シャワー より 入浴で体を 温める

シャワーでなく入浴で体を温める ほうが体温があがりあらゆる面でメリットがあります。シャワー より 入浴で体を 温める どうしても忙しい現代人は シャワー ですませがちです。貴重な時間をお風呂に使えない事情もあるかもしれません。しかし、腸の働きのことを考えたらやっぱり お風呂 で入浴のほうがメリット大です。

シャワー より 入浴で体を 温める からだを芯から温めて腸の働きをアップさせる

湯船に浸からず、シャワーだけで済ませてしまう人が増えています。20代では毎日湯船に浸かる人はわずか 25 % という報告もあります。ユニットバスで湯船が狭かったり、毎日忙しくて億劫だったり……。いろいろな原因があるでしょう。

しかし、シャワーだけでは体温も十分に上がらず、お風呂がもたらす 温熱効果 がしっかりと発揮されません。体が温まらなければ、血液が循環せず、疲労回復効果も低くなってしまうのです。自律神経も安定しません。特に腸は冷えると動きが悪くなるので、便秘になりやすいのです。

シャワー より 入浴で体を 温める

シャワー より 入浴で体を 温める

体温のコントロールは自律神経の働きによるものなので、暑い夏は末端の毛細血管を拡げて熱を逃がし体温が上がらないように調整しています。

寒い冬場の場合は、毛細血管を収縮させることにより、臓器周辺の血流量を調節して温め、冷房からの冷えを守っています。

ところが、冷え症で便秘がちな人は、自律神経の働きが低下し、体温のコントロールがうまくいっていないために、内臓も冷えており、正しい方法で背極的に体質を改善しないと便秘体質は改善されません。

入浴による 温熱効果 で血流が増えることで、体の隅々の細胞まで血液が行き渡ります。新陳代謝が活発になることで、体がすっきりリフレッシュします。

また、お風呂の水圧(静水圧)には、血液循環を促す効果がありますが、シャワーではその効果ものぞめません。お風呂に入って体を温めて副交感神経優位になると、自然に眠気もやってくるのでそのまま就寝するのがおすすめです。

そこでお金をかけずに体質改善する方法としておすすめなのが 半身浴 と 足浴 です。お風呂は熱いお湯に短い時間入浴するよりもぬるめのお湯に少し長い時間つかるほうが体を芯から温めることができます。

入浴で芯からじっくり温める方法

が参考になりますので一度ご覧ください。
風邪などをひいてお風呂に入れないような場合は、 足浴 も効果的です。足湯で10分程度温まると体全体がゆっくり温まります。

足を温めることで全身の血行を良くし、循環機能を高めます。 血の巡りが良くなると、老廃物の排泄がスムーズになり、むくみの改善にも役立ちます。 リラックス効果や睡眠促進効果がある足を温めることにより、筋肉の疲れの軽減や、疼痛(とうつう=ずきずき痛むこと)の緩和という効果が期待できます。

最近、疲れがなかなかとれない…起床時もだるい…こんなふうに感じている人は是非、 半身浴 でゆっくりお湯につかって体温を上げて 副交感神経優位にしてみましょう。こうしたリラックス効果によりゆっくり眠れるので体の疲れがしっかりとれます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください