亜麻仁を生で食べて腸のお掃除を(亜麻仁油)

ヒポクラテスの時代から知られている腸の清浄効果

アマ科の一年草であるアマの種子が亜麻仁。ごまに似た食品で北米や北欧では亜麻仁をパンに混ぜるなどして食べられており、古くからなじみの食材です。食物繊維は下剤として利用できるほど大量に含まれており、その効果はヒポクラテスの医学書に「腸の調子を整える」という記述があるほどです。日本でも近年、健康効果の高い食品として注目されるようになり、亜麻仁入りのパンが市販されたり、通信販売では亜麻仁そのものや亜麻仁を細かくしたパウダータイプ、亜麻仁をしぼったオイルなどが入手できるようになりました。

食物繊維とリノレン酸が豊富

亜麻仁の小さな粒の中には食物繊維が豊富に含まれていて、便に水分を吸収させ軟らかくし、腸内にある毒素などを吸着して排出します。
また、特筆すべきは不飽和脂肪酸であるリノレン酸の含有量で植物の中最大のリノレン酸を含んでいます。血栓を防いでくれるリノレン酸は動脈硬化の多い現代人にとって必須です。このほか亜麻リグナンという成分が、更年期特有の症状の改善にも役立っているのです。

酸化しやすい亜麻仁は生で食べる

亜麻仁はごま同様硬い殻に包まれていますから、効率的に吸収するためには、亜麻仁油がおすすめです。ただし、亜麻仁油は非常に酸化しやすく、加熱によっても成分が変化します。一般的な植物油のような使い方はせず生でそのままドレッシングに入れたりパンにつけて食べるのがいいでしょう。
光の影響も受けてしまうので不透明の瓶に入れて冷蔵庫で保存し、開封後はなるべく早く使い切ります。粒の亜麻仁を食べるときには、ミルで荒く挽いてからサラダやシリアルにふりかけるとよいでしょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください