投稿者「admin」のアーカイブ

ビール酵母 サプリメントの活用で腸の掃除

ビール酵母 サプリメントの活用で腸の掃除 ができます。ビール酵母には食物繊維が 30 %も含まれています。なかでもビール酵母をおおう食物繊維はグルカン・マンナンといわれる多糖体で、腸内の乳酸菌を増殖させ、腸の調子を整えたり、コレステロールの排泄も促します。

グルカン・マンナンが腸に効果

ビール酵母 サプリメントの活用で腸の掃除

ビール酵母 サプリメントの活用で腸の掃除

ビール酵母には食物繊維が30%も含まれています。なかでもビール酵母をおおう食物繊維はグルカン・マンナンといわれる多糖体で、腸内の乳酸菌を増殖させ、腸の調子を整えたり、コレステロールの排泄も促します。

また、酵母の食物繊維は、体の免疫を高める効果があります。このほか、必須アミノ酸を含む全 18 種のアミノ酸、10 種のビタミンB群やミネラル、活性酸素のダメージから細胞を守るグルタチオンなど、数多くの栄養素が含まれております。

アルコールが苦手でも ビール酵母 なら受け付ける

ビール酵母は、ビールをつくるときに使われる酵母の一種。麦汁の中に酵母を入れると、栄養を吸収しながら麦汁をアルコールと炭酸ガスに分解し、ビールができあがります。発酵が終わったビール酵母は、付着したアルコール分やホップの苦みをきれいに取り除き乾燥させます。

ですから、アルコールが苦手な人でも安心して摂取できます。記録では、紀元前 1550 年の昔から利用されており、現在はサプリメントだけでなく、医薬品のビール酵母製剤として、また食品としてもだしやスープの隠し味などの調味料の原料として使われています。

料理に混ぜて食べる

サプリメントとして錠剤や粉末タイプなどがあり、さまざまな種類のビール酵母が販売されています。粉末タイプはカレーやハンバーグなどに入れるとうまみが増します。また、ヨーグルトに入れると腹持ちがよくなりダイエット効果が増します。ビール酵母

キトサン 脂肪吸着 効果や便秘解消 効果

さつまいも 皮付き 加熱調理で便秘解消倍増

さつまいも 皮付き 加熱調理で便秘解消倍増 です。加熱するとできる難消化性でんぷん(レジスタントスターチ)も見逃せません。これは、腸内で善玉菌を増やす働きをします。

さつまいも 加熱 により高まる 便秘解消 効果

さつまいも

さつまいもには、もともと食物繊維が多く、ビタミンB・Cも豊富に含まれます。加熱するとできる難消化性でんぷん(レジスタントスターチ)も見逃せません。

以前は、食品に含まれるデンプンはすべてが消化酵素で分解され、小腸から吸収されてエネルギー源になると考えられていました。 しかし、その後の研究によって、デンプンの中には消化されずに大腸まで届くものがあることが明らかになりました。 こうしたデンプンは「レジスタントスターチ(難消化性デンプン)」と呼ばれています。

これは、腸内で善玉菌を増やす働きをします。さらに、生のさつまいもを切ったときに皮の内側から出てくる白い液体に含まれるヤラピンというさつまいも独特の成分には、ごく穏やかな下剤効果があり、加熱してもその効果は失われません。

また、皮自体に含まれるポリフェノールの一種クロゲンとアントシアニンには抗酸化作用があります。皮ごとゆでたり蒸して食べれば便秘解消効果倍増です。

さつまいも は生命維持や生活活動に必要なエネルギー 源のデンプンが含まれ 身体の働きに必要なカリウム、ビタミンC がたっっぷり含まれます。さらに さつまいものビタミンC は熱に強い ので料理の幅も非常に広がります。蒸したり、揚げたり、焼いたりしても、ビタミンC が失われない優秀美容食です。現代人はビタミンC が不足しているので便秘解消効果とビタミンC を摂取できる一石二鳥の食材です。

善玉菌を増やす

青菜野菜 食物繊維が豊富に摂れる

青菜野菜 食物繊維が豊富に摂れる 食材です。腸内環境の改善のためのに積極的に摂りましょう。根菜類はあまり量を食べられません。その点で優れているのは 青菜野菜 です。ゆでたり、炒めたり、蒸したりと加熱することでかさが減るためたくさん食べることができます。

青菜野菜 食物繊維 ビタミン ミネラル たっぷりの 緑黄色野菜

青菜野菜 食物繊維が豊富に摂れる

食物繊維を摂取しようとすると、すぐに思い浮かぶのは さつまいもごぼう などの根菜類が代表です。

しかし、たくさん食べることができないのが難点です。その点で優れているのが 青菜野菜 です。ゆでたり、炒めたり、蒸したりと加熱することでかさが減るためたくさん食べることができます。

結構な量あるなぁ、と思っても加熱するとすぐにくたっとしてしまい生の時に比べてすぐに少なくなってしまいます。こうした 青菜野菜 はお腹の掃除に定期的に摂取するといいでしょう。
ほうれん草、小松菜、春菊などは、腸の働きを活発化させるビタミン、ミネラルが豊富に含まれ、色素成分である葉緑素やβカロテンにも健康効果の期待ができます。

最近大変に有名になった青汁は、青菜類の栄養成分を凝縮した食品なので効率的に栄養を摂取することができます。酵素入りなどの付加価値を付けた青汁も人気です。
品質、鮮度を考えたら国産品です

ケンプリア の生エキス青汁 『 リッチグリーン 』 で脂肪を分解し腸を活性化する

善玉菌を増やす

水溶性食物繊維 不溶性食物繊維 便秘と下痢で食べ分ける

水溶性食物繊維 不溶性食物繊維 便秘と下痢で食べ分ける ようにすると早い段階で解決できます。便秘気味のときは 不溶性食物繊維 です。下痢 のときは 水溶性食物繊維 です。

便秘気味のときは不溶性食物繊維を食べて腸を刺激する

水溶性食物繊維 不溶性食物繊維 便秘と下痢で食べ分ける

食物繊維には水に溶ける物と溶けない物とがあります。溶ける物を水溶性食物繊維、溶けない物を不溶性食物繊維といいます。

この 2 つは、腸内では微妙に異なった働きをします。 ごぼうさつまいも などに多く含まれる不溶性食物繊維は、水分を吸収して便のかさを増やす材料になります。

また、腸管を刺激してぜん動運動を活発にして排便を促すので、便秘気味の人には、有効です。ただし、腸の動きが鈍い便秘の人が急激に摂取するとお腹が張ってしまうことがあります。

その場合でも諦めずに少しずつ不溶性食物繊維の量を増やしていくと除々に腸の動きが改善されていきます。
なお、腸のぜん動運動を強く起こしてしまう過敏性腸症候群の便秘では、腸壁を刺激してしまうので控えます。

下痢気味のときは、余分な水分を吸収する水溶性食物繊維を摂取

これに対して水溶性食物繊維は、ペクチンマンナン のようにぬるぬるしており、便がゆるめのときには、腸内の余分な水分を吸収してほどよい硬さの便にします。また、コレステロールや胆汁酸を吸着して体外が排泄します。食物繊維は善玉菌をサポートし腸内環境を整えるので積極的に摂取するようにします。

食物繊維 含有食品ランキング

(100g中:単位g)

食品名
水溶性 不溶性 総量
角寒天
分別なし
74.1
干しひじき
分別なし
43.3
干し椎茸
3.0
38.0
41.0
切り干し大根
3.6
17.1
20.7
インゲン豆
3.3
16.0
19.3
小豆
1.2
16.6
17.8
大豆
1.8
15.3
17.1
ごま
1.6
9.2
10.8
糸引き納豆
2.3
4.4
6.7
ごぼう
2.3
4.4
5.7
生しいたけ
0、5
3.0
3.5
玄米
0,7
2.3
3.6
ほうれん草
0.7
2.1
2.8
にんじん
0.7
2.0
2.7
さつまいも
0.5
1.8
2.3
りんご
0.3
1.2
1.5

便秘のときは 水溶性 不溶性を1:2 の割合いで摂るのがベストです。赤坂ロハス イサゴール はこの比率になっているため便秘解消効果が高いということです。

善玉菌を増やす

強力な乳酸菌効果 乳酸菌生成エキス

強力な乳酸菌効果 乳酸菌生成エキスに関する情報です。乳酸菌や酵母はいくつかの種類が集まると、相手をやっつける行動を起こします。本能的になわばりをつくろうと分泌物を排出する性質があります。

乳酸菌生成エキス 闘いから生まれる乳酸菌の分泌物

強力な乳酸菌効果 乳酸菌生成エキス

乳酸菌や酵母はいくつかの種類が集まると、相手をやっつける行動を起こします。本能的になわばりをつくろうと分泌物を排出する性質があります。
選び抜かれた十数種類の乳酸菌と数種類の酵母をいくつかのグループに分けて、各グループごとに共生培養させ、そこで強化された各グループの菌を再び共生培養して、さらに闘わせ、分泌物を排出させ、それを抽出濾過、熟成、精製を経る。

こうした特殊な精製法によってつくられる乳酸菌生成エキスは、腸内で乳酸菌がつくりだす有効成分よりも凝縮されており、より強力です。ヨーグルトなどに含まれている乳酸菌の多くは、腸にたどり着く前に胃酸でやられてしまいますが、このエキスは胃酸や胆汁酸と接触してもぶくともせず、さらに熱にも強く腸内に定住している乳酸菌のとろに確実に届きます。そして悪玉菌の増殖を抑え善玉菌優位の腸内環境をつくります。

多くの疾患にも有効

乳酸菌の分泌物である乳酸菌生成エキスは,整腸作用をはじめ,免疫賦活化作用などを有し腸管免疫を活性化させ,自己免疫力,疾病への抵抗力を向上させることが期待できます。

現在、乳酸菌エキスは、様々な機関によって研究開発され滴下タイプ、ドリンクタイプなどが健康食品として出回っています。また、多くの疾患に効果のあることが研究報告から明らかになっています。副作用の心配もほとんどなく安全です。

最近、発売されたのはゼリー状の 善玉元気 ですが食物繊維などを摂っても無反応だった人にも効果があると話題の乳酸菌エキスです。腸内環境が乱れがちになっている人におすすめです。

善玉元気 フローラ健康科学研究所 の腸内環境を整える乳酸菌発酵エキス

便秘体質の方は、まず 食物繊維 を摂って腸内の毒素を排泄してから 乳酸菌発酵エキス で腸内環境を整えるとより効果的です。

主な 乳酸菌生成エキス 効用

乳酸菌を増やす 善玉菌の代表、乳酸菌が増え、悪玉菌の活性を抑える。便やおならの悪臭を改善。
腸管の免疫力をアップ 解毒作用が高まり、病気や体調が改善。
生活習慣病の予防・改善 糖尿病、アレルギー、ガンの予防。肝機能の活性化。

乳酸菌生成エキス 以外 で善玉菌を増やす

納豆 1 日 50 g 食べると納豆菌が善玉菌を増やす

納豆 1 日50 g 食べると納豆菌が善玉菌を増やす 納豆は腸活には欠かせない食品です。日本人が古くから食べてきた歴史ある食品ですから安心為て食べられるのもいいですね。

胃酸や胆汁酸への耐性が強い納豆菌

納豆 1 日50 g 食べると納豆菌が善玉菌を増やす

納豆菌は、有胞子乳酸菌と呼ばれる乳酸菌の仲間で、発育を阻害する環境にいるときには、芽胞と呼ばれる厚い殻をつくり、発育できる環境では、発芽するという特殊な菌です。

そのため胃酸や胆汁にも強く、大腸まで到達します。さらに胃、十二指腸潰瘍の原因となるピロリ菌をやっつけるほどの抗菌作用を発揮します。

また、納豆菌の酵素ナットウキナーゼは食後 2 ~ 10 時間にわたって血液をさらさらにする効果もあります。これは、医薬品の数十倍に匹敵する効果といいます。

『キナーゼ』は酵素という意味です。納豆は蒸した大豆に納豆菌を加え発酵させたものですが、蒸した豆には酵素はなく、納豆菌が大豆をエサにして発酵中に作り出されます。

ナットウキナーゼ の 効能 効果 はこちら。

ただ、常に常在菌にはなれないので毎日1パック ( 50 g ) を食べ続けるようにするといでしょう。
胃酸で死なずに腸まで届き、善玉菌を増やす上にピロリ菌も退治してくれる納豆菌は、植物性のため 牛乳 などで下痢をしてしまう体質の便秘解消対策にはもってこいです。
発酵食品を2種類以上食事のときに摂取すると効果的だといいます。漬け物と納豆を食べれば万能です。あとは、みそ汁などのみそなども善玉菌を増やし腸内環境を正常化します。

善玉菌を増やす

納豆を食べる時の注意は原材料です。遺伝子組み換えの豆でないかが重要です。

アロエ ヨーグルトと抜群の相性

アロエ ヨーグルトと抜群の相性 です。アロエ ヨーグルト共に便秘解消に高い効果のある食品です。アロエは昔から薬効があることで知られていますが、腸に効く成分は「アセマンナン」という多糖体の一種です。

アセマンナンが腸まで届く

アロエ ヨーグルトと抜群の相性

アロエは昔から薬効があることで知られていますが、腸に効く成分は「アセマンナン」という多糖体の一種です。アロエの多糖体は、いつくかの層になっていると考えられており、アセマンナンは最も中心にあって、消化されずに腸までたどり着きます。

そして、腸の水分を吸収してふくらませ排便を促します。これが便秘解消効果です。
また、腸内の善玉菌のエサとなり、腸内環境を善玉菌優位に保ちます。特に、ヨーグルトと組み合わせた製品や、デザート、飲み物は非常に理にかなった、腸が喜ぶメニューなのです。

アロエ を毎日食べる工夫をする

腸の健康に効果的なアロエの食べ方は、少量でもいいので毎日継続することにあります。
食用のアロエはスーパーなどでも手に入れることができて、生のものを食べられます。苦みが少ないキダチアロエはトゲを取り除いてそのままで、アロエベラは包丁で皮をむいて白い葉肉の部分を食べます。

わさび醤油や三杯酢などがよく合います。またヨーグルトに混ぜたり、リンゴやバナナなどとミキサーにかけてジュースにしてもおいしく食べることができます。
毎日簡単にアロエをとるなら、純粋な完熟 アロエ 生ジュース がおすすめ。無添加ですから安心して飲めるのもうれしいです。

蜂蜜やお酒に漬ける

ひと手間かけて、蜂蜜漬けや アロエ酒 を事前に作っておけば、いつでもアロエを食べられます。
蜂蜜やシロップに漬けた物は、ヨーグルトのトッピングにも合います。

アロエをジャムなどの密閉容器に入れてかぶるくらいに蜂蜜を入れます。アロエに蜂蜜がしみこめばできあがりです。

いまは、小さくカットしてシロップ漬けにされたアロエがパックなどに入ってスーパーで売っているので、自分で作るのが難しい場合はこういったものを利用するのもいいと思います。
アロエ酒は1日 1 杯程度を目安にします。ジュースや冷たい水で割って飲むとお酒に弱い人でも飲みやすくなります。

アロエの苦み

アロエには皮の部分に特有の苦みがあります。これは アロイン という成分によるものです。このアロインには便秘改善に医薬品として利用されるほど強い緩下作用があります。そのため、一般のアロエ食品は皮を除いたゼリー状の部分が使われています。

家庭で生葉をジュースにするときも少量ずつ加減しながらお腹の調子に合わせて使います。

アロエ 健康パワー についての詳しい サイト はこちら

アロエ 以外 で 善玉菌を増やす 方法

梅肉エキス 強力な酸味が腸の殺菌を行う

梅肉エキス の強力な酸味が腸の殺菌を行う情報です。様々な健康効果が知られる昔ながらの伝統食品で民間薬として利用されてきました。

梅肉エキス 悪玉菌を抑え、便秘と下痢の両方に効果を発揮

梅肉エキス 強力な酸味が腸の殺菌を行う

梅肉エキス は梅肉とも言われ、腸の活動を活発にするだけでなく、様々な健康効果が知られる昔ながらの伝統食品で民間薬として利用されてきました。青梅1kgから20kgほどしか作ることができない、とても貴重なものです。梅エキスの有効成分はなんと入っても強力な酸っぱさの成分であるクエン酸の酸味が唾液の分泌を促し、消化を助ける効果があります。

また、腸内で悪玉菌を抑え、腸のぜん動運動を活発にして、便秘や下痢の両方の症状を改善します。

強力な殺菌作用が食中毒をも防ぐ

クエン酸の働きとして殺菌力にも優れた効果を発揮します。クエン酸は、腸内環境を酸性にして

  • 腸炎ビブリオ菌
  • サルモネラ菌
  • 病原性大腸炎O-157
  • 黄色ブドウ球菌

など様々な病原菌を生存できなくします。

常温保存が可能

梅の産地和歌山ではほとんどの家庭に梅エキスが常備されていてすぐれたその殺菌作用の効果を利用しています。また常温保存が可能でピンなど密閉容器に入れておけば年単位で保存が可能です。

梅エキス の作り方

  1. 5kg の青梅を用意。
  2. 金属でないおろしを使って梅をすりおろし、さらしのふきんで果汁を絞る。ミネラルを割って種をとてからミキサーに欠ける方法でもよい。
  3. 果汁を土鍋に入れて弱火で10~20時間コトコト煮詰める。あくはすくい取る。
  4. 黒くなり、木じゃくしですくうと糸をひくようになったらできあがり。ゆっくりと冷まして密閉ビンで保存する。

1 日 2 ~ 5 g 摂取で便秘に効果

梅エキスはかなり酸っぱい味ですが、慣れてくれば、そのまま薬味さじのような小さなスプーンの先にすくってなめてしまうのがいいでしょう。1 日 1 さじ程度 2 ~ 5 g を目安に毎日続けるのが大切です。

梅肉エキス 以外で 善玉菌を増やす 方法

梅肉エキス の詳しい 効能 効果 はこちら。

体を温める食品を意識的に食べる ( 陰陽食品 )

体を温める食品を意識的に食べる ( 陰陽食品 ) ということで腸は冷えると機能しなくなるので注意しなければいけません。体を冷やす陰性食品、逆に温まる陽性食品を理解した上で食べるといいでしょう。また陰性食品も調理方法などで陽性食品に変えることができます。たとえば 大根は陰性食品ですがきりぼし大根は陽性食品です。

医食同源の東洋医学の考え方も参考に 体を温める食品を意識的に食べる ( 陰陽食品 )

体を温める食品を意識的に食べる ( 陰陽食品 )

ふだん、何気なく食べている食品の中には、体を冷やす物、温める物があります。体と食の関係を重視する東洋医学には、陰と陽の考えがあり、体を冷やす食べ物が陰で、温める食べ物が陽と分類しています。

どちらがいい、悪いという問題ではなく「体が冷えている人は温かい陽の食品を、体が冷やしたほうがい場合は、陰の食品を摂りましょう」という考え方なのです。

今は、真冬でも当たり前のように冷たい飲食物を口にできる時代。でも、これが冷え症体質の人を増やす原因となってしまっています。

冷えの影響は体のあちこちに現れますから、胃腸も例外ではありません。ぜん動運動や消化能力の低下によって便秘や逆に下痢体質をつくりだしてしまうのです。

冷え症の人は、積極的に体を温めるものを口にする必要があります。では、陰と陽の食べ物の見分け方はどのようにすればいいでしょう?
野菜では、かたくてゆっくり育ち、地下で下に伸びるものが陽性の食品です。陰性の野菜は暖かい土地や気候で育つもの、地上にまっすぐ伸びる物、水分の多いものです。1年中出回る きゅり や レタス は体を冷やす食品なのでいくら食物繊維を摂りたいといっても冷え症の人は寒い季節には避け、根菜類を食べるようにするといいでしょう。

野菜サラダはダイエットには向かないなどを読むと冷え症には生野菜が向かないことがわかります。

温める作用のある食品と冷やす作用のある食品

温める作用のある食品 冷やす作用のある食品
  • 天然塩
  • 植物油
  • たくあん
  • ナッツ類
  • 塩辛
  • ネギ
  • 根菜類
  • 味噌
  • 醤油
  • ニンニク
  • チーズ
  • しょうが
  • 肉類
  • 日本酒
  • 魚介類
  • 牛乳
  • 豆腐
  • 豆乳
  • なす
  • トマト
  • 植物油
  • もやし
  • マヨネーズ
  • 清涼飲料水
  • コショウ
  • ビール
  • カレー
  • ウィスキー
  • コーヒー

腹圧が腸を刺激 ( 腹式呼吸 )

腹圧が腸を刺激 ( 腹式呼吸 ) の大切さを紹介します。腹式呼吸をする回数が極端に少ないと、内臓や神経を包んでいる横隔膜や腹膜に柔軟性がなくなり、排便に必要な腹圧も低下してしまいます。

横隔膜を上下させる腹式呼吸が便秘を改善 腹圧が腸を刺激 ( 腹式呼吸 )

腹圧が腸を刺激 ( 腹式呼吸 )

腹式呼吸は息を吐き出すときにお腹がへこみ、吸うときにふくらむ呼吸法。横隔膜を上下させて行う呼吸法なので、内臓のマッサージをイメージする人もいます。

健康な人の場合、胸の力で行う胸式呼吸 ( 浅い呼吸 ) と腹式呼吸 ( 深い呼吸 ) を無意識のうちに使い分けているのですが、強いストレスがしょっちゅうあったり、疲労を溜め込む生活を続けていると脳や体の緊張がほぐれないまま、常に胸式呼吸を続けてしまいます。

腹式呼吸をする回数が極端に少ないと、内臓や神経を包んでいる横隔膜や腹膜に柔軟性がなくなり、排便に必要な腹圧も低下してしまいます。

腹式呼吸は、胸腔と腹腔(胃や腸、肝臓などが入っている部分)を仕切っている膜状の筋肉である横隔膜を上下に動かすことで行う呼吸です。

そこで腸を活発化させるためにも意識的に腹式呼吸を行うようにします。横隔膜が上下することによって適度に腹圧がかかると腸が刺激され、結構が促進され、ぜん動運動も自然に行われるようになります。これで自律神経の副交感神経が優位になるため、胃腸の働がスムーズになります。

腹式呼吸はどこでもリラックスできる

お腹のそこから大きく息をする腹式呼吸、心と体の両方をリラックスさせる作用があります。ストレスによる便秘や、下痢を繰り返す過敏性腸症候群の人は、いつでもどこでも機会をとらえて積極的に腹式呼吸を行うといいでしょう。

少し「イライラ」したときなどにも効果的です。また、気持ちが高ぶって寝付きが悪い時なども仰向けの状態で体の力を抜き腹式呼吸を行うと眠りにつきやすくなります。

ストレス解消のためにはリラックスが大事