宿便はお腹の中の煤(すす)である

便秘と宿便は異なる

宿便に悩む人達は、圧倒的に便秘症の方々です。「ひどい便秘症なので宿便がある」と自覚している人は大変に多いのです。
ところが、便秘している大便である古便と宿便は基本的に異質のものです。
腸を煙突にたとえるととてもわかりやすく理解が深まります。煙突の内壁にこびりついた煤(すす)が宿便とたとえるのが適切です。便秘している大便・古便は煙突に詰まっているものとなり宿便とは基本的に異なることがわかります。
煙突から煙りが出ていても煤はたまるものです。つまり、毎日快便でスッキリしていても宿便が溜まってしまうことは、あり得ることなのです。
反対に便秘症だから宿便がたまっているとは限りません。

タール便、黒色便

宿便は小腸にたまる宿便と大便にたまる宿便とがあります。小腸にたまる宿便でポピュラーなのは、新生児が出生後に排出する飴便(カニババ)です。これは、コールタールを流したような粘りけのあるドロドロとした便です。
大腸にたまる宿便の代表は、死の直前にだす粘りけの少ないすすけた黒色の便です。健康人の場合は、普通便にススのように混ざって排出されます。これを黒色便と呼びます。

小腸は藻の生えた川底によく似ている

小腸は直径4cmほどの、長い円筒形の管です。内側の粘膜には、たくさんの壁(ひだ)があり、この壁の上に絨毛と呼ばれる突起物がびっしりと生えています。絨毛の表面にはさらに長さ1ミクロンの微絨毛(びじゅうもう)があります。この二重三重の凹凸のおかげで、小腸の表面積は円筒の600倍、テニスコート1枚分の広さになります。
その様子をたとえるならば藻の生えた川底の状態でその上を分解された食べ物がゆっくり流れていきながら栄養素が吸収されていく様です。

宿便体質になりやすい人

宿便を防ぐためには、宿便を持ちやすい体質を知ることが重要です。

  • 大食漢
  • 肉食が好き
  • 野菜不足
  • 塩分をとりすぎる
  • 胆汁不足

などの人などです。ほとんどが生活習慣、それも食習慣に関わる部分が大きく関与します。
さらに冷え性や虚弱体質が加わると、排便が毎日あって快便でも宿便がたまってしまいます。
また、胃腸が冷えて働きが低下していると、消化吸収が十分に行われず腸の絨毛の間に消化されない老廃物がたまり宿便となってしまいます。l

小腸の宿便について

宿便の成分は、老廃たんぱく質、脂肪、ステロイド類です。ステロイド類というのは、燃焼されなかったホルモンのことです。肝臓で分泌されて胆汁と一緒に腸管で廃棄された体内老廃物です。
脂肪は、本来ならば、胆汁に含まれている胆汁酸によって分解・乳化され、吸収され吸収されるはずですが、胆汁不足のために十分に分解されないまま残り、やがてたんぱく質と一緒に腸の絨毛にまとわりつきます。この時、腸の動きがにぶくて自浄作用が正常に行われないと宿便となって滞留することになります。

大腸での宿便

大腸では消化は行われていないため絨毛がありません。ということは宿便ができないのか?というとそうではありません。大腸の筋層に欠陥があったり、神経の緊張状態が続いたりすると大腸の収縮によって出来たヒダ、あるいは、結腸の移行部などに便が滞留しやがて大腸の宿便となります。

まずは、イサゴールで宿便を排出しましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください