便秘なら皮ごと、下痢ならすりおろしを(リンゴ)

水溶性食物繊維のペクチンがお腹に効果的

リンゴの快調成分といえば、なんといっても水溶性食物繊維のペクチン。ペクチンは柑橘類の果皮にも含まれている食物繊維で、果物に含まれている有機酸や糖と反応してゼリー状に固まる性質があり、これを利用したものがジャムやマーマーレードです。このリンゴペクチンは乳酸菌などの善玉菌を増やす一方で、大腸菌などの有害菌の繁殖を抑え、腸内の環境改善にとても有効に働きます。その効果は柑橘類に含まれるペクチンの2倍あるという人もいます。さらに余分なコレステロールを吸着して体外に排出する効果があります。

皮ごとが効果絶大が下痢のときはすりおろす

ペクチンは果肉より果皮に多く含まれています。腸内の水分を吸収する性質があるので、ゆるくなった便をほどよい便の硬さにしたり、逆に硬い便のかさを増やして腸壁を刺激し、排便を促します。つまり、便秘と下痢の両方の療法に効果があるのです。なるべくなら皮つきのまま丸ごと食べるのがいいでしょう。胃腸が弱っているときや、お腹がゆるくなっているような時は、皮をむいて胃に負担をかけないようにりんごをすりおろして食べるのがおすすめです。

加熱するとさらに吸収力がアップ

加熱するとペクチンの分子量が小さくなって、吸収がよくなります。すりおろしたリンゴに砂糖を少し加えて混ぜながら温めてリンゴおもゆにしたり、焼きリンゴにすればさらに効果的です。

1 thought on “便秘なら皮ごと、下痢ならすりおろしを(リンゴ)

  1. ピンバック: 「天寿りんご黒酢」おなかの調子を良好に保つ調味酢 | 便秘を解消しよう!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください