酵母発酵の色の黒いパンを食べる

乳酸菌たっぷりのパンが善玉菌を増やす

普通のパンは、短時間で安定した発酵力をもつイースト菌を使っています。これに対して天然酵母パンは自然発酵させた酵母と乳酸菌を豊富に含む天然種を使います。サワー種、酒種、果実酒などの種類や作り手の技術、環境に育まれながら、2~3日かけてじっくり発酵します。実はこの発酵時間がカギとなるのです。発酵が進む間に、大量の乳酸菌が増え、焼く直前まで増え続けます。
その量は普通のパンの1万倍にも及ぶものもあり、ヨーグルトに匹敵する量です。サワーブレッド、パネトーネなどが天然酵母パンの代表です。
特有の酸味は乳酸菌のせいで、この働きで保存料がなくても日持ちするのです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください