年別アーカイブ: 2020年

体が だるい ならまずは 体を 温める ことで対策 生姜 がおすすめ

体が だるい ならまずは 体を 温める ことで対策 生姜 がおすすめ です。生姜 を一口かじってみると ぴりっと辛い味がします。これは「ジンゲロール」「ショウガオール」「ジンゲロン」という3つの辛味成分によるものです。生の生姜に一番多く含まれているのは、この中の「ジンゲロール」です。

これらの辛味成分は、温かさを感じる「温覚」という神経を刺激します。特に舌やのどの奥、胃の中の温覚は、刺激を感じる能力が高いので生姜をを食べると、熱い食べ物を食べているわけではないのに「温かい」と感じるのです。

体が だるい ならまずは 体を 温める ことで対策 生姜 がおすすめ

体が だるい ならまずは 体を 温める ことで対策 生姜 がおすすめ

タイ人がガンになりにくいのは

多くの医師や専門家が指摘しているように、免疫力を高めるには体温を上げてリンパ球を活性化するのも1つの方法です。

もともと人間の体温は、簡単に上がったり下がったりしないようにできていますから、1日中体温を上げているということはできません。

しかし、短時間でも刺激して、体を温めるようにすることは効果的です。半身浴は体を温め、さらに副交感神経優位にすることで推奨されていますが、体を温めることはとても体にいいのです。

体がだるい

体がだるい

「冷えは万病の元」と言うように、冷えると全身の血行が悪くなり、老廃物や病原菌などの有害物質が体内に残ります。風邪をひくと発熱しますが、これは体が自らの温度を上げてリンパ球を活性化し、ウィルスの増殖を押さえ込んでいるからです。

解熱剤を飲んで熱を無理に下げることは、このリンパ球の働きを邪魔することにほかなりません。普通の風邪が原因の発熱なら、むしろ温かい飲み物や食べ物をとり、体を温めてよく眠ることが一番です。

ある実験では、今までシャワーを浴びていた人に、ゆっくりお風呂に浸かるように指示したら約1週間で疲労の程度を測る数値が改善しました。就寝時に湯たんぽを利用したり、シーツの下に毛布を敷いたりすることでも同様の結果が出ています。

このほか、体温を上げることについてよく言われるのは、生姜を用いることでしょう。たしかに生姜を食べると体が温まるようですが、医学的にはっきりしたデータがあるわけではありません。

冬の冷えには 「 金時しょうが 」 を使って便秘を解消 冬の間は、積極的に生姜を摂る食習慣が冷えを解消するには必要です。

また、最近は、夏でもエアコンが効きすぎる傾向にありますから冷えを感じる場合には、夏も生姜を食べるといいでしょう。

生姜は2~3ヶ月続けると、平均体温が1~3度も上がる検証実験がありました。生姜の効能、効果を考えるよりもまずは取り組むべきでしょう。生姜のプロフィールはこちらです。生姜は冷えを改善し、代謝をアップさせてくれます。

タイ人の発がん率が非常に低いのは、タイショウガをよく食べるからではないかという説があります。タイショウガとは、タイの代表的な料理・トムヤムクンなどには欠かせない食材です。病気を遠ざけるには、まず入浴や食べ物などから「冷え」を退治していきましょう。

冷え性のタイプと根本原因

冷え症改善で大切なバランスのとれた食事 特にマグネシウムを軽視してはいけない

冷え症改善で大切なバランスのとれた食事 特にマグネシウムを軽視してはいけない 冷え対策に毎日の食事の重要性は言うまでもありませんが、特に マグネシウム の重要性があげられます。

食べ物は、体をつくり維持するための基本です。偏った食習慣をあらためることが大切です。

不調、不快な症状が気になるときは、まずは食習慣を見直す習慣がとても大切です。すぐに温かい衣服や暖房器具を購入するのは、少し待ってください。

食後、体が熱くなるのは、食物が熱エネルギーに変わるから

食後に上着を脱いだりするのは、体内に取り込まれた食物の約10%がすぐに熱エネルギーとして発散されるからです。
このように、食べ物は、最も直接的に体温を上げる働きから、内臓を働かせるエネルギーになったり、体に必要な物質へ姿をかえたりして(代謝)、人の体を維持しています。飽食の時代、つい忘れがちですが、人の体が健康に保たれるための第一条件は、適切に食物を摂取することにあります。

豆腐に使われるにがりはマグネシウムが多い

豆腐に使われるにがりはマグネシウムが多い

冷え症改善で大切なバランスのとれた食事 特にマグネシウムを軽視してはいけない  現代人の冷えは体を冷やす食べ物が主因

エアコンは年中快適に過ごせるはずなのに、年齢、性別を問わず冷え症になる人が増えています。
とくに「どこが悪い」ということではないので、あまり表面化してきませんが、冷えて不調であると、自覚している人が増加し続けています。夏でも体が冷えると感じている人は年々増加しています。

お手軽レトルト食品の多食

インスタント食品やレトルト食品などを多用した現代的な食生活は冷え症を誘発しやすくなります。食事は健康のためだけでなく本当に重要な部分を担っているので現代人はもっと関心をもたたないといけません。冷凍食品もとても便利ですが、やはり添加物が多く使われているものが多く冷えを招きます。

ただし、「○○は体にいい」「○○は体に悪い」という一面的な情報を鵜呑みにして長期にわたって特定の栄養素や食品ばかりとる、または避ける、といったケースは改善していかなくてはなりません。

食物繊維がいいから…といって大量に摂取していれば、消化の大きな負担にもなります。
そして過剰に摂取しすぎると、鉄分やカルシウムの吸収を妨げるといった害のほうが大きくなります。
便秘時に トクホのイサゴール といった食物繊維を摂ることで改善できたらいったん摂取をやめて自力で排便できるようにするのが正しい自然排泄といえるでしょう。

ダイエットで脂肪分を避ける女性がいますが、一定量の脂肪は生命活動に必要不可欠です。極端な冷えの症状がでている人の中には、カロリー不足や塩分不足の方がいらっしゃいます。食事が極端に足りないケースです。食事量が極端に少ないとエネルギー不足を招きやすくなり冷えを誘発します。

過剰なダイエットで内臓機能が停止してしまう

栄養素について

適切な食事とは何かというと、できるだけ多種類の食品を、多様な形で適量とれる食事のことです。多くの栄養素は、単独ではなく、他のさまざまな栄養素と結びつくことで、人体に有効に作用するのです。

ミネラル類について、ビタミン、カルシウム、鉄分には関心は持っている人が比較的多い一方、見逃しがちなのが 「 マグネシウム 」 です。

食品として摂取したマグネシウムの吸収は主に小腸で行われ、腎臓で排泄されます。腸管での吸収は ビタミンD によって促進され、過剰のカルシウムやリンによって抑制されます。
摂取量が不足すると、腎臓でのマグネシウムの再吸収が促進されたり、骨からマグネシウムが放出されたりすることで、マグネシウムの血中の濃度を一定に保っています。

一般的には、マグネシウムの場合、ふつうに食事をしていればあまり問題はありません。ただし、栄養補助食品などでカルシウムをとるときは、いっしょにマグネシウムもとることが必要です。
カルシウムとマグネシウムの比率は2:1くらいがよく、カルシウム量に対してマグネシウムの量があまり少ないと虚血性心疾患などを誘発することさえあるのです。

1日のマグネシウムの推奨量を18~29歳男性では 340 ㎎ 、30~49歳男性では 370 ㎎ 、50~69歳男性では 350 ㎎ 、70歳以上の男性では 320 ㎎ で、18~29歳女性では 270 ㎎ 、30~69歳女性では 290 ㎎、70歳以上の女性では 270 ㎎ と設定しています。

マグネフォース 濃縮されたミネラル液でマグネシウムを摂取する

日本人はカルシウム不足があちことで叫ばれていますので,健康意識の高い方はカルシウムをサプリで補給している方が増えていますので、そういった場合にマグネシウムも合わせて多めに摂取するといいということです。

マグネシウムが不足した場合には、不整脈を起こしやすく、慢性的に不足すると虚血性心疾患、動脈硬化症などのリスクが高まります。

また、吐き気、精神障害などの症状が現れたり、テタニー(筋肉の痙攣)を起こしやすくなったりします。さらに、近年、長期的なマグネシウムの不足が、骨粗鬆症、心疾患、糖尿病、高血圧などの生活習慣病のリスクを高める可能性が示唆されています。

現代人が必要とするミネラル「マグネシウム」

冷え症を改善する効果的な睡眠法

長くても短くても快眠を得る重大なポイントは就寝、起床の眠りのリズムをしっかり保つことです。

冷えを防ぐ睡眠

冷えを防ぐ睡眠

夜型であれば夜型なりのリズムをつくる

健康的な生活を考える上で食事ど同じく大切なのが睡眠です。充実した眠りは、心身共に最高の栄養です。

気持ちよく目覚めた朝などがなんとなく幸福感に包まれる気分になるのはそんな影響からでしょう。よい目覚めというのは、よい睡眠があってこそのものです。ではどうすれば快い睡眠を得られるのでしょうか。大事なポイントは2点です。

  • できるだけお腹を空っぽに
  • 自分の睡眠・起床のリズムにしたがう

冷え症の人は、夜間の頻尿のために熟睡できない、という人が圧倒的に多いのです。それを防ぐためにも胃の中をできるだけ空っぽにしておくことが大切です。

加齢により頻尿が避けれない人は、ニラの種「すっきり種」
夜間頻尿と残尿感がニラの種「すっきり種」で大幅改善、尿量も増えた

次に自然な目覚めを促すためには、朝型であれ、夜型であれ、自分の眠りのリズムをできるだけつくる、ということになります。
通常、睡眠は深い眠り(ノンレム睡眠)と浅い眠り(レム睡眠)がセットになって交互に繰り返されますが、目覚めは、この眠りの波のちょうど区切りでくるようになっています。ところが目覚まし時計などで無理に起きると、このリズムは乱れてしまうのです。

眠りのゴールデンタイムは夜のPM10:00~AM3:00

人の体は昼間、自律神経のうちの交感神経主導で活発に働き、夜間は副交感神経主導で「おやすみ」モードにというように夜と昼とで自動的に切り替えが行われます。夜更かしは、おやすみモードに設定されているモードを強引に起きているモードで動かすようなものなので自律神経にどうしても狂いが生じます。

さらに皮膚をはじめとした体の新陳代謝は午後10時~午後3時頃にさかんに行われ、そのピークは午前1時頃と言われます。寝ている間も汗をかくのは、皮膚の細胞が活発に新陳代謝を行っているからです。したがって冷え症の人は自律神経の働きからいっても体温調節に大切な皮膚の新陳代謝の面からいってもこのPM10:00~AM3:00の眠りのゴールデンタイムに、できるだけ多くの睡眠を確保する必要があります。

夜更かしのあとは、朝寝坊よりも昼寝で調節するといい

仕事や家庭の事情などで、いろんな都合により自分の時間割を予定どおりに行えない場合があります。そういったとき、寝不足を解消しようと朝寝坊するよりも、翌朝はいつもと同じ時間が起床し、昼寝で寝不足分を解消すると眠りのリズムを崩さずにすみます。ただし、昼寝は30分くらいが適当です。
眠りの専門サイトでも昼寝の効能については取り上げています。
昼寝、仮眠でリフレッシュする
長くても1時間以内にします。何時間も眠ると、夜眠れなくなったりして、朝寝坊と同じくらいリズムを乱してしまいます。

6時間以上が基本

睡眠時間の長さも人それぞれです。1日4時間で十分という人もいれば、10時間眠る人もいます。一般的には6時間~10時間が適当であるといいます。

睡眠時間の時間数を気にしてストレスにしてしまっては意味がありません。ちなみに有名なアインシュタインは毎日10時間寝る睡眠リズムだったそうです。

寝付けないときは、ゆっくりと静かに呼吸する

寝る直前までTVを見ていたり、インターネットをしていたり、PCで仕事をしているような生活習慣は、布団に入っても頭が急に切り替わることができずになかなかな眠れません。そういうときは、無理に寝ようとしないでまずは深呼吸をします。

とくにゆっくり静かに「息を吐く」ようにします。息を吸うときは交感神経が主導になっているので、こうすると交感神経主導の活動モードに切り替わりやすいということなのです。また、軽い運動をして筋肉を温めるとより深い睡眠が得られます。

どうしても眠れないときは、音楽によるリラックス効果も試してみるといいでしょう。
快眠のためのオルゴールCDでは美しく優しい響きで、大人の心とからだも癒してくれます。自然とリラックスできるのはオルゴールの音色のおかげです。

快眠に効くVENEXのリカバリーウェアの効果