病気の原因となる冷え・宿便」カテゴリーアーカイブ

自律神経失調症は「冷え」ている証拠

自律神経

人間の神経は、大きく分けてふたつに分類されます。ひとつは、体性神経。これは、手足を動かしたり物事を考えたりといった、意志や意識によって働く神経で、「運動神経」「知覚神経」とも呼ばれています。
もうひとつは、自律神経で、これは無意識のうちにに働く神経です。自律神経は、脳の視床下部に中枢があり、内臓、血管、線などに分布しています。
そして、呼吸、血液循環、消化吸収、排泄、ホルモン分泌、消化液分泌といった生命活動に必要な働きを無意識のうちに、身体のため調整しています。

自律神経のバランス

自律神経には、交感神経と副交感神経のふたつがあります。交感神経と副交感神経は、まったく逆の働きをします。心臓を収縮させるのは、副交感神経からの刺激であり、拡張させるのは、交感神経からの刺激によります。このように反対の働きをもった神経が、各臓器や組織には、セットで分泌していて、一方が強く作用すると、やがて他方が作用しはじめる、結果として臓器の機能がバランスを保つようになっています。
ところが、どちらかの作用が強くなりすぎてバランスが崩れると、ある種の症候群が現れれる事になります。具体的には、交感神経失調症、副交感神経失調症、自律神経失調症などです。

昼間は交感神経

 内臓器官の基本的な働きは、副交感神経によって営まれています。そして、全体的に働きを高めたり低めたりする必要が生じたときに、交感神経が参加します。平温な環境の中で生活するのなら副交感神経だけで足りるのですが、社会の荒波やストレスに積極的に適応するためには交感神経というむちが必要がなります。生理的にはl昼間の活動が交感神経の刺激が中心となり、昼間は副交感神経の刺激が中心となり、全体として人間の生命活動は正常に営まれます。
ですから、交感神経は昼の神経、副交感神経は昼の神経という人もいます。

昼夜逆転

交感神経の緊張を必要とする昼間は、副交感神経の働きは抑えられますが、交感神経の緊張がゆるめば、必然的に副交感神経の緊張が高まります。
生命活動をふくめて物体は、全て、温めれば伸びたり活動的になり、逆に冷えれば、縮んで鈍い活動になります。
それと同じように、身体が冷えると血管が収縮し、血液循環が障害されます。そのために、生命活動に必要なエネルギー(血液量)が充分にまかわれないことになり、交感神経中心のはずの昼間に副交感神経の緊張を身体が強いられることになります。
すると、昼間から疲労感が強まり、気持ちに動揺が生じたりします。
さらに、夜間に交感神経優位となるため、休息熟睡・疲労回復は不十分となり、内臓に不快感が生まれます。

自律神経失調症の基礎知識

腰痛・神経痛も冷えがよくない

二足歩行による疾患

人間は二足歩行するようになったために両手を使うようになり、他の生物と異なって文明をくつくるようになりました。しかし、日本足で立ったが故に四本足の動作には見られない肉体的負担を背負い込むことになりました。
とくに、腰部の重力負担を背負い込むことになりました。年齢を重ねると疲労が腰に来ることが多いのはそのためです。
腰を曲げたり、後ろにそらしたりする動作のときには、腰骨の関節への圧迫が、ぐっと大きくなりました。このために、骨格のゆがみや内臓の下垂がおきやすくなり、腰痛、神経痛、肩こり、手足のしびれ、痔、冷え性、胃下垂など四つ足動物にはあまり見られない疾患に悩み、苦しむようになりました。

背骨は巧妙なつくりになっている

人間の身体は、二足歩行に適応できるように、進化の過程で変化してきているのはもちろんです。
たとえば、上半身を支える背骨(脊柱)は人間が重力に抵抗して立ったまま自由に動きまわれるように、巧妙につくられています。人間の体の支柱ともいえる背骨は、頭の骨は前曲がり、胸の骨は後ろ曲がりに、そして腰の骨(腰椎)は再び前曲がりにつくられています。横から見るとS字型のカーブを描いています。この構造のおかげで、上からかかる重力を無理なく腰とうけとめて、下に伝えるととともに下からの反動も和らげられます。

背骨を支える筋肉

背骨と腰骨は、背筋や腹筋など、大きく分けて4種類の筋肉群によって支えられています。
また、背骨は24個の椎骨が連結して一本の柱のようになり仙骨の上に立っています。
この背骨には、脳から下りてきた脊髄(中枢神経)が貫通していて、椎骨の間からは、中枢神経から枝分かれした神経繊維が伸びて、内臓をはじめとする身体組織に達しています。

筋力は冷えで低下

最近、腰痛症が、老人だけでなく、若い人たちにも増えています。腰痛の原因は、きわめて複雑で現代医学的には、内科、婦人科、外科、整形外科といった分野が考えられます。腰痛でとくに注意したいのが、腹筋、背骨などの腰を支えている筋肉の減弱です。減弱というのは、冷えや老化によって筋肉がこったり、低下したりることです。また、腹部の冷えによって、便秘・宿便・ガスの停滞がおき、そのために腹部の内圧が上昇しても、腰痛の原因となります。
身体の冷えが原因で血行不良となり、筋肉にこりができたり、筋力が低下したりすると、、筋肉がバランスよく機能しないために、一部の筋肉に疲労がたまり、それが腰痛の引き金となってしまう場合もあります。

悪い姿勢が背骨をゆがめる

猫背や足組みなど習慣的な悪い姿勢、あるいは、柔らかいベッドが、筋肉にかたよった負担をかけ、それが背柱のゆがみとなり、やがて腰痛や座骨神経痛になることもあります。
東洋医学の陰陽論では、背部は陽、腹部は陰ということで背部痛(腰痛、座骨神経痛)に対しては、腹部からの治療が効果的です。
ぎっくり腰、慢性腰痛症には、安静を保ち遠赤外線などを利用した腹部温熱を行うことで痛みが軽減します。温めることで痛みが軽減しストレスも同時に解消されます。