先人の教えは「自然順応」

漢方の根底の思想

古代中国の有名な思想家・老子は「人はみな自然」といっています。漢方の根底に流れる考え方は、老子に代表される中国古代思想に立脚しています。分類好きの現代の哲学者たちは、こうした思想を「自然哲学」に分類していますからその流儀にしたがえば、漢方の根底の思想は自然哲学です。

天地順応の理

漢方では、人体を「小宇宙」とみなし「大宇宙」であるところの自然現象に人間は支配される…としました。この考え方から生まれたのが、天人一体、身土不二の思想です。古書には「天地順応の理」」とか「天地順応の生活様式」といった表現で、人間は、四季の運行に順応して身体の健康状態を保つべきだとしています。

陰陽で診る

また、病気における個々の局部の症状は、小宇宙全体が病んだ結果が部分に現れたのだから、治療に当たっては局部の症状だけを考えるのではなく、小宇宙全体を考えるべきだとしています。
中国の自然哲学は、宇宙全体を支配する原理として、陰陽説をとなえていますから、漢方を見立てるときは、陰陽説を骨子にして診ていきます。

現代にもっとも必要な真実を語る

核のエネルギーを生活や産業に応用し、月に人を送り込んだ人類は、つい最近まで自然は克服できるもの、人知でコントロールできるもの…と強い自信をもって進んできました。
けれども、ここにきて、地球全体が取り返しのきかない環境破壊に直面し、人類の末永い存続が危ぶまれるに至っています。
自然は、人知のコントロールなど及びようもないほど巨大で偉大なものであることが、今、まざまざまと証明されつつあるようです。
してみれば、漢方の根底に流れる自然哲学、天人一体、身上不二、陰陽説は古くからの思想とはいえ、実は現代に最も必要な真実を語っている…といえましょう。
人間はできるだけ自然に順応して生きるのが良く、何か問題があれば自然に治って解決の糸口を見つけよう…こう考えて病気や健康問題に取り組むのが漢方なのです。

漢方治療は防御的

治療の進め方について、東西両医学を比べてみると西洋医学がとても攻撃的であるのに対して、漢方は、防御的であるといえます。
東洋の古人は、自然に逆らうことは無駄であり、むしろ順応しつつ利用する方が良いと考えたからです。

  1. 人体に備わっている自然治癒力を徹底的に利用する
  2. 病が病を呼ぶいわば悪循環も自然ならば改善を呼ぶ良環境も自然。漢方はこの2つの自然の循環を良循環に一本化していく
  3. 身体内部を色々な要素がバランス良く保たれるのも自然なら、バランスが崩れるのも自然。漢方はバランスを保つように作用する

自然治癒力

「病アリテ治セズンバ常ニ中医ヲ得」この一文は、「治療の下手な医者にかかって病気が治らないよりは自然に治るのを待った方が、むしろ好結果を得られることが多いので自然に逆らって無駄な抵抗をしないように」といさめています。自然治癒力は、体質や素質によって強弱の差が多少ありますが、とにかく「病気に対する抵抗力」の存在を先人達は本能的に知っていたのです。したがって漢方の治療は薬で治すという人為の面と「自然で治す」という面との二面から捉えることが出来ます。

治病転機が起きる

漢方薬を服用していくうちに、体内では治病転機が起こります。その証拠として発汗、嘔吐、下痢、利尿が起こって見方によっては、症状が悪化したように見えるのですが、こうした症状を機に身体が軽くなったり眠りが深くなったりしてやがて快方に向かいます。

身体のバランスを調整する

体内のいろんな機能がバランス良く保たれていることを、漢方では「気血調和」「陰陽調和」と呼んできます。このことを現代医学では、「内部環境の恒常性維持機構(ホメオスターシス)と呼んでいます。
漢方ではこの恒常性を失った状態を病気とみなして、独自の治療法で均衡状態にもっていこうとします。

生命の命の基本は、太陽・空気・水

自然の恵み

地球上の生物にとって、太陽と空気と水は生命を維持するための最低の基本条件です。食べ物は、この3つがあれば不随していますから基本条件からは外れますが、軽視できない不随条件のひとつです。
人間は、この偉大な自然の恵みをほとんど意識せず、まして感謝の念なども意識せず、ひたすら恩恵に浴しています。
かえって古代人の方が、この自然の恵みを意識し、感謝していました。エジプト、ギリシャ、インド、メソポタミアなど古代文明の栄えた地域では、太陽は神として崇められていました。

エネルギー

地球上の全エネルギーの究極の発生源は太陽です。原始の生命の誕生にも、太陽エネルギーが大きく関係しています。また、生命は水の中から発生したといわれます。水は地球上の全生物の主な構成成分であり、生命活動に大切な役割を果たしています。
そして大気中には、体内で必要とする酸素や炭素があるほか、体調を整えるといわれるイオンなどが、含まれています。

陰陽論はサイクル論

地球上の生態系は、太陽エネルギーを中心に実に巧なサイクルをつくり、それぞれの生命を維持しています。
東洋思想の、有生無(有から無を生ず)無性有(無から有を生ず)の陰陽論は、現代的に考えればサイクルの理論、バランスの理論にあたります。

二つのサイクル

サイクルを具体的に見れば、まず植物は緑滴る葉っぱで太陽光線をうけて、炭酸ガスと水から光合成によって有機物(生きた組織=糖)をつくり、酸素を放出します。動物は、植物を食べ、糖と酸素をエネルギー源にして炭酸ガスを食べ、糖と酸素をエネルギー源にして炭酸ガスを放出します。そして、動物・植物とも死滅すれば土壌となり植物の肥料として役立つことになります。これは生命のサイクルで生態系ともいわれます。地上や海の水は、太陽エネルギーによって蒸発して雲となります。雲は飴となって再び地上に降り注ぎ、生命に必要な水を補給し再び蒸発してとサイクルを繰り返しています。ふたつのサイクルを支えているのが太陽エネルギーです。

サイクルの乱れる気配

計算によると、地球上の植物は、1年間で大気中の炭酸ガスを全て酸素に変えています。しかし森林を伐採して緑が減少し、工場や車から排気ガスを放出し、フロンガスによって大気圏に異常をもたらした結果、かつてない大気汚染が進行するようになりました。

マイナスイオン

イオンについていえば、マイナスイオンが多いほど気分は快適です。イオンは電気を帯びた1ミリの千分の一ほどの物質で、血液中にもとけ込んでいます。大気が汚染されると体内や空気中にプラス・イオンが増え、頭痛、イライラ、不定愁訴の原因となります。雷雨の通過後は、気分がスーッとしますが雷の電気のせいで空気中にマイナスイオンが増加するためです。

にきびと吹き出物

20歳過ぎの女性が、脂の浮いた顔にぶつぶつ(吹き出物)をつくっているのを、見かけることがあります。本人は、それをにきびと思いこみ、原因をホルモンのせいだと認識している人が多いのですが、にきびと吹き出物は、症状としては、よく似ていますが、原因は異なります。
にきびはホルモンが関係しています。思春期になると、それまで働いていた成長ホルモンに転換されます。
この時期に、一時的にホルモンのバランスが乱れ、関連として皮脂の分泌異常が生じてにきびが現れることがあります。しかし、やがてホルモン分泌が正常になってにきびは20歳ころまでに消えていきます。

皮膚の構造

皮膚は、膚(はだ)とも書き身体をすっぽり覆っている風呂敷のようなものです。拡げると、1.5平方mくらいの広さがあり、2~3mmの厚みで全身を包み、自然の開口部で粘膜に移行しています。
皮膚の構造は、表皮、その裏打ちをしている真皮、真皮の下にある皮下組織の3つの層から構成させれています。
付属器官には、角質器(爪と毛)、皮膚線があり、皮膚線は汗腺と皮脂腺とがあります。

皮脂の正常な分泌で美肌つくりを

顔の表面では、汗腺のだす汗(水分)と皮脂腺からでる皮脂とが、乳腺状に混ざり合って皮脂膜をはります。
これによって、肌は保護され、艶と潤いのある生き生きとした感触が保たれます。つまり、皮脂の正常な分泌が美肌つくりの基本となるわけです。
美肌を考えたときには、高価な化粧品を選ぶより、中から美しくなる方法を選ぶほうが効果的です。

手当のポイント

皮脂腺でつくられた皮脂は、毛穴を通って皮膚の表面に分泌されます。このとき、なんらかの事情で分泌異常が続くと、やがて面胞ができ、他方で毛穴の代謝が悪くなります。そこへ細菌が入ると化膿します。これがにきび、吹き出物、と言われる物です。ニキビは額を底辺にした逆三角形の範囲にできやすく、吹き出物は口の周囲を中心にぶつぶつがみられます。手当のポイントは、いずれの場合でも肌を清潔にし、面胞の時点で早めに治すように、心がけることです。
化膿してしまった場合は、患部をいじめないことです。にきびは、額にでやすいため、よく額を頭髪で隠しているのを見かけますが、これは逆効果です。
にきびの原因は、遺伝的要素に加えて、年齢、食べ物、季節、職業、胃腸機能が深く関わっています。

お腹の鳴る吹き出物

吹き出物は、下腹部の冷えによる胃腸の機能低下が主な原因です。吹き出物が気になる方は、漢方医学書にある「陰証なお強く腹中雷鳴あるは…」とあるようにへそより下でグーグー鳴ることがよくあります。
また、腹満といって、常にお腹が張った感じの場合もあります。いずれの場合も、お腹に冷えがあるために消化不良となって、ガスが生じて鳴る物です。

皮膚の役割

皮膚は、体を守るためにいろいろな役割をもっていますが、とくに大切なのが、毛細血管や皮膚表面の収縮と拡張によって体温を調節すること。それに発汗によって体内水分や老廃物を体外へ排出することです。また、皮膚はわずかですが、炭酸ガスを出して酸素を取り入れる呼吸作用も行います。
はじめてメイキャップしたときに、息が詰まったように感じるのは、皮膚呼吸が妨げられるからです。

皮膚とお腹は表裏一体

外部環境から体を守のは、体表では皮膚、体内では口からはじまる消化管粘膜です。
生物の進化の初期には、皮膚が腸の役割をかねていて、やがて腸の機能が独立し内臓なっていきました。その進化が現代人の生理にもはっきり残っていて、お肌とお腹は表裏一体といえるほどの深い関係なのです。

美肌への第一歩

にきびや吹き出物を治し、美しい肌を保つには、まずはお腹をきれいにすることです。
食事はよく噛んで腹八分目を心がけ、体を冷やしたり食べ過ぎたりしないことが大切です。冷えと食べ過ぎがあると、腸内毒素の発生が多くなり、吹き出物を悪化させます。
美肌への第一歩は便秘、宿便の解消といえるでしょう。

にきびができていたら困る…1週間後には大事なデート…なんて場合には特保の「イサゴール」などでおなかの中をキレイにすると肌もぴちぴちになります。効き過ぎて下痢をしてしまうとこれも肌荒れの原因になるので、最初は量を少なめにして試すといいでしょう。もちろん、食物繊維や水分も十分に摂ります。

スキンケアによるニキビの解消方法は、こちら

治る体質、治らない体質

漢方は体質医学

同じ環境で生活していても、発病する人、しない人がいます。また、病人の病情(病気の性質と状態)も、それぞれです。なぜ?こうなるのでしょうか?漢方は、自然順応を健康の基本と見ますから、この考えに立てば、人によって発病したりしなかったりするのは、自然に順応できる体質にあったかどうがカギになります。
病気の原因は、順応する体質であるかどうか、つまり原因を体内に求めることになります。漢方が「体質医学」であると言われる所以はここにあります。

陽性体質、陰性体質

漢方医学では、体質を陽性体質と陰性体質の2通りに分けます。

陽性体質
強い体質、漢方では実証という。
病気に対する抵抗力のある体質。病気になっても治りやすく、自然治癒力の強い体質です。
陰性体質
弱い体質、漢方では虚証という。
病気にかかりやすい体質。病気になると治りにくく自然治癒力の弱い体質です。

気を重視

さらに体質の判定にあたって重要視されているのが、「気」といわれる精神状態の良否、並びに親から受け継いだ身体の性質(先天性体質)と生後に発生した身体の性質(後天性体質)です。

西洋医学の体質分類

西洋医学では、体質を次ぎのように分類しています。

  1. 発育不全体質
  2. 胸線リンパ線体質
  3. 無力体質(下垂体質)
  4. 浸出性体質
  5. アレルギー体質
  6. リウマチ体質
  7. 精神病体質
  8. 痛風体質
  9. 卒中体質
  10. 結核体質

この西洋医学の体質分類は、特定の病気にかかりやすいか否かを基準にして区別していうrのが特徴で漢方医学ほど広義に解釈されていません。

体質決定の要因

体質を一般的に決定する要因は、遺伝と環境の3つです。

  1. 体質形成の主役は、なんといっても先天的要因=遺伝があります。遺伝体質は主として、受精から出産に至る母の胎内で形成される体質です。血液や白血球のタイプ、骨格異常、内臓の奇形、気質的な変化(不全)などでこれを一次体質(胎生発達期の体質)といいます。
  2. 次に子宮害の環境によって生じる体質。オギャーと生まれてからの生活環境、とくに食生活が主体となって形成される体質です。機能的な働きに関係する体質で、これを二次体質(成長発達期の体質)といいます。
  3. 最後が本人の気構えによって形成される体質です。たとえばクセなどもこれになります。

三者一体でつくられる

以上のように体質とは、その人がその時々にもっている形態的性質(形質)、機能的性質(素質)、精神的性質(気質)の和であり、形と機能とが精神とが三者一体となって作られています。

改善できる体質とは

一次体質は遺伝的要因が強いので、現代医学による血液交換とか、外科的手術といった手段以外には、改善不能です。
二次体質は、環境、とくに食生活が深く関わっています。これは、生活環境の改善によって体質改善は化膿です。
三次体質は、本人の心構え(漢方でいう気)によって変化する体質ですので」、精神力によって改善が可能です。

体質改善は漢方が得意分野

一次体質は遺伝因子によってほとんどがその原型ですから特殊な場合は除いては改善することができませんし、健康上の障害になるとは限らないものです。
健康上の問題となるのは、二次、三次体質です。漢方は病気の発生、再発、進行、変化をめぐって、体質の判定を基礎にして処方していくので、実は二次、三次の体質改善は、漢方が最も得意とする分野なのです。これに対して西洋医学では、体質を特異なものとして半ば見放したり、見放された患者の方も「体質が原因なら治らなくても仕方ない」と諦めてしまいます。

陰性体質の改善

最近の漢方ブームの背景には、西洋医学が体質改善にあまり力を発揮できなかったのに対して、漢方は著しい体質改善の結果を示したからです。そこで、漢方の考えに立って二次、三次の体質改善法を紹介しています。
まず重要なことは、二次・三次体質の陰性化です。身体と心の冷えによって、体質はどんどん陰性化していきます。
陰性化していけば、やがてアレルギー性疾患、便秘、宿便、胃腸障害、婦人科疾患、神経痛などに悩まれることになります。
陰性体質は食生活や生活習慣をかえることによって、改善できるのですから心がけ次第ということになります。

塩ヌキ療法で陽性化

食生活では、体質のかたよりに応じて三大栄養素、ビタミン、ミネラルを摂取すれば改善されていきます。

ミネラルで体質変換

陰性体質を陽性体質に変換するためには、たんぱく質とカルシウムを多くとるように心がけます。体質変換にはミネラルによる体液変換が有効性が高いのです。

カルシウムの多い食品 チーズ、ちりめんじゃこ、桜えび、大豆
ナトリウムの多い食品 食塩、塩辛、みそ汁
マグネシウムの多い食品 麦類、芋類、
カリウムの多い食品 落花生、果物類、しいたけ、ジャガイモ

体質の陽性化には、体の保温と排泄を心がけることが大切です。

また、日本人の体にあったものを摂取することが重要なポイントになります。
植物性発酵食品が特に合っていますのでぬか漬けや味噌、しょうゆなどの添加物が加えられていない無添加のものを選ぶようにします。
自然な通じがなく困っている人はイサゴールがおすすめです。

身体の冷えは顔色にすぐでる

四診

漢方の診断法は、前述したとおり治療法を決定するためのものです。漢方が集大成された時代は、検査器具や診断設備のない時代でしたから、診断は現代医学と異なって、すべて五官の感覚のみに頼って行われています。診断にあたっては、四診を使います。要診(視覚)、問診(聴覚)、問診(問答)、切診察(触覚)の四つです。
具体的には、漢方医は患者の身体の表面にあらわれた症状や当人の訴えによって診断します。

顔面望診

なかでも重要視されているのが、望診です。「上工ハ望診ニヨリテ病ヲシル」といわれ、病人を見ただけで、正確な判断をできるのが名医の条件とされています。望真は、現代医学の視診に相当するもので、漢方医では、全体像、顔面部、舌、眼の望診をとくに重視しています。
顔面望診の基本は、顔は身体の萎縮図であるという考え方を基本に体内の全般的異常を顔面の望診によって診断するものです。
普段と違った顔色が見られるのは、必ず体内のどこかの異常と対応しているからです。顔面のどの部分に、どんな色が現れたら体内のどの部分がどんな状態になっているかを望診によって知ることとが出来ます。

冷えを望診すると…

身体の冷えという症状についてもどの臓器に冷えがあるかを、顔面の部位の色によって判断できます。
まず、冷えの色は、蒙色といって鉛筆の芯の色、墨の黒さとは明らかに違う、ちょっと陰影と見誤りやすいくらいの、湿灰色です。蒙色の現れる顔面の部位と、内臓の関係を箇条書きにしたので参考にしてください。
蒙色望診法は「小腸の宿便」を提唱した二代目・目黒玄竜子先生が30年の歳月と2万人に及ぶ観相体験によって開発された、きわめて信頼の高い病相学です。

冷えの自己診断(目安)

  1. 疲れやすく、根気や気力がない。
  2. 冷え性、冷えのぼせ、冷房に弱い。
  3. 慢性便秘、尿が近い、汗が少ない。
  4. 胃下垂、腹鳴、腹が張る、食欲不振。
  5. 生理不順、不妊症、精通がある。
  6. 肩こり、腰痛、神経痛がある。
  7. 低血圧症、平熱が低い、アレルギー体質。
  8. にきび、しみ、肌荒れ

顔色の発現と内臓の関係

  1. 冷え性で婦人科が弱く、宿便もたまりやすい
  2. 性線ホルモン、副腎皮質ホルモンの分泌異常
  3. 下腹部の冷えによる生理不順
  4. 冷えによる自律神経のアンバランス
  5. 貧血、疲れやすく気力不足
  6. 理紋あるいは、胆嚢の冷えによる胆汁分泌不足
  7. 小腸の宿便、小腸も弱くスタミナ不足
  8. 大腸が弱く、便秘、古便のある人
  9. 肝機能弱く、腰痛、便秘、ぢになりやすい
  10. 子宮の冷え、冷え性で宿便もたまりやすい
  11. 胃腸の冷えによる吹き出物
  12. 腎臓の冷え、排尿異常、アレルギー
  13. 下腹部の冷え、胃腸障害、冷え性
  14. 首に出るいぼ、冷えによる体内の水分代謝不足が原因

婦人病は便秘と密接な関係にある

便秘は病気という考え方をもつ

女性が3人いれば2人は便秘症であると言われるほど女性の便秘体質は多くなっています。
そのためか女性は便秘を病気と考えてはいないようです。便秘が肌荒れの大敵であることは経験上十分に知っていますが、便秘が婦人病までに影響することを知っている人は少ないのです。
便秘症の女性は、様々な全身症状を訴えています。頭痛、頭重、のぼせ、めまい、むかつき、不眠、腹痛、腹満などのほかにも全身の疲労、精神疲労、精神不安、イライラ、心悸高進、頻脈、不整脈など、症状的には立派な婦人病の病態です。
こういった症状にプラスされてにきび、しみ、そばかすなどができ肌は荒れてしまいます。

女性になぜ多いのか?

大抵の男性は、毎朝快便の習慣をもっています。便秘は少ないのが一般的です。女性になぜ多いのでしょうか。

  1. 女性は情緒が繊細で、その変化がすぐに大腸に影響する
  2. 運動不足
  3. 排便の習慣が妨げられる条件下に置かれている朝食の支度、排便時の育児など
  4. 特に経産婦における腹壁圧の減退
  5. 内臓下垂症と広骨盤腔による腸管の転位

などが理由としてあげられます。

腸は生殖器から進化した

人間はアメーバにはじまって魚類を経て進化してきました。この進化の過程をたどっていくと、腎(泌尿器・内生殖器)は、腸が変化したものであることがわかっています。
内生殖器を進化度の低い魚類のメスについて見てみると、尿・大便・生殖腺をつくる所は3つに分化していますが、出口はひとつしかありません。したがって両便も生殖物もひとつの穴から排泄されます。これを単孔類と呼びます。鳥類、亀、蛇類の両棲類からカモノハシに至るまですべて単孔類に属します。

さると人間

進化がすすむと下等なほ乳類になります。下等なほ乳類は、腎臓の下に膀胱ができ、尿道と肛門とが分かれています。
しかし、まだ生殖排泄物の通路は、肛門を使っています。これがもう一段変化したのがサルや人間です。生殖排泄孔が独立し、尿道と肛門の間に膣ができ開口部となっています。このように内外の生殖器は腸から分離、独立してきました。つまり、元を正せば腸と生殖器は本家と分家の関係にあり、しかも身体の表と売れの隣に位置していますので、相互に密接な関係が生まれます。

便秘は生殖器の病気を誘発

たとえば、直腸の下部に蓄積した大便や宿便がありますと、直腸が鬱熱を発します。この鬱熱が直腸の前面にある子宮や膣に熱を感じさせ、古血を発生させます。そうなると子宮や膣は充血状態となり、不正子宮出血、子宮筋腫または膣炎などを起こして帯下の増量をまねき、外因炎を誘発することさえあります。

