月別アーカイブ: 2011年4月

週末 断食 マニュアル その 2

週末 断食 マニュアル その 2 です。週末断食 その 1 に行う断食 内容です。その 1 の次のステージです。断食 効果 についてはこちらです。

断食 1 日目の土曜日はリラックスしてのんびり過ごす 週末 断食 マニュアル その 2

週末断食 マニュアル その 2

週末断食 マニュアル その 2

土曜日の朝の当日は、朝から何も食べません。ただし脱水症状を防ぐためにも、水や薄めのお茶など、水分はしっかり摂取します。冷えがツライ女性は白湯でも いいでしょう。

普段より意識的に水分を摂取するように心がけます。1回に大量に飲むのではく複数回に分けて飲むのがポイントです。

数値的な目安は 1 日 2 L です。断食は食事を断つだけなので、それ以外は普段と同じように過ごします。 1 日に 3 食も食べていた普段と比べるとどうしても時間が長く感じてしまいます。読もうと思って読めなかった本を読んだり、少し先の公園まで足をのばしてみるのもいいかもしれません。リラックスモードになるように生活します。特に緊張する必要はありません。

消化器の胃腸は自律神経と連動しますから映画を見たり、体が緊張しない過ごし方がおすすめです。買い物に行ったり普通どおりでいいでしょう。

また、部屋の片づけ、模様替えなどもいいかもしれません。普段できないことをやるのがいいでしょう。注意することは、食事を取らない場合は、空腹だけでなく血糖値が下がるために頭がぼんやししたり、体がだるくなったりしますので断食中は車の運転などを避ける方がいいでしょう。

自分以外の家族は食事をしますので、我慢しなくてはなりませんが少しの間がんばります。断食当日の夜は頭や目が冴えてしまい、寝付きにくい場合がありますが、無理に眠ろうとせずに読書や TV を見てリラックスします。はじめて断食を行う場合、本当に食事をとらなくて大丈夫か心配になりますが、想像より簡単です。

どうしても具合が悪くなってしまって「異常」だと感じたら 断食を中止してその3 のおかゆなどを食べます。

肉料理 食物繊維 を摂るには和食 ごぼう おすすめ食材 ( 和食 その 3 )

肉料理 食物繊維 を摂るには和食料理がおすすめです 。肉料理も和食で作れば食物繊維がとれるのです。 肉料理は食物繊維がとれないと思っている人もいるかもしれませんがそんなことはありません。

肉料理 食物繊維 を摂るにはスタンダードな 和食 のおかずがおすすめ

肉料理も和食で作れば食物繊維がとれる

肉料理 食物繊維

洋食と違って和食の肉料理であれば

代表的な 和食 肉料理

  • 肉野菜炒め
  • 肉じゃが
  • 肉豆腐
  • すき焼き
  • しいたけの肉詰め
  • 豚肉の生姜焼き
  • ピーマンの肉詰め
  • ぼちゃと豚ひき肉のそぼろ煮
  • 牛ごぼうのオイスター煮

のように肉だけでなくたくさんの種類の野菜を使ったり、しらたき、豆腐を加えるなど 1 品で肉と一緒に食物繊維もとれます。ごぼう は肉料理と相性がよく食物繊維もとれますが、残念ながらごぼうはあまり好きでない人は 肉料理を食べる際に ごぼう茶 を飲むといいでしょう。

ごぼう 肉料理 との相性抜群

ごぼう はポリフェノールを多く含み切ると変色しますがポリフェノールの影響ですポリフェノールは脂肪の吸収を抑え血流を良くするので肉と共に食べるのは健康の面でも好相性といえるでしょう。
ごぼう といえば、食物繊維を豊富に含んだ野菜の代表格です。食物繊維には水溶性食物繊維と不溶性食物繊維がありますが、ごぼうの主成分は炭水化物で、そのほとんどが腸内環境を改善するはたらきを持つ不溶性の食物繊維です。肉とも相性がいいのでおすすめです。ごぼう についてはこちら。

ごぼう 栄養

ごぼうには、ビタミンB群やビタミンEなどがある程度含まれていますが、一番よく知られている栄養として食物繊維があり、ミネラルも比較的豊富です。 食物繊維と聞くと、便秘解消が思い浮かびますが、ごぼうの食物繊維は、水分を大量に吸収して、便を軟らかくし便通を良くする栄養成分です。

食物繊維にはおおまかに、水に溶ける性質を持つ「水溶性食物繊維」と水に溶けない性質を持つ「不溶性食物繊維」の2種類があります。水溶性食物繊維はいも類・果物類・海藻類などに、不溶性食物繊維は穀類・いも類・野菜類などに多く含まれています。そして、ごぼうにはこの両方の食物繊維が含まれているのです。

ごぼう には水溶性食物繊維と不溶性食物繊維がどれくらいの割合で含まれているのでしょうか?生の状態のごぼうで見てみると、100gあたりの食物繊維含有量5.7gのうち水溶性食物繊維は2.3g、不溶性食物繊維は3.4g。また、茹でた状態のごぼうであれば、100gあたりの食物繊維含有量6.1gのうち水溶性食物繊維は2.7g、不溶性食物繊維は3.4gとなります。この数値から、ごぼうには水溶性食物繊維と不溶性食物繊維がどちらもバランス良く

ごぼう やっかいな慢性便秘には硬い食物繊維

善玉菌を増やす

肉料理が増えると増加してしまう悪玉菌もこういった和食の肉料理であれば食物繊維やビタミン類も含まれ栄養のバランスも心配ありません。もちろん、メインのおかずにする場合、肉だけに偏るのではなく、魚、卵などとローテーションしながら献立を考えるようにします。

腸内環境のことを考えたら肉は少なく、食物繊維をたっぷり摂るのがセオリーですが、たまには肉もたべたくなるでしょうからそういっったときには和食の中で肉料理を選ぶのがポイントです。肉と食物繊維を組み合わせる場合、肉 4 食物繊維 6 ぐらいの比率がおすすめです。

和食 肉料理 牛ごぼうのオイスター煮

薄切りにしたごぼうをフライパンに入れ、水 1 カップを加えて火にかけます。しんなりするまで煮たら、オイスターソース、しょうゆ、砂糖で作った合わせ調味料を入れ、ひと煮立ちしたら牛肉を投入。色が変わるまでさっと煮て火を止め、冷まして味をなじませたら完成です。オイスターソースが染み込んだ牛肉とごぼうは絶品ですよ。腸内環境改善のためにはごぼうをたっぷり入れるのがポイントです。ごぼうはあまり火にかけすぎないようにして歯ごたえを残したほうがごぼうの香りも残って風味がいいでしょう。

和食 肉料理 定番 生姜焼き

定食やお弁当でも人気の和食のおかずといえば、豚肉のしょうが焼き。子供から大人まで好きな家の夕飯でも、定番のメイン料理でしょう。豚肉を柔らかく焼き上げるコツは、焼く30分前には冷蔵庫から出しておき、下味は薄めにつけます。弱火でじっくり焼き、調味料は仕上げの段階で入れるようにしましょう。しょうが焼き用の豚肉以外にも、こま切れ肉で作れば子供でも食べやすくできます。

実は豚の生姜焼きは、ビタミンB1を補える健康食だったのです。 現代人の救世主ともいえる豚の生姜焼きですが、唯一「カルシウム」だけが不足気味。 このカルシウムを補うことができれば、ますます完璧な健康食といえそうです。

規則正しい食事 快便 への近道

規則正しい食事 快便 への近道です。便秘はさまざまな原因により引き起こされますが、規則正しい食事はとても大切です。

夜遅くなってからの夕食、まとめ食いなどは便秘の元 規則正しい食事 快便 に大切

食習慣に関しては、まず、1日3食を規則正しく摂取することをおすすめします。 特に朝食の摂取は体内リズムを整え、胃や腸を刺激し、排便反射を促しやすくします。

朝食後にトイレに座る習慣をつけると排便習慣が整えられやすくなります。 また、水分をしっかりとることで、便がやわらかくなり、排便がしやすくなります。とにかく朝食は便を排泄するためのきっかけになりますからしっかり食べなくてはいけません。朝食でぜん動運動をするようば自律神経が整った体質に朝食は欠かせません。

規則正しい食事が大事

規則正しい食事が大事

人間の体は夜になると、代謝機能が低下し、同時に消費機能も低下します。遅い夕食や食事は休憩を必要としている胃腸を無理矢理起こし働かせているようなものなのです。

そんなときに一気にまとめてたくさん食べるようなドカ食いなどをしようものなら、臓器は疲弊してしまいます。そうなると翌朝の腸のぜん動運動もスローダウンしてしまいます。

排便リズムも狂ってしまいます。こういった生活を続けている人の場合、若くても胃腸の機能が低下しており、消化機能も悪化しています。同時に腸内腐敗も進行しています。3食をきちんと規則正しくとることは胃腸のためにとても大切なことなのです。
食間は 食後 5~ 6 時間がベストです。仕事上、夕食が遅くなる生活習慣の方には
夕食が遅い人のための教科書が参考になります。

食事は、「ただ食べればいい」というわけではありません!適正量をバランスよく食べる必要があります。毎日忙しい中で、簡単に済ませたり好きなものだけ食べていると、当然栄養バランスが偏ってしまいます。健康と食事は密接に関係しているので、健康でいるためには食生活に気をつけることが大切です。

では、具体的に普段からどんなことに気をつけるべきなのかご紹介します。ぜひ、参考にしてくださいね!

規則正しい食事 自律神経を安定させる

便秘と自律神経の関係性は非常に深く自律神経が安定してくるとがんこな便秘から解放されます。自律神経を安定させるためには、規則正しい食事が欠かせません。

●栄養バランスのとれた食事日々の食事からとる栄養は、自律神経のバランスにも大きく関わってきます。特に積極的にとりたいのは、ビタミンやミネラルといった、普段の食事で不足しがちな栄養素。外食やインスタント食品中心の食生活になっている方は、栄養バランスを整えることを意識しましょう。

●セロトニンの生成に必要な栄養素をとる「朝起きたら日光を浴びる」や「軽い運動」でも登場したセロトニン。セロトニンが多いほど、良質な睡眠をサポートするホルモン「メラトニン」の分泌を促進させます。そのため、メラトニンの分泌をスムーズに行えれば、良質な睡眠にもつながり自律神経のバランスを整えることができます。
そんなセロトニンは体内で貯蔵することができないため、食べ物からセロトニンを生成する栄養素を摂取することがポイント。必要となる栄養は、必須アミノ酸の「トリプトファン」のほか、「ビタミンB6」「炭水化物」の3つとなります。それぞれ、次のような食品に豊富に含まれています。

・トリプトファン…牛乳、ヨーグルト、チーズなどの乳製品や大豆製品
・ビタミンB6…カツオ、マグロなどの魚類、レバー、肉類
・炭水化物…白米やコーンフレークなどの穀類

なお、イワシからはトリプトファンとビタミンB6の両方をとることができます。また、バナナは3つの栄養素をすべて含んでいる食品なので、常にストックしておくといいでしょう。

規則正し食事 メリット

規則正しい食生活を続けることで以下の効果があります
  • 適正体重の維持
  • 健康の維持増進
  • 生活リズムが整う
  • 腸内環境が整う(便秘改善)
  • 自律神経の乱れを防ぐ
  • 気持ちの安定

規則正しい食生活をとらなかった場合

体に必要な栄養が摂りにくくなる
不規則な生活を送ると食べ過ぎが原因で肥満になったり、必要な栄養素が十分に摂れず健康を維持することが難しくなってしまいます。夜遅い時間に食べたり、食べてすぐ寝てしまうと太りやすくなります。最低でも食後2~3時間は空けてから寝るようにしましょう。

また、間食をする場合には不足しがちなカルシウムを補う、牛乳・乳製品、ビタミンや食物繊維を多く含む果物などがおすすめです。

体のリズムが狂ってしまう
最初に紹介しましたが、1日3食決まった時間にバランスよく食べることが大切です。最近は朝食を取らない人が増えてきています。朝食を取らないと体温が上がらず、脳に十分な栄養が行き渡りません。朝食を食べなかった日に体がだるくボーっとした経験はありませんか?

そうは言っても多くの人が朝は時間がなく、忙しいのではないでしょうか。私も毎朝、時間ぎりぎりで家を出る人も多いでしょう。せめてパンやおにぎりくらいは食べるようにしましょう。もう少し余裕があればサラダやみそ汁(具だくさんが理想)、ヨーグルトなどをプラスできるといいと思います。

規則正しい食事 というのは、便秘解消や快便だけのためのものではないのです。私たちの健康を維持するための基本なのです。

善玉菌を増やす