月別アーカイブ: 2021年3月

亜麻仁 の 生食 は 腸のお掃除に最適

亜麻仁 の 生食 は 腸のお掃除に最適 アマ科の一年草であるアマの種子が 亜麻仁 。ごまに似た食品で北米や北欧では 亜麻仁 をパンに混ぜるなどして食べられており、古くからなじみの食材です。

ヒポクラテスの時代から知られている腸の清浄効果

亜麻仁 の 生食 は 腸のお掃除に最適

亜麻仁 の 生食 は 腸のお掃除に最適

アマ科の一年草であるアマの種子が亜麻仁。ごまに似た食品で北米や北欧では亜麻仁をパンに混ぜるなどして食べられており、古くからなじみの食材です。

食物繊維は下剤として利用できるほど大量に含まれており、その効果はヒポクラテスの医学書に「腸の調子を整える」という記述があるほどです。日本でも近年、健康効果の高い食品として注目されるようになり、亜麻仁入りのパンが市販されたり、通信販売では 亜麻仁 そのものや 亜麻仁 を細かくしたパウダータイプ、亜麻仁をしぼったオイルなどが入手できるようになりました。

食物繊維とリノレン酸が豊富 亜麻仁 の 生食 は 腸のお掃除に最適

亜麻仁 の小さな粒の中には食物繊維が豊富に含まれていて、便に水分を吸収させ軟らかくし、腸内にある毒素などを吸着して排出します。
また、特筆すべきは不飽和脂肪酸であるリノレン酸の含有量で植物の中最大のリノレン酸を含んでいます。

血栓を防いでくれるリノレン酸は動脈硬化の多い現代人にとって必須です。このほか亜麻リグナンという成分が、更年期特有の症状の改善にも役立っているのです。

酸化しやすい 亜麻仁 は生で食べる

亜麻仁 はごま同様硬い殻に包まれていますから、効率的に吸収するためには、 亜麻仁油 がおすすめです。

ただし、 亜麻仁油 は非常に酸化しやすく、加熱によっても成分が変化します。一般的な植物油のような使い方はせず生でそのままドレッシングに入れたりパンにつけて食べるのがいいでしょう。
光の影響も受けてしまうので不透明の瓶に入れて冷蔵庫で保存し、開封後はなるべく早く使い切ります。

粒の亜麻仁を食べるときには、ミルで荒く挽いてからサラダやシリアルにふりかけるとよいでしょう。

りんご 便秘なら皮ごと、下痢ならすりおろしを

りんご 便秘なら皮ごと、下痢ならすりおろしを 食べることで効果があります。リンゴの快調成分といえば、なんといっても水溶性食物繊維のペクチン。ペクチンは柑橘類の果皮にも含まれている食物繊維で、果物に含まれている有機酸や糖と反応してゼリー状に固まる性質があります。

水溶性食物繊維のペクチンがお腹に効果的

りんご 便秘なら皮ごと、下痢ならすりおろしを

りんご の快調成分といえば、なんといっても水溶性食物繊維のペクチン。ペクチンは柑橘類の果皮にも含まれている食物繊維で、果物に含まれている有機酸や糖と反応してゼリー状に固まる性質があり、これを利用したものがジャムやマーマーレードです。

このりんごペクチンは乳酸菌などの善玉菌を増やす一方で、大腸菌などの有害菌の繁殖を抑え、腸内の環境改善にとても有効に働きます。その効果は柑橘類に含まれるペクチンの 2 倍あるという人もいます。さらに余分なコレステロールを吸着して体外に排出する効果があります。

りんご 疲労回復や整腸作用も

りんご 皮ごとが効果絶大が下痢のときはすりおろす

ペクチンは果肉より果皮に多く含まれています。腸内の水分を吸収する性質があるので、ゆるくなった便をほどよい便の硬さにしたり、逆に硬い便のかさを増やして腸壁を刺激し、排便を促します。

つまり、便秘と下痢の両方の療法に効果があるのです。なるべくなら皮つきのまま丸ごと食べるのがいいでしょう。胃腸が弱っているときや、お腹がゆるくなっているような時は、皮をむいて胃に負担をかけないようにりんごをすりおろして食べるのがおすすめです。

加熱するとさらに吸収力がアップ

加熱するとペクチンの分子量が小さくなって、吸収がよくなります。すりおろしたりんごに砂糖を少し加えて混ぜながら温めてりんごおもゆにしたり、焼きりんごにすればさらに効果的です。
善玉菌を増やす

りんごで整腸、便秘解消でキレイになろう! | 便秘を解消しよう!

お茶 食前に どくだみ茶、食後 緑茶が 腸にはベスト

お茶 食前に どくだみ茶、食後 緑茶が 腸にはベスト という理由を説明します。どくだみは十薬の呼び名で生薬としても使われ、健康茶としてもなじみがあります。どくだみ茶の健康効果のひとつに、お通じの改善があげられます。その効果は医薬品として認められているほどです。
また、緑茶に含まれるカテキンには、すぐれた抗菌・殺菌作用があります。

便秘に効果を発揮する どくだみ茶

お茶 食前に どくだみ茶、食後 緑茶が 腸にはベスト

どくだみは十薬の呼び名で生薬としても使われ、健康茶としてもなじみがあります。どくだみ茶の健康効果のひとつに、お通じの改善があげられます。その効果は医薬品として認められているほどです。

どくだみ茶に含まれている、フラボノイドの一種、クエルシトリンが腸のぜん動運動を促進して、便通をよくするためと言われています。

フラボノイドのはポリフェノールの仲間で発ガン物質の活性化を抑えたり、活性酸素の働きを抑えることで注目されている成分です。また、どくだみ茶に含まれるタンニンも腸壁を刺激して、腸のぜん動運動を活発にします。

緑茶の抗菌・殺菌効果で細菌を退治

緑茶に含まれるカテキンには、すぐれた抗菌・殺菌作用があります。食後に 2 ~ 3 杯、1 日に 10 杯ぐらいを目安に緑茶を飲むだけでも胃腸の菌を減らします。消臭効果もあり食後に飲めば口の中もすっきりします。
どくだみの薬効はこちら

茶葉を食べて食物繊維を摂取

緑茶の茶葉には、食物繊維がたくさん含まれており飲むだけでなく食べてしまえば、快調効果はさらにアップします。普通の茶葉をすり鉢で細かくした物をご飯に混ぜたり、ごまやじゃこなどと合わせてふりかけにしたり、ドレッシングに混ぜるほか、かき揚げなど、使い方は様々です。

基礎代謝を高める中国茶

烏龍茶やプーアル茶などおなじみの中国茶には、基礎代謝を高めて新陳代謝を促進したり、自律神経の働きをよくする効果があります。その結果、利尿作用や便通の改善に効果があることもわかっています。
緑茶をおいしく飲むたには

善玉菌を増やす