便秘時に「イサゴール」がよく効く人と「オリゴ糖」が効く人の違いについて

腸内フローラはひとりひとり違う。そのバランスで太りやすさや性格傾向までもが決まってくる

ネットの便秘解消のレビュー記事などを読んで「イサゴール」を試してみよう!と思ってイサゴールを購入してもそこに書かれていた方々のように音沙汰がないときもありますし、人から「オリゴ糖」がとてもいいよ~と言われてオリゴ糖を飲んだのに全く音沙汰がないことがありますね。

そんなときは、残念な気持ちと共に「インチキだ!」と思ってしまうこともあります。あのネットの口コミサイトがサクラばかり集めているに違いない!と思ってしまいますね。

腸内フローラにどんな「花」が咲いているのかは、人により千差万別です。腸内フローラについてはこちらです。

どういう種類の腸内細菌がどれくらいの割合で棲んでいるかはひとりひとり異なっているのです。

これは、たとえ親子であろうとも、一卵性双生児であろうとも、腸内フローラは同じにはなりません。指紋がひとりひとり異なるように、腸内フローラもひとりひとり違います。

そして、そのおおまかな組成バランスは一生涯変わりません。善玉菌や悪玉菌の増減は頻繁に起こっています。ちょっとした食事のバランスが乱れてもすぐに悪玉菌優位の腸内環境になりますし、逆に善玉菌優位の腸内環境にするには、食事だけでなく運動や、ストレスをためない生活が大切です。

しかしながら、どの種類の菌がどれくらいの割合で棲んでいるかという全体的な組成バランスは、乳児期から死ぬまでほとんど変わらないのです。

この腸内フローラの組成バランスが、その人の「個性」や「体質」に大きく関係していることがわかってきました。。いったいどういうことなのでしょうかか、

善玉菌優位の食事

善玉菌優位の食事

これは、たとえば、世の中には太りやすい体質の人もいれば、太りにくい体質の人もいます.同じものを食べていても太ってしまう人、まったく影響のない人もいます。

その体質が腸内フローラの組成バランスによって決まっていることが明らかになってきたのです。具体的にいうと、太りやすいに人にはフィルミクテス門という腸内細菌が多い傾向があり、太りにくくやせている人にはバクテロイデス門という腸内細菌が多い。

この2つはテレビメディアなどでは、「デブ菌」「ヤセ菌」などと呼ばれて注目されはじめているようです。

太りやすいか太りにくいかは、その人がおなかのなかにどんな菌を棲みつかせているかがカギだったというわけです。

また、世の中には肌が老化しやすい人も、そうでない人もいますが、これにも腸内細菌がからんでいます。

大豆を分解する際に腸内細菌がつくりだす「エクオール」という物質には、肌の老化を防いだり更年期障害の症状を防いだりする働きがあることが報告されているのです。

ただ、このエクオール産生菌を持っている人は、日本人のふたりにひとり。だから、肌の衰えやすさも、この腸内細菌を持っている人と持っていない人とでは大きく違ってくることになります。

さらに、世の中にはいろいろな性格の人がいますよね。怒りつぽい人、落ち込みやすい人、内気な人、社交的な人、頑固な人、気むずかしい人、 まさに十人十色ですが、どうやらこれにも腸内細菌が影響しているようなのです。

マウスによる実験

マウスによる実験

これにはマウスの実験がで明かになっています。カナダ・マックマスター大学のステファン・コリンズ教授が「行動的なマウス」と「臆病なマウス」の腸内細菌を互いに入れ替える実験を行ったところ、なんと、両者の行動がすっかり逆転し、性格が入れ替わってしまったのです。

この実験は、好奇心旺盛か臆病か、不安や恐怖を感じやすいか感じにくいかといった性格傾向に腸内細菌が関係している可能性を示唆しています。あくまでマウスの実験なので、人間の場合も腸内細菌を入れ替えたら性格がすっかり入れ替わるのかどうかはわかりません。

ただし、腸内には約1億個もの神経細胞があり、腸内細菌がつくり出す物質には、そうした神経細胞を刺激して感情に影響を与えるものがたくさんあることがわかっています。

また、腸内はセロトニンやドーパミンなどの脳内伝達物質のもとをつくる工場でもあり、喜怒哀楽の感情形成に大きな役割を果たしています。

こうした状況から考えれば、「人の性格は腸内細菌によってつくられている」「人の性格傾向は腸内フローラの組成バランスによって決まってくる」という推論が出てくるのは当然だと言えるでしょう。

これまでは、こうした体質や性格傾向の問題は、親から受け継いだ遺伝子によって多くが決められているものと思われていました。しかし、遺伝がすべてではなく、腸内細菌も少なからず影響をもたらしていたわけです。

人間の体質や性格はひとりひとり違います。腸内フローラもひとりひとり違います。もしかしたら、おなかのなかにどんな腸内フローラを持ち、どんな菌を棲みつかせているかによって、ひとりひとりの豊かな「個性″」がつくり出されているのかもしれないのです。

もちろん、腸内フローラがわたしたちの個性にどの程度影響を与えているのかは、まだよくわかっていません。でも、今後研究が進めば、腸内フローラがいったいわたしたちの何をどこまで決めているのかが明らかになってくることでしょう。

ひょつとしたら、腸内フローラには、自分が自分であるためのカギのようなものが眠っているのかもしれません。「自分らしさ」や「自分らしい特徴」も、腸から生まれてきているものなのかもしれません。

だとしたら、自分たちのおなかのなかに棲んでいる腸内細菌は、「もうひとりの自分」のような存在なのかもしれません。

どうやったら頑固な便秘が改善するのか?それは、たとえば、多くの銘柄のヨーグルトを食べてみて自分に合うか合わないかを知る必要があるように、人が効いたからといって自分にも効くかどうかはやってみないと分からないということです。

もちろん多くの人が効くものが確率としては高いかもしれませんが、それが効かないからといってふさぎこむ必要はないし、逆に怒ることもないのです。

ちなみに「イサゴール」は、たっぷりの水を飲むことでより効果的に効きます。イサゴールが効かないという方の調査をすると水の量が少ない方が多数いらっしゃいました。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください