糖質が多い点も注意しなければいけません。

ビール ( 350ml ) 1 本あたりの糖質は約 11 gで、これはコンビニのおにぎり 1/3 個とほぼ同じ量です。 また 500ml のビールでは 15.5 g の糖質量となり、コンビニのおにぎり半分よりやや少なめとなります。 このことから、ビール 1 本あたりの糖質はさほど多くないことがお分かりいただけると思います。しかし、毎日、大量に飲めば過剰な糖質摂取となります。お酒を飲む日はご飯を減らすなどの工夫が必要な人もいるでしょう。

ビール に合う おつまみ のランキング

ビールに合う おつまみ の人気ランキング

  1. えだまめ
  2. 焼き鳥
  3. 唐揚げ
  4. ソーセージ
  5. 餃子

ビールに合う、おつまみと言えば? という調査です。 総合ランキングの1位は「えだまめ」で56.2%、2位は「焼き鳥」で43.3%、3位は「唐揚げ」で39.0%、4位は「ソーセージ」で34.5%、5位は「餃子」で28.3%という結果でした。

おすすめは えだまめ です。枝豆の旬は夏ですが、最近は冷凍ものも多数販売されています。ビールには枝豆なら大腸がんを遠ざけるおつまみとして最適です。

現在国内で栽培されている主な えだまめ は、もっとも流通量が多い白毛豆(青豆)、豆の薄皮が茶色い茶豆、黒大豆を未熟なうちに収穫した黒豆の 3 種類です。

特定の地域だけで栽培されている在来品種が多く、希少価値の高いブランド枝豆も数多く存在しています。全国の えだまめ を食べてみるのもいいかもしれません。

山形県庄内地方の「だだちゃ豆」や、兵庫県丹波篠山市などの「丹波黒(黒豆枝豆)」は、ブランド枝豆の代表格です。

どうせ飲むならビールでなく 焼酎 がおすすめです。

白砂糖 肉類と一緒に摂取しない

白砂糖 肉類と一緒に摂取しない のは腸内環境を良好に保つためには必須事項です。腸内で肉類のアミノ酸と白砂糖のブドウ糖が一緒になると大量の悪玉菌を発生させます。

糖質の違いで腸内環境が変化

白砂糖 肉類と一緒に摂取しない

白米や芋類に含まれているでんぷんや、果物に含まれる果糖類が胃腸で分解されると単糖類となり、腸内細菌のエネルギーとなります。ところが、精製された白砂糖となるとこれは別。

特に白砂糖が分解された後のブドウ糖と、動物性たんぱく質が消化された後のアミノ酸が化合すると、腸内に悪玉菌を大量発生させます。ステーキとケーキなどの組み合わせは腸内には動物が腐るときに生じるプトマイシンなどの毒素と腐敗臭が充満するために、便にも強烈な悪臭が生じます。

白砂糖

「白砂糖」とはさとうきびやてんさい(ビート)などを原料とする砂糖で、「上白糖」とも呼ばれています。
さとうきびやてんさいから原料糖と呼ばれる砂糖の結晶を取り出して精製し、ろ過などの工程を繰り返して不純物を取り除き真っ白に仕上げます。そこへさらに転化糖をまぶしたものが白砂糖です。
転化糖をまぶすことで砂糖の表面がきめ細かくしっとりとし、コクや風味が増すのも特徴です。

白砂糖 デメリット

血液を酸化させます。体の中で消費されるのに大切な私たちのカルシウムなどのミネラルを奪ってしまうのです。カルシウムを奪われた私たちの体の歯や骨が弱くなります。

免疫力低下、虫歯、便秘、肌荒れ、肥満、イライラ、視力低下、肩こりなどなど挙げるとキリがないほど害があります。そして白砂糖を含んだ製品を食べると、次から次へと甘いものが欲しくなり依存度が高まります。

白砂糖 以外の 腸内腐敗 はこちら。
砂糖 過剰摂取はカルシウム不足の原因になる

整腸剤 体調に合ったタイプを選ぶ

整腸剤 体調に合ったタイプを選ぶ ことが大切です。お腹の調子がよくないときに、手っ取り早く腸の調子を改善するのは、市販の整腸剤が便利。便通を整える、腹部に膨満感、軟便、便秘などの整腸効果をうたっている整腸剤はほとんどが代表的な善玉菌の乳酸菌が含まれています。

乳酸菌パワーで理想の便をつくろう

整腸剤 の成分は善玉菌

お腹の調子がよくないときに、手っ取り早く腸の調子を改善するのは、市販の整腸剤が便利。便通を整える、腹部に膨満感、軟便、便秘などの整腸効果をうたっている整腸剤はほとんどが代表的な善玉菌の乳酸菌が含まれています。

最近では、乳酸菌が生きたまま腸まで届くタイプもあります。たくさんの整腸剤を紹介していますので自分の体調にあったものを選ぶといいでしょう。
便秘・下痢改善の整腸剤(一覧)これらは、補助的に使用するのが適切です。1週間ほど試してみてお腹の調子が改善するのであれば合っています。

整腸剤 の主な種類

腸内環境を整えることを目的としたタイプ
腸内環境を整えて健全な状態の維持を目的とした整腸剤。善玉菌と悪玉菌のバランスを整える、乳酸菌やビフィズス菌、納豆菌などが配合され、腸を正常な状態に近づけてくれます。
胃もたれした時に消化を助けるタイプ
胃もたれした時の消化を助けることで、腸への負担を軽減するタイプの整腸剤。消化を促す成分とあわせて、腸内細菌(善玉菌)の働きを助ける成分を加えたものなどもあります。
おなかのハリや膨満感の解消をサポートするタイプ
おなかのハリや膨満感の解消をサポートする整腸剤もあります。腸内細菌のバランスを整える乳酸菌やビフィズス菌とあわせて、腸内にたまったガスの気泡をつぶして、おなかのハリを改善する消泡剤が配合されています。

おなかが張った感じがする場合に

ストレスなどで腸の機能が低下すると、腸に溜まったガスを排出できずにおなかが張った感じがします。また、便秘気味の場合です。
加えて便秘の場合、食べた物が腸内に長く滞留することで腐敗発酵してガスを発生させ、そのガスが腸にとどまって腹部膨満感を引き起こします。そういった方は、適度な運動や適切な便秘薬を使うなどして、まずは便秘を解消することが先決です。そしてリラックスできる時間を過ごして、ストレス解消にも心がけましょう。

善玉菌を増やす

里芋 腸内環境を整え、便秘を解消する

里芋 腸内環境を整え、便秘を解消する 方法について紹介します。腸内環境を整える イコール 発酵食品が当たり前になりました。世の中は「発酵食ブーム」と言ってもいいのかもしれません。 腸内フローラ や 腸活 という言葉も定着しました。人間の免疫力は腸内環境にゆだねられているというものです。

ローフード(食物の加熱によって失われがちな栄養素、ビタミンやミネラル、酵素などを効果的にとる食事法)もマクロビオティック(日本の伝続食がベースの玄米や雑穀を中心とし季節の野菜や海草を食べる菜食主義の食事法)も、発酵食品は大変体にいいものとして注目されています。
また、何でもある飽食の時代だからでしょうか?従来の伝統食が見直されています。

マクロビオティックでも里いもは人気の食材で、レシピが充実しています。そこで、この里いもと人気の発酵食品である麹を使った腸に抜群のレシピもあります。今回は「里いも酵素汁」を紹介したいと思います。

里芋 腸内環境を整え、便秘を解消する

里芋 腸内環境を整え、便秘を解消する

まず 「 里いも 」 と米でいも粥を作り、そこに米麹を加え、炊飯の保温モードを利用して発酵させていきます。
この時の発酵は、米麹による麹菌の発酵で、里いもと米の糖分を分解して強い甘味を作り出します。この甘味は天然のものなので、砂糖のように加工した糖分とちがって体への影響はありません。血糖の上昇も緩やかです。しかも米麹によって加わった「ビタミンB群」は、糖質をスムーズにエネルギーにするので、1日200g以下の量なら、飲んでも太ることはなく、元気がわいてきます。

さらに、つややかな髪や肌を作る「ビオチン」や、活性酸素を除去し、肌細胞のなかのメラニン色素の増加を防ぎ自肌を守る「こうじ酸」、腸内環境を整える「オリゴ糖」もとることができます。

「 里いも 」 も 「 ビタミンB群 」 が豊富で、あの特有のぬめり成分である 「 ムチン 」 は消化を促進し、胃壁を保護して潰瘍を防ぐ働きがあることで知られています。

同じくぬめりの素になっている成分「ガラクタン」には、腸内で余分なコレステロールが吸収されるのを抑え、腸内の老廃物の排出を助けるうえ、、脳細胞を活性化する働きがあります。ここまで「里いも酵素汁」に含まれている成分を紹介しましたが、麹菌発酵が終わって飲めるようになった「里いも酵素汁」はさらに魅力的な成分が増えます。

「里いも酵素汁」のなかで乳酸菌発酵がすすみ、「乳酸菌」や「酵素」といった健康成分が増えます。
乳酸菌は腸内環境を整え、酵素は食べたものやアルコールの消化吸収を助ける成分です。

食事、晩酌の前に「里いも酵素汁」を飲んでおくとスムーズに消化するでしょう。

里いも 酵素汁 の作り方

材料 ( 1 食分)

  • 里芋 50 g
  • 米麹 100 g
  • 水 適量
  1. いもを炊く里芋は皮をむいて 5 mm 程度に角切り。米を洗ったら里いもと一緒に炊飯器に入れ、「おかゆ 0.5 合」のところまで水を加えて炊く。
  2. 麹を混ぜるいも粥が炊きあがったら、お釜を炊飯器から取り出し、ふきんをかけて30分~1時間ほどおいて冷ます。お釜を炊飯器に戻したら、ほぐした米麹を加えてよく混ぜる
  3. 炊飯器のふたにはしなどをはさみ、完全にふたが閉じない状態で 6 ~ 10 時間保温モードにして発酵させる。ふたが開いてしまうようであればタオルなどを使って固定。途中 2 ~ 3 回かきませる
  4. 完成熱湯消毒した保存用の容器に移し、完全に冷めたら冷蔵庫で保存。食前におちょこ 1 杯分をそのままか、水で薄めて飲む。 1 週間で飲みきること。

里芋のプロフィールはこちら。