食物繊維 やせる 腸内細菌が増える

食物繊維 やせる腸内細菌が増えるのでしっかり摂りましょう。食物繊維は 便秘改善だけに必要なのではなくやせるためにも大切です。肉や魚にはほとんど存在せず、野菜、豆類、穀物、海藻といった植物だけにある食物繊維。かつては、「カス」として定義差され軽視されてきましたが、腸内フローラを整えるためには必須です。

食物繊維 やせる

かつては、「カス」として定義差され軽視されてきましたが、腸内フローラを整えるためには必須です。例えば、食物繊維が多い 切り干し大根茶 などで痩せる 体験談 などが紹介されているのはこの食物繊維の働きによるものです。

食物繊維 やせる

水溶性食物繊維発酵して腸内細菌の餌になる

食物繊維の摂取が健康によい、食物繊維を多くとると、死亡率が下がるという研究は数多くあります。

そして、腸内フローラにとっても、食物繊維の摂取はよい効果をもたらすのです。食物繊維とは、胃や腸で消化できない食品成分の総称で、肉や魚には含まれず、野菜やきのこ、穀類、豆、海藻、そしてフルーツのような植物にしかありません。

食物繊維には、水に溶けるタイプと水に溶けないタイプの 2 種類がありますが、水溶性、不溶性ともに大切な食物繊維です。

水溶性食物繊維が腸に届くと、腸内細菌がそれを発酵させ、自分たちのエサとします。そして、腸内細菌は発酵食品を得たときと同じょうに、短鎖脂肪酸をつくり、それが腸壁を刺激して、やせられる腸内フローラをつくります。

一方、不溶性食物繊維は、便の材料となって、かさを増します。お通じがスムーズになることで、悪玉菌グループが生産した腐敗物質を早く流し出します。すると、善玉菌グループが育ちやすい、やせられる腸内フローラができるのです。

腸内細菌のエサになるという意味で、水溶性食物繊維の摂取を意識したいところですが、自然界では、不溶性より多く含まれる食品は、ごく限られたものしかありません。野菜など、食物繊維が豊富な食品を積極的にとることで、全体として水溶性の量を増やしましょう。

数少ない 水溶性食物繊維を意識して摂るのがよい

 

にんにく
  • 水溶性:3.7 g
  • 不溶性:2.0 g
らっきょう
  • 水溶性:18.6 g
  • 不溶性:2.6 g
押麦(大麦)
  • 水溶性:6.0 g
  • 不溶性:3.6 g
エシャロット
  • 水溶性:9.1 g
  • 不溶性:2.8 g

食べて治す快腸

食事で食物繊維が摂りづらい方は イサゴール

便秘 は 健康 の 大敵 アロエ 原液 完熟アロエまるごと純しぼり を使う

便秘 は 健康 の 大敵 アロエ 原液 完熟アロエまるごと純しぼり を使う 方法を紹介します。便秘は現代人特有の悩ましい症状ではありますが、ある調査によれば、自分で便秘をしていると思っている人は男性が約 10 %  女性が約37 % ということです。これは、少し前の調査ですので現在はもう少し深刻な数値に悪化しているでしょう。

この数値の正確性は別にしても、ほぼ女性 3 人に  1人が便秘症だというのは、いろいろなことから総合的に考えて、そう大きくははずれていないでしょう。

それぐらい日本人全般に便秘人口がかなり多くなっているということです。便秘というのは、便が固くて排便に苦痛を感じるような状態をいいます。

たとえ毎日お通じがなくても、排便がスムーズに行われれば、医学的には便秘とはいいません。しかし 3 日も 4 日も便通がなければ、たいていは便が固くなっていて、排便に苦労しますから、便秘ということになります。

さて、便秘と一口にいっても、いろいろな原因で起こります。ときには重大な病気を知らせるシグナルであることもありますから、ふだんから自分の体の状態をよく知っておくことが大切です。

医学的には、便秘を次のように分類しています。

1.症候性便秘
身体的な病気や異常があるために起こるものです。この便秘を起こす病気としては、大腸ガンあるいは大腸ポリープ、大腸憩室、クローン病、巨大結腸症、腸閉塞、腸管癒着、子宮筋腫、子宮内膜症、卵巣脳腫などの婦人病といったものです。
それまでは何ともなかったのに、あるときから便秘がはじまったとか、便秘がちだった人でも、それが頑固になり、長引くようになったなどのときには要注意です。早めに専門医の診察を受けるようにしましょう。
2.一過性単純便秘
旅行に出たり、入学試験のときなどに、一時的に便秘になってしまう経験をおもちの方も多いでしょう。これが一過性単純便秘です。旅行、試験、新入社、新入学、結婚、葬式などの行事で環境が変わったり、ストレスなどの精神的動揺があったときに起こります。生活が元の状態に戻ったり、環境に慣れれば、自然に治ります。
3.弛緩性便秘 (結腸型便秘)
大腸(結腸) がだらんとして緊張が不足しているために、便を運搬する腸の運動が十分起こらないので、便秘になるものです。女性やお年寄りなど、無力体質の人、運動不足の人によくみられます。しばしば次の習慣性便秘と重なっています。
4.習慣性便秘 (直腸型便秘)
大腸の中を運ばれてきた便は直腸にたまります。その圧力が一定のレベルを超えると、そ、つアウエルバッハ神経叢がそれを感じとって、大脳に信号を送り便意を感じるようになっています。ところが、便意が起こったときに、いつも排便を我慢していると、いつの間にか神経が鈍くなり、便がたまっても便意が起こらなくなります。便意が起こらないので排便することを忘れ、日がたつうちに便は固くなって排便が困難になるものです。いわゆる「便意症」の大部分がこれです。
ケイレン性便秘 (過敏性腸症候群)
大腸がケイレンを起こすために、便の通過が妨げられるものです。腹痛をともない、固いポロポロした便(兎糞便) になります。下痢と便秘を交互にくり返すタイプもあります。神経質な人に起こりやすく、ストレスが原因になることが多いようです。「たかが便秘ぐらい」と、便秘を軽くみる人が少なくありません。便秘をしていても、それがただちに命を脅かすとか、七転八倒するようなつらい症状を引き起こすことがないからでしょう。

同じ排便に関することであっても、下痢のほうは激しくなると死にもつながることが、以前はしばしばありましたし、伝染病の恐れがある細菌性の下痢の場合もあって、かなり問題にされてきました。

しかし、便秘のほうは軽くみられてきました。しかし、こうした便秘には、さまざまな障害をひき起こす危険性があるのです。特に、さきほど述べた症候性便秘の場合は、直接命にかかわる恐ろしい病気や、治りにくいやっかいな病気が関係していることもあります。

急に便秘がはじまったり悪化した場合や、頑固な便秘が続く、他の症状を伴うようなときは、早く消化器の専門医に診断してもらうよゝつにしましょ、つ。また、便秘が原因となって起こる障害もあります。肩こりや皮膚のトラブル、ジンマ疹、痔、高血圧、大腸ガンなどの原因となることもあるのです。

それから、この便秘と密接な関係にあるのが痔です。痔と一口にいってもいろいろな種類がありますが、その中でいちばん多いのが痔核(イボ痔) で、次は裂肛(切れ痔) と痔瘻(あな痔) です。この3つが痔の大部分を占めています。

このうち、便秘が重要な原因となって起こるのは、痔核と裂肛です。

ちなみに、痔療は下痢症の人によくみられ、下痢が1つの原因になっているといわれています。痔核は、イボ痔とも呼ばれるように、肛門の内側、あるいは肛門のヘリに、イボのような血管のふくらみができる病気です。

筒状になっている肛門の壁には静脈がたくさん集まっていて、網の目のように張りめぐらされています。これを痔静脈叢といいます。この肛門の静脈には、逆流を防止する静脈弁がついていないために、血液の流れがスムーズにいかなくなると、鬱血を起こしやすいのです。血液がたまって、静脈に絶えず圧力がかかっていると、血管の壁がふくらんでイボあるいは小さなコブのようなものをつくります。静脈にできるこうしたコブを静脈痛といいますが、肛門にできたものは痔核といっています。

便秘をしていると、トイレで長い時間強く息むことになります。息むと体の筋肉を緊張させますから、静脈が圧迫されて血液の流れがせき止められ、血圧が高くなります。当然のこととして、肛門の静脈にかかる圧力も高くなり、血管壁にイボをつくりやすくなります。

便秘でこうした状態をくり返していると、痔核が起こりやすく、できた痔核を悪化させやすいのです。裂肛は、切れ痔といわれるように、肛門のへりが切れたり裂けたりする病気です。圧倒的に女性に多いのですが、それは女性に便秘症の人が多いためと考えられています。便秘をしていると、どうしても便がかたくなり、その固くて太い便を排出するときに肛門のヘリを切って、裂肛を起こすことになるのです。

肛門のへりは、神経がたくさん集まっているところなので、ここを切るとジーンとくる痛みがしばらく続きます。この痛みがつらいために、排便を我慢していると、便がさらに固くなり、排便時にくり返し肛門のへりを切ることになります。裂肛は、しばしばこの悪循環に陥り、これが裂肛を治りにくくする原因になります。

このように、便秘は痔核と裂肛の重要な原因になりますから、ふだんから便秘の治療に心がけることが大切です。痔のほかにも、便秘をしていると喘息やジンマ疹などアレルギー性の病気が起こりやすいといわれます。

特にジンマ疹は便秘と密接な関係があります。便秘になると腸内細菌の悪玉菌(ウェルシュ菌など) が腸内で優勢になり有害物質を発生させ、それが直接ジンマ疹を起こすのではないかと考えられています。

また、ジンマ疹だけでなく、皮膚に対しては肌あれやにきびなどをひき起こすともいわれます。ジンマ疹を起こす直接の〝下手人〃はヒスタミンという物質ですが、これは本来、私たちの体が防御反応を示すときに生じる物質です。

問題は、この防御反応が過剰になったときで、多量のヒスタミンが生じ、その作用でジンマ疹だけでなく、喘息やアレルギー性鼻炎、花粉症など、あらゆるアレルギー症が起こってきます。そのほかにも、便秘をしていて悪玉の腸内細菌が多くなると、いろいろな生活習慣病が誘発されやすくなり、皮膚のトラブルも発生しやすくなりますから、女性の肌や健康のためにも、便秘をしないようにすることが大切です。

便秘 の症状に使う アロエ の 使用方法 では アロエ の便秘改善効果を紹介されていますが、最も有効な方法は、アロエの生の葉をすりおろして飲むことです。生の葉を切り取って丁寧に洗い、とげを取った上でおろし金ですりおろすだけでできあがりです。

これを朝晩2回、大さじ1杯ずつ飲みます。効果が出ない場合は、3食後に飲むように3回に増やします。それでも効果がでないようであれば1回に飲む量を増やします。

逆に効果が強すぎて、下痢をしてしまう場合には、次回からすったアロエをしばらく置いておきます。

しばらくするとうわずみ液がでてくるので、今度はこれを飲むようにします。どうしても苦みがダメな場合は、水やお湯で薄めて飲んでもいいでしょう。レモンなどを入れると爽やかになります。
効果が弱くなるのでできるだけ砂糖やシロップなどの甘味料は避けます。
こうした アロエの原液を商品化したもの 「 アロエ 本舗 完熟アロエまるごと純しぼり 」 もありますのでこういったものを利用するのも手です。

アロエ 原液 完熟アロエまるごと純しぼり 特徴

  • 純国産キダチアロエのみ
  • 3年完熟アロエを1瓶に2kg使用
  • 収穫日に搾汁、水1滴さえ加えない
  • 無添加だからこどもから大人まで、妊婦さんも安心
  • 口にすることで身体を内側から整えます

苦味はありますが、無添加にこだわる為、そのままお届けしています。

完熟アロエまるごと純しぼり

腸内環境を整える

冷え 東洋医学 考え方 治し方

冷え 東洋医学 考え方 治し方 について知ることでよりスムーズに冷えを改善することができると考えます。東洋医学と西洋医学の考え方の違いを知ることでより 東洋医学 について理解が深まるでしょう。西洋医学では冷えを病気を考えないので特に病気がない場合、東洋医学の考え方で冷えを改善していくのが冷えを改善する最善の方法だと考えます。

太古の治療

冷え 東洋医学 考え方

人は誰でも、生まれたからには、健やかに成長し無病息災で天寿まっとうを願うのが普通です。
しかし、悲しいことに生きるものの常として、病気にかかっったり、いつかは死ぬといった宿命を負っています。

太古の人々は、病は悪魔の仕業であるとし、治すために呪術を用い、身体の中の悪魔を追い払う工夫をしました。
この原始的な治療法は、東洋医学と同じでした。東洋医学にも、分析と実証を重視する思想が生まれましたが、あまり深められることなく今日に至っています。

冷え 東洋医学 考え方 東洋医学と西洋医学 の違い

その結果、東西両医学は、病にたいする考え方に大きな相違を生じることとなりました。具体的な相違は、 「 診断法 」 に現れています。

東洋医学 では、治療法を決定するために診断を行いますが、 西洋医学 では病名を決定するために診断を行います。

東洋医学 では、 「 局所の病気も全身の不調和から起こる 」 と考える立場から、病人の症状を重視した心身一如の基本に沿った治療を行います。
これに対して、西洋医学は決定された病名にもとづいて、局所的な治療に重点をおいて行います。

中国医学の特色

さて 東洋医学 、ことに中国医学の生まれた経過を簡単に見てみます。中国の国土は、東西は沿岸線から砂漠まで南北は、亜熱帯から寒帯までと広大で自然環境は多様です。自然環境が多様であれば、病の姿も多様です。

各地の風土によって、病気の内容も違ってきますから、育ってくる治療法も地域ごとに特色がありました。
たとえば、中央地域では導引あん摩 ( 手技 ) が発達し、東方地域ではへんせきが
西方地域では、とうせきが南方地域では、鍼が北方地域では、お灸がそれぞれ生まれ発達しました。いずれも地域の環境・風土に適した治療法だったのです。

東洋医学 の成立

今から2000年前の漢の時代に入って、広大な中国大陸が統一されるとともに、各地の治療法は集大成されしっかりした体系をそなえるようになりました。東洋医学の成立です。

今日、 東洋医学 というと、湯液 ( 漢方薬 ) と 鍼灸 に限られた感がありますが、5種類の治療法が、本来の 漢方諸方 です。したがって、昔の 漢方治療 は 鍼 灸 あん摩 導引 漢方薬 をいろいろに組み合わせて総合的に行っていたのであって、現在のように鍼専門、漢方専門とバラバラに治療するのは、東洋医学本来の姿からは大きくかけ離れたものです。

「気・血・水」をスムーズに巡らせるためには、「肝」「心」「脾」「肺」「腎」の五臓の働きが重要になると東洋医学は考えます。これらの臓は、西洋医学でいうところの臓器とはイコールではありません。それぞれに東洋医学特有の捉え方があります。

【肝】

  • 血液の貯蔵を行う
  • 自律神経などのコントロールを行う
  • 肝臓や胆のうに深い関わりを持つ

【心】

      • 血液を循環させる
      • 睡眠リズムを調節する
      • 心臓に深い関わりを持つ

【脾】

        • 代謝や筋肉への栄養供給を行う
        • 消化器系に深い関わりを持つ

【肺】

          • 「気」を全身に巡らせる
          • 皮膚や水分の代謝を行う
          • 呼吸器系に深い関わりを持つ

【腎】

            • 成長、発育、生殖、老化に深い関わりを持つ
            • 腎臓や膀胱などの泌尿器系に深い関わりを持つ

この五臓の働きを整え、「気」を充分に持つことで、人間は健康な状態を長く保てると東洋医学では考えられています。

西洋医学と東洋医学は病気やケガへのアプローチの仕方や考え方が異なりますが、どちらも「人間の健康をサポートする」という点では違いはありません。どちらか一方の考え方だけ優先すればいいのではなく、西洋東洋双方の観点から病気やケガと向き合うことが大切です。
東洋医学について興味のある方は、専門学校に通い専門的な知識を学ぶことをおすすめします。

日本人の体は東洋医学が合っている