直腸ガンと誤診されるほどの宿便もある

婦人科で有名な東洋医は「漢方では、体温で固くなった宿便を燥屎といっていろいろな病気の原因になるとしている。
この腸壁にこびりついた宿便は、現代医学では便とは別のものと見誤ることもあるそうです。。このように便秘は肌荒れだけなく婦人病の引き金になるものばかりです。

食習慣で便秘が改善できない場合は、トクホのイサゴールがおすすめです。

婦人病は便秘と密接な関係にある

便秘は病気という考え方をもつ

女性が3人いれば2人は便秘症であると言われるほど女性の便秘体質は多くなっています。
そのためか女性は便秘を病気と考えてはいないようです。便秘が肌荒れの大敵であることは経験上十分に知っていますが、便秘が婦人病までに影響することを知っている人は少ないのです。
便秘症の女性は、様々な全身症状を訴えています。頭痛、頭重、のぼせ、めまい、むかつき、不眠、腹痛、腹満などのほかにも全身の疲労、精神疲労、精神不安、イライラ、心悸高進、頻脈、不整脈など、症状的には立派な婦人病の病態です。
こういった症状にプラスされてにきび、しみ、そばかすなどができ肌は荒れてしまいます。

女性になぜ多いのか?

大抵の男性は、毎朝快便の習慣をもっています。便秘は少ないのが一般的です。女性になぜ多いのでしょうか。

  1. 女性は情緒が繊細で、その変化がすぐに大腸に影響する
  2. 運動不足
  3. 排便の習慣が妨げられる条件下に置かれている朝食の支度、排便時の育児など
  4. 特に経産婦における腹壁圧の減退
  5. 内臓下垂症と広骨盤腔による腸管の転位

などが理由としてあげられます。

腸は生殖器から進化した

人間はアメーバにはじまって魚類を経て進化してきました。この進化の過程をたどっていくと、腎(泌尿器・内生殖器)は、腸が変化したものであることがわかっています。
内生殖器を進化度の低い魚類のメスについて見てみると、尿・大便・生殖腺をつくる所は3つに分化していますが、出口はひとつしかありません。したがって両便も生殖物もひとつの穴から排泄されます。これを単孔類と呼びます。鳥類、亀、蛇類の両棲類からカモノハシに至るまですべて単孔類に属します。

さると人間

進化がすすむと下等なほ乳類になります。下等なほ乳類は、腎臓の下に膀胱ができ、尿道と肛門とが分かれています。
しかし、まだ生殖排泄物の通路は、肛門を使っています。これがもう一段変化したのがサルや人間です。生殖排泄孔が独立し、尿道と肛門の間に膣ができ開口部となっています。このように内外の生殖器は腸から分離、独立してきました。つまり、元を正せば腸と生殖器は本家と分家の関係にあり、しかも身体の表と売れの隣に位置していますので、相互に密接な関係が生まれます。

便秘は生殖器の病気を誘発

たとえば、直腸の下部に蓄積した大便や宿便がありますと、直腸が鬱熱を発します。この鬱熱が直腸の前面にある子宮や膣に熱を感じさせ、古血を発生させます。そうなると子宮や膣は充血状態となり、不正子宮出血、子宮筋腫または膣炎などを起こして帯下の増量をまねき、外因炎を誘発することさえあります。

直腸ガンと誤診されるほどの宿便もある

婦人科で有名な東洋医は「漢方では、体温で固くなった宿便を燥屎といっていろいろな病気の原因になるとしている。
この腸壁にこびりついた宿便は、現代医学では便とは別のものと見誤ることもあるそうです。。このように便秘は肌荒れだけなく婦人病の引き金になるものばかりです。

花粉症は腸を整えて根治する

鼻垂れ小僧の食生活

戦後から少し前までの子供達の食生活は、穀菜主体の粗食でした。発育盛りである子供たちは、たんぱく質の不足を補うためにご飯や芋を腹いっぱい食べるのが習慣でした。こういった食生活は副交感神経緊張の食生活です。
そのため、鼻が蓄膿症やうっ血をを起こしやすく鼻垂れ小僧(蓄膿症)が目につきました。
しかし、最近では、食生活も豊かになり、たんぱく質不足も解消されてきました。
ただ、その反面で、生活環境が豊かになり過ぎたために、アレルギー性の疾患が激増し、花粉症という30年前は考えもしなかった新医薬用語まで生まれました。

花粉症が起こる原因

花粉症は、花粉が抗原となるアレルギー性鼻炎のことで、アレルギー性疾患の中で一番多い即時型のⅠ型に属するアレルギー症状です。抗原に対応する抗体が、体内に生産され、血中に流れる抗原を補足するのが、抗原抗体反応です。ところが、生物の抗原に対する感受性が強く、過剰防衛に出ると、抗原が多量に生産されます。そして、その多量の抗体は、粘膜や皮膚にあるマスト細胞にくっついて、抗原の侵入に備えることになります。そして、侵入してきた抗原をマスト細胞にくっついている抗体が直接つかまえて、抗原抗体反応を行うために、マスト細胞が化学伝達物質(ヒスタミン、セロトニンなど)を遊離します。この物質は、粘膜に張り巡らされた知覚神経を刺激してしまうので、症状としてくしゃみがでて、多量の鼻水がでてきます。
さらにヒスタミンは、毛細血管に作用して環境障害やむくみを起こしてその結果として鼻づまりが生じます。これがいわゆるアレルギー性鼻炎というわけです。

漢方医が考える花粉症

これだけの数の花粉症患者がいて、しかも現代医学では詳細に解明がされています。ところが実際、根治治療については、決定的な方法を見いだしていません。花粉症の時期になると鼻詰まりや鼻水を解消するTVCMを頻繁に目にします。。ドラッグストアーに行くと「花粉症コーナー」がかなりの場所をとっています。
現代医学では、アレルギー体質であることを診断されて花粉の季節が過ぎるのを待つだけになっています。漢方医学では、鼻垂れの蓄膿症を「食毒」と捉え、アレルギー性鼻炎は「水毒」と捉えます。
水毒とは、「身体の冷え」が起こす病態です。いずれも食べ過ぎ、飲み過ぎ、運動不足、身体の冷えが最大の原因です。
そうした冷えによる抵抗力の低下から免疫反応ゆがみが、鼻で起きたのがアレルギー性鼻炎、皮膚で起こるのがアトピー性皮膚炎です。
漢方薬で症状を改善したい人はこちらの「アレルギー性鼻炎・花粉症」がおすすめです。

冷えによる水毒

かなりひどい花粉症で、鼻水、鼻づまり、涙、くしゃみの症状が常にとまらない方の中にも鼻の症状が一時的によくなるときがあります。
こんな時ではないでしょうか?

  • お風呂に入っているとき(身体が温まっている)
  • 運動をしているとき(身体が温まっている)
  • 何かに夢中で取り組んでいるとき(交感神経緊張)

アレルギー症状は、身体が温まっているとき、精神を集中しているとき、お腹がすいている時、こういった時には、症状がでないか、比較的軽い傾向にあります。漢方では冷えを解消し代謝をよくすることが花粉症根治には必要だといっています。
冷えを解消する方法や知識についてのサイトはこちら

鼻と腸は密接な関係

小腸には、パイネル氏板といって抗体産生リンパを育成する組織があります。お腹が冷えて血行障害があったり、腸内毒素がたまると、パイネル氏板の働きも妨げられて、アレルギー性疾患には、よくありません。漢方医学によれば、鼻と腸とは肺を通じて密接な関係にあります。鼻の投影図は、羽根を広げた蝶に大変に似ており、鼻と蝶の関係は、花と蝶とが相互依存関係にあるのと同等であるといいます。アレルギーは細胞膜と腸管とが深く関与しています。

鼻をよくする10の生活習慣

花粉症、アレルギー性鼻炎、アトピー性皮膚炎などのお悩みは鼻をよくする10の生活習慣を実践します。

  1. 鼻は片方の鼻ずつ軽くかむ。鼻をほじったり鼻毛を抜かない
  2. 規則正しい生活と食事療法を守り常に背中を伸ばして肺に負担をかけないようにする
  3. 部屋は常に清潔にし風通しをよくするハウスダストに留意する
  4. 就寝前に背中のマッサージ。腰やそけい部の指圧
  5. 食事は控えめに。よく噛んで食べる。薄味を心がける
  6. 治すという決意を大切に
  7. 快便と腸内毒素の排泄を意識する
  8. 空腹であっても夕食以降は食べない.症状がひどいときは特にお腹がぐるっと鳴ったら食事をする。
  9. 目がさめたら同時に深呼吸
  10. 起床時の呼吸法によっては心臓にもいい影響があります。

  11. ペットを飼うこと、ぬいぐるみを抱くことを避ける

鼻づまりの治し方

背中のマッサージ
夜寝る前や食事前に実行。うつぶせに寝かせ首から腰へと下方へさすりおろす。ついでに首筋や肩周辺も軽く揉んだり押したりします。神経が休まり津腋の流れが改善します。
鼻の指圧と深呼吸
目が覚めたら枕をとり仰向けの姿勢。目をつむり体をまっすぐにして腹式呼吸10回。次に鼻筋のマッサージ。鼻周辺を指圧。鼻粘膜が次第に強くなる。
蒸しタオルで
鼻の上全体から顎まで蒸しタオルでおおい温シップすると一時的に鼻の通りがよくなる。

