病気の原因となる冷え・宿便」カテゴリーアーカイブ

病気の原因となる冷え・宿便

肥満を深刻化させる 便秘 と 冷え

肥満を深刻化させる 便秘 と 冷え 女性には本能的にやせ指向があります。しかし、健康を犠牲にした 「 ダイエット 」 には美しさはありません。
適度の筋肉と脂肪がバランスよく配分されていることが 「美しさ」 の秘訣で本質です。真の健康美はこうした体型をいいます。若い頃はこうした本当の美しさに気づきにくいモノですがいずれ理解できるでしょう。

肥満を深刻化させる 便秘 と 冷え

肥満を深刻化させる 便秘 と 冷え 減量ポイント

女性には本能的にやせ指向があります。しかし、健康を犠牲にした 「 ダイエット 」 には美しさはありません。適度の筋肉と脂肪がバランスよく配分されていることが 「 美しさ 」の秘訣です。真の健康美はこうした体型をいいます。

ところが、女性のもつやせ指向の中には、こういった理屈を越えて心をかりたててしまいます。そこで、この機会に減量・肥満解消のための原理、原則を示したいと思います。

まずは、 肥満とは何か? を正確に認識することが大前提です。次に自分の生活習慣を正しく把握することです。
そうでないと、食事療法や運動療法を実施しても実のないものになるおそれがあります。

肥満を深刻化させる 便秘 と 冷え  『 肥満 』 とは何か

肥満とは、身体を構成する成分のうち、体脂肪が過剰に蓄積した状態をいいます。体重が多くても、肥満であるとは限りません。成人の身体を構成する成分は、普通体重の7割弱が水分、残りは脂肪とたんぱく質で、この他に少量の糖質とミネラルがあります。

よく水太り、かた太り、脂肪太りといいますが、西洋以外では体脂肪が異常に増えた場合のみをを肥満といい、かた太りは、筋肉質、水太りはむくみと呼び、肥満とは区別しています。若いころからの大食の食習慣から抜けられない人、出産・育児の激務から開放された人、デスクワークばかりの仕事をしている人、中年太りの多くは、運動不足に起因しています。

運動が大切

人間の体はいったん太ってしまうとそれを維持しようとしてしまうので食事量を減らしただけではなかなか体重が減りません。
運動を脂肪を蓄えやすい代謝状態を除々に治す効果がありますのでダイエットには運動療法を欠かせないのです。

ダイエットの秘訣

多くのダイエット法が流布しており、情報も溢れんばかりですが、基本は「入れる、出す」のバランスです。こうしたダイエットを行うと美しい体型にする本来の本質的なダイエットをすることができます。

肥満 に見られる 高血圧 、 動脈硬 化、 脳血管障害 、 糖尿病 、 高脂血症 、 脂肪肝 、 胆石症 、 痛風 、 腎疾患症 、 月経異常 、 不妊症 など、すべての病気が 栄養過剰摂取 、 身体の冷え 、 便秘 による体内の代謝障害が原因です。

肥満解消には、食事療法や運動療法と同時に、身体の冷えをとり、便秘を治し、腸内環境を整えることが、ダイエット効果を高めるのです。

内臓の冷えは脂肪をとりこんでしまう

肥満は食べ過ぎで太ってしまったのですから、食べる量を減らすことは基本です。しかし、女性の場合、肥満に先立って、多くの人に生理不順や冷え性が見られます。

「 身体の冷え 」 があるということは、臓器がまず冷えているということで、その冷えた臓器を温めるために、脂肪が蓄積されることになるのです。
お腹や腰回りが太るのは、その証拠です。したがって肥満、つまり脂肪をためこまないためには、「身体の冷え」をとることが大切になります。

排泄

代謝障害はなんといっても排泄機能の衰えによるものです。お腹の中には、老廃物がたまると、身体の毒素が栄養障害や肝臓障害を引き起こし、それにより身体の代謝障害を引き起こし、肥満をはじめ様々な病気を生むことになります。

運動

運動は静かに呼吸を充分に行うものを選びます。筋肉には赤筋と白筋の二種類があり、減量効果のあるのは赤筋です。赤筋は体を左右に曲げたり様々な姿勢を維持するなど、ゆっくり静かに体を動かす運動をするときに使われます。
空腹時に階段のぼりをすることもいいですし、乾布摩擦なども効果的です。

生活習慣

減量の自覚をもつためには、身近なところに体重計をおいたり、周囲の人に 「 ダイエット 」 をしていることを伝えるのがいいでしょう。最後、一番効果的なのは便秘解消です。自然排泄による便秘解消ができない場合は トクホ イサゴール です。

身体の冷えは顔色にすぐでる

四診

漢方の診断法は、前述したとおり治療法を決定するためのものです。漢方が集大成された時代は、検査器具や診断設備のない時代でしたから、診断は現代医学と異なって、すべて五官の感覚のみに頼って行われています。診断にあたっては、四診を使います。要診(視覚)、問診(聴覚)、問診(問答)、切診察(触覚)の四つです。
具体的には、漢方医は患者の身体の表面にあらわれた症状や当人の訴えによって診断します。

顔面望診

なかでも重要視されているのが、望診です。「上工ハ望診ニヨリテ病ヲシル」といわれ、病人を見ただけで、正確な判断をできるのが名医の条件とされています。望真は、現代医学の視診に相当するもので、漢方医では、全体像、顔面部、舌、眼の望診をとくに重視しています。
顔面望診の基本は、顔は身体の萎縮図であるという考え方を基本に体内の全般的異常を顔面の望診によって診断するものです。
普段と違った顔色が見られるのは、必ず体内のどこかの異常と対応しているからです。顔面のどの部分に、どんな色が現れたら体内のどの部分がどんな状態になっているかを望診によって知ることとが出来ます。

冷えを望診すると…

身体の冷えという症状についてもどの臓器に冷えがあるかを、顔面の部位の色によって判断できます。
まず、冷えの色は、蒙色といって鉛筆の芯の色、墨の黒さとは明らかに違う、ちょっと陰影と見誤りやすいくらいの、湿灰色です。蒙色の現れる顔面の部位と、内臓の関係を箇条書きにしたので参考にしてください。
蒙色望診法は「小腸の宿便」を提唱した二代目・目黒玄竜子先生が30年の歳月と2万人に及ぶ観相体験によって開発された、きわめて信頼の高い病相学です。

冷えの自己診断(目安)

  1. 疲れやすく、根気や気力がない。
  2. 冷え性、冷えのぼせ、冷房に弱い。
  3. 慢性便秘、尿が近い、汗が少ない。
  4. 胃下垂、腹鳴、腹が張る、食欲不振。
  5. 生理不順、不妊症、精通がある。
  6. 肩こり、腰痛、神経痛がある。
  7. 低血圧症、平熱が低い、アレルギー体質。
  8. にきび、しみ、肌荒れ

顔色の発現と内臓の関係

  1. 冷え性で婦人科が弱く、宿便もたまりやすい
  2. 性線ホルモン、副腎皮質ホルモンの分泌異常
  3. 下腹部の冷えによる生理不順
  4. 冷えによる自律神経のアンバランス
  5. 貧血、疲れやすく気力不足
  6. 理紋あるいは、胆嚢の冷えによる胆汁分泌不足
  7. 小腸の宿便、小腸も弱くスタミナ不足
  8. 大腸が弱く、便秘、古便のある人
  9. 肝機能弱く、腰痛、便秘、ぢになりやすい
  10. 子宮の冷え、冷え性で宿便もたまりやすい
  11. 胃腸の冷えによる吹き出物
  12. 腎臓の冷え、排尿異常、アレルギー
  13. 下腹部の冷え、胃腸障害、冷え性
  14. 首に出るいぼ、冷えによる体内の水分代謝不足が原因

婦人病は 便秘 と密接な 関係 にある

婦人病は 便秘 と密接な 関係 にある ので速やかに便秘解消の対策を講じるべきです。女性が3人いれば2人は便秘症であると言われるほど女性の便秘体質は多くなっています。

そのためか女性は便秘を病気と考えてはいないようです。便秘が肌荒れの大敵であることは経験上十分に知っていますが、便秘が婦人病までに影響することを知っている人は少ないのです。しかし、便秘は生殖器の病気を誘発するので注意しなければいけません。また逆を言うと婦人病は便秘を解消すれば軽減できるということでもあります。便秘は1~2日ですぐに解消できるものではありませんが、地道に、食習慣、生活習慣を変えることで誰でも実現できます。

便秘 は 病気 という 考え方 をもつ 婦人病は 便秘 と密接な 関係

婦人病は 便秘 と密接な 関係 にある

女性が 3 人いれば 2 人は便秘症であると言われるほど女性の便秘体質は多くなっています。そのためか女性は便秘を病気と考えてはいないようです。

周囲も同じように便秘だからと安心してしまうのでしょう。しかし、それはとても大きな問題や病気の原因になることを理解しなければいけません。

便秘が肌荒れの大敵であることは経験上十分に知っていますが、便秘が婦人病までに影響することを知っている人は少ないのです。
婦人病は便秘と密接な関係にあるのです。
便秘症の女性は、様々な全身症状を訴えています。こうした全身症状以外に婦人病もあります。

  • 頭痛
  • 頭重
  • のぼせ
  • めまい
  • むかつき
  • 不眠
  • 腹痛
  • 腹満

などのほかにも

  • 全身の疲労
  • 精神疲労
  • 精神不安
  • イライラ
  • 心悸高進
  • 頻脈
  • 不整脈

など、症状的には立派な婦人病の病態です。
こういった症状にプラスされて軽症に分類される

などができ肌は荒れてしまいます。

女性になぜ多いのか?

大抵の男性は、毎朝快便の習慣をもっています。便秘は少ないのが一般的です。女性になぜ多いのでしょうか。

女性は、ホルモンバランスで便秘しやすくなります。 排卵後や妊娠中に増加する「黄体ホルモン」「プロゲステロン」は身体に水を貯める作用があり、腸内の水分が不足し便秘の傾向となります。 ホルモンバランス以外でも「冷え」「ダイエット」「運動不足」などが原因となります。 便秘は簡単にいうと「腐ったものを腸内にためている」ことです。

  1. 女性は情緒が繊細で、その変化がすぐに大腸に影響する
  2. 運動不足
  3. 排便の習慣が妨げられる条件下に置かれている朝食の支度、排便時の育児など
  4. 特に経産婦における腹壁圧の減退
  5. 内臓下垂症と広骨盤腔による腸管の転位

などが理由としてあげられます。まだまだ理由は多数あるのかもしれません。

腸は生殖器から進化した

人間はアメーバにはじまって魚類を経て進化してきました。この進化の過程をたどっていくと、腎(泌尿器・内生殖器)は、腸が変化したものであることがわかっています。

内生殖器を進化度の低い魚類のメスについて見てみると、尿・大便・生殖腺をつくる所は 3 つに分化していますが、出口はひとつしかありません。したがって両便も生殖物もひとつの穴から排泄されます。これを単孔類と呼びます。鳥類、亀、蛇類の両棲類からカモノハシに至るまですべて単孔類に属します。

さると人間

進化がすすむと下等なほ乳類になります。下等なほ乳類は、腎臓の下に膀胱ができ、尿道と肛門とが分かれています。
しかし、まだ生殖排泄物の通路は、肛門を使っています。これがもう一段変化したのがサルや人間です。生殖排泄孔が独立し、尿道と肛門の間に膣ができ開口部となっています。このように内外の生殖器は腸から分離、独立してきました。つまり、元を正せば腸と生殖器は本家と分家の関係にあり、しかも身体の表と売れの隣に位置していますので、相互に密接な関係が生まれます。

便秘は生殖器の病気を誘発

たとえば、直腸の下部に蓄積した大便や宿便がありますと、直腸が鬱熱を発します。この鬱熱が直腸の前面にある子宮や膣に熱を感じさせ、古血を発生させます。

そうなると子宮や膣は充血状態となり、不正子宮出血、子宮筋腫または膣炎などを起こして帯下の増量をまねき、外因炎を誘発することさえあります。また、子宮は冷えに弱い こともわすれてはいけません。さらに、便秘や宿便は肝臓にまで悪影響を及ぼします。

直腸ガンと誤診されるほどの宿便もある

婦人科で有名な東洋医は「漢方では、体温で固くなった宿便を燥屎といっていろいろな病気の原因になるとしています。西洋医学では便秘をすすると便秘薬を処方しておわりですが東洋医学は体質を変えることで便秘を改善します。

便秘によって腸壁にこびりついた宿便は、現代医学では便とは別のものと見誤ることもあるそうです。このように便秘は肌荒れだけなく婦人病の引き金になるものばかりです。効果の早い便秘対策には イサゴール宿便 を改善。

病気の原因となる冷え・宿便