「塩ヌキ」はホルモン分泌も促進

断食は夜の行為まで強くする

昔から断食は諸宗教の修行法として行われていました。近年は、慢性病、難病の治療として用いられるようになりました。さらに最近では、心身のリフレッシュや宿便の排除に用いられ、各地の余剰栄養素がリサイクルされ、同時に老廃物も一掃されますから、断食は体質改善と自然治癒力の増強に、大いに効果があります。断食には、夜の行為の強化と若返り効果もあります。その秘密は、身体に活力をもたらすホルモンにあります。

塩が断たれる

このホルモンの名前はアルドステロン(副腎皮質ホルモン)といい、アルドステロンの分泌が促進されると、セックスは強化され若返りが促進されます。どうしてそのような生物現象が生まれるのかを以下に解説します。塩の成分であるナトリウムは、体液の恒常性維持には、欠かすことのできない成分です。そこで、体内ではアルドステロンがナトリウムを保留したり排泄したりして濃度調節を行っています。
断食をすれば、当然塩分も断たれますから、身体はナトリウム不足になり、アルドステロンは必須に活動してナトリウムの保留につとめます。断食の効用は、一面では断塩の効用ということがいえます。

塩ヌキの効果

改めて「塩ヌキ」を整理すると、次のようになります。

  1. 体内塩分が減少すると、筋肉の収縮力が低下し、腸管もゆるむので、宿便や腸内老廃物の排泄が容易になる
  2. 体内のナトリウム減少のために体液の恒常性維持が阻害されるので、副腎皮質よりアルデステロンが分泌されてナトリウムの体内保留招を促進する
  3. アデステロンが、身体の活力を増進し大師宇を陽性化する

断食の危険な面

しかし、塩分の長期欠乏は、消化液の分泌減退、精神不安の原因となるので、通常は3日以上の塩断ちは、生理上の支障となるとされています。また、断食をすると身体への栄養素の補給が断たれ、短命細胞の代謝障害からかえって体調を崩してしまうこともあります。ですから、断食の実行は経験豊富な指導者のもとに行わなければ危険です。

安心できる「冷え解消」

そこで、初心者や断食に関する知識がない人でも行える塩断ちがあります。代謝障害を防ぐために断食は行わずに塩ヌキ根菜スープ、椎茸エキス、果物、芋類を食べます。これらは、いずれも代表的なカリウム食品で体内に必要以上にカリウムを入れると身体は余分なカリウムを尿として排泄しますが、カリウムが排出される時に体内ナトリウムも2:1の割合で排出されます。
この生理現象を利用すると、短日時で身体のナトリウムが排出され、「塩ヌキ」の効果が見られます。この療法によって体内老廃物は排出され、ホルモン分泌が活発になるので
身体は若返って快調感、爽快感が得られます。また、繰り返し実施すればホルモンの分泌のよい陽性体質へと変えることができます。根菜スープ、椎茸エキス、果物や芋類の作り方や食べ方の一覧は以下のとおりです。

塩断ちの方法

妊娠中の方、海洋性疾患のある方、高齢者、病後衰弱の方は実施しないこと。このプログラムは月2回の実施を2~3回実施すると効果的です。

準備期間
(1~3日間)
漬け物などの塩分の多いもは避ける様にし、間食、夜食などは避ける(食べ過ぎに気をつける)
第1日目 朝、昼は、通常どおりの薄味の食事で腹八分目。夜から本格的な無塩食。
第2日目 本格的に1日無塩食。朝から昼頃までに2~3回の排便がある。また排尿回数も増える。
第3日目 朝から昼頃までに排便が3~4回。宿便などが排泄されるので臭いもきつい。
第4日目 普通食に戻す

無塩食の作り方

塩断ちは断食の長所を生かしてカリウム食をとることにより体内ナトリウムの排出を促します。ホルモン分泌を盛んにして体に活力を与え、古便・宿便の排出を促します。

塩断ちスープの作り方・食べ方

材料(1人分)大根大1本・じゃがいも半分・さつまいも半分・キャベツ適量・玉葱半分・三つ葉、大葉、しょうが、ごま適量

  1. 大根は皮ごとすりおろすかミキサーにかけ鍋にうつし中火で30分煮る
  2. 残りの材料を1口大に切り全部鍋に入れ軟らかくなるなで煮る
  3. 三つ葉、大葉、しょうがを加えて完成

椎茸エキスの飲用方法

食事の時または空腹時に150~200cc飲む。

ジャガイモ・さつまいもの調理

塩を使わずに蒸して食事のかわりに食べる。(カリウムをたくさん摂取することができる)

塩抜きを使ったダイエット方法

2日間、塩を絶ち、余分な水分を排出し、代謝を上げて行うダイエットを紹介しているサイトがあります。体を温め、とにかく「悪い水」と「脂肪」を減らしダイエットするというものです。カロリーによるダイエットではなく体を芯から温めて後に水分を排出してむくみをとりながら痩せる健康的なダイエットのようです。
一度やってみようと検討中の方法です。
むくみを減らして代謝アップ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です