花粉症対策

宿便は日本の風土が影響している

体内にあってはならないものとして「宿便」という考え方があります。しかし、この言葉は東洋医学にも西洋医学にも存在しない言葉なのです。
では、どこから宿便という言葉は登場したのでしょうか。日本は四方を海に囲まれて湿度が高く、四季の気温差も激しい…というまさに身体は冷えやすい自然環境です。
さらに飢えや寒さかから身体を守るために、塩分の摂取が異常に多いことなども重なって腸の動きや伸縮性を著しく低下させてしまいまいました。このことが「食べる」「出す」という健康維持に最も大切な生理現象を妨げてしまったのです。また、これが原因で健康障害の原因となっていることを体験から学んだのです。
この腸管に停滞する古便のことを宿便と呼び万病の元凶として警告したのです。

宿便は日本の風土が原因

日本人女性の多くが、便秘や冷え性の悩みを抱えているのは、日本特有の自然環境にゆおるものであって冷え性と宿便は、日本の風土が生んだ民族の病であり風土病といってもいいでしょう。
日々、快適に過ごすために「冷えと宿便」という先人の警告を真摯に受け止めて自然環境に対応した生活習慣を守ることが大切です。

便の中身を詳しく知る

大便の中身[1]

菌食を十分に摂取し、善玉菌優位のお腹にした場合の次に考えることは「出す」です。まずは大便の中身を調べます。
大便の中身には、まず口から入った食物でお腹の中で消化吸収されなかった食物繊維やそのカスを見つけることができます。
これらは腸を素通りしたものです。食べ物はかみ砕かれ、唾液とまざって食堂を通り、胃の中に入ります。胃では胃液が出て、糖類やたんぱく質を消化し、ゆっくりと十二指腸に流れていきます。

十二指腸から小腸

十二指腸は25~30cmの大きさです。ちょうど指12本を横に並べたくらいの長さがあります。食物が十二指腸を通るときに、胆嚢から胆汁が、すい臓から消化酵素をたっぷり含む膵液が一緒になって出てきます。
胆汁には、脂肪を溶けやすくしたり、腸管の流れをよくしたりする働きがあります。
食物は、十二指腸から小腸末端までを時速2~4mの速さで流れていきます。
その間に、膵液中の消化酵素や小腸から分泌される腸液で、食物はさらに細かい部分にまで分解されて栄養素となり、小腸壁から吸収されていきます。
小腸で吸収された栄養素は、小腸壁の毛細血管から門脈という血管に入り、すべて肝臓に運搬されます。

大腸から排便

吸収されなかったものは、水分の多いお粥のような状態で大腸に入ります。大腸は1.5~2.0mあります。お粥はそこを時速数cmのゆっくりとした速度で流れながら次第に水分を吸収していき、便の形を形成していきます。大腸の最終段階は、S字状結腸→直腸→肛門→排便となります。この長い過程を健康体であれば、12~15時間で完了します。その後、一昼夜から3日以内に大便として排出されます。

大便の中身[2]

大便の中には、口から肛門までの消化器系をつくっている細胞の死骸も含まれます。
ちょうど皮膚表面の角質細胞がアカとなってはげ落ちるように消化器でも細胞が盛んに新陳代謝を行っています。
たとえば、小腸の内側の細胞は2日に1回、胃や大腸の壁も5~6日で生まれ変わっていて食物による刺激や腸内細胞菌の生育によっても剥がされています。

大便の中身[3]

大便の中身には、体内老廃物も混ざっています。これは、肝臓で分解処理され、胆汁と共に腸管に捨てられたものです。

大便の中身[4]

大便の中身の最後は腸内細菌の死骸および腸内悪玉菌のつくった腸内毒素です。大便には、腸内細菌の死骸が大量に含まれていて全体の30%を占めています。善玉菌は、食物のたんぱく質を分解して、各種の毒素に作りかえており、その代表的な毒素が発ガン物質として有名なアミン類です。

便秘をすると身体に毒素が逆流する

体内老廃物の腸内毒素を吸着して身体の外に捨てることが、大便の大切な役割です。便秘をすると肩がこったり、蕁麻疹がでたり、子供の場合は、高熱を出したりします。大腸がせっかく吸着した老廃物・毒素が排出されるためだとされています。

便秘のときはトクホイサゴールが効きます。