ダイエット 食べる量を減らす のは腸がさがって下がってしまう ( 間違いだらけのダイエット その1 )

Pocket

ダイエット 食べる量を減らす のは腸がさがって下がってしまうため NG です。食べないダイエットが腸に及ぼす影響を解説しています。食べないことによるデメリットそれ以外にも、結果便秘を招くので失敗に終わる 間違いだらけのダイエット の代表です。

ダイエット 食べる量を減らす ような無理なダイエットは NG 便秘をさらに促進させる

ダイエット 食べる量を減らす

ダイエット 食べる量を減らす

引き締まったスリムなナイスボディーになりたいという女性はたくさんいます。ところが、ただ細くなればいいと、無理なダイエットや間違ったダイエットを行った結果、自分自身の健康を損ねてしまうことも少なくありません。

過剰なダイエットで内臓機能が停止しまう などが参考になります。健康的なダイエットはどんどんすべきですが、内臓機能が停止してしまうダイエットを行ってしまうと貧血がすすみ、最終的には生理も止まってしまうので非常に危険です。こうなるとダイエットは失敗に終わるだけでなく後の代償が大きすぎます。このようなダイエットにならないようにしなければいけません。

ダイエットによって引き起こされる便秘もそのひとつになります。 1 日 3 食をきちんと食べずにさらに1回の食事量を減らしてしまうと当然、便の量も減ります。食べなければ、便も出ません。便秘が続くうちに、腸には悪玉菌が急激に優性となり有害物質が発生し体中に運ばれていくと肌荒れ、頭痛、肩こりなど不快症状があらわれます。

ダイエットを開始して一番多い悩みは「肌荒れ」次に「便秘」となっています。かりにダイエットは成功してもこのような症状に悩まされてしまいます。

食べない ダイエット デメリット

  • 便秘
  • リバウンドしやすい
  • 肌荒れ
  • 逆に脂肪を溜め込みやすくなってしまう
  • 疲れが取れにくくなる
  • ストレス増大
  • 栄養不足や健康被害を及ぼす可能性大
  • 代謝が下がる

食べない ダイエット 健康への影響 下がった胃が腸にも影響する

女性は、もともと男性よりも皮下脂肪が多く、内臓脂肪が少ないため過激なダイエットをすると、さらに内臓脂肪が減り、腹部の臓器の位置を保持できなくなります。そのうえ、内臓を支えているお腹の筋肉、腹直筋が衰えると、胃が下がり胃下垂になります。下がった胃は腸にも悪い影響を及ぼします。

胃に押されて、横行結腸が垂れ下がるようになり、S状結腸も下がり、胃下垂が起きるのです。これによって、腸内のカーブが増え、便が通過しにくくなってしまうのです。だらりとなった腸を便を送り出すのに時間がかかり、腸内で水分を吸収されすぎた便は、ますます硬くなって排便を困難にするので、便秘になってしまうのです。ダイエットは、食べる量を減らせばよいというものではありません。

日本人に合った ダイエット

日本人の体質は 6 割の人が水太りだと言われています。「悪い水」と脂肪を排泄するためのダイエット法がありますのでこちらも参考になります。

筋力が弱い方や疲れやすい方は、水分代謝が悪く、余分な水分が重力などで下に溜まりやすくなるため、特に夕方以降下半身にむくみが起きやすくなります。これにより、脚などが太くみえてしまいます。また、むくみを放っておくと、下半身に余分な脂肪がつく原因のひとつとなると言われています。

ただし、水分も排泄できる下剤を使ったダイエットも危険がいっぱいです。食事を3食とって自然排泄させる イサゴール などを使うのが王道です。楽をして簡単にやせるダイエットは後にくるしっぺ返しが大きく最初から運動を取り入れたダイエットをやった方が結果、早くに結果を出すことができるのです。

食べる量を減らす ダイエット  はよほどでない限り失敗します。バランスのいい食事、十分な睡眠、ストレスをため込まない、そして適度な運動で 美しくやせることが ダイエットの本質です。

腸内腐敗

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください