腸は第二の脳 じつは脳よりも優れている

腸は第二の脳 という言葉は聞いた事がある人が多いはずです。それほど緻密な臓器ということをいいたいのですが、じつは脳よりも優れています。

腸は第二の脳

腸は第二の脳

こちらでは ミミズ の生体について紹介しました。 ミミズ 同様に優秀なのは サナダムシ です。
ミミズ と サナダムシ のいちばんの違いがどこにあるかをご存じでしょうか。

ミミズ には脳がないのに、 サナダムシ にはちっちやな脳があるのです。 サナダムシ は 腹側神経系動物 では、初めて脳を持った生き物です。

脳を持った腹側神経系動物は、その後、 イカ や タコ 、節足動物などに進化していきます。一方、背側神経系動物では  ナメクジウオ や ホヤ などの尾索類あたりから神経管が出現し、それが脊椎動物の管状神経系、すなわち脳へと発展していきます。

そして、脳を持った脊椎動物は、魚額、両生類、爬虫類、鳥類、哺乳類へと進化を遂げ、わたしたち人類は大脳皮質が発達した高性能の脳を持つに至ったわけです。

ここでは 腸 と 脳 の関係性について紹介したいと思います。進化をさかのぼればわかるように、 腸 は 脳 よりもずっと先にできています。

まずは 腸 ありき。生き物は気の遠くなるような長い年月をほとんど腸だけの姿で過ごしてきました。

先ほど ミミズ の例でも挙げたように、考えたり、判断したりといったことを腸がすべてやってくれるから、脳がなくてもそう困ることはなかったわけです。

では、なぜ脳が現れたのか。多くの研究者は、脳は「食べる」ために生まれたのだと指摘しています。腸はなるべく効率よくエサを得てエネルギーを取り込んでいかなくてはなリません。

それで、そのための「作戦室」を必要としたのです。つまり、それが脳。脳は、もともとは腸が自分の生存をより有利に運ぶために備えつけた器官であったわけです。

だから、本来、 脳 は 腸 の配下 にあった存在なのです。ところが、脳はどんどん発達して大きな顔するようになり、いまではすべての決定権が自分にあるかのような態度をとっています。

腸からすれば、もともと自分の下請け会社だった存在が急速に発展して、いまでは自分以上の大会社となって自分を差し置いて指揮を振るっているような感じなのかもしれません。

それに、よく「腸は第二の脳」といったいわれ方をされていますが、これ腸からすればかなり不本意なはずです。

腸 にとっては、 脳 ははるか遅れてやってきた新参者に過ぎません。その脳が「第一 で、大先輩の自分が「第二」というのは、納得いかない急があるのではないでしょうか。

もっとも、 腸 こそが人間の第一思考器官だと考えている専門科も多いです。まあ、いささか腸の方をひいきしているところはありますが、大まじめに「脳より脳の方がかしこい」と考えている、消化器の専門科はたくさんいます。その理由は次のとおりです。

腸は第二の脳 腸は、脳にはできない判断ができる

見た目は普通なのに、食中毒菌が混入した食べ物があったとします。脳は、それを口に入れろという判断を下すことでしょう。

でも、腸は、食中毒菌が入ると、「これは体内に入れてはいけない!」という判断を下して拒絶します。安全ではないものが入ってくると、嘔吐や下痢を起こして体外へ出そうとするのです。

つまり、脳は口に入れるものが安全かどうかを判断することができませんが、腸はそれが判断できるということになります。

腸は、脳の措図を受けなくても動く

体はだいたい脳の指令を受けて動いていますが、 腸 は違います。 脳 の指図を受けることなく、独自の判断で動いているのです。たとえ、脳死になったとしても、腸はひとりで機能し続けることができます。しかし、腸が完全に死んでしまうと、脳の働きも完全にストップしてしまうことになります。

腸には、脳に匹敵する神経細胞ネットワークがある

人間の腸内には、約1億個の神経細胞があり、網目状の神経ネットワークを築いています。神経細胞の数こそ脳に及びませんが、腸内の神経ネットワークにおいて思考や情動に影響をもたらす多くの情報がやり取りされているのです。

人間の心のベースは腸内で生み出されていると見ています。そして、その形成に大きな働きをしているのは、おそらく 腸内細菌 です。今後研究が進めば、 腸 と心の関わりがよりいっそう明らかになってくるのではないでしょうか。

腸は、幸せな感情を生み出している

腸は セロトニン や ドーパミン などの幸せ物質のもとを生産しています。こうした物質が腸内でたくさんつくられていれば、その人の心は明るくポジティブで、幸せ感に満ちたものになります。

逆に、腸内でその物質の生産が少ないと、その人の心は暗く ネガティブ になってしまいます。これにより、うつ病などの心の病気になってしまうことも少なくありません。すなわち、心の健康のカギは腸が握っているといっていいのです。

腸 は、ウソをつかない

脳は、見栄っ張りのうぬぼれやです。真実をねじ曲げて、偏見に満ちたものの見方をすることもあります。

腸はウソなどつきませんしつかり分類整理して、実直にまじめを貫き通します。 腸 は、少々堅物過ぎるくらいの正直者なのです。

腸 は、欲に溺れない

脳 は、意志薄弱で目先の欲望にとらわれがちです。ついついポテトチップスをひと袋空けてしまったり、満腹なのにお寿司をもうひと皿食べてしまったりするのがいい例です。

しかし、 腸 はそんなことはありません。食べ物も含めて日々を生きていけるだけのものがあれば、それで満足。常に謙虚であり、分を超えて欲琴ることがないのです。

腸 は、体のことを第-に考えている

脳は、お調子者の遊び人。時にはハメをはずすこともあります。食べ過ぎたり、飲み過ぎたり、たばこを吸ったり、生活を乱してしまったり…

体によくないことをするのもしょっちゆうです。でも、腸はいたって体思い。体によくないことが続くと、すぐに便秘や下痢などで不調を訴えます。心身が弱ってしまうことは、腸内細菌にとっても都合の悪いこと。だから、 腸 はいつも体のことを第-に考えて、もくもくと仕事に励んでいるのです。

「脳よりも腸のほうがかしこい」と思えてくるのではありませんか。とにかく、 腸 もいろいろ考えているのです。

もちろん、哲学的な問題を考えたり、難しい計算をしたり、言葉や文章で何かを表現したりする知能は 腸 にはありません。そういった学校で勉強するような能力では、到底脳に及ばないのはあきらかです。しかし、日々の生活に根差した「どう生きるか」「どちらを選ぶか」という部分では、脳よりも勝のはうがかしこい選択をすることが多いと思うのです。少なくとも「より健やかに生きていくための知恵」という点では、脳の判断よりも腸の判断に従うほうが利口なのではないでしょうか。

腸 は、 脳 よりも何億年も前に誕生しています。 ミミズ のような形態をしていたころから、必要な生存機能がしっかり埋め込まれています。だから、腸には「生きていくには、いま何をすべきか」「生き残るためにはどっちを選ぶべきか」という本能的な知恵がインプットされているのではないでしょうか。

そして、生きていくために腸が下す判断は、脳が下す判断よりもたぶん正しいのです。私は、人の人生には、脳の考えに従うよりも、腸の考えに従ったほうがいいという局面がたくさんあると思っています。腸の考えを生かしていくことができれば、きっとわたしたちは、より長く、より健やかに生きられるようになっていくのではないでしょうか。

腸内環境( 腸内フローラ )のベストバランスは 善玉菌 3、悪玉菌 1、日和見菌 6

